パパサーファー さん プロフィール

  •  
パパサーファーさん: 家を売るコツ
ハンドル名パパサーファー さん
ブログタイトル家を売るコツ
ブログURLhttp://iewo-uru.seesaa.net/
サイト紹介文家を売るためにやるべきことや高く売る方法や業社選びについても紹介してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 13日(平均9.2回/週) - 参加 2018/09/25 16:48

パパサーファー さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 家を売る 弁護士
  • 家を売るのに弁護士に相談が必要なケースは、ローンが払えないケースがほとんどです。でも、必ずしも弁護士が必要というわけじゃありません。任意売却という方法を選ぶなら弁護士は不要です。任意売却はローン会社に対して減額を求める交渉となります。これでもダメなら、債務整理で借金を減らしたり無くしたりする方法がありますが、債務整理ともなれば金額などによっては弁護士でないと頼めない決まりなどがあります。 [続きを読む]
  • 家を売る 一般媒介
  • 家を売るには一般媒介というものがあります。これは、家を売ろうとしているあなたが、複数の不動産屋に依頼をしてもOKだという契約スタイルです。なお、一般媒介契約の期間は3ヶ月となります。依頼主であるあなたからの希望があればいくらでも契約は延長できます。なお、一般媒介契約はA社とB社とC社に依頼していた場合、それぞれがどこか他所の不動産屋さんから紹介してもらったお客に売れる可能性があります。思わぬところから [続きを読む]
  • 家を売る 分離課税
  • 家を売ると儲けが出た部分に対して分離課税をされます。(※控除によって1円もかからないことも多いですが)ちなみに、分離課税というのは給料や事業で得た所得とは別に扱われるから分離課税と呼ばれるだけのことです。なお、家を売る場合の分離課税には所得税と住民税という形で課税されます。複数の控除もありますし、保有年数が売却した年の1月1日時点で5年を超えてたら長期譲渡所得として扱われ、所得税も住民税も安くなるとい [続きを読む]
  • 家を売る人が増えた気がする
  • 家を売る人が最近私の周囲で増えた気がします。だいたい売る人の多くは築年数が30年とかの古い家で、買い替えを検討しているタイミングが多いですね〜。で「なんで売るの?」と聞いたら、その理由の多くが「水害が絶対にない場所に家が欲しいから」でした。そうなんです!河川の近くの分譲地などをかつて購入した人のお子さんなどが30代になり、家を建て替えるにあたり、せっかくなので安全な場所に家を変えようとされているんです [続きを読む]
  • 家を売る 売買契約書
  • 家を売るには売買契約書を作成してもらう必要があります。この売買契約書がなければ、売買途中でどちらかがドタキャンした場合にも相手は泣き寝入りすることになります。でも、契約書があれば、普通はそこにドタキャンした場合のペナルティ金額なども書かれているので安心です。また、売買契約書には売り渡した後の瑕疵による修繕や利用不可の場合の補填などについても書かれています。不動産屋に払う手数料がもったいなくても、こ [続きを読む]
  • 家を売る オーバーローン
  • 家を売るのに売れる見込み額よりもローンの残りの額が大きいことをオーバーローンと呼びます。で、オーバーしている分の金額は、金融機関で新しくローンを組んでもらうか、預貯金で穴埋めすることで家を売ることができます。ところが、穴埋めができる見込みがなければ残念ながら家を売ることはできません。そこで、まずオーバーローンになるかどうかを確かめるために、ネット査定などを利用して売値をすぐに知る必要があります。 [続きを読む]
  • 家を売る おすすめ
  • 家を売るのにおすすめなのはネットの一括査定を利用して、そこで集まった査定で最高値の業者に売却を依頼する方法です。これなら、悪徳業者に声をかける心配がないのと、あなたの家にマッチした不動産屋が選べます。不動産屋には売るのが得意な家もあれば苦手な家もあります。いざ査定をもらってみると、あなたの家を売るのが不得意な不動産屋は相場より安い査定額しか出せず、逆に得意とする不動産屋は相場より高い査定額を出して [続きを読む]
  • 家を売る お金がない
  • 家を売るお金がない時でも安心してください。売るための必要な測量費用や仲介手数料、それに司法書士さんへの登記費用などはすべて売却代金を受け取ってからその場で支払うことができます。なので、まだ家が売れてもないうちから先に支払いが必要になることはまずありません。万が一に、測量費用くらいは先に請求されることもあるかもしれませんが、そうした早期の請求を防ぐためには、不動産屋さんに紹介してもらう測量事務所を使 [続きを読む]
  • 家を売る クリーニング
  • 家を売るのにクリーニングはやっておきたいところです。特に換気扇や水回りです。ハウスクリーニングはダスキンなどに依頼すれば全国どこでもやってもらえますし、そのクリーニングにかかった費用は売却のために使った費用となるので、譲渡所得の計算の際には費用としてマイナスができます。つまり、譲渡所得税が少なくて済むわけです。ちなみに、クリーニングは素人がやるよりもプロに任せた方が絶対に良いです。洗剤もコツも全て [続きを読む]
  • 家を売る 知恵袋
  • 家を売る情報は知恵袋を見てると読み切れないほど沢山あります。ちょっと気になるのは、知恵袋で自作自演のやり取りをして、自社の不動産屋さんなどへ誘導する記事があることです。。。こういうのを見ると、知恵袋の情報を鵜呑みにはできないな〜と不安になってしまいます。 [続きを読む]
  • 家を売る エアコン
  • 家を売るのにエアコンを外して持っていくのはエアコンの状態によって考えるべきです。といっても、ボロボロだったり古い機種で見た目にも黄ばんでいるような状態なら外して持っていっても問題ないということになるので、わざわざ外して次の家に持って行くに耐えられるかどうかは怪しいです。実は、今どきはエアコンなんて上位機種でも選ばない限りはかなり安くなっているので、大抵の家を買ってくれる人は自分で新品を付けたがるも [続きを読む]
  • うつ 家を売る
  • うつの状態で家を売る場合でも、そんなことは不動産屋さんにも購入希望者にも言う必要は全くありません。むしろ、前の家主さんがうつ病だと知れたらイメージが悪くなって売れなくなるリスクさえあります。売買契約を締結するのに問題がないのであれば、うつかどうかなんてどうでも良い情報です。あえて、売れづらくなるようなことは言うべきじゃありませんよ。 [続きを読む]
  • 家を売る 内見
  • 家を売るには内見は避けられません。内見なくして家を買ってくれる人はまずいないからです。でも、不動産屋選びを間違ってしまうと肝心の内見すら全く来ない閑古鳥状態となってしまいます。また、不動産屋選びがちゃんとできてても、内見の際に電気が使えない家や水道が使えない家は売れ残りリスクが高まります。これは私の売却経験から言えることですが、内覧ですべての部屋がどんな時間帯でもちゃんと見れないと意味がありません [続きを読む]
  • 家を売る インターネット
  • 家を売るにはインターネットで売ってもらうのは今や当たり前です。そして今、最も先をいってる家の売り方が、インターネットによる不動産査定を利用して売却を依頼する不動産屋を決める方法です。というのも、どんな不動産屋でも自社の抱えてるお客さんと物件との相性は存在しています。例えば、築古を売るのが得意な不動産屋の場合には築10年くらいの比較的新しい家は売るのが苦手です。苦手な理由は、単に持ってる顧客リストと家 [続きを読む]
  • 家を売る いくら
  • 家を売る際にはいくらで売れるんだろう?という疑問からスタートします。私も今まで何度も家を売ってもらった経験がありますが、家が変わるたびに「今回はいくらだろう」と全く想像がつかないものです。そこで、簡単にいくらか知る方法があります。それが、ネットの一括査定サービスを利用する方法です。不動産屋に行く手間がかかりませんし、大まかにいくらか?が分かれば良いなら、家も見せずに不動産屋にも会わずに大体の値段を [続きを読む]
  • 家を売る 田舎
  • 家を売るのが田舎なら、不動産屋選びを安易に行ってしまう人が多いですがそれじゃ今の時代は大損してしまいます。昔はそれで良かったかもしれませんが、今はスマホなどの流行のおかげで都会にいながら田舎の家を探してる人も多いため、どんな離れたところに住んでる人が購入してくれるか分からないからです。ただし、都会や他県にいながら田舎にある家を売るには、ちょっとしたコツが必要です。それは、複数の不動産屋から査定をも [続きを読む]
  • 家を売る 注意点
  • 家を売る注意点は、どこの不動産屋を選ぶかです。もうこれだけで全てが決まると言っても良いくらいですよ。というのは、不動産屋というのは見た目にはどこも売却とかやってそうに見えても、実は賃貸の仲介ばかりをやってるところも多いからです。大規模な賃貸マンションやアパートを大家さんから管理委託をされ、管理をするだけで月家賃の5%くらいをもらっているところも多いので、複数のアパート大家さんから任されていたらそれ [続きを読む]
  • 過去の記事 …