石川一人 さん プロフィール

  •  
石川一人さん: アーリーリタイアに特化したFP 石川一人の独り言
ハンドル名石川一人 さん
ブログタイトルアーリーリタイアに特化したFP 石川一人の独り言
ブログURLhttp://lifriend.livedoor.blog/
サイト紹介文アーリーリタイアやFPについての記事が中心ですが、今後はフリーで記事を書きたく思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 109日(平均2.8回/週) - 参加 2018/08/25 17:15

石川一人 さんのブログ記事

  • 「生活の為に会社で働く」という発想を変えよう
  • サラリーマンの方に、「何であなたは会社で働くのですか?」と聞くと、「生活の為」と答える方が多くいます。働かなければ給料が貰えず、家族が食べていけないとか、家や自動車のローンが滞るとか、子供の学費が掛かるとか・・・・お金が必要な理由は様々あります。「生活の為に会社で働く」のは、確かに間違いではなく事実です。満員電車に揺られ長時間の通勤、長時間労働、休日出勤やサービス残業、煩雑な人間関係・・・・自分の [続きを読む]
  • 孤独は有害!イギリスで新設された『孤独担当大臣』、日本は?
  • 今年1月、イギリスで「孤独担当大臣」というポストが新設されました。イギリスでは、900万人以上の人々が「孤独」を感じ、その3分の2が「生きづらさ」を感じているようです。イギリスの人口は約6560万人(2016年)、日本の人口の半分程です。単純計算で13.7%のイギリス人が孤独を感じていることになります。イギリスでは孤独の何が問題なのでしょう?「孤独が人の肉体的、精神的健康を損なう」と警告しており、孤独がイギリス国 [続きを読む]
  • 【人生観】自分の考えや思い等、ちっぽけなものと思え
  • 「あなたはラーメンが好きですか?」好きな方もいれば、嫌いな方もいることでしょう。好きな方でも、「味噌」が好きとか「とんこつ醤油」が好き等、ベースの味で大まかには分類できます。同じ「味噌」であっても味噌の種類(赤味噌、白味噌・・・・)により、更に味は細分化されていきます。細麺が好き、太麺が好きとか、チャーシューが好き、味卵が好きとか・・・・人の味に対する好みは多様であり、あなたの味の好みと他人とが一 [続きを読む]
  • 8050問題とは?救世主となるのはFPか・・・・
  • 80代の親と50代の「ひきこもり」の子どもが社会から孤立する「8050問題」が、新たな社会問題としてクローズアップされています。 ※「はちまるごーまるもんだい」と読みます。私の住む札幌において今年1月、中央区のアパートの一室で、二人暮らしの母(82歳)と娘(52歳)の遺体が見つかりました。警察の調べでは、先に母が亡くなり、一人になった娘は誰にも気付かれず衰弱死したとみられています。娘は長年引きこもり状態であり [続きを読む]
  • ブログを始めて100日が過ぎました・・・・
  • 訪問頂きありがとうございます。ブログを始めて100日が過ぎました。当初より記事のペースが鈍っていますが、なんとか継続しております。体調が思わしくなく更にペースが鈍ることと思いますが、宜しくお願い申し上げます。ここ最近の記事にコメントを頂いております。本当に嬉しく励みになります。秀逸なコメントばかりで、恥ずかしながらブログ本文よりも優れております。皆さんにコメントまで読んで頂きたく、本記事をアップ致し [続きを読む]
  • 年収の違いで受給額が異なる厚生年金、高年収でも安心できない
  • 平成30年度における国民年金の満額支給は、年額77万9300円(月額6万4千941円)です。では、厚生年金の満額支給とは一体いくらなのでしょう?サラリーマンが加入する厚生年金の受給額は、勤続中の「年収」に大きく影響します。平成15年4月に総報酬制が導入され保険料算定に賞与も含むようになりました。保険料には上限があり、年収744万円(平均標準報酬額62万円)稼げば、上限額を納めることになります。保険料の上限額は、およそ1 [続きを読む]
  • 結婚しても65歳以上の女性半数は「お一人様」
  • 以前にも紹介しましたが、現状65歳以上の男女の有配偶率(配偶者のいる割合)は、男性 80.1%女性 51.4%  (H27内閣府統計より)統計時における65歳以降の男女とは、昭和25年(1950年)以前に生まれた男女です。結婚が当然の時代であり、離婚率も低いことでしょう。今回の着目点は、65歳以上の女性の半数は、夫がいない点です。男性に比べ、女性は極端に低い状況です。一つの要因は、男女の寿命差にあるものと思われます。厚 [続きを読む]
  • 【人生観】アリとキリギリスと自分
  • アーリーリタイアを考えていた頃、自分がアリのように思えた。多分、アーリーから単純にアリを連想したのだろう。働きアリは組織で働き続け死んでいく。アリの巣は、会社のように思えた。そんな時に、アリの寿命を調べてみた。アリは役割によって寿命が異なる。繁殖目的のオスアリが一番寿命が短く、女王アリと交尾後に命を落とす。寿命としては1年に満たないこともある。働きアリのメスアリは1年から2年程度。女王アリに関しては1 [続きを読む]
  • 多くのサラリーマンは給与所得しか知らない、日本の所得は10種類ある
  • 所得税は「収入」ではなく「所得」に対して課税されます。簡単に言うと、「所得」=「収入」ー「必要経費」になります。サラリーマンの所得は「給与所得」です。給与所得とは、給料、ボーナス(賞与)、パート・アルバイト代等の金銭及び金銭以外に現物で受け取るもの等、労働の対価として受け取るものです。「給与所得」=「収入」−「給与所得控除」給与所得控除は、収入に応じて変動します。最低65万円から年収1000万円以上だと [続きを読む]
  • 現行の年金制度は、お一人様に厳しい
  • 年に一度、誕生月に送られてくる「ねんきん定期便」50歳未満であれば、・これまでの年金加入期間・これまでの加入実績に応じた年金額・これまでの保険料納付額・厚生年金保険または国民年金における最近の月別納付状況が記載されています。50歳未満の方であれば、リアル感のない書面かもしれません。あなたが、50歳以上であれば上記の他に「老齢年金の見込額」が記載されています。この数字は、現時点でリアル感ある数字です。特に [続きを読む]
  • 【人生観】あなたは会社に感謝していますか?
  • 「無常」という言葉があります。情がない無情ではなく、常(つね)でない無常の方です。意味や解釈については、ネットを見れば様々書かれています。私自身しっくりくるのが、「人は皆、必ず死に至り、つくられたものは必ず壊れる」という解釈です。私の中で、あたり前のことは「無常」だけです。現在の日本において、ライフラインである電気、ガス、水道は、あたり前に存在する代表です。先日、北海道で地震があり北海道全域が停電 [続きを読む]
  • 日本の結婚制度は破綻している
  • 生涯未婚率は、50歳の時点で一度も結婚したことのない人の割合です。男性の約4人に1人は、生涯未婚の時代です。この割合は年々増加傾向にあります。このまま推移すると、将来的には約3人に1人は、結婚しない時代が到来します。逆を言えば現状、約75%の男性が結婚しています。結婚しても、3組に1組の割合で離婚しています。男性75%の3分の1である25%の男性が、離婚経験していることになります。つまり、男性の半数は「未婚」か「 [続きを読む]
  • アーリーリタイアという考えは日本だけ?
  • 日本の定年年齢は65歳ですが、もう少し掘り下げてみましょう。日本では「高齢者雇用安定法」により事業主(会社)は、いずれかの措置を選択しなければなりません。①定年の引き上げ②継続雇用制度の導入③定年の定めの廃止随分曖昧な法律だと個人的に思います。では、アメリカではどうでしょう?調べてみると定年制度自体がありませんでした。「年齢によって働く権利を奪うことは許されない」いかにもアメリカらしい考えのもと定年 [続きを読む]
  • 【人生観】幸せの基準とは?
  • 「あなたは幸せですか?」唐突な質問ですが、「幸せ」か「不幸」か2択の問題です。少しだけ考えてみて下さい。あなたの答えは?「幸せ」でも「不幸」でも、これからの説明は変わりません。あなたの中に、見えない「基準」が存在することに気付いて欲しかったのです。どちらかを選択するには、「何か」と比較して判断します。この「何か」が大切であり、あなたの人生観です。今生きているだけで「幸せ」とか、お金に困っているから [続きを読む]
  • 会社で働く理由が、生活する為だけなら考えた方がいい
  • 社会生活を営む上で、お金は必要不可欠なことは確かなことです。サラリーマンの場合、収入から貯蓄を差し引いた額が、生活資金と言えます。もし、貯蓄をしなければ、収入=生活資金と言えます。サラリーマンの場合、収入に応じた生活を営むものです。年収300万円ならそれに見合った生活をし、年収800万円ならそれに見合った生活をします。サラリーマンにとっては、あたり前のことでしょう。個人事業では、どうでしょう?月額の波が [続きを読む]
  • あなたの仕事を2割理解していれば良い上司
  • ほとんどのサラリーマンが、評価される立場にあるものと思われます。組織が大きくなれば、直属の上司の評価が、会社の評価として反映されることでしょう。私は長年メンテナンス部門で仕事をしてきました。同じく仕事をしていても、上司が代わるたびに評価も変わります。例えば、残業で遅くまで仕事をしていると、「時間を惜しまず熱心に頑張っている」と評価する上司もいれば、「時間内に仕事をこなせない」と評価する上司もいまし [続きを読む]
  • 人生、特に人間関係は期待しない方がいい
  • 私は、何事も期待しないようにしています。「夢のアーリーリタイア」等という期待は一切なく会社を辞めました。気持ち的には「リセット」という言葉が相応しいと思います。人生において何が必要で、何が不要か?ゼロベースで考えてみたく思いました。今思えばアーリーリタイアは、人生の断捨離とも思えます。人間関係においても、新たな関係を築こうと考えました。まず今までの友人等、こちらから発信することをやめました。(発信 [続きを読む]
  • サラリーマンの心の悩み、解決へのヒント
  • 近頃、「新型うつ病」という言葉を耳にします。従来のうつ病は、会社内外問わず、うつ状態になるのに対し、新型うつ病は、会社内でのみ発症し、会社という特定の環境下でおこる適応障害です。新型うつ病は、単に怠け者と思われ周囲に理解されにくい傾向にあります。目に見えない「心の病気」は、周囲にも会社にも理解されにくいものです。会社や仕事に原因があったとしても、多くは自己責任として扱われます。自殺を含め「死」とい [続きを読む]
  • 支出の削減は貯蓄と思え
  • サラリーマンにとって50代は、最後の「貯蓄チャンス」と言われています。企業にもよりますが、賃金カーブが40代をピークに50代でフェードアウトする企業もあります。また、55歳、57歳で「役職定年」のある企業もあります。一般的に、50代サラリーマンの収入は減る傾向にあると言えます。最後の「貯蓄チャンス」といわれても、実情は難しい環境下にあります。だから「貯蓄」と考えてはいけません。貯蓄と同様の効果があるのが「支出 [続きを読む]