takuyajuken2 さん プロフィール

  •  
takuyajuken2さん: 趣味の中学受験<次男篇>父子並走日記reborn
ハンドル名takuyajuken2 さん
ブログタイトル趣味の中学受験<次男篇>父子並走日記reborn
ブログURLhttps://ameblo.jp/takuyajuken2/
サイト紹介文かつての「2018年趣味の中学受験父子並走日記」が2021年受験予定の<次男篇>としてREBORN!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 113日(平均12.1回/週) - 参加 2018/08/24 22:00

takuyajuken2 さんのブログ記事

  • 表参道散歩日和
  • 日曜日、天気も良さそうなので家族でウォーキングに出た。当初、高尾山に行くことも検討したが、もう少し軽めに都心「紅葉」スポットのひとつ「表参道」へ。経験的にこの紅葉の時期は、東京脱出の車は大混雑ですが、都内に向かう車は空いているのです。 NHKの地下に車を止め(たいてい渋谷に行く時はここに止める)、そのままロシアフェスなどが行われている代々木公園を歩き、さらに明治神宮境内をゆっくり参拝し、境内での結婚式 [続きを読む]
  • 仕事と勉強は「うんざりする気持ち」との戦い
  • ここからしばらく稼ぎ時なんで、仕事は入れられるだけ入れるようにしている。投資で稼ぐとか、やっぱ怖いしね。仮想通貨ちょっとやってみようかと思ってたんだけど、あれも、最初の口座開設までが結構ハードルが高くて、時間がかかる。マイナンバーや免許証を撮影して、ネットで申し込んだ後、本人確認の郵送での書留を受け取ってからでないと始められない、等いろいろとめんどくさいし時間のかかるものなのです。だから、まごまご [続きを読む]
  • 「勤労感謝」の謎
  • 祝日には意味のわからないものが多い。「憲法記念日」はいい、「文化の日」は何? 5月3日が「憲法が施行された日」だから「憲法記念日」にするのはよくわかりますが、11月3日は「憲法が公布された日」だよね、それがなぜ「文化の日」? 日本国憲法の特徴は「文化」より「平和」なんだから、「平和の日」ならまだわかるけど。それ以前に、そもそもなぜ「憲法」は年に2回も祝うのか? いろんな意味でよくわかんない「文化の [続きを読む]
  • 国語の長文問題の続きを読みたい
  • 国語の問題文に使われる文章は、優れたものが多い。あたりまえか。わたしが学生の頃から、テストで引用される論説文や物語文は、どれもおもしろそうに感じて、それをきっかけに自分で買って読み始めたものも多い。今でもはっきり覚えているのは、高校の実力テストで丸谷才一の「日本語のために」が出題された時。「日本語のために」は、日本の国語教育や受験国語のダメさ加減を痛烈に批判したエッセイで、全編に圧倒的な文学的教養 [続きを読む]
  • 目標のない人生はただの「暇つぶし」だ
  • 年末にかけてメチャクチャなスケジュールになってきた。10月11月と秋がゆるかった分のゆりもどし。仕事には波があるものだ。 そういうわけで、こっから先は、長男次男とも、できるだけ自分の勉強を自分でやってほしい。次男はまだ小学4年生だから、言われたことしかできないのは当たり前だろう。そんなね、小四から自分の意思で開成目指して、将来は東大に入って、ゆくゆくはなんとかになるんだとか、だから勉強がんばらない [続きを読む]
  • 受験勉強は役に立つ【国語編】
  • 勉強なんて社会に出てから役に立たないよ、とうそぶいてはそっぽを向きたがる反抗期予備軍の諸君、こんにちは。あえていいますが、受験勉強は、メッチャ役に立つ。英語で言うと、VERY USEFUL。「役に立たないよ」という言い訳をして、今やらなきゃいけないことを、サボろうとしているだけですね。あなたの深層心理はまるっとお見通しです。 たとえば、数百件寄せられた「アンケートの自由回答」がエクセルでずらーーーーーっと並 [続きを読む]
  • 自粛続きのブログ
  • 毎日同じ。仕事して、デイトレと、筋トレをする以外は、ニトリであったかい掛け布団カバーと、本屋で林真理子の新作を買ったくらい。長男に英語で道案内の仕方を教え、日能研から帰ってきた次男には利根川の話を教える。 ブログに「インタビュアーの話の続き」と、「TBS天気キャスターの森田さんの前を何人も女子アナが通り過ぎていった話」を書いたんだけれども、いろいろ不適切表現が認められたため自粛で消しました。わたし [続きを読む]
  • 土曜日はインタビューが多い
  • 土曜日 いい天気。朝から外出。今日はインタビュー数件。われわれの業界は、土日にしかできない仕事も多いので、結構休日出勤が多い。各種インタビューの場合、対象者がお勤めされている方が多い時は、たいてい土日に調査が実施となる。そのかわりに、平日に代休を(なるべく)とるようにしているのだけれども、最近でこそかなり改善されたようですが、この「代休」なんてのが、まー普通はとりにくい。「働き方改革」やら、「過労 [続きを読む]
  • 価値あるものは時間がかかる
  • 筋トレもデイトレも次男の勉強も続けている。目立たぬように、はしゃがぬように、似合わぬ事は無理をせず。コツコツ地味〜に続けているが、どれもこれも、パッとした成果はまだ得られず。まだはじめたばっかりだしね。 価値のあることは必ず時間がかかるものです。逆に言うと、すぐに、はじめたら誰でもすぐにパッと成果が出るようなものは、それはたいして価値のあるものじゃない。参入障壁が低く、あっというまにインフレが起こ [続きを読む]
  • 中学受験「国語」ベスト参考書
  • 長男の受験は、わたしにとって初めての中学受験でしたので、日能研だけにまかせていいのかどうか不安もありました。ネットを調べると、いろいろ参考書や問題集のおすすめがでてきます。そうすると、誰もが推薦するものと、そうでもないものがやはりあります。わたしは参考書・問題集の類いをはじめ本を買うのが趣味なので、いろいろ買ってみました。算数や理科については、その内容がいいのか悪いのか、自分自身判別がつかないので [続きを読む]
  • 「比」と受験算数
  • たまには次男の勉強のことなど。小四日能研算数は「比」が始まりました。長男の受験を見ていて感じたのは、「方程式」を使わない中学受験の文章題において、最も重要で広範囲に応用が利くのが「比」を使った解き方ではないかと思います。俗に言う「まるいち算」。「まるいち」とは「①」のことです。「①」と「□1」「△1」などの「連比」を使えば、「速さと距離」だろうが、「年齢」だろうが、「仕事算」だろうが、「塩分」も「 [続きを読む]
  • 「泣ける本」なんかない(?)
  • よく、甘ったるい女子高生向き小説の帯に、芸能人が「泣けた」とか「涙涸れた」とか、アホみたいな事書いてますよね。「世界の中心で愛を叫ぶ」が流行ったのも、ずいぶん前ですから、もうこういう売り方も古くなったのかもしれませんが(実際少なくなったとは思います)、「泣ける」とかの宣伝文句を見ながら、昔からアホだなーと思ってました。そもそも「世界の中心で愛を叫ぶ」ってタイトルからして、盗用というかパクりですよね [続きを読む]
  • 上がる!!受験本
  • 本を読むと長生きする(しかも健康寿命が長くなる)らしいので、本の紹介です。こちら受験ブログサイトなので、まずは、「受験勉強の方法」「受験体験談」などの受験本から。すごい有名なやつはいまさら紹介はいたしません。ほとんど語られることはないけれども、読んだら実は超おもしろい、そういう隠れた名著(とわたしが感じたもの)をご紹介します。題して、「無名、モチベーションが上がる受験本」コーナー。 (1)「本物の [続きを読む]
  • 本を読むと長生きする
  • NHKスペシャル「AIに聞いてみた、どうすんのよ日本、第三回 健康寿命」の再放送を録画で見た。(前半だけ)https://www.nhk.or.jp/special/askai/ AIによる「健康関与要因」の相関をまとめて、「長生き」実態に強く貢献する要素を、推測したもの。注意すべきは「相関」がわかってもそれは仮説なんで、その「原因」と「結果」については、有識者が推測していくしかないってこと。ただし、すごくおもしろい示唆に富む結果でした。 [続きを読む]
  • 「うつ病九段」先崎学
  • 京都からの帰りの新幹線で「うつ病九段」を読んだ。普段行きつけの本屋では見つけてなかった本。本屋によって、平積みにする本のチョイスは異なるので、たまに違う書店に行くと新しい発見がある。うつ病九段 プロ棋士が将棋を失くした一年間 (文春e-book) Amazon将棋の世界はまったく知らないのですが、連盟理事もお勤めになる先崎九段の、うつ病になって回復するまでのノンフィクション。タイトル買いだったんだけれども、予想以 [続きを読む]
  • 京都で有酸素運動
  • ひとりで京都を回るなら、自転車に限る。日曜日、昼京都着。どうせその日は夕方に仕事の打ち合わせ〜担当者と京都飲みがあるだけなので、あとはフリー。京都駅の案内所で見つけた「貸し自転車屋」のパンフレット。東本願寺の目の前に3店舗くらい並んでいる。東本願寺なんて、駅から5分、京都タワー過ぎてヨドバシカメラ過ぎてすぐのとこなんでね。そこで自転車を借りて、まずは清水寺を目指す。うーん、すげーいい感じに坂道なの [続きを読む]
  • 東大卒はゲームがうまい
  • 昔いた会社の同期の女性の話。その人は東大卒でした。文学部の国文科。見た目は地味で、(どっちかというと)パッとせず、ただおとなしめで感じのいい女性でした。都内多摩エリアの有名公立高校から、現役で東大に合格。SEの部署に配属。わたしは別部署なんで詳しく知りませんでしたが、その地味でおとなしい風貌からは予想外なほど、システムの仕事は天才的にできたそうです。周囲がざわつくほど。「さすが東大」とみんなが思っ [続きを読む]
  • 出張と海外志向と英語教育
  • 明日から関西出張。めったにないのですが、いろいろ世間の義理でやむを得ず。ただ、たまに出張があるとちょっとウキウキしますね。交通費も宿泊費も経費。節税対策の旅行みたいな印象です。会社員時代はそれなりに出張もありましたが、フリーになってからは、限られます。2〜3年に1回程度の頻度でしょうか。 仲間内を見渡すと、海外が大好きで、いろんなところに出張に行きたがる人もいます。北米やヨーロッパに限らず、中国他 [続きを読む]
  • 映画「事件」(野村芳太郎監督)
  • BSで野村芳太郎監督の「事件」を観た。最初に観たのは小学校の時だったのではなかろうか。すごく好きで大人になってからも何度か観た。今日も久しぶりに観た。やっぱりおもしろい。あの頃映画 「事件」 [DVD]3,024円Amazon昭和の名優がそろい踏みの裁判劇だけれども、主立った出演者、あの方もこの方も、弁護士も検事も裁判官もマスコミも父兄もあの大御所役者の皆さん、もうみーんな死んでしまった。細かいところまで結構覚え [続きを読む]
  • 筋トレの愉しみ
  • 筋トレ続いてます。スポーツが今まで好きじゃなかったのは、世間一般とか、誰かとか、「相対評価基準」がありそうな感じがしていたから。学校にいる頃はあきらかにそうだったですよね。運動は周囲の人と比べていいとか悪いとか。特にうちは、兄貴が(わたしと正反対の)運動超スーパーマンだったこともあり、運動能力はたいてい「誰かの比べてどうか」というのが意識下に定着していたように思います。つまり「運動が(人に比べて) [続きを読む]
  • 筋トレとデイトレ
  • 「公開模試は無視してます」という日記を書いたら、なんかしりませんが、1日6千件もアクセスがありました。自己記録更新でびっくりしましたが、あの日のあの薄っぺらな内容で? と少々疑問も感じてます。たとえば、「勉強も仕事もアポロチョコと同じだ」とか、「小春日和と芥川龍之介と羅臼はトラウマだ」とか、わりと、本人としては、おもしろいこと書いたかなと思う日の記事のアクセスは700件だったりします。10倍近く低 [続きを読む]
  • 小春日和
  • 受験生要注意ワードのひとつ、「小春日和」。これはもちろん「春」のことではありません。今です。11月頃。陰暦で10月〜12月頃。晩秋から初冬にかけて、「え。なんか今日あったかいじゃん」って日の気候。それが「小春日和」。国語の有名なひっかけ問題。有名すぎていまどき出ない。クイズ番組にもよく出ますが、こっちも初歩的過ぎて、最近の「東大生」がやたら出るような難問クイズ問題には出ないほど。とにかく、有名な「 [続きを読む]
  • 勉強と仕事の「アポロチョコ」理論
  • 主に仕事面でよく感じること。たぶん、受験勉強にも通用すること。仕事/勉強の難易度の分布は、アポロチョコに似ている。仕事は一度にどっさり来るものですが、よく整理して考えると、たいていの場合、「難しそうに思える部分」は全体の2割に過ぎず残りの8割は「簡単な部分」であることが多いです。上記のアポロチョコのような感じ。(2:8が、たまには3:7にもなるだろうし、4:6もあるでしょうけど) 勉強もたぶん、そう [続きを読む]
  • 宮本輝「野の春」と糖尿病が怖い話
  • 週末に読んだ「流転の海」シリーズ完結編、「春の野」のエンディングが、後をひいている。そもそも「流転の海」とは、宮本輝が自分の父親をモデルにして、37年間も(!!)連載を続けている小説。流転の海 第9部 野の春2,268円Amazon37年間ずっと書き続けているわけじゃなくて、第一作発表が、37年前、その後書いたり休んだり、また休んだりで、ちょぼちょぼ書き続けて、今回の完結編まで37年もかかったというもの。といっ [続きを読む]
  • ラーメンショーと国語長文選択肢問題
  • 駒沢オリンピック公園で開催されている「ラーメンショー」、先週行って楽しかったので、今週も行った。全国の有名ご当地ラーメンが数十社出店、食べて投票し、NO1を競うもの。2週間開催で今日が最終日。(先週と今週とでは、出店ラーメンのラインナップが全面的に異なります)朝11時頃到着。駐車場は混雑、公園も大変な賑わいだが、ラーメンの行列は、一部を除けば我慢できるレベル。家族4人、それぞれ自分が食べたいラーメ [続きを読む]