サリー さん プロフィール

  •  
サリーさん: ふるさと納税
ハンドル名サリー さん
ブログタイトルふるさと納税
ブログURLhttp://satohuru2000.seesaa.net/
サイト紹介文ふるさと納税の紹介サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 110日(平均2.1回/週) - 参加 2018/08/27 10:17

サリー さんのブログ記事

  • ふるさと納税 返礼品
  • ふるさと納税の返礼品が来年の6月から、厳しくなるみたいですね。でも、それまでにも、決まった時点から自治体にもプレッシャーがある内容です。今の時点で来年の6月からだから、今のうちは返礼品を緩く選定するということもできなさそうです。総務省の号令でふるさと納税はどんどん、決まりごとが増えていきそうです。去年のような自由競争は、もう起こらないでしょうね。地方自治体はいずれにせよ国からの圧迫の中でふるさと納税 [続きを読む]
  • ふるさと納税
  • ふるさと納税がだんだん増えてきました。そろそろピークになるでしょう。年末の入用の時に、いまこそふるさと納税の出番です。特に年内に寄付をしないと来年の確定申告にまにあいません。大体の寄付の上限額はわかると思いますので早めに寄付しましょう。それに、これから寄付が殺到すると在庫がなくなったりしますので良いことは何もないです。ふるさと納税>>自治体人気ランキング<<>>カテゴリー別人気ランキング<<>>返 [続きを読む]
  • ふるさと納税 好きな自治体
  • ふるさと納税で人気のある1位が高野町です。こういった人気の自治体に寄付するのも一つですね。やはり人気がある自治体の返礼品は良いからです。ふるさと納税>>自治体人気ランキング<<>>カテゴリー別人気ランキング<<>>返礼品人気ランキング<<>>ふるさと納税の流れ<< [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング
  • ふるさと納税は年賀状を書くよりも年内にやっておきたいことです。例えば食材の確保にもなりますし、電化製品を買う代わりにもなります。何といっても税金の使い道にもシビアな意見が言えるようになります。会社の同僚にもなんとなく、自慢できます。東京03のさとふるのコマーシャルが何となく面白いですね。これから消費税も10パーセントになりますので、タックスペイヤー意識を持つためにも初めての人には絶対にふるさと納税をお [続きを読む]
  • ふるさと納税 12月
  • いよいよ12月になりました。今年のふるさと納税も今月限りです。住民税が高いと感じる方はぜひともふるさと納税が重要です。限度額は推定で寄付するしかありませんが、大体で分かります。もし面倒なら、市役所に電話して聞いてみたらよいと思います。自分の住んでいる自治体には寄付はできませんが、大体の限度額は教えてくれます。年内に寄付が立証できないとだめですから、最悪は翌年の寄付に回ってしまうことです。早目に寄付す [続きを読む]
  • ふるさと納税の始め方
  • ふるさと納税を始めたいけど、始め方がわからないという声をよく聞きます。自治体に電話するのもなんだし、税務署かもしれないと思う人もいるでしょうね。基本的にはネットショッピング感覚でokです。つまり、返礼品を購入する感じです。実際に返礼品をカードで購入すれば後から税の控除の寄付証明が届きます。それを確定申告で申告するだけです。ふるさと納税>>自治体ランキング<<>>カテゴリー別ランキング<<>>返礼品ラ [続きを読む]
  • ふるさと納税 返礼品
  • 今年のふるさと納税はどうなりますか?今のところ返礼品に関しては還元率30パーセントが増えているそうです。総務省の通達が大きいのでしょう。もう既にふるさと納税は始まってますので、早目にした方が良いでしょう。欲しいものではなく、絶対に使うものにすれば良いのではないでしょうか。例えば、お米、ビールなど、その分のお金が浮きます。ちょっとしたふるさと納税の仕方のヒントですね。クレジットカードも同じです。買い [続きを読む]
  • ふるさと納税
  • ふるさと納税のシーズンに入りました。今年の税金はほぼ確定していますのでふるさと納税の限度額もほぼ確定です。大雑把で行きましょう。大体で結構です。人気の返礼品の限度額を知ったら、行動に移しましょう。大体でもいいみたいです。全部が全部100点満点は難しいのですから、行動することが大事です。初めてふるさと納税をする人が多いと思いますが、ふるさと納税は、経験してみることです。レッツビギン!ふるさと納税>>自 [続きを読む]
  • <br />ふるさと納税
  • ふるさと納税の返礼品が委縮してるように私には思えます。今、ふるさと納税がチャンスなので他の自治体に差をつけるチャンスだと思うのです。まだまだふるさと納税のルールが決まっていないので、ここで儲けておかないと後は苦しくなるばかりだと思うのです。其れで、このたびの通達に従うのはもったいないと思うのです。主張する自治体を応援したいと思います。 [続きを読む]
  • ふるさと納税 還元率
  • ふるさと納税の返礼品の還元率が3割というのが今年は浸透してきたみたいです。それでも超えている自治体はあるみたいですが、どうやらほとんどの自治体が返礼品の還元率を3割程度に抑えているみたいです。どうも、今年は去年のようにはいかないみたいです。早目にふるさと納税は済ましておきたいですね。なんか、総務省はうざいです。もっと自治体の好きなようにさせてあげればよいのにと思ってしまいますね。 [続きを読む]
  • ふるさと納税 小山町
  • 静岡県小山町はがんばってますね。それはふるさと納税の返礼品を見ると分かります。ぐるなびの総合ランキングでは常に上位をキープしています。しかも返礼品も斬新な商品が多いです。私的にはゴルフをしますので足柄森林CCのプレー利用券など楽しみです。 [続きを読む]
  • ふるさと納税 現金化2
  • ふるさと納税の現金化の話しは反響が大きかったです。とにかく、なんでも現金化できる時代です。街にある鉄や銅が盗まれても、現金化が疑われます。何でも換金できる世の中になりました。メルカリやヤフオクなど犯罪の温床にならないとも限りません。その為に古物商の免許があります。ですが、返礼品の場合は新品ですから問題はないです。売りさばくことで、現金化すれば、ちょっとした減税になります。今年は総務省も返礼品の還元 [続きを読む]
  • ふるさと納税 小山町
  • ふるさと納税が年末を迎えて返礼品で縛りが強くなっています。静岡県小山町もいろいろと総務省に抵抗して頑張っているみたいです。私は思うのですが小山町のような返礼品でも良いと思うのです。因みに小山町の返礼品で有名なものはサーティーワンのアイスクリーム券です。金券ですね。ふるさと納税の基本的な精神って何でしょうね。地方自治体にすれば税金を集めるチャンスでもあると思うのです。極論すれば100万円の寄付に対して9 [続きを読む]
  • ふるさと納税 現金化
  • ふるさと納税の現金化を考えて見ました。金券や商品券ならチケットショップへ持っていけば現金化できます。また、電化製品でもヤフオクやメルカリへ出品すれば現金化もできます。そのようにかんがえると現金化することでかなり減税になりますね。現金化しなくてもビールやお米、お肉などお金を使わないということイコール現金化のようなものです。家に家計費を入れる代わりに現物支給でお米とかお肉を入れるというのはどうでしょう [続きを読む]
  • ふるさと納税 還元率
  • ふるさと納税の還元率が3割くらいが望ましい。っていうけどよく考えて見てください。普通の商売なら転売なら還元率は7割くらいですよね。つまり3割儲かれば良いという基準で考えれば還元率が3割なら7割儲かるということになります。総務省は3割が推奨ですが自治体からすれば寄付は還元率7割くらいまでは許容範囲なのです。寄付してもらった方が勝ちなのです。そんな状況ですから8割、9割の還元率でも寄付してもらいたい実 [続きを読む]
  • ふるさと納税 返礼割合
  • ふるさと納税の返礼品の返礼割合が3割に近づこうとしている。これまで返礼割合を気にして探していたが、減ってきました。あれだけ総務省に言われたら仕方ないですね。熊取町のツーリスト旅行券も先月で終わりました。まだまだビールなど5割近いものもありますね。とりあえず、泉佐野市の動向を注目していきたいです。 ↓ [続きを読む]
  • ふるさと納税 ランキング
  • ふるさと納税のサイトでランキング1位はどこかと考えて見ました。ランキングの1位はふるさとチョイスでしょうね。何のランキングかというと情報量が一番多いのはふるさとチョイスでしょう。吉田羊さんがコマーシャルでやってますよね。ふるさとチョイス。又吉さんのコマーシャルはさとふるです。どうせなら一番情報が多いふるさとチョイスで選べばよいでしょうね。ふるさとチョイスはふるさと納税のポータルサイトのランキング1 [続きを読む]
  • ふるさと納税 返礼品
  • ふるさと納税でカシオの計算機S100が返礼品でもらえるみたいです。これは、まだまだ大丈夫みたいです。野田総務大臣が返礼品を見直すって言ってたみたいですが、まだカシオの計算機はもらえるみたいです。S100は計算機の業界のポルシェのような計算機らしいです。【ふるさと納税】C-59 CASIO・プレミアム電卓 S100BU(カラー:ネイビーブルー)楽天で購入 [続きを読む]
  • ふるさと納税 限度額
  • ふるさと納税の限度額が、初めてふるさと納税をしたいと思っている人のハードルではないかなと思うのです。ふるさと納税の限度額はその年内の税金が基準になりますので実際はまだ確定していません。年末にふるさと納税の駆け込みが増えるのもその要因の1つでしょう。もしサラリーマンの方ならふるさと納税のポータルサイトでおよその金額はわかるのでまずはポータルサイトを覗いてみれば良いでしょう。それも不安な方は自分の市町 [続きを読む]
  • ふるさと納税 返礼品
  • ふるさと納税の返礼品が大きく制限されそうな雰囲気ですね。多くの方の意見もありますが、総務省の勘違いも多くあると思います。つまり、地方がふるさと納税で得たものは寄付以外にも大きなものがあります。それは自分で寄付を引っ張って来ることができたと感じている自治体が多いということです。ふるさと納税の件で何億円も寄付を募ることができた自治体の得たものは大きいです。そのようなことを考えますと、総務省の考える返礼 [続きを読む]
  • ふるさと納税 総務省 通知
  • ふるさと納税の還元率が問題になっています。総務省が通知を出してはいますが、通知に素直に従う自治体もあればそうでない自治体もあります。これは総務省の通知の強制力があまりないということでもあります。それよりも、まだまだ通知に従わない自治体がある理由は明白です。総務省のふるさと納税の解釈と自治体の解釈に乖離があるからだと考えています。そもそものふるさと納税の概念は地方創生の為といえるものです。総務省の概 [続きを読む]
  • ふるさと納税 返礼品
  • 総務省が地方自治体のなかでも返礼品を限定しようとする動きがあるのは前回書きました。しかしながら、実際に返礼品が金券や家電品などは違反なのでしょうか?そういった意見があることも全開に書きました。ふるさと納税の意味が立場による解釈の違いから、間違った方向へ動こうとしているのかもしれません。政府には今一度、ふるさと納税の議論をしてほしいものです。そもそも、納税の一極集中の解消がふるさと納税の目的かもしれ [続きを読む]
  • ふるさと納税 総務省
  • ふるさと納税の返礼品が限定されるかもしれません。そうなるとふるさと納税も今がバブルで絶頂期かもしれません。去年、今年と爆発的なふるさと納税のブームですが、今後、返礼品の多様性もなくなるかもしれません。その理由は総務省が返礼品に制限をかける可能性を示唆したからです。総務省の意向に従わない自治体をふるさと納税の対象外にすることを検討していると発表したからです。返礼品を地方の名産品などに限定するような意 [続きを読む]
  • ふるさと納税 サーティワン
  • ふるさと納税でサーティワンが人気です。では初めてのふるさと納税でサーティワンの商品券をもらう方法を紹介します。まずは本年度の予測ですが寄付の限度額を確認します。例えば1万円ということが分かれば、大丈夫です。1万円のサーティワンの商品券に寄付すればよいです。下記のふるさと納税のポータルサイトで検索すれば出てきます。楽天のような感覚で寄付すれば、完了です。あとは寄付の証明が後日、別送されてきますので確 [続きを読む]
  • ふるさと納税 限度額
  • ふるさと納税では限度額を確認してから申込むことで節税にもなります。どうせ税金を支払うのであればふるさと納税を利用することで返礼品がもらえます。2000円を負担することでふるさと納税で返礼品がもらえる地方自治体に寄付できます。ふるさと納税分を自分の税金から控除できるのが最大のメリットですね。返礼品のもらえるふるさと納税には税金の額により限度額があります。個人個人で家族の構成や収入の額、住んでいる自治体も [続きを読む]