satonok さん プロフィール

  •  
satonokさん: 妊婦さんのダイエット
ハンドル名satonok さん
ブログタイトル妊婦さんのダイエット
ブログURLhttps://maternity-diet.com/
サイト紹介文妊婦さんにとって妊娠後期は体重管理が必要。でも食べないダイエットは禁物。体重を増やさない方法が満載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 27日(平均10.4回/週) - 参加 2018/08/25 23:40

satonok さんのブログ記事

  • 妊娠中のおやつには、“にぼし”がおすすめ。食べる量にはご注意を!
  • 中学生ころ、味噌汁を作るのは私の役割でした。まず、最初に煮干しで出汁をとるところから。私は丁寧に、はらわたを取ってから、水でもどしていましたが、最近は顆粒だしですませているので、そんなころの出汁のとりかたがちょっと懐かしくもあり・・・今日はそんな、”にほし”に関する話題。妊婦さんがにぼしを食べても大丈夫かどうか、煮干しの出汁が出る仕組みや栄養、にほしを食べることで得られる効果、煮干しを食べるときの [続きを読む]
  • 妊娠中のおやつ、美味しいからって、さつまいもばかり食べないの!
  • この記事を書いているのは、実は秋。秋というと、あなたはどんなイメージを持つでしょう?紅葉狩りの紅色?それとも銀杏並木の黄色?秋が深まるにつれ、イメージする色も変化していくのでしょうか。さて、秋といえば味覚の秋。店先に並ぶ”さつまいも”も、やはり一番おいしいのは旬。さつまいもを食べると太るイメージがありますが、実際はどうなんでしょう?太る原因の1つに便秘があるとのことで、今回は、「太る」「便秘」とい [続きを読む]
  • 妊娠中、妊婦さんの鉄分補給はプルーンで。貧血改善のほか便秘改善も
  • プルーンは、別の名をプラムまたは西洋すももと言います。海外では「ミラクルフルーツ」として親しまれる、栄養価の高い果物です。プルーンには、貧血予防や便秘改善を始め、美容や健康関連の悩みを改善するなど効果がたくさん。他の果物や野菜に比べ、抗酸化作用が強い。また、乾燥させると、栄養価がより高くなり、そして、より手軽にいただくことができますね。あなたは、プルーンをよく食べていますか?妊婦さん私は、毎朝ヨー [続きを読む]
  • 妊娠中のかぼちゃ、食べ過ぎてはダメって本当?。栄養豊富なのに・・
  • 秋が深まってくると、美味しくなるのが”かぼちゃ“。スーパーでよく見かける野菜ですが、以前、妊婦さんの中で『かぼちゃを食べ過ぎると良くない・・・。』説が話題に。本来、かぼちゃは、栄養価が高く女性には嬉しい食材のはず。だから、妊婦さんを不安にさせる、「妊娠中にかぼちゃを食べても大丈夫なのか」について確認をしたいですよね?この点を含め、妊娠中にかぼちゃをとることについて、栄養やカロリーなどについてご紹介 [続きを読む]
  • 妊娠中、夜ご飯をさつまいも置き換えるのは、太るのを阻止するコツ?
  • 実はこの記事を書いている季節は、秋。まだ蝉の声が時折聞こえるものの、朝晩、確実に涼しくなってきています。お店の店頭の石焼き芋が、そろそろ美味しそうに味覚をそそる季節。妊婦さんにとって、“さつまいも”は“おやつの代表選手”。体重管理に余念がない妊婦さんにとって、「さつまいも」と「太る」の関係性をテーマに、ご紹介を進めてまいります。妊娠中、さつまいもを食べると太る?食べ過ぎたらダメ?さつまいもは炭水化 [続きを読む]
  • 妊娠中のおやつは、市販製品でもOK?コンビニでのおすすめは何?
  • まだお昼まで時間がある午前中、お腹がすいたら、あなたはどのように過ごすのでしょう?お腹が空くのが分かっているので、机にお菓子をしのばせていますか?ご自宅であれば、時間を問わず、おやつを「ぱくり」するのかな?それとも、お昼までガマンする?妊娠中のおやつについて、コンビニの店頭にある商品が、妊婦さんにとって、栄養価やカロリー面ではどうなのか、確認してみたいと思います。せっかく口に入れるおやつ、できれば [続きを読む]
  • 妊娠中のおやつに、低カロリーな寒天がおすすめ。便秘はこれで解消!
  • 妊婦さんの悩みのTOP2は、体重管理と便秘でしょう。私は妊婦健診に行くたびに、体重管理が憂鬱でしたが、便秘はなにせ毎日のこと。妊婦さん あ〜。今日も、お通じなかったなぁ。2,3日に1回は出てくれないと心配だなぁ。。。実は、同じことを私も思っていましたよ(笑)。今日は、妊婦さんのお悩みにお答えすべく、寒天についてご紹介をしていきますね。妊婦さんは、”妊娠中”便秘になりやすい妊娠すると、ホルモンバランスの変化 [続きを読む]
  • 妊娠中のおやつ、小腹が空いたら、簡単に摂れる低カロリーなものは?
  • 突然ですが、義理の妹が保育士をしてまして、保育園のおやつに「おでん」があるそうです。おでんの具も、昆布や大根、しらたきなどは、カロリーも少なく、妊婦さんのおやつにおすすめだなぁ、なんて考えていたら、私も小腹が空いてきました。今ちょうど、午後3時すぎたところ。では、保育園児ではなく、妊娠中の”妊婦さんのおやつ”について、「簡単」というキーワードをもとに、おやつをご紹介して参りますね。妊娠中、小腹がす [続きを読む]
  • 妊娠中のおやつ、小腹が空いたら、簡単に摂れる低カロリーなものは?
  • 突然ですが、義理の妹が保育士をしてまして、保育園のおやつに「おでん」があるそうです。おでんの具も、昆布や大根、しらたきなどは、カロリーも少なく、妊婦さんのおやつにおすすめだなぁ、なんて考えていたら、私も小腹が空いてきました。今ちょうど、午後3時すぎたところ。では、保育園児ではなく、妊娠中の”妊婦さんのおやつ”について、「簡単」というキーワードをもとに、おやつをご紹介して参りますね。妊娠中、小腹がす [続きを読む]
  • 妊娠中のおやつは、ご飯より低カロリー“さつまいも”がおすすめ。
  • スーパーに入ると、なんとも言えない甘く香ばしいにおいが・・・本来なら秋の味覚、でも最近はオールシーズンで見かけることも。その香りの正体は、”石焼いも”。あなたのお住まいの地域では、お見かけするでしょうか?さて、”さつまいも”は、焼いても、煮ても、揚げてもおいしいもの。そして、妊婦さんのおやつの代表選手。今回は、妊婦さんのおやつとして、食べても太らないか、良いとされる理由、食べるときに注意などについ [続きを読む]
  • 間食がやめられない妊婦さんへ、小腹対策&太らないおやつのすすめ
  • 食事と食事の合間のおやつ。日本では、江戸時代の元禄の頃、1日3食が一般化し、この頃から「おやつ」という言葉が使われるようになったそうです。「おやつ」という名称は、古い時刻の数え方である「八つ時(14時〜16時前後)」に由来。そんな古くからあるおやつの習慣。妊婦さんは、生まれた頃から、それはそれは「おやつ」を楽しみに、日々生活をしてきました。でも、それが妊婦さんになった途端、体重管理で「おやつ」がとりあげ [続きを読む]
  • 妊婦さんの体重管理は、低カロリーなご飯とおやつの食事制限で
  • 妊娠中期:約6か月ごろ。つわりもおさまり(私の場合は、食べづわりでした)、胎動も感じ始めて、いつもと変わらない妊娠生活・・・と思っていたら、ちょっと不安なことが。それはランチの会食のときに、スイカと天ぷらの組み合わせが出てきたこと。「スイカ、妊婦が食べても大丈夫かな?」「スイカと天ぷらの組み合わせ、迷信上ダメな食べ合わせだったような気が・・・」でも、お店が出した料理なんだから、大丈夫なんだよね?? [続きを読む]
  • 妊娠中に小腹がすいたら!寒天など、ヘルシーで低カロリーなおやつを
  • 妊婦さんは体重管理しているのに、おやつを食べてもよいのでしょうか?その答えは、Yes.ただし、増やしてよいとされる体重の目安、摂取してよいとされる増加分のカロリーの目安を超えるおやつは、やはりNGです。妊娠中には、つわりで思うように食事がとれない時期があったり、妊娠後期に、赤ちゃんが大きくなることで胃が圧迫され、一度にたくさんの量を食べられない時期などがあります。そんなときは、軽くつまめるおやつを常備し [続きを読む]
  • 妊婦さんの運動不足。妊娠中でも、家でできる運動方法で解消しよう!
  • 妊娠中、安定期を過ぎると赤ちゃんはぐんぐん成長。それに伴い、妊婦さんのお腹もどんどん大きくなっていきます。お腹が大きいと動きずらいし、早く動こうとして転んではまずいし・・・ということで、やっぱり動きが鈍くなりがち。そしてその結果、運動不足に。妊婦健診に通っている病院や、自治体の教室でも、栄養や運動について、講義を受けていることと思いますが、教わった妊婦体操を、ご自宅で取り組んでおられるますか?妊婦 [続きを読む]
  • 妊娠中のウォーキング,痩せるのに効果的な距離の目安はどれくらい?
  • 妊娠5か月ごろのこと。電車で座っていたとき、「ぐにゅ〜」とお腹が動いたような感触が。もしかして胎動?と思いましたが、そのときは確信が持てず・・・でも、日にちが経つにつれ、胎動は強くなるもの。赤ちゃんがお腹にいることが、すごく分かりやすく実感できて、妊娠していることに素直に感動したのを覚えています。一方、5か月ごろの体重は2kg程度の増分。体重については、それほど心配していなかったのですが、助産師さん妊 [続きを読む]
  • 妊娠中、体重が増えすぎたらダイエットして減らす、この方法はOK?
  • 妊娠中期をすぎると、おなかの赤ちゃんがぐんぐん大きくなりますね。それに伴い、ママの体重もどんどん増加。ただし、妊娠期間を通して、”増えてよいとされる体重”や“摂取カロリー”には、望ましいとされる目安があるんですよ。体格指数(BMI)の計算式を使って、まず、ご自身の体格指数を確認。そして妊娠中に”増えてよいとされる目安の体重”を押さえておきましょう。妊娠全期間を通して、”増えてよいとされる体重”の目安B [続きを読む]