TETE さん プロフィール

  •  
TETEさん: 法人格の寄生虫
ハンドル名TETE さん
ブログタイトル法人格の寄生虫
ブログURLhttps://www.alphabetlife.net/
サイト紹介文欲張りな“寄生虫”と化す。米国優良企業に寄生して資本を吸い上げることで残酷な資本主義を生き抜く。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 28日(平均13.0回/週) - 参加 2018/08/27 09:52

TETE さんのブログ記事

  • イーロン・マスク率いるスペースXの凄さ
  • 破壊的であり世界最高の起業家であるイーロン・マスクの最大の野望は「火星への移住」である。そんな野望を実現させるために設立されたのが「スペースX」です。スペースXの正式名称は、スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズと言います。イーロン・マスクは、オンライン決済のペイパルの共同創業者でした。ペイパル株式を売却して得た資金で、電気自動車のテスラ社と太陽光エネルギー事業のソーラーシティ社等を設 [続きを読む]
  • GEはそろそろ仕込み時か
  • 米国株式市場ははたして過熱気味なのでしょうか。そんなことを考えても、誰にも分からないし、答えは出ないのは重々承知してはいるが、個人的には「指数が上昇しているのにそれを牽引する銘柄が減少しているのが気がかり」なところ。ITバブル期とは異なり、利益を伴った健全な成長を続けている企業が多数であるため「“暴落”は起きない」が「“調整”はある」というのが私の考え。ないならないでそのほうが有難いが、あったら [続きを読む]
  • 人気ブローガーにお金の相談は有りなのか?
  • 「お金」についてだれに相談するのがいいのか。言うまでもなく、お金にまつわる判断はすべて自己責任である。思わしくない結果が生じても、決して他人を責めることはできない、これは暗黙のルールと言える。それを大前提として、では誰に相談するのが良いのであろうか。想像してほしい。身近で相談できる相手は一体何人いるのだろうか?おそらく「0人」が多数でしょう。「2人以上」であればそれは稀でしょう。つまり、将来の [続きを読む]
  • 金融オンチにさせないために
  • 私は、我が息子に望むことが2つあります。「健康であってほしい」「稼げる人間になってほしい」これからの時代、高学歴を引っ提げても社会で通用するとは限りません。広義の意味で人間力を身につけてほしいと願っても、どんな人格になるかなんて親がコントロールできるわけもなく、結局は本人次第。20年後、いまの子供たちが社会人になる頃には稼ぐ方法はかなり様変わりしているはずであり、より一層「個人で稼ぐ力」が重要 [続きを読む]
  • あなたの感度は鈍っていることを自覚したほうが良いかもしれない
  • 冒頭いきなり失礼いたしました。でも、事実、私を含めてあなたも恐らく感度が鈍っているのだから仕方ない。あなたの周りにもこんな人はいないだろうか?「スマートフォンは子供の教育に良くない」「手書きの方が心がこもっている」「現金決済が一番安心できる」人それぞれの考えに一々干渉するつもりはないが、新しい時代に立ち向かう感度という観点から言えば、こうしたことを真顔で言っている人が多い日本の未来は明るくない。 [続きを読む]
  • 次は「SLAW」銘柄
  • もう説明不要の米国巨大IT企業であり、世界経済のみならず、プラットフォーマーとしても存在感を高めている企業が「FANG/MANT」である。【FANG】F…フェイスブックA…アマゾンN…ネットフリックスG…グーグル(アルファベット)【MANT】M…マイクロソウフトA…アップルN…エヌビディアT…テスラ【BAT】B…バイドゥA…アリババT…テンセントこれらの銘柄に飽き足らなくなった投資家は [続きを読む]
  • 富裕層に倣い常にリターンを意識しよう
  • 高級車の代名詞ともいえるメルセデス・ベンツは、日本だけではなく世界中で人気のある車と言えるだろう。しかし、富裕層の中には、メルセデスではなくフェラーリを「投資」という観点から選ぶ人が非常に多いのはご存知だろうか?実際に、私が平素より大変お世話になっている社長もフェラーリしか乗らない、と決めています。一体なぜなのか?かの有名な「金持ち父さん貧乏父さん」の本の中では、「自動車は資産ではなく負債で [続きを読む]
  • 次の震源地はアメリカなのか
  • 北海道地震から1週間が経ちました。日本は地震大国であり、数年に1度のペースで大きな震災が発生します。つまり、日本は地質学的に大きなリスクを抱えた国なのです。2011年:東北2016年:九州(熊本)2018年:大阪・北海道さて次はどこだ?関東・東海エリアで巨大地震がいつ起こっても不思議じゃないですよ。残念ですが、日本では今後もずっと大きな地震が起こり続けることは確実です。南海トラフ巨大地震が起きた [続きを読む]
  • 「ファイザー病」に苦しむ製薬会社
  • 世界的な高齢化が止まりません。それに伴い、さらなる巨大市場になると見込まれているのが医療業界です。WHO(世界保健機関)によれば、世界の認知症患者は推定5000万人であり、毎年約1000万人が新たに発症し、2025年までに1億5200万までに達すると予測されています。その中でも日本は最悪で、厚生労働省によれば、2050年には1000万人に達します。想像できますでしょうか、あと30年後、日本は1 [続きを読む]
  • デジタル終活してますか?
  • あなたは「デジタル終活」はしてますか?デジタル時代に生きる我々の生活は、すでにデジタル通信から切り離せなくなっています。パソコン、スマホ、SNS、仮想通貨、クラウド内の膨大なデータ等、ひと昔前には考えられなかったような「デジタル遺品」が、故人の遺族を困らせる原因になるかもしれません。自分の死後を想像してみてください。スマホやパソコン内のデータは一体誰が処理してくれるのでしょうか。Facebook・Tw [続きを読む]
  • ランキング
  • ブログ開始して約1ヶ月(8/11-9/11)が経過しました。そのなかでも好評であった記事ベスト5をご紹介します。まだ読んでないものがありましたら、是非お目をお通しいいただけると嬉しいです。【第5位:65歳母親に勧めたETF】リアル感がウケたのでしょうか。QQQはまだ3合目です。まだまだ伸びると思ってます。www.alphabetlife.net【第4位:5Gでも先頭を走る】5G世界はもう目の前です。他人事ではありません [続きを読む]
  • 「身の丈投資」ETFは安心安全
  • 誰もが一度は、一攫千金を夢見たことがあるのではないでしょうか?そんな儚い夢を見てみたものの、サラリーマンという生業は残酷で、自身が「一攫千金」ではなく「一日千金(円)」のお小遣い制であったことに、あっさりと気付き、悔し涙を流したことがあるのは私だけではないはず。一攫千金とまではいかなくても、できれば、ごく短期間で儲かる銘柄を見つけたいと願うのは、ごく自然なこと。ただ、それが現実的ではないことは、投 [続きを読む]
  • やっぱり富裕層は賢い
  • 日本の財政事情がすでに火の車であることは周知の通りです。現在の日本借金は約1200兆円弱です。借金元本返済のほかに利子の支払いだけで10兆円、挙句の果てに毎年のように50兆円の借金を増やし続けている始末。借金カウンターによれば、1秒間に100万円の借金が増え続けています。1日だと800億円超!!もう意味分からないレベルです。ざっくりと分かりやすくするため、これを一般家庭にスケールダウンして例え [続きを読む]
  • 「筋肉質で血流が良い」健康的な米国市場
  • 私が米国株式投資をメインに据えて、長期運用をしている理由について。大きなものとしては下記2つあります。一つ目は、「米国企業の体質」である。米国企業と日本企業の大きな差は、お金の使い方(財務の効率性)である。総資産に占める手元資金の比率は日本が約6%に対して、米国は約3%台の半分しかなく、「お金を使う力」の差が歴然である。米国企業は稼いだお金のほぼすべてを、未来の収益源になりうる投資に回して、手元 [続きを読む]
  • 22歳大学生が1億円を目指す計画
  • 先日のYahoo!newsで「就活ルール全廃・企業に困惑も」という記事を目にしました。2021年春以降に入社する学生への採用活動に関し、経団連が定めている面接解禁などの統一ルールを廃止する意向のようです。私が就活をしていた頃というのは、就職氷河期の後期であり、現代の非正規雇用を大量に生み出してしまった世代でありました。あれからもうすでに20年近く経過しているので、一概に比較はできませんが、いまの売り手市場 [続きを読む]
  • シリコンバレーに住む老人の末路
  • 米シリコンバレーでは住宅価格の高騰が続き、生活負担費用も確実に上がり続けているようです。実際に、シリコンバレーでは、年収4000万円以上の人たちが「自分たちは中流階級」だと認識しており、他の地域ならリッチかもしれないが、ここでは家を買うことすらもできないと嘆いています。そんな状況で、最も影響を受けているのが現役を退いた高齢者であり、日々の生活苦に悩まされて、地方への移住で余儀なくされるケースが近年 [続きを読む]
  • ユニコーン企業が育たない理由
  • ユニコーンとは、1本の角を持つ伝説上の生き物です。転じて株式を上場していないにもかかわらず、企業価値の評価が10億ドル(約1100億円)を上回るベンチャー企業のことを、「ユニコーン企業」と呼びます。「目にする機会がまれ」という意味です。先日、上場しましたメルカリがまさしく日本のユニコーン企業でした。世界のユニコーン企業の数をみると、アメリカ116社、中国65社あると言われていますが、日本にある [続きを読む]
  • 悲報!税率20%→25% 金融所得税率引き上げか
  • 財務省の官僚たちは、早くも2019年度の税制改正に目を向け始めています。次なる増税項目としてささやかれているのが、株式の配当や売買にかかる金融所得課税の増税です。現在の20%(※別途、復興特別所得税)から25%に増税すれば、2500億円の財源が確保される見込みです。消費税を10%に引き上げたことに伴い、生活に欠かせない品目の税率を据え置く「軽減税率」の貴重な財源として見据えています。昨年に決めた [続きを読む]
  • 銀行貯金は危険です
  • 唐突ですが、日本人100人に下記アンケートを実施したら結果どうなるでしょうか?『銀行 or 証券会社、お金を預けるならどっちが安全?』『またその理由は?』 ↓(私の予想) ↓『銀行(98%):証券会社(2%)』『なんとなく銀行だと思う(80%)』『銀行はペイオフがある(20%)』大体こんな結果になると思います。皆さんの予想はどうですかね?逆に、もし私が質問されたら、こう即答しますね。『証券会社』『分別 [続きを読む]
  • 米国流M&A劇場
  • 中国絡みの“地政学リスク”により、クアルコムがオランダのNXP社の買収を断念したことはお伝えしました。目まぐるしく繰り広げられる、半導体業界の買収・訴訟問題で、揺るぎない地位を着実に築きあげているクアルコムを、なんと買収しようと名乗りを上げているのが「買収王」として知られる米ブロードコム社だ。買収額はなんと15兆円!この金額に正直驚いた。本格到来する5G時代にクアルコムが一層の存在感を放つよう [続きを読む]
  • 5Gでも先頭を走る
  • 5Gとは第5世代(Generationの略)通信網のことをいう。第1世代:1980年代:通話(=大きい電話)第2世代:1990年代:メール/ネット(=携帯電話)第3世代:2000年代:検索/音楽/映像(=初期スマホ)第4世代:2010年代:SNS/動画/画像(=後期スマホ)第5世代:2020年代:自動運転/大容量動画/AI/VR/ARと、まぁ約10年ごとに刷新されているわけです。そんな第5世代移動通信シス [続きを読む]
  • 「中国の壁」がイノベーションを阻害する
  • ・新しいアイディアを持った人たちがスピンアウトして会社を立ち上げる・コアビジネスでないと判断すると切り離し分社化する・技術、ビジネス、ブランドを取り込もうと他企業を買収する・特許論争で訴訟を仕掛ける、その結果差し止め命令が出る半導体業界というのは、何かと大立ち回りの事件が日常茶飯事で、大変忙しく、まぁ良く言えばイノベーションが常に起こっている業界であると言えるのです。そんな半導体大手のクアルコム [続きを読む]
  • 半導体クアルコム 嫉妬されるほどの存在
  • クアルコム(QCOM)は、いまや世界の半導体メーカーランキングでトップ10入りの常連となり、スマートフォン時代をリードする超大手となった半導体企業です。あなたの周りの人に「半導体と言えばどこの会社?」って是非聞いてみてください。「サムスン」って答えた人は30点。「インテル」って答えた人は40点。「エヌビディア」って答えた人は70点。「クアルコム」って答えた人は90点あげます、私が先生ならね。「T [続きを読む]
  • 激震!フリーランス時代の到来で生き残れるのか
  • フリーランスという働き方が、日本でも徐々に広まっていくのでしょうか。広まることで我々の働き方はどのように変化していくのでしょうか。終身雇用制度が崩壊しつつある日本で働くサラリーマンは、身の振り方を問われる時が近いかもしれません。クラウドソーシング大手ランサーズの調査によると、2017年のフリーランス人口は1122万人で前年比較5%にあたる54万人のフリーランスが誕生しました。ひとつはっきりして [続きを読む]
  • 「士業」AI台頭で淘汰される運命か
  • 将来、人工知能やロボットの台頭により、今まで人間が仕事していた内容が出来るようになり、今の仕事が奪われてしまう可能性などを予測した本が、数多く出版されております。中でも、悲観的なニュースが多いように感じる「士業」ですが、これから先、全体的に氷河期に突入するのではという見方もあって、業務減少という可能性は否定できません。特に、2020年以後日本の人口が減少していったり、さらなるネットやITなどの普 [続きを読む]