TETE さん プロフィール

  •  
TETEさん: 法人と個人☆二刀流☆米国株運用
ハンドル名TETE さん
ブログタイトル法人と個人☆二刀流☆米国株運用
ブログURLhttps://www.alphabetlife.net/
サイト紹介文子供に1億円を資産継承させるために法人化を決意。バイオテック銘柄で富を築くブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 56日(平均9.4回/週) - 参加 2018/08/27 09:52

TETE さんのブログ記事

  • 魔の10月
  • 先週、NY株は金利の上昇や貿易摩擦による先行き懸念などの要因で急落しましたね。ダウは831ドル安と史上3番目の下げ幅を記録しました。みなさんはここぞとばかりに購入できましたでしょうか?私は、追加で100万円分をドル転して投入しましたが、第2波、第3波の下落が起きてもいいように、引き続き余剰キャッシュはある程度手元に準備しておくように心がけております。さて、参考までにダウの過去の下落幅・下落率 [続きを読む]
  • ハーバード大学の運用成績は年率11.9%
  • ハーバード大学基金とは、教育水準向上および研究活動への助成を目的として、1974年に設立された基金です。ハーバードに限らず、海外の大学では、学生からの授業料や卒業生からの寄付金を運用する仕組みがすでに成り立っています。大学における最先端のファイナンス研究などが基金の運用にも確実に反映されており、我々個人投資家にとっても、その運用手腕は大変勉強になります。ハーバード大学やイェール大学では、大学 [続きを読む]
  • エコノミストの本音
  • 経済の専門家を「エコノミスト」や「アナリスト」と呼びます。メディア露出の高い有名人から、そうでない人まで、自称他称問わず、幅を広げればものすごい数がいると思われます。そんなエコノミストに共通するのは「金融のプロ」であるということ。マーケットについてもとても詳しいはずです。難易度の高い専門的な資格を保有している方も多く、頭脳明晰ではないと就くことができない職業だと言えます。しかし、金融知識は備わ [続きを読む]
  • AIスピーカーを制した後の巨大マーケットとは
  • もしかしたら、我が家はハイテクな一家かもしれない。毎晩、寝室では「OK!グーグル!電気消して」と4歳の息子が言うと、“もうじき2歳のグーグル坊や”がパチリと消す流れになっている。「テレビ消して!」「ドア閉めて!」“グーグル坊や”は、利便性が高くて、需要もあり、まさに売れっ子である。しかし、いつまでもこう素直に動くとは考えられない、寿命は近いか。そうなる前に、そろそろAIスピーカーを買おうか思案 [続きを読む]
  • 投資家:本田圭佑の実力はいかほどか
  • みなさんはプロサッカー選手の本田選手(以下:本田)が投資家としての活動を活発化していることをご存知でしょうか?今年7月、ハリウッド俳優のウィル・スミス氏が保有する会社と、本田が経営する会社がタッグを組んで、ベンチャー企業に投資するファンドを立ち上げました。投資金額は1億ドル(約113億円)で、ファンド名は「ドリーマーズ・ファンド」同ファンドは、米国での成長が期待できるアーリーステージのスタート [続きを読む]
  • 年率10%超えのETFたち
  • バイオ医療ETFは、長期にわたる市場全体の成長というメリットがあります。賢くメリットを享受するためには、バイオ企業への分散投資をしてリスク低減を図ることが最適と言えます。バイオ医療系に投資するにあたってのデメリットを先にお伝えしておきます。巨額な研究開発費・特許期間(バイオシミラー・ジェネリック医薬品問題)・薬価改定・監督官庁の新薬認可・医療制度改革又は訴訟等の政治的要因に多分に振り回されや [続きを読む]
  • 偏差値65銘柄(GMARCH)を買え
  • 米国株式リターンの平均は「6〜7%程度」というのがひとつの目安です。これに対して異論がある人は少ないはず。それを踏まえて、もしあなたの直近1年間の利回りが「10.0%」だったとしよう。はたして、この10%という成績は凄いことだと言えるのだろうか。これに対して異論を唱えない人は、賢い投資家ではない。なぜそう言えるか。それは、この直近1年間でSP500(VOO)は「11.4%」も上がっているから [続きを読む]
  • SQ(スクエア)躍進とキャッシュレス化で深まる危機感
  • 世界は物凄い勢いでキャッシュレス化が進んでいますが、ご存知の通り、日本は現金大国であり、相変わらずのキャッシュレス後進国であります。振り返れば、そもそも欧米でクレジットカードが普及してキャッシュレス化が普通に受け入れられたのも、中国で現金取引を排して電子マネーやQRコード決済がスムーズに移行したのも「様々な紙幣リスク」という事情があったからです。偽札が横行、紙幣がボロ雑巾並に汚いなどです。しかし [続きを読む]
  • 「読売G」米国株ホルダーの私が監督に
  • まずはじめにヨシノブ監督お疲れさまでした。ご本人的にも色々と言いたいことあったと思うけどね、この世界は結果がすべて、契約がすべてです。結果は振るわなかったけど、契約は無事に満了したわけですから、まずは心身ともにリフレッシュしてほしいですね。さて、あれだけの戦力を擁していて、何故こんなにも悲惨な結果に終わったのでしょうか?米国株ブロガーの端くれとして言わせてもらいます。『スタメンが悪すぎた [続きを読む]
  • 夢のようなETF
  • 現在のところ、私のポートフォリオはたった2つのETFだけで構成されている。IBB…バイオ医療ETFQQQ…ハイテク技術ETFまさに夢のようなETFである。なぜこの2つなのか。その理由は、必ず第4次産業革命が起こることは確実に起きる未来であり、なかでも最も飛躍する産業は「バイオ医療」だと確信しているからである。私が当産業の飛躍的な成長を遂げると確信する3つ要因を紹介します。(1)先進国等で急 [続きを読む]
  • やめとけ!やるなよ!!それでもやる天邪鬼
  • 日本がカジノを解禁するにあたり海外のモデルケースとなるのがシンガポールです。公式には「カジノ」と呼ばずに、「IR(integrated Resort)」の一部という位置づけだそうです。シンガポールは、東京23区ほどの面積しかなく、歴史が浅く、史跡や名所が少ない国であり、それに加えて多雨酷暑という気候であるが故に、観光で外国人を誘致するとなると自ずと「屋内型施設」しか選択肢がないです。現に、シンガポール観光と言えば [続きを読む]
  • バイオ医療とハイテク技術の融合〜私のポートフォリオ〜
  • ポートフォリオにはどんな銘柄を組み入れたほうが良いのでしょうか。結論を言います。それがちゃんと利益にアクセスできている銘柄であれば問題ないです。当たり前ですね。では、実際にどのように運用すればいいのでしょうか。結論を言います。それができるだけ省力化されたシンプルな運用がベストです。なぜシンプルが良いのでしょうか。それは、我々投資家というのは無意識レベルで「損をしやすい行動」を取ってしまうからです [続きを読む]
  • BF太郎氏の合理的なポートフォリオ運用は参考になる
  • どの銘柄にしようか、、ETFの割合はどの程度にしようか、、10年後20年後の社会はどうなっているのだろうか、、とまぁ、資本を吸い上げるための寄生先となる投資先銘柄を考えれば考えるほど、どんどん迷宮入りするわけです。私がポートフォリオを構築するうえで、最も重要視したいのが下記3つ。「配当と増配のバランス」「機械的な運用」「効果的なリバランス」(配当と増配のバランス)配当は高ければ高いに超したこと [続きを読む]
  • 新型の悪徳投信に気をつけろ!
  • 世の中には様々な金融商品があることはご存知でしょう。悲しいことに、資産を効率的に増やせる優良商品は少なく、そうでないものが多数というのが現状です。顧客から資本をだまし取るような悪徳商業まがいの営業が、大手金融機関でも横行している日本では、投資経験者の半分以上が含み損を抱えているという悲惨な状況です。そして、振り込め詐欺同様に、標的にされるのはいつだって高齢者です。簡単に言えば、騙しやすいから [続きを読む]
  • B型は長生き〜長寿をつかさどる染色体テロメアに脚光〜
  • 寿命の延びに伴い、まもなく人類は寿命100歳が当たり前の時代を迎えようとしていますが、あなたは何歳まで生きたいですか?米国のアルバート・アインシュタイン医科大学などが、2016年に英国科学誌ネイチャーに発表した人の寿命の限界は「115歳」だとしています。しかし、現在存命中の世界の最長年齢は115歳(福岡県在住の日本人女性)ですから、120歳、130歳って聞いても驚かなくなる時代はすぐそこかもしれ [続きを読む]
  • アマゾンが世界NO1奪取 〜2028〜
  • 日経ヴェリタスの記事で、“ある意味”おもしろいランキングが掲載されていたので、私の雑感を添えてみました。企業の時価総額ランキングの変遷の記事です。2008年1位.エクソンモービル2位.ペトロチャイナ3位.ゼネラル・エレクトリック4位.チャイナモバイル5位.ガスプロム2018年1位.アップル2位.アルファベット3位.アマゾン4位.マイクロソフト5位.テンセント2028年1位.アマゾン2位.ア [続きを読む]
  • 株が上がって困るヤツはいない
  • 大概はすべてのことには「二面性」がある。例えば、円高で困る人がいる半面、喜ぶ人がいる。金利が上がれば、困る人がいれば、喜ぶ人がいる。原油が上がれば、困る人がいれば、喜ぶ人がいる。もっと身近なところでいえば、天気が雨だと、困る人がいれば、喜ぶ人もいるのである。ところが、株価だけは例外で、上がって困る人はいるだろうか?株主、経営者、従業員、、、強いて言えば空売り連中が困るぐらいだろうか。株価が上がれ [続きを読む]
  • 大注目の宇宙ビジネス
  • 米国巨大IT企業がこぞって参戦している「宇宙ビジネス」について、投資家として理解を深め置くことは重要です。なぜならば、近い将来、宇宙が今より身近になることは確実に起こる未来だからです。そして、いまはまだ未開拓地である「宇宙」を制する企業は一体どこなのか。はたしてその企業は投資家に多くの利益をもたらしてくれるのであろうか。宇宙ビジネスの概要をお伝えします。まず、宇宙ビジネスは4つのカテゴリーに [続きを読む]
  • イーロン・マスク率いるスペースXの凄さ
  • 破壊的であり世界最高の起業家であるイーロン・マスクの最大の野望は「火星への移住」である。そんな野望を実現させるために設立されたのが「スペースX」です。スペースXの正式名称は、スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズと言います。イーロン・マスクは、オンライン決済のペイパルの共同創業者でした。ペイパル株式を売却して得た資金で、電気自動車のテスラ社と太陽光エネルギー事業のソーラーシティ社等を設 [続きを読む]
  • GEはそろそろ仕込み時か
  • 米国株式市場ははたして過熱気味なのでしょうか。そんなことを考えても、誰にも分からないし、答えは出ないのは重々承知してはいるが、個人的には「指数が上昇しているのにそれを牽引する銘柄が減少しているのが気がかり」なところ。ITバブル期とは異なり、利益を伴った健全な成長を続けている企業が多数であるため「“暴落”は起きない」が「“調整”はある」というのが私の考え。ないならないでそのほうが有難いが、あったら [続きを読む]
  • 人気ブロガーにお金の相談は有りなのか?
  • 「お金」についてだれに相談するのがいいのか。言うまでもなく、お金にまつわる判断はすべて自己責任である。思わしくない結果が生じても、決して他人を責めることはできない、これは暗黙のルールと言える。それを大前提として、では誰に相談するのが良いのであろうか。想像してほしい。身近で相談できる相手は一体何人いるのだろうか?おそらく「0人」が多数でしょう。「2人以上」であればそれは稀でしょう。つまり、将 [続きを読む]