mihhuh さん プロフィール

  •  
mihhuhさん: 半自然植物栽培の想像と実践
ハンドル名mihhuh さん
ブログタイトル半自然植物栽培の想像と実践
ブログURLhttps://ameblo.jp/mihhuh/
サイト紹介文田んぼ、畠の生き物多様性の増幅そしてfood forest化を目指しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 26日(平均3.8回/週) - 参加 2018/08/24 20:34

mihhuh さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 伐採後地の先駆植物群落を発見しましたo(^▽^)o
  • 土壌シードバンクの採集に出かけました。先日訪れたオトコエシのある場所です。そこは林道の入り口になっていて結構長い林道が続いているところです。今日はその林道を歩いて進んでいきました。林道の入り口はモウソウチクの林が続いています。最後に訪れてから10年ぶり位になります。様子がずいぶんと変わっていました。材木の切り出しも行われているようです。大型機械の進入口がいくつもできていました。道もずっとコンクリ [続きを読む]
  • 里山をsatoyamaでWikipediaで見てみた
  • 里山をウィキペディアで英文で調べました。英語でsatoyama。日本語のページとは違う内容になっています。翻訳してみました。なんか日本語の里山の解説よりも興味深いです。以下翻訳です。google翻訳の後で、おかしいところを修正しました。  サトヤマ(里山)とは、山麓と耕作平野との間の境界または領域に適用される日本の用語です。 文字通り、里(里)は村を意味し、山(山)は丘または山を意味します。 何世紀にもわたる小 [続きを読む]
  • a food forest の動画
  • permaculture homestead日本語では、パーマカルチャーホームステッドこれだけキーワードがあれば現代ならgoogle検索でたちどころに何冊もの書物ほどの情報があふれてきます。私にはにわかには消化しきれません。この人のブログはとても興味深いです。ただ英語があまりに早口で難しい。you tubeの字幕英語も言っているのと違っている部分もありそうでやっぱり難しい。動画に登場する植物(等)を登場順にリストアップすると以下 [続きを読む]
  • 田んぼの畦の草刈りが始まりだ\(^o^)/
  • 私の田んぼと下の用水路の間は幅5メートル程の畦になっている。今まであまり関心が無かったので、年に1回ほど草刈りをするだけだった。今回エディブルランドスケーピングに関心を持った。そういう目でこの畦を見ると俄然興味が湧いてくる。現在はチガヤやセイタカアワダチソウなどを優占種とする草地にすぎない。食べられない草やぶに過ぎず、このチガヤ群落を食べられる有用植物の群落に変えるべくこれからいろいろ試していこ [続きを読む]
  • 今年も田んぼにゲンゴロウがやって来た
  • 今年4年目の自然農(不耕起成苗移植・無施肥・無農薬)田んぼ。8月24日に出穂日を迎えてから、常時湛水にしていたところ、今年もハイイロゲンゴロウ・コガタノゲンゴロウ・マツモムシ・ヤゴといった水性昆虫の姿が見られるようになった。ヽ(゜▽、゜)ノ近いところに池などないのでいったいどこから飛んでくるのか。遠くから飛んでくるのだろうか、彼らは生息地を広げる性質が強いのだろう。コガタノゲンゴロウ ハイイロゲンゴ [続きを読む]
  • 水田に丘畝を作る
  • 水田の中に丘になった形状の畝を作り、果樹などの陽樹を中央に植えて、周りを自生草本の群落で覆う。必要に応じて草刈りをしていろいろな食用になる野菜類を栽培する。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 畠、野菜の2018年夏まとめ
  • 9月に入ったら冬野菜の植え付けを始めようと思う。今年の予定では、タマネギ、西洋かき菜、菜花、山東菜、大根、日本ほうれん草、春菊、などを植える予定で種を購入している。あと近所の林縁の土壌シードバンクのサンプルも2列、播種しようと考えている。その前に、今年2018年の菜園の夏季まとめトマト 3月末の移植が早すぎたせいか、初期から生育不良で消滅。ミニトマト 3月末に移植した株は生育不良のままで経過。実も数 [続きを読む]
  • 田んぼの水管理のヒントの決勝打(生き物多様性の増幅方法)
  • 9月に入ったら冬野菜の植え付けを始めようと思う。今年の予定では、タマネギ、西洋かき菜、菜花、山東菜、大根、日本ほうれん草、春菊、などを植える予定で種を購入している。あと近所の林縁の土壌シードバンクのサンプルも2列、播種しようと考えている。その前に、今年2018年の菜園の夏季まとめトマト 3月末の移植が早すぎたせいか、初期から生育不良で消滅。ミニトマト 3月末に移植した株は生育不良のままで経過。実も数 [続きを読む]
  • 盆休みが長かったので、仕事が怖い
  • ***いつも見ている風景にも休耕田が多いのだが、この二日間の休日に休耕田の植物を観察したせいか、今日の会社への行き帰り、年数の長そうな休耕田がいくつもあって気になったので車を止めてみた。おそらく10年以上放任されたものもあるだろう。よく見たらすごい茂り具合だ。植物の種類も多そうに見える。今度休みに時間がとれたら調査してみよう。 ***家の裏に1坪ほどの日当たりのいい空いた土地があって、久しぶりに見 [続きを読む]
  • 休耕田の観察
  • 今日は昨日に続きさらに奥へ車を走らせました。川の上流部、いわゆる谷津田とか谷戸田と呼ばれるところです。そこは狭い沢に沿って田んぼが連なっていたところです。現在は上流にいくと年代はそれぞれ違いますが休耕田になっています。休耕田の中にはありませんが、やっぱりアカメガシワがあります。アカメガシワのそばまで行ってよく見ると、小さい蟻が何匹も幹を登っていて葉の上にいます。帰ってから調べたところ、これは花外蜜 [続きを読む]
  • ”樹木のある畑とない畑の違い 2”
  • 今日は昨日に続きさらに奥へ車を走らせました。川の上流部、いわゆる谷津田とか谷戸田と呼ばれるところです。そこは狭い沢に沿って田んぼが連なっていたところです。現在は上流にいくと年代はそれぞれ違いますが休耕田になっています。休耕田の中にはありませんが、やっぱりアカメガシワがあります。アカメガシワのそばまで行ってよく見ると、小さい蟻が何匹も幹を登っていて葉の上にいます。帰ってから調べたところ、これは花外蜜 [続きを読む]
  • ”樹木のある畑とない畑の違い 1”
  • 今日は昨日に続きさらに奥へ車を走らせました。川の上流部、いわゆる谷津田とか谷戸田と呼ばれるところです。そこは狭い沢に沿って田んぼが連なっていたところです。現在は上流にいくと年代はそれぞれ違いますが休耕田になっています。休耕田の中にはありませんが、やっぱりアカメガシワがあります。アカメガシワのそばまで行ってよく見ると、小さい蟻が何匹も幹を登っていて葉の上にいます。帰ってから調べたところ、これは花外蜜 [続きを読む]
  • フィールドワーク的な
  •  今日は、畠に植える日向向きの植物を採集に出かけました。幸いちょっと車で出向くと山林なので助かります。休耕地、休耕田、昔土砂捨て場だった荒れ地、河原といった日当たりのよい場所を見つけながら車を走らせました。林道の道端は日当たりが良く土も比較的腐植質が多いと推測されます。とある林道の道端で観察をしました。今回多く見かけたのは、アカメガシワ、ヤブマオ、イヌビワでした。そんな中で、こういった日のよく当た [続きを読む]
  • 自己紹介
  • 私は 1995年のころ有機農業を志していました。当時3年間ほどそれなりに試みをしたと思います。無理でした。農業を仕事にすることは。あれから23年も過ぎ、当時のことははっきり思い返せます。それ以来自分の畑で趣味的に無農薬で野菜つくりは続けていました。4年前、貸していた田んぼを返してもらい、米つくりも始めました。私の畠、田んぼにおける活動の興味の中心はブログタイトルのとうりです。 半自然植物栽培、畠と田んぼ [続きを読む]
  • 過去の記事 …