新村正幸 さん プロフィール

  •  
新村正幸さん: 統合失調症でも生きてる
ハンドル名新村正幸 さん
ブログタイトル統合失調症でも生きてる
ブログURLhttp://senkuno.muragon.com/
サイト紹介文統合失調症です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 85日(平均3.0回/週) - 参加 2018/08/26 01:22

新村正幸 さんのブログ記事

  • パンはちぎって食べる?
  • 僕が小学一年生の時。 学校の放送部のテレビ撮影で、給食を食べる映像を撮った。 学校内部だけのローカル放送で、放映したんだけど。 白黒映像で自分が映っていた時、食パンをちぎって食べていた。 別に深い意味はないんだけど、ちぎって食べたほうがお行儀が良いかと思って。 ところがその自分のシーンが問題になって、女性教師らがお行儀が悪いお下品だと言う。 パンはちぎって食べてはいけませんお行儀が悪いですと言う。 [続きを読む]
  • この世の垢
  • 産まれ落ちて、二本の足で歩き始めたあの日。 愛される喜びに目覚めて、淋しさを覚えて、苦しい夜に涙を流した。 どうか笑ってよ、この世の垢を洗い流したら。 汚れてしまった魂を受け入れてほしい。 優しく抱きしめて温めておくれ。 人間は生きることにも理由を欲しがる。 何も救われないと分かっていても、明日に希望を持たずにはいられない。 言いたいことも言えずに顔色をうかがうよりも。 想いきり叫んでごらん、「好 [続きを読む]
  • 何にもいらないと言えたなら
  • 俺には何もない。 愛する伴侶も家庭も仕事も金も名誉もなに一つ持たない。 守るものがないから気楽なものだ。 ここ数年彼女ができた。 こんなデブでキモいおっさんの俺を慕ってくれるが、彼女はまだ2十代、俺は50歳。 親子ほどの年齢の差がある。ジェネーションギャップもあるが、素直な彼女はステキな女の子だ。 彼女がはにかむと胸がキュンとしてしまう。 今夜は始めてビデオチャットしてコミュニケーションした。 嬉 [続きを読む]
  • 時をかけるおっさん
  • 俺は将来死んだあと、しなければならないことがある。 それは過去の自分の救済、冗談じゃないよ。 現時点で17歳と20歳と25歳と40歳の時に、人生の危機がある。 初めの3つの年齢は、自分が総合病院の精神科病棟に入院したとき。 40歳の時に自宅でプラズマ攻撃で心臓止められそうになった。 普通なら死んでるんだけど。犯人は創価じゃないかと思う。 循環器科に検査に行った時も、病院を脅しにに隠ぺい工作に来たみ [続きを読む]
  • ときめきに殺される
  • 思いのたけをぶつけろ。 切なくて苦しくてとびっきりステキな想いを。 この甘酸っぱい気持ちの正体が知りたい。 いい年こいたおっさんがときめきにこころをワクワクさせているなんて! ひとりの異性を愛した度にひとつ大人になって。 それでも、こころはいつまでも少年のままさ。 まだ若かった昭和の終わりの頃に還りたい。疑いを知らなかったあの頃へ。 いつもこころはときめいていて、どんな願いも願えば叶うと信じて疑わ [続きを読む]
  • 言いたいことを言えりゃ
  • ブログに言いたいことを綴る。 思いのたけを吐き出す。 言葉にして叩きつけろ、苦しくて切なくて素敵な気持ちの一つ一つを。 誰かが読んで困るようなことは書かない、それはほかの人も同じと思う。 ただ、主張となる政策なんかはあまり書かないほうが良いらしい。 思惑がぶつかってしまうから。 あなたが悲しんでしまわないように。人知れず傷ついてしまわないように。 優しく包み隠すよ、迷子にならぬように。 あなたが行 [続きを読む]
  • 自由って孤独
  • 自由だ。 世間の人間に好奇な目で見られることもない。 誰も自分のことを気にしない、干渉されない。 誰からもプライバシーのことを言われない。 自由ってことは孤独なんだ。誰ともつるまずに群れずに、ひとり。 いつもひとり、どこへ行くのにも・・・ 不器用なおっさんが何を語っても、ブログの中のことにすぎない。 希望とときめきが大好きで、意味もなくワクワクしてる。 臭いくらいに、まっすぐな心意気が好きだ。 悔 [続きを読む]
  • 波の記憶
  • 子供の頃に、小松左京原作のSF映画「日本沈没」を観た。 本当に起こるかもしれないSFとして自分は危機感があった。 人類は滅亡するのかしないのか? 自分が生きているうちはしないかもしれないし。 自分が死んだ後でも滅亡しないかもしれない。 人類が未来永劫、繁栄することを望んだ自分。 もしも地球上の大陸がすべて、海の底にのまれようとも。 この地球上の人類は、もう何度も海の底に沈んで歴史を閉じてきた。 自 [続きを読む]
  • 生還率
  • 病気になって治療して、無事に社会に復帰するには。 どれくらいの年月が必要なのだろうか? もう2か月間、就労継続B型を休み続けています。 真面目に勤続する気が起らない。 ほんの少し我慢するだけでいいのに、できない。 就労へ行かないから、朝寝続けて、午後3時半くらいまで眠り続けます。 就労を休んだ日はデイケアへも行きません。自分の中のルールです。 何にも成長できていない。 毎日の糧にために働き、一日の [続きを読む]
  • いじめは卑怯な人間のすること
  • 子供の頃でしたかな。中学生の頃。 クラスの女子と男子4,5人で新任の副担任の男性教師のことを。 「あいつ生意気だ、いじめてやろう」と言って策略をしていました。 その副担任の授業中に、ひとりが筆入れを落としたら一斉に周りの皆が筆入れを落とそうという計画。 自分は聴いているだけで何も口出ししませんでした。 「おいおいそりゃ卑怯者のすることだろう・・・」と言いたかった。 計画通りにいじめは実行されました [続きを読む]
  • 夢に見た瞬間
  • 未来予測という言葉があります。 絶えず変化し続ける現代に合わせて自分も変わってゆく。 でも、自分が昔のまま変わりたくなければ。 それは自由なのだと思います。 変わることのない情熱と愛がある。 愛は永遠に死なないし変わることがない。 昔も今も情熱と愛は変わっていません。 当然愛の形は変化を続けていますが、基本は変わっていません。 お互い好きな人同士が寄り添いあって小さな愛を形成する。 ありふれた日常 [続きを読む]
  • 甘いのねん
  • 人の弱さを認めなさい。 それが占いの新しい教訓だった。 俺は自分にも他人にも厳しすぎる。自分に厳しい戒めを課し、他人にもそれを強要しようとする。 規律や常識を重んじるからだと思うけど。 硬いのは人受けが悪いよねえ。 自分に厳しい原因は、子供の頃から父親と母親にひとつも誉められなかったからだと思う。 いつも父親と教師に叱られていて、決して誉められなかった。 唯一小学校の教師に絵を誉められたことぐらい [続きを読む]
  • お前はポジティブ
  • お前を幸せのど真ん中に叩き落してやる! お前の泣き顔なんて笑顔に変えてやる! いいか!お前の人生はお前のもんだ! お前が今日を後悔して生きるなら、俺がそれを喰ってやる! お前の悔しい想いは、俺の御馳走だ! 世の中と折り合いなんかつけるんじゃない! 徹底的に自分にこだわれ! ありふれた毎日に退屈しているのなら、俺が毎日を輝きに変えてやる! お前の隣で笑っていてくれる人に、感謝状を贈るぞ! お前を宜し [続きを読む]
  • 20XX年、イケメンは絶滅した!
  • 20XX年、世界からイケメンが居なくなった。 イケメンと呼ばれる男がみな死に絶えたのだ。神の気まぐれだろうか? かつては見た目がイケている男は、世間からもてはやされ、女の黄色い歓声を浴び、イケメンは無敵とさえささやかれるほどだった。 イケメンが女を喰い、世の中を動かしていた。 これに不満を募らせていたブサイクメン達が、肩身が狭い思いで募らせていた。 「加藤さん(仮名)、私を好きにしてください」 「 [続きを読む]
  • スマホ毎月1万
  • 自分が住むような田舎はドコモじゃないとすぐ圏外になるからドコモ使ってる。 ガラケーの時代は毎月2千円くらいで済んだのに。 スマホのiPhoneを買うと、毎月1万円の支払いになった。 文句も言わずに携帯料金毎月1万円支払ってる。 昔ボーダフォンのガラケー使ってるときは、毎月6千円で自宅が圏外だった。 文句も言わずに毎月支払った。 パソコンの光ネットの料金が6千円で、2カ月で3万2千円通信料払ってる。 [続きを読む]
  • 栄光回廊
  • こころを偽ってはいけない。魂の叫びを聞くんだ、自分の真の声を。 何が嫌で何が好きなのか、はっきりとさせたらいい。 どんなポーカーフェイスでも営業スマイルでも、自分に嘘はつけない。 相変わらず微々たる銭のために働いて帰る毎日。 聴くところによると、世の中は浮かれているらしい。 ああ誰かこの疼きを静めてくれ、病んだ魂を。慰めを金で買う時代、人のこころは買えるか。 どんな傷も一瞬で癒してしまう、安心に守 [続きを読む]
  • 文明圏アゲイン
  • 文明圏に生きている。 文明は謳歌され、人々が平和に暮らしている。 わけはないわな。 世界は問題を抱えて人々は行き場を見失っている。 浮世ではイケメンが世界を牛耳り、ブサイクを崖っぷちに追いやる。 見た目で決められてしまうご時世、美しいものはカタチあるものにあらず。 大切なものが見えない、こんな時代に何を語ろうか。 古今東西、音楽や書はイノセンスを語る。 誰もが慣れ親しんでいるはずのイノセンスを、人 [続きを読む]
  • ひとりで食べるご飯は
  • うちの家族はみな仲が悪い。 俺が考えるに、その原因は、一緒に食事をしないからだと思う。 みんな別々に、一人でご飯を食べる。うちの家系は挨拶をしない。ただいまもお帰りも言わない、無言だ。 子供のころから両親は共働きで忙しく、母親が作ってくれる晩御飯のおかずは、目玉焼きかマルシンハンバーグ、もしくは赤いウィンナー一品のみ。 幼いころからいつも一人でご飯を食べていた、50歳になった今でも一人で食べる。 [続きを読む]
  • 自分こそが最強最悪の敵!
  • 命が命を喰らう世界。 人間も、他の生命を奪わなければ生きては行けない。 スーパーやコンビニエンスストアに加工調理された食品が並ぶ。 それらはすべて命だ! (野菜や花などの植物も生きている) 人間以外の命を処刑して口に入れる毎日。 命を奪うのが嫌なら、仏門に入り即身仏に成るしかない(法律で禁止されているが) 我らは多くの犠牲の上に生きている。 この星に産まれ落ちる理由が罪の償いならば。 ただ生きてい [続きを読む]
  • 悲しみ泥棒
  • わしは悲しみ泥棒じゃあ! お前の憎しみを置いてゆけえ! お前の悲しみを置いてゆけえ! お前の重荷となるすべてのものを置いてゆけえ! 身ぐるみ全部はいでやるう! お前が日々悩み、移ろいゆく日常に退屈しているなら! わしが全部それを喰ってやる! お前のネガティブ要素は全部わしの栄養源じゃあ! わしに喰われたお前の闇は、お前が懐かしいと泣いておるぞ! お前が愛する喜びに目覚めた時! この世に産まれた事に [続きを読む]
  • 人間力を育てよう
  • 感受性やきめ細やかな精神は、成長の段階では弱いものです。 多感な子供は、一度に多くを感じ取る、愛ある人間です。 もしも些細な事で悲しみ、辛く感じる心があるのなら。 人としての痛みを感じる事が出来る、人間力の豊かな人になるでしょう。 怒りや憎しみは、やはり闇と同じ意味です。 腹のうちを隠して探り合い、互いを見下して中傷する世界。 この世界は美しいと人は言いますが。 この世界の人の心は醜い歴史でした。 [続きを読む]
  • 死刑制度は人間のカン違い
  •    【死ぬ事は責任を取っていません】 はじめに結論を言いますが。 地球人の人間の文明は全て間違っています。 まともに育たなかった大人が、欲望の為に創った文明です。 物質の世界に産まれたからと、心を無視した結果です。 今も心がないがしろにされています。 気がつきませんか? 常識人ぶって知識人ぶってる大人が、心を知りません。 今でも日本に定められる 【死刑制度】 これはまちがいです、カン違いからくる [続きを読む]
  • 人間にはコミュニケーション能力がある
  • 人間にはコミュニケーション能力がある。 実はそれは大変優秀な技術です。 人が社会で信用される一番の基準である人間力が関係します。 言葉を発して、相手が理解できるように会話する。 会話はキャッチボールによく例えられます。 どんなに自分が理解して欲しくても、まず話しかけて相手の話を聞くことから始めます。 コミュニケーション努力をしなければ仲良くなる事は出来ないのです。 太平洋戦争前の日本総理大臣は「話 [続きを読む]
  • きれいごとです。
  • きれいごとをいくら語っても。 自分の中に潜んでいる病んでいる部分、汚れた部分は語らない。 自分も汚れている、決して聖者なんかじゃない。 こんなことを言うと、なんだか肩の力が抜ける。 電波で繋がっても、心は繋がりはしないし。 スマートフォンという名のデブフォンが市場を席巻している携帯業界。 余分な機能を盛り込んだデブの携帯、デブフォン。 携帯電話をいつも持ち歩いて、どこにいても特定されてしまう。 携 [続きを読む]
  • 優世代戦闘機・姫
  • 「この空域は、まだ悪意に染められていない・・・」 もうじき夜が明ける・・・ 私は寺田大尉。 この「日元国(ニーゲンコク)」軍の中堅戦闘機パイロット。 かつて私の国は軍隊を持たない平和国家だった。 警察守備隊を国民投票で選ばれた政党が憲法を改定させて、正式な軍隊に変えてしまった。 勢いづいた権力者達は、隣国の世界規模の経済大国。 「重帝国(ジュウテイコク)」に未発掘のエレメント鉱山の利権を巡り喧嘩を [続きを読む]