ピラティスナンバーワン さん プロフィール

  •  
ピラティスナンバーワンさん: 心と身体とピラティスと運動
ハンドル名ピラティスナンバーワン さん
ブログタイトル心と身体とピラティスと運動
ブログURLhttps://pilatesno-1.hatenablog.com
サイト紹介文運動と心や身体の成長や自己愛性人格障害のパワハラ、DV、ストーカー、自閉症スペクトラムについて
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 51日(平均16.3回/週) - 参加 2018/08/27 21:10

ピラティスナンバーワン さんのブログ記事

  • 本音で話すと人間関係は良くなる
  • 人間関係が悪くなる原因は、相手に対する不信感だろう「きっと彼は私の事を好きではない」とか、「あの人は陰で悪口を言っているんじゃないか」とか「自分の事を無視してるんじゃないか」なんて思うと相手に対して不信感が湧いてくるすると、他の事も気になる大抵は、その事を言わず離れて行くのかもしれないでも、そこで「どう思ってるの!」と相手に言えたなら、もしかしたら完全な誤解であることもあるだろう誤解なら [続きを読む]
  • 頑張るって楽しい
  • 頑張ることって辛い事だと思っていませんか?そう思う人は、頑張っていないけど、本当は頑張ったほうがいいなと思っている人です頑張っていない事は、別に悪い事じゃない頑張っていないって事は頑張る必要が無いって事頑張る必要が無いって、なんて幸せな事!頑張らなくても、今の自分でいいって事なんだって思えてるって事本当だったら…でも、頑張って無いけど、頑張らなきゃいけないって思ってる場合は、今の自分にどこか [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害的な嫌がらせ
  • 自己愛性人格障害者の嫌がらせや攻撃は似たりよったりまず、直接本人に文句を言うことは少ない本人がターゲットに対してバカだとか、嫌なやつだなんて言わない言うとしても、持ってるものがダサいとか、趣味が悪いとか、似合ってないとか…その人の好みをバカにする事が多い好きなものから崩していきます大きな声で周りにも分かるように言って自分がスタンダードだとアピールしますそこにいた人が全て自分の意見に賛同した [続きを読む]
  • 中身と外側が一致しないのはしんどい
  • 中身と見た目が違うと聞いて、頭に浮かぶのは、トランスジェンダーとかかな心が男の子で見た目が女の子とかは分かりやすいでも、そんなのじゃなくて、物凄い早く心を成長させた子とかもそうだと思う小学校に、お婆ちゃんが通うのって、想像してみてもしんどいまだ、見た目がお婆ちゃんで中身もお婆ちゃんならなんとかなるけど、見た目が子供なのに中身がお婆ちゃんは、周りは赤ちゃんのような話をしているように見えるだろう [続きを読む]
  • 親のお願いを断る力
  • 親からお願い事をされた時に断る事が出来ますか?もちろん逆の子供からお願いされた時に断る事が出来ますか?少しの事ならやってあげても良いけど、どうしてもやりたくない事とか自分の家族を守るために断らなきゃいけないこととかあったりしますでも、結構そういう時の親って押し付けがましい今まで育ててやったじゃない!とかあなたを育てるときに苦労したのよ!とか親不孝者!なんて言われたら、断る自分が悪者のような気 [続きを読む]
  • 親が自己愛性人格障害者だと分かったら
  • 親が自己愛性人格障害者だと気がつく子供はいると思います今は情報社会なので、スマホさえあれば気がつく子供もいるでしょう早くて中学生遅いともう自分が年老いているかもしれません自己愛性人格障害者に育てられた過去はもうどうにもなりません幼少期を親が自己愛性人格障害者という環境で育った事による影響は必ずあります既に自己愛性人格障害的な自分が嫌いかもしれませんし、親を恨むかもしれませんでも、気がついた時が今な [続きを読む]
  • 子供の自己肯定感を上げるには
  • 我が家は自己愛性人格障害者の攻撃を受ける前から子供達の自己肯定感を上げようと、試行錯誤してきました自己愛性人格障害者の攻撃により、前よりもズタズタにされた自己肯定感にどれだけ苦しんだことか…結論からいうと、まず子供の自己肯定感を上げたいと思った親である自分に自信がない場合は子供だけ自己肯定感を上げようと思っても無理!そもそも日本人は自己肯定感が低い自分に自信のない母親が、自信無さげに育てた [続きを読む]
  • おっさんずラブが面白い
  • もう再放送なのだか、「おっさんずラブ」が好きだリアルタイムで途中から見て、なぜ前半を見なかったか後悔したちょっとポップなタッチでの問題提議が面白い若い頃、海外で女性同士のカップルのパレードを見てなんの違和感も感じなかった男性同士のビジュアルの悪さは若干気になるのかもしれないけれど、LGBTになんの偏見も無い自分自身、男性を好きになるか女性を好きになるかなんて分からないただ、女性であるにもかかわらず [続きを読む]
  • カイヤさんは自己愛性人格障害?
  • 川崎麻世さんはずいぶん素敵な人なんだなあと、今回の離婚騒動を見ながら思うカイヤさんは冷静に見ると自己愛性人格障害ではないかと思う生まれ育った国を出て、不安だった自分を愛してくれる存在を束縛したくなる気持ちもわからなくないが、一日に何度も電話をし、旦那の浮気を疑い旦那さんを悪者にしながら暴力を振るう姿は、自己愛性人格障害者そのものだその愛が純粋だろうと、一途に愛する気持ちに嘘がなかろうと、人の [続きを読む]
  • 何でも出来るぞ!
  • 何でも出来るって自信を持とう!自分の長所を沢山知ろう!もっとできる事をアピールしよう!カップラーメン作れるぜ!とかHELLOって英語で挨拶バッチリだぜ!とか玄関から下にジャンプできるぜ!とか12時間寝れるぜ!とか大好きななしなら大きいのでも5個位食べれるよ!とか自転車に乗れるよ!そんなんでも、出来ない人にとっては凄い事だと思います小さい頃は自慢できた事がいつの間にか自信がなくなってしまうのは残念です [続きを読む]
  • 自分本意でもコミュニケーションは上手くいく
  • 自分本意=わがままってイメージかありますでも、自分本意はわがままとは全く別のお話ですそもそも、自分本意は自分の意見を大切にする事そして、わがままは単なる甘えです周囲に甘えて駄々をこねているのは、お子様のコミュニケーションの取り方です突然怒ったり怒鳴ったり、今やっている事を放り出して面白い物に飛び付いてしまったりするような事はわがままです自分本意はというと、自分の意見をキチンと言うことです明 [続きを読む]
  • トップが自己愛性人格障害者なんて当たり前
  • 自己愛性人格障害者は、見栄のためにはあらゆる努力をしますただ、モチベーションの保ち方が健全では無いのです劣等感を払拭するためにモチベーションをあげ、自分を阻害する人を全て操り陥れながら上に上がっていくのですそして、自己愛性人格障害者は皆に厳しい訳ではありませんかける言葉は情に熱い言葉だったり、一部のごひいきさんにはとにかく優しかったりするので、血も涙もないような極悪人に見えることはありません [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者の周りの人は常に怯えている
  • 自己愛性人格障害者の周りにいる人は、ターゲットになっている人はもちろん、ただ近くにいるだけの人も、ひいきされている人も常に怯えています何に怯えているか?自己愛性人格障害者に捨てられる事を恐れているのです自己愛性人格障害者の周りにいる人にとって捨てられることは、酷い扱いを受ける事です本当はそうではないかもしれないけれど、ターゲットに対して行った酷い扱いの前例がゴロゴロ転がっていますまず、ターゲットは [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者の攻撃で心が壊れるのは誰のため
  • 自己愛性人格障害者に攻撃されると、心が壊れます本当に辛いから、仕方のない事だと思います自己愛性人格障害者の人を操作して追い詰める手法は、疑心暗鬼になり信用という人間関係の根本を崩していきます自分に対しても他人に対してもであるため、自分を壊していくしか生きる道がなくなりますでも、ちょっと立ち止まって冷静に考えてみましょう自己愛性人格障害者のようなクズの為に自分が壊れる必要があると思いますか?自己愛性 [続きを読む]
  • 楽しいのとポジティブなのは全然違う
  • 楽しく競技を上手くなるこれは今のスポーツ界の課題と言われているこの手法を使うためにはとにかく人の自立心を育てる事が必要だと思っている自分で考えて自分で練習した成果を自分で評価することが基本である考え方だと思っているその過程を監督やコーチがチェックして少し修正してあげる事が必要だし、監督やコーチの役割はそこにあるそれほどギャーギャー言わなくても物事が進んでいく方法であるだから、実際は物凄い [続きを読む]
  • 人が化けるタイミングを見極める
  • 子育てや人材を育てる時、何を大切にして教えていければいいのかなと考えます私は、人の変化を読み取りたいと思っています人は何かを考えて変わる瞬間があるそれは子供も大人もそして、その瞬間を見逃さない事こそが、レベルアップを促す鍵だと思うその変化に気がついてあげられるか?そして、その変化を加速させて興味を示した知識を提供出来るか?が前を歩いている人間のやるべきことなのかもしれないなと先日「めざせ [続きを読む]
  • 自立を支援する難しさ
  • 自立を支援するのは本当に大変だ出来るようにするには見守らないといけない支援する場所を的確に判断することが大切だと思う本人がやってもらいたい事と支援した方がいい事は必ずしも一緒ではないが、結局本人がやって欲しいと思わないと支援する意味はなかったりするだから、支援する前のコミュニケーションが大切だし、まずそこが出来る人じゃないと、本当の支援は出来ない全てをやってしまっては、いつまでも自立出来な [続きを読む]
  • 小学校の制服が日本の子供達をだめにする
  • 制服のスカートあれって運動が出来なくなる大きな原因だと思う女の子が運動することについて、教育者はどう思っているのだろう?学校の往復は制服でも構わないどこの学校?って分かる手段としては悪くないでも、学校に着いたら休み時間に動き回るでしょうスカートをはいてれば跳んだり跳ねたりは自然と制限されるそれを女の子らしくて良しとしている文化なのだろうか?長い休み時間に外で遊んでる制服姿の子供達を見て、 [続きを読む]
  • 優しさってなんだろう
  • 相手が何を求めているのかを考える事が共感性だったり思いやりだったりするあんまり、人の求めることばかりを追い続けると、自分が疎かになる共感性を勘違いすると自己満足になるやり過ぎは自分がやりたいだけで相手がやって欲しいとは思っていない場合が多い結局は本当に人が思っている事なんて分からないそうだったら、もっと自分を言葉で表現してあげる事や自分を分かりやすく見せる事が相手への優しさだったりするそれ [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者の切り口を変えて見てみよう!
  • 切り口を変えてみてみたら、もしかしたら何でも面白くなるかもしれないじゃあ、大っきらいな自己愛性人格障害者どう切ろう?中身がへなちょこな2重のマトリョーシカみたいな感じかな中身は、外国のバッとしないおかしとかがいい?そんなに洒落てないから、綿菓子かなマトリョーシカは2重位、小さくなっても同じ顔見た目も化粧も目立つほど派手そして、どの自己愛性人格障害者も似たりよったりおっ、いいじゃない綿菓子も時間が経つ [続きを読む]
  • 来るもの拒まず去るもの追わず
  • 来るもの拒まず去るもの追わず出来そうで出来ないでも、できてる人はいる来るものを拒まない姿勢は、相当許容範囲が広くないと難しい素敵な人が自然と集まって、そこに留まっていく様な人には物凄い魅力と信念があるそして、その魅力は素敵な人にしか理解出来ない素敵な人達はそこで情報交換をして、ますます素敵になっていく留まるには限界を作らないパワーがいるこの集団、心が疲れていても素直なら助けて貰えるが、心の悪魔が囁 [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者からの攻撃は誰にも分からない
  • 自己愛性人格障害者からターゲットとして攻撃を受けると本当にしんどいまるで、水の中に入れられてしまうような感覚だ息も出来ない、死んだも同然死ぬか逃げるか位、追い詰められる周りの誰もが信用出来ない位疑心暗鬼になってしまうそれは、自己愛性人格障害者の策略人に話せばこの辛い気持ちの一部だけでも分かってもらえるだろうなんて思って人に話してみても、誰もが理解出来ない言葉の誤解気持ちのすれ違いタイミングの悪さも [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者を近づけない為に
  • 自己愛性人格障害者や自己愛的な考え方の人からの攻撃を受けた経験のある人は、そういう人が新たに近づいて来ると分かりますただ、自己評価がまだまだ低い場合は相手が近づいて来た時になかなか跳ね除けられませんまずは自己評価をしっかりと高く持つことが大切です自分を大好きにならないと、またターゲットになってしまいますそのために、弱い自分を受け入れる世の中、そんなに強い人はいないのです隣の芝は青く見えますが、 [続きを読む]
  • 自己愛性人格障害者が自信満々の時はほんの一瞬
  • 自己愛性人格障害者は何か自慢出来そうな事があると途端にイライラが解消されて得意気な顔で動き回ります饒舌で、何も言わなくても自分からベラベラと喋ります自分の成功体験を話したくて仕方がないし、教えたくてうずうずするのです自分の事はもちろんなんですが、自分の所有物(子供やターゲット)の事でも自慢出来る物は全て自分の手柄になりますそれとは反対に成績が優れなかったりして、自分の描いた尊大な自分を演出出来 [続きを読む]
  • なんで!どうして!
  • 自己愛性人格障害者が怒る時は「なんで出来ないの?」「どうしてやったの?」と叫びますなんで出来ないの?なんでなんでしょうか?これ、一生懸命やってる人に言う言葉ではないと思いませんか?私はあなたの言い方や教え方が悪いんじゃないの?って思います騒がしい子供に「静かにして!」っていうなら分かります私はあまり好きではないけど「うるさい!」って言うのも理解出来ますでも「なんで静かに出来ないの?」って言わ [続きを読む]