*hana* さん プロフィール

  •  
*hana*さん: もっかい、ピアノ。
ハンドル名*hana* さん
ブログタイトルもっかい、ピアノ。
ブログURLhttp://moccaipiano.3rin.net/
サイト紹介文アラフォーママ、ピアノ再再開してみようと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 11日(平均7.6回/週) - 参加 2018/08/24 19:15

*hana* さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 本日の机上練習 シベリウス「もみの木」 5度の動きと下降する音
  • 今日は娘が早い時間に練習をしておいてくれなかったので時間切れで私は弾けず。ここ数日考えていたことを、譜面で確かめました。飛び飛びで下降していくところと順番に下降していくところがあるように思ったので飛び飛びを水色、順番をオレンジで塗ってみました。 水色は5度で、モチーフとしてここ以外にも使われているように思います。寂しいメロディーで音も少ないのに、とても豊かな音楽に感じるのは5度の響きが、共鳴した広が [続きを読む]
  • 本日の練習 シベリウス「もみの木」運指決め
  • 今日も30分ぐらいピアノに向かいました。もみの木、まずは3拍子で感じる練習。これは、今日1日お腹の中で鼻歌歌ってたのが役に立ちました。もう少しで2拍子にひきずられなくなりそう。何ヵ所か、運指の確認をしました。 5小節目の左手(上段3小節目)左手だけでアルペジオで弾くのがいいのか、一番上の音を右手で取るのがいいのか。9小節目の左手(下段1小節目)隣同士のソラを1で一緒に弾いちゃうか、21で取るか。今日のところは [続きを読む]
  • 本日の練習 シベリウス「もみの木」音取り
  • 今日は夫が子ども達と晩ごはんを作ってくれるというのでお任せして、夕方に20分ぐらい、ピアノを弾きました。シベリウスの「もみの木」。美しいメロディー、情緒的なアルペジオ、深みのある低音、と、とても素敵な曲でした。テンポかゆっくりなのと、4分の3拍子なのですが付点4分で2拍子的な動きをするところがあり、拍をきっちり取りながら、メロディーの着地先を理解して弾かないと正体不明になりそうだな、とも感じました(^_^;) [続きを読む]
  • 娘のピアノイベント終了
  • 先日、娘っこのピアノのコンクールが終わりました。(全国レベルのじゃなくて、地元の小規模のものです)5月頃からこの日のために練習してきましたが正直、気が乗らないときもどうしたらよいかわからない時もあり。。曲も難しくなって来て、私もどうやってスイッチ入れればよいのかわからなかったり・・・最後まで先生が根気よくお付き合いくださり、最後は、とても娘っこらしい演奏で目標にしていた結果を出すことができました。 [続きを読む]
  • 立体感のあるトッカータ
  • 通勤時間にYouTubeでいろんな人の演奏を聴いています。興奮して鼻息が荒くなっていないか心配(^^;ハチャトゥリアンのトッカータは、演奏効果の割には超絶技巧とまではいかないんだと思いますが、それでも良いテンポでかっこよく弾くのは、やはり大変そうです。そんな中、こちらの演奏はペダリングやアーティキュレーションをとても工夫していてまったく単調さを感じません。ブラボー!! [続きを読む]
  • 譜面作成
  • 昨晩、IMSLP でダウンロードした楽譜を今朝印刷して、100均のクロッキー帳(A4)に貼って譜面を作りました。コンソレーションの3番4分の4拍子なんですね。もみの木ずんちゃっちゃ、ではなく「ずんちゃ すちゃっ」だった。 音にしてみるのが楽しみです。 [続きを読む]
  • 曲の題名を思い出すのって難しい
  • これから弾いてみる曲を探すにあたり、「甘さ控えめな、歌心のある曲」を一所懸命考えてみて2曲思いつきました。「右手と左手で順番にメロディーを取る曲」「ズンチャッチャッ、っていうリズムの木の曲」 ↓ ↓ ↓リストの「ため息」シベリウスの「樅の木」ということが判明!「ため息」は、「軽やかさ」と勘違いしていました。(というか横文字で書かれると綴りがわからない)「もみの木」は昔から読めなくて、「 [続きを読む]
  • 向き不向き
  • 30代の弾いていたときには、ピアノを楽しむというより「ピアノを弾いていた、元の自分を取り戻す」のが目的だったと思います。楽譜をやたら買っていたののほかにも、レッスン(定期・不定期)に通ったり、発表会に出させていただいたりピアノサークル(複数)に参加したり。お小遣い・時間・対人関係的にもかなり背伸びをして、がむしゃらにやってました。お金と時間は自分の問題ですが、最近の自分の人付き合いの下手さをみるにつ [続きを読む]
  • トッカータ届きました!が。
  • 密林から、トッカータの譜面が届きました!演奏会では予備知識も先入観もなくただ「この曲好みだわー」と思いながら、その格好良さを少しでも多く記憶に留めたくて一所懸命聞いていました。音楽の流れのかすかな記憶をたぐりながら楽譜を眺めて「そうか、ここはこうだったのか」といちいちうなずいて、至福のひとときを過ごしました。早く音にしたいのは山々ですがもうすぐ娘の本番があるので、それが終わるまでは弾けません。時間 [続きを読む]
  • 手元に残っている楽譜
  • 以前再開した時、弾く曲を自由に選べるのがうれしくて楽譜をけっこうな数買っていました。2年ぐらい前に、超お気に入りの曲やレッスンで使ったものは残して今後は弾かないだろうな、という楽譜は処分してしまいました。楽譜専門の中古本業者さんに段ボールで送って9000円ぐらいになったと思います。ベートーヴェンのソナタやショパンのエチュードをいろんな出版社のを収集したり(弾けないのに)ローマ三部作が大好きなレスピーギ [続きを読む]
  • 演奏会で聴いた素敵な曲
  • 娘の演奏会で聴いて、特に素敵だったのはバルトーク ルーマニア民族舞曲ハチャトゥリアン トッカータお子さん達が一所懸命弾いているのを聞きながら、難曲に挑戦するのもいいけど、手の届く曲を楽しく弾くのもいいなという気持ちになりました。難曲に挑戦=30代の時のこと。子どもが生まれたり、職場ではマミートラックにはまったり変化が激しかった時期。何か一つでも、変わらないものを持っていたくて「昔習っていたのの続き」 [続きを読む]
  • もっかい、弾いてみようか。
  • 昔習っていたピアノを、久しぶりに楽しんだ30代。レッスンに通い始めた子ども達に練習させるのが優先になってしまいここ数年は自分がピアノに向かう余裕がありませんでした。先日娘が参加したコンサートで、他のお子さんの素敵な演奏を聴いて自分でもまた弾いてみようかなぁ、と思いました。これから、時間を見つけてピアノに向かいたいです。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …