A さん プロフィール

  •  
Aさん: 筋トレとひとりごはん
ハンドル名A さん
ブログタイトル筋トレとひとりごはん
ブログURLhttp://kintore-syokuzi.blog.jp/
サイト紹介文バツ2になってからの暮らし。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 92日(平均1.9回/週) - 参加 2018/08/25 18:57

A さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • スゴ腕の職人さんが競い合う『削ろう会』に行ってきた
  • テレビに撮られた?先日は、旅先でテレビがあったので夜中までテレビを見ていました。(私の家にはテレビがない)見ていたのは、『削ろう会』という鉋の薄削り大会を特集した番組。鉋を使って木材を透けるほど薄く、ミクロン単位で削る凄腕の職人さんたちを映していました。ミクロン=1000分の1ミリ決勝にトップで通過した人は3ミクロン(0.003mm)だったようです。3ミクロンの鉋屑は透けて向こうが見える薄さ。触っても感触がない [続きを読む]
  • 美容にいい「豆苗」を再生栽培したら、何回収穫できる?
  • 豆苗は美容にいい「豆苗」を食べたことありますか?「豆苗」が再生栽培できるお得な食材だと知って、初めて食べてみたのですが、あとで調べてみると美容にも良い食材だとわかりました。豆苗を買ってくる「一度切った野菜から、また新しい芽が出てくる」お得な野菜は無条件に好き。家庭菜園をやっていた頃は、ニラがどんどん生えてきたのでニンマリでした。「豆苗」が再生栽培できると知って、近くのスーパーへ探しに出かけました。 [続きを読む]
  • こぢんまりとした「ダイニングテーブル」が完成した【DIY】
  • 終わりに向かって天板削りを終えた後は、何かが抜け落ちてしまったように放心状態で作業が進んだ。鉋で綺麗にした面にやすりをかける。 このやすり掛けで塗装がなじみやすくなる。 私の作業場は、狭いアパートの一室。電化製品やブラインドの埃よけにゴミ袋をかぶせた。なんかわびしい。音やほこりを気にせずに作業できる土地に移動したい。 左が塗装前、右が塗装後。天板と脚部分を駒留で固定する。理想は吸い付き桟だったが、加 [続きを読む]
  • ダイニングテーブルの天板が仕上がりました【DIY】
  • テーブル鉋削りの日々先日、天板削りを終えました。今回は写真で振り返りたいと思います。天板削り目違い(段差)は直せましたが、天板全体の反りが大きく手鉋での修正は諦めました。木目に対して直角や斜めに削る「横擦り」で平面に近づけます。横擦りは鉋が切れていなくても、ごっそり削れるから楽しいです。「裏面」が仕上がる直前。光沢が出てきた。天板をひっくり返した同じ個所の「表面」。表面は反りが大きく、大鉋がかから [続きを読む]
  • やりたかったことを進める
  • 秋の一週間この1週間は天板削りを中断。やりたかったことをやっていました。小鉋の裏すきを直したり。初めて買った小鉋。めちゃくちゃに裏押しして、ベタ裏になっていた。ずっと気になっていたのをやり出したら止まらなくなって、結局2時間も荒砥石でゴシゴシこすっていた。そのおかげで、かなり格好よくなった。でも使っていたら、またベタ裏が現れてきた。電動工具で深くすかないとダメみたい。刃口を埋めたり。荒削りで使った長 [続きを読む]
  • 背伸びをしてしまう私
  • 定規で測る私は背伸びばかりしているなと思う。初級者なのに上級者のレベルを求めてしまうようなところ。たとえば、これから写真を趣味にしようというときに、どうせなら一番良いカメラが欲しい、EOSのフルサイズがいいというようなところです。私がこのテーブルを作ろうと決めたときも、同じように思いました。木工を始めて間もない頃でしたが、「無垢のテーブルなら楢しかない」と思い込みました。楢以外は考えられない、と。し [続きを読む]
  • これが最後かもしれない。
  • テーブルの天板を矧いだけど……製作中のダイニングテーブルは、3枚の板を矧いで(くっつけて)一枚の板にする仕様です。ポイントは3枚の板を隙間なくぴっちりとくっつけること。手押し鉋盤で矧ぎ口を加工した後に、長台鉋で微調整して、精密な矧ぎ口を作ることが大切です。しかし、私は鉋が苦手。失敗しそうだったので、鉋での調整は省いて、機械加工のままくっつけちゃうことにしました。私の手鉋よりは、正確な機械加工のほうが [続きを読む]
  • 秋野菜に備えて、プランターの土の消毒・再生
  • 秋に植える野菜に備えて秋のベランダ菜園に備えて、夏の間使用したプランターの土の消毒(再生)をしました。土の消毒に必要なものプランター2個と鉢3つ分の土を消毒するのに使用した道具です。すべて100均で購入しました。ふるい(粗目と細目)ゴミ袋(45L)土の再生材(2個→本来は6個必要)シャベル 「あれ?シャベルだっけ、スコップだっけ」と迷ったけど、地域によって呼び名が違うらしいです。私は引越しが多くてこんがらが [続きを読む]
  • 9月の筋トレメニューと体型変化【筋トレまとめ】
  • 9月の筋トレまとめ筋トレはキツイ。だから筋トレの日は、あれこれと理由を探してやめることばかりを考えている。毎回「明日やろうかな」って思う。まずカレンダーを見て、前回はいつだったかを確かめる。筋肉の超回復を考えると中2日が理想だけど、中3日でもまずまず。天気予報もチェック。もし明日が雨予報だったら今日やらざるを得ない。今日やらなければ中4日になる。中4日だと筋肉がおちて、いままでの苦労が水の泡になってし [続きを読む]
  • ダイニングテーブルの下半分が仕上がった
  • テーブルの組立幕板の鉋がけが終了し、テーブルの下半分の組立に入りました。仮組みで各部の結合具合を確かめます。問題ないようなので、もう一度ばらしてから、ボンドを塗ってひとつずつ組み立てていきます。そして、クランプでギュギュっと締め上げて固定。以前書いたスキマが空いてしまった接合部も、とりあえずはボンドで固定できました。脚を補強するために、隅木を取り付けます。隅木は組立の時につけるのか、ボンドが固まっ [続きを読む]
  • あの頃を超えて
  • 諦めが悪い9年前も、私はナラの鉋がけができませんでした。一週間かけて思いつくことを色々とやってみたけど、うまく削ることができません。せっかく機械でまっすぐに仕上げた面を、私の「仕上げ鉋」でダメにしています。一週間もやってダメなら諦めたらいいのに。本当にそう。……諦めが悪いんですね。鉋にこだわる理由実は、鉋がかけられなければダイニングテーブルが完成しないのかというと、そういうわけではありません。「鉋 [続きを読む]
  • もう一度、はじめからひとつずつ 【DIY ダイニングテーブル製作】
  • やっぱり鉋は苦手この一週間、鉋のことで頭がいっぱい。テーブルの材料のナラがうまく削れない。柔らかいSPF材すら削れない。鉋の刃を数時間かけて研いでいるのにも関わらず、ちゃんとした鉋屑が出てこない。実は、木工を始めてすぐに鉋が好きになったけど、満足に削れたためしがないのです。だから、ずっとごまかしながらやってきました。たぶん、とても簡単なところで躓いていると思う。でも、簡単すぎるせいか、その答えがどこ [続きを読む]
  • 暮らしの道具を自分で作ること 【DIY ダイニングテーブル製作】
  • 鉋がけに入る製作途中で投げ出していたダイニングテーブルの再加工をしています。テーブルの脚の組立の前に、材料に鉋をかけて綺麗にします。鉋をかける材料の枚数は5枚。上手な人ならささっと終わらせますが、時間がかかってしまいました。力を入れないと削れないということは、鉋刃の研ぎと台直しが上手くいっていないということでしょう。手で触ってわかる段差もできてしまいました。これは、もう一度鉋を仕込み直さないとダメ [続きを読む]
  • 鉋刃の研ぎ 【DIY ダイニングテーブル製作】
  • 鉋刃の研ぎダイニングテーブルの下半分の加工に入りました。4本の脚とそれをつなぐ板(=幕板)を鉋がけで綺麗に仕上げ、組み立てます。鉋の刃を研いでいきます。まずは、鉋を直すための鉋「台直し鉋」の刃から。久しぶりの研ぎ。やっぱり、研ぎの感覚をすっかり忘れていました。刃がぐらついて、しっかり研げない。頭のなかでは昔の感覚のまま、スッスッスッと研いでいるつもりでも、鉋刃はグラグラと前後に波うち、ブッブッブッ [続きを読む]
  • 幕板と脚のホゾを調整する【DIY ダイニングテーブル製作】
  • ホゾの再加工ダイニングテーブルの加工に入りました。再度、ホゾをじっくりと見ていくと、一部の機械加工が中途半端だったことがわかりました。鑿でホゾを削り、ホゾ穴に入るように調整します。仮組みホゾが直ったので、仮組みをしました。上手くいきました!と言いたいところですが、やっぱり幕板の歪みの影響がありました……。スキマが空いたホゾ。ポニークランプという道具でグググっと強制的に締め付ければくっつけることはで [続きを読む]
  • 鑿(ノミ)をカンタンに研ぐ方法 【DIY ダイニングテーブル製作】
  • 鑿を研いだダイニングテーブル製作で使用する鑿(ノミ)を3本研ぎました。追い入れ鑿家具用途ですので、サイズは小さめです。寺社建築の大工さんなんかは、もっと大きいものを使うことがあります。(左から)木成鑿、コテ鑿、丸鑿、追い入れ鑿あまり使っていませんが、鑿は用途によって様々な形があって面白いです。鑿の買い方鑿は一本でもそれなりの値段がします(3000円〜?)こんなにたくさん種類があると買うのは大変ですが、 [続きを読む]
  • 研ぎ場作り【DIY ダイニングテーブル製作】
  • 一抹の不安ダイニングテーブル製作に取り掛かりました。最初にやることは、部材をつなぐホゾとホゾ穴の調整です。よく見ると、部材が反っています。こんなになるまで放っておく自分の性格が本当に嫌になります。これではホゾを調整しても、正確にホゾとホゾ穴が合わさることはなく、出来上がったテーブルの形はいびつになってしまうでしょう。それでも、だましだましで組み上げていくことにします。研ぎ場についてホゾを調整する道 [続きを読む]
  • 半年間の筋トレメニューと体型変化【筋トレまとめ】
  • 半年間の筋トレまとめガリガリ体型から脱出すべく、食事の改善と筋トレをはじめました。3月から8月までの半年間のまとめです。3〜7月の筋トレ久しぶりの運動はきついものがありました。ジョギングをしてみると、趣味の登山で歩くのとは全然違います。1kmも走ると、喉の奥で出血してるんじゃないかと思うほど息が切れて、ふらついて倒れそうになることもありました。それでも、1か月ほど続けると、次第に走ることが楽しく感じられる [続きを読む]
  • 部屋の模様替えでスペースを作った【DIY 木工】
  • 部屋の模様替えをする私の部屋の片隅には、大きな荷物が鎮座し続けています。そのカタマリを開放する時がきました。作業をするために、部屋の模様替えをしてスペースを作ります。空いたスペースにカタマリを広げて、仮組みをしてみます。合わないところがたくさんありますが、なんとか形になってホッとしました。ナラのダイニングテーブル。製作途中で放置していた無垢材のテーブルです。あらためて見ると、やはり無垢のテーブルは [続きを読む]
  • 夏野菜の終わり。ミニトマト最後の収穫【ベランダ菜園】
  • 初めてのベランダ菜園GWに始めたベランダ菜園は、お盆前に最後の収穫となりました。ミニトマト最後の収穫今年は、ミニトマトが美味しく育ちました。この夏はスーパーでもミニトマトを何度か買いました。味が全然違うのが不思議です。ベランダ菜園のトマトは皮が肉厚です。噛むと果汁が口の中にほとばしります。味がしっかりしていて、ほどよい酸味もあり、甘すぎる果物よりもさっぱりと食べられます。ベランダのミニトマトに慣れる [続きを読む]
  • 初めての自炊と『マクロ管理法』
  • 妻がいなくなってからの食事妻がいなくなった翌日に、仕事を辞める旨を上司に伝えました。その後は亡霊のように出社し、帰りにスーパーに寄って、残り物の半額弁当を買って帰る生活になりました。お腹が空いたら、山〇のロールパンか〇清のカップ焼きそばを食べました。2月のひとりごはん2月になり、ロールパンだけの朝食に飽きたので、朝食の自炊を始めました。すべての生活の品は私が引き継いだので、炊事道具がありました。私の [続きを読む]
  • 現在の「収支」と「食」
  • 現在の収支妻がいた頃は共働きで、それぞれがパート代9万円を出し合い、月18万円でやりくりしていました。2人ともに筋金入りのコミュ障でしたので、お互いに短時間働くというスタイルでした。 現在は、妻と別れたショックで仕事を辞めて無職なので、貯金を切り崩して生活しています。 家賃・光熱費・固定費(年金・保険・税金・通信)80000円食費27000円雑費(日用品・医療・服・旅行)31000円計139000円 半年間の生活費は、月14万 [続きを読む]
  • ブログをはじめました
  • はじめましてはじめまして、Aと申します。40代男、フリーターをしています。子どもの頃から人付き合いがとても苦手で、仕事をすることがあまり得意ではないので、フリーターをしています。半年前に妻と別れ、バツ2になってしまいました。妻と別れたショックは大きく、いまだに精神的に立ち直ったとはいえません。でも、前を向いて生きていきたいと思いブログを書くことにしました。このブログでは、一人になってから始めたことや学 [続きを読む]
  • 過去の記事 …