micatan さん プロフィール

  •  
micatanさん: そらのね学園*オルタナティブな小学校
ハンドル名micatan さん
ブログタイトルそらのね学園*オルタナティブな小学校
ブログURLhttps://soranone-school.hatenablog.com/
サイト紹介文そらのね学園は、学校へ行くのが辛い、学ぶ楽しさを知りたい、という声を受けて創られた小さな小学校。
自由文そらのね学園は、学校へ行くのが辛い、
学ぶ楽しさを知りたい、学びの選択を増やしたい、という声を受けて創られた、小学生のための新しい学びの場です。
地域の子供たちを支えるために母親達が立ち上げました。
毎週水曜日に開校されています。
その学校での様子をお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 20日(平均3.9回/週) - 参加 2018/08/28 17:16

micatan さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 感情は厄介なものと扱われるけれど
  • *感情を学ぶそらのね学園の学びの3つの柱、感性と創造性・探究・感情があります。よく泣いてるお子さんに向かって「泣くのはやめなさい」とか「泣いてたって何も変わらないよ」と言っているお母さんも見かけます。子どもは小さい頃から、感情に蓋をすることを強いられながら育っていきます。そして、感情は厄介なもの、として大人になっても自分の感情の扱い方がわからず、四苦八苦することも多いです。そらのね学園では、 [続きを読む]
  • 学びに対する関心はそれぞれ
  • 9月12日は、2回目のそらのね学園となりました。先週からまた変化しつつある子ども達との時間は驚きと感動がありました。*朝のリズムまずは朝の時間。これから学園が始まるよ、というリズムを作っていきます。丸く座って、お手玉を回していきます。それから、体幹を感じるために、片足立ちをしてみたり。感覚遊びとして、背中に指を立てて何本か当てるゲームをしたり、背中文字も書いてみました。それから、「学」という字について [続きを読む]
  • 驚きの中に不思議の種がある
  • 先日みんなに渡したブロッコリースプラウトの種。一粒一粒の色が違うことを発見しました。そしてお家で育てている様子を、送っていただきました。2、3日経ってこれを見て「わぁー、また大きくなってる」と見るたびに大きくなっていくことに驚いていたそうです。写真の様子も、みてみて!こんなに伸びたよ〜。とスプラウトの声が聞こえてきそうですね。驚きの中に、気づくことや不思議の種があります。そこから探究が始まるか [続きを読む]
  • そらのね学園スタート!
  • 昨日、ようやく、そらのね学園スタートしました??それぞれの想いが重なり合い、ぶつかり合って、様々なドラマが生まれた気がします。*これからのそらのね学園最初はみんなの夏の思い出を話す時間に。いろんな夏の体験がありました。話すのヤダヤダ、と言ってた子も、他の子の話を聞いていると、私はね〜と、自然に話し出すことも。そのあと、みんなでそらのね学園をどんな学園にしていきたいか、思いを出してもらったり。何か [続きを読む]
  • 暮らしの術を経験
  • 【プレスクールの様子】5月から行ってきたプレスクールでは、GEMSなどを中心に探究学習をしてきました。その他のカリキュラムとして、季節にそった暮らしの術を経験して欲しいと思っています。畑もお借りして、ミニトマト、きゅうり、ナス、落花生を育て、採れたて野菜でサラダを作って、お昼にみんなで食べました。6月には、梅ジュースを作りました。美味しくて、元気の出るジュースができました。オルタナティブ [続きを読む]
  • そらのね学園カリキュラム その1
  • 【そらのね学園カリキュラム】*科学的・数学的体験プログラムそらのねのカリキュラムの1つに、GEMSという、科学的・数学的体験プログラムがあります。GEMSとは?GEMS(Great Explorations in Math and Science;ジェムズ)は、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校の付属機関LHS(Lawrence Hall of Science;ローレンスホール科学教育研究所)で開発されている幼稚園から高校生年代を対象とした科学・数学領域の参加体験型プロ [続きを読む]
  • 母親たちの熱い想い
  • 【そらのね学園スタッフ】そらのね学園は、非営利な活動として、地域の子ども達のために、母親達が創った小さな小学校です。「さといく」という地域から新しい未来を創る!!地域の人がつながって、ともに今ここから未来をつくる!!自分たちも学び育ちながら、そんな大人たちの背中を見ながら、子どもたちも地域のつながりの中で育っていく、そんなコミュニティを作ってきた佐々木。元音楽教師・スクールアシスタントとし [続きを読む]
  • 自分で選択できる学び
  • 29日のそらのね学園の説明会で、このスクールに通うことを、どう学校に伝えたらいいのか、悩んでいる保護者の方がいらっしゃいました。すると他の保護者の方から、教育機会確保法についての話題が出ました。まだご存知ない方もいらっしゃるようですので、改めてご紹介。東京シューレさんが、こんな風にまとめてくださってます。教育機会確保法 – フリースクール東京シューレこの法律の、第13条では学校を休んで良いこと。 [続きを読む]
  • そらのね学園説明会
  • そらのね学園の説明会を行いました。秋から毎週水曜日に開校されるので、学園の理念、具体的なカリキュラムなどをお話して、保護者の方々からの質問もお聞きしました。学校に行かない選択をして、水曜日だけここに通う子、普段は学校に通っているけれど、水曜日だけここに通ってくる子、そしてその保護者の方々、場所を提供してくださる方々、ボランティアの方々、皆さんの思いと我々の思いが重なって、創られていくことを感じま [続きを読む]
  • 体験会を行いました。
  • 8月22日に、そらのね学園の体験会を行いました。午前と午後に分けて午前中は午前中の「クリエイティブな本の読み方」では、慶応義塾大学の井庭研究室で開発された創造的読書のパターン・ランゲージカードを使って、こどもも大人も混ざり合い、本について語り合いました。つづきはこちらでtanq.hatenablog.comにほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 秋から始まる、小さな学園
  • こんにちは。もうすぐ夏休みも終わりですね。スイカ割りをしたり、蝉を追いかけたり、押入れの中から毛糸や布を探して何か作ったり、本を読んだり。長かったお休みも終わり、学校が始まります。そらのね学園は、学校へ行くのが辛い、学ぶ楽しさを知りたい学びの選択を増やしたい、という声を受けて創られた、小学生のための新しい学びの場です。今ある学校とは違う、新しい学びの場を週1回水曜日10時〜15時に開きます。探究 [続きを読む]
  • 過去の記事 …