りなぽっぽ さん プロフィール

  •  
りなぽっぽさん: 食べるを知る〜管理栄養士の卵〜
ハンドル名りなぽっぽ さん
ブログタイトル食べるを知る〜管理栄養士の卵〜
ブログURLhttp://www.rinapoppo01.com
サイト紹介文食べることは誰でも毎日することですよね?だからこそもっと関心を持って欲しい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 24日(平均7.0回/週) - 参加 2018/08/29 07:38

りなぽっぽ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 温度によって味が変わる【前半】
  • 人が感じる基本味と呼ばれるものには、甘味、酸味、塩味、苦味があります。これらは舌にある味蕾(みらい)という味細胞に食べ物の粒子が取り込まれることによって、感じることができます。味蕾は舌にまんべんなく分布しているものの、甘味を感じるもの、酸味を感じるもの...とそれぞれが大体まとまって存在しています。そのため、舌の中でも甘味を感じやすい部分があったりします!また、温度によっても感度が違うので、同じ味付 [続きを読む]
  • 9月の旬《サンマ》
  • 秋の魚といえば、サンマ!漢字だと"秋刀魚"と書きますね。"秋に獲れる、銀色に輝く刀のような魚"という意味だそうです。8月の終わり頃から水揚げされますが、10月の終わりにかけて脂の乗りが減って行くので、まさに今がチャンス!10月以降はサイズが小さく、味も落ちるため、干物など加工品になります。DHAやEPAが豊富にあるので、血液をサラサラにし、血管の詰まりで起こる動脈硬化や心筋梗塞の予防になります。悪玉コレステロー [続きを読む]
  • 9月の旬《椎茸》
  • 秋といえばキノコ、椎茸です。今月はとことん秋の食材ですね。とはいっても、椎茸は春にも旬があります。さて、まずは椎茸を何故干すのかについて。1つ目は、日光を浴びることによってビタミンDが増えることです。カルシウムと相性が良いので、骨を丈夫にしてくれますよ。2つ目は、旨味成分であるグルタミン酸が酵素の働きで増え、かつ余計な水分が飛ぶことでギュッと凝縮されることです。買ってきた椎茸も1日お庭で天日干しする [続きを読む]
  • 9月の旬《さつまいも》
  • 今回は"さつまいも"です。秋って感じがしますね。この時期から冬にかけて段々と甘くなっていくので、じっくりと楽しめますよ。さつまいもは中国を経由して琉球に伝わったことから唐芋と言われていたそうです。そこから関東に広まったのはしばらく後のことで、薩摩藩から広まったため薩摩の芋、さつまいもだそうです。なんとシンプルな!さまざまな種類があるのも特徴ですね。舌触りや甘味、見た目...食べ比べするのも楽しいです。 [続きを読む]
  • 噛む効能は"ひみこの歯がいーぜ"後編
  • 前回の記事に引き続き、噛む効能についてのお話です。【の】うの発達噛むという運動の刺激は脳細胞を活発にするため、認知症予防にもなります。作業中にガムを噛むことは集中力を高めると言いますよね。【は】の病気を防ぐ噛むことで唾液が分泌され、歯周病や虫歯を予防します。とは言っても、歯磨きは必要ですよ(笑)【が】んの予防え、まさかガンまで?!と思いますよね。唾液に含まれる酵素は発ガン物質の発ガン作用を抑制して [続きを読む]
  • 噛む効能は"ひみこの歯がいーぜ"前編
  • 「よく噛んで食べなさい!」耳にタコができるほど聞いたと思います。「何でよく噛んで食べなきゃいけないの?」「そんなに急いで食べたら、喉に詰まらせちゃうでしょう!」大概の親の理由はこんな感じでしょうか。間違いではありません。手づかみ食べの乳児は一口量を知りません。食べ物をわしづかみにして、入るだけ口いっぱいに詰め込みます。その結果、詰まらせてむせたり最悪の場合は窒息します。だんだんと自分の食べられる一 [続きを読む]
  • 甘酒が話題の理由
  • この夏突如として、店頭に並べられた甘酒特設コーナーを数多く見受けました。何故ここまで注目されるようになったのか、その秘密を探りたいと思います。【甘酒はお酒なのか問題】甘酒は甘いお酒?答えはノーです。アルコールは含まれていません。米を麹菌で発酵させた発酵食品です。出ました、発酵食品。ここに秘密がありそうです。【飲む点滴と言われる訳とは】発酵で麹菌が増殖するために栄養素を豊富に生成します。その栄養素は [続きを読む]
  • 選べるデリで満足ランチ《café&meal MUJI》
  • 本日紹介するのは、無印良品が手がけるcafé&meal MUJIわりと店舗数は多く、東京都だけでも10店舗あります。私は有楽町店に行って参りました。この店の特徴は温かいデリと冷たいデリが数種類用意されていて、その中から好きなものをチョイスできます。デリは3品か4品でご飯かパンが選択できます。最近の飲食店では定番になりつつある、玄米ご飯にも変更できます。ドリンク付きのものもあります。ちなみにデリの単品購入もあります [続きを読む]
  • 野菜1日何グラム?
  • 今日は8月最後の日。8(や)3(さ)1(い)の日だそうです!ということで、今日は野菜のお話です。1日に必要とされる野菜の量はどのくらいだと思いますか?ヒントを出すと、ピーマン1個が約35gなす1個が約80gにんじん1本、トマト1個が約150g...さぁ、どうでしょう。自分の1日の摂取量を考えてみて下さい。答えは350gです!しっかり摂れている人はあまり多くないと思います。野菜を食べなければ、という意識はあっても必要量には達 [続きを読む]
  • プロバイオティクスの効果的な取り入れ方
  • プロバイオティクスの第3段となります。プロバイオティクスとは何か、メカニズムについても簡単にお話ししましたが、今回は効果的に取り入れるにはどうすれば良いか、という観点でお話ししていきます。善玉菌が腸まで生きて届くことがポイントとお話ししました。プロバイオティクスの中には酸に弱いものもあり、腸に届く前に胃酸などによってやられてしまいます。なるべく酸に強いものを選ぶ必要がありそうです。また、胃酸が薄ま [続きを読む]
  • プロバイオティクスのメカニズム
  • 前回に引き続き、プロバイオティクスについて。今回は、簡単にメカニズムをご説明したいと思います。生きたまま腸に届いた善玉菌は"乳酸"を産生します。これは酸性、アルカリ性の酸性を示すことから、腸内が酸性に傾きます。酸性下では悪玉菌の増殖を抑制するため、善玉菌が増えます。梅干しの殺菌作用について聞いたことがありますよね。それはクエン酸によるものです。その結果、腸が活性化されて消化吸収が高まり、便秘や下痢の [続きを読む]
  • プロバイオティクスとは
  • 今日は近年注目されている"プロバイオティクス"について触れて行きたいと思います。プロバイオティクスとは、宿主(=私達)に有益な作用をもたらす生きた (経口摂取できる) 微生物のことを指します。腸内環境と健康の関連性が発見されてから、腸にいる微生物=腸内細菌を扱った研究が表に出てくるようになりました。私達の腸では100兆個もの細菌が種類ごとにまとまっていて、お花畑のように見えることから"腸内フローラ"と呼ばれ [続きを読む]
  • まーさいびーん(おいしい)沖縄料理《あぐぅーん》
  • めんそーれ!本日は沖縄料理のお店をご紹介します。田園都市線たまプラーザ駅より徒歩5分の場所にあります。その名は"あぐぅーん"店前にはシーサーが出迎え、店内にはハイビスカスやサンゴが飾られて居ます。まるで沖縄に来た気分になり、この時点でテンション上がりまくり(笑)私はテーブル席でしたが、テラス席や掘りごたつ席もあるみたいですよ。メニューを見ると、さすが沖縄。お酒の種類が多いです。シークワーサーやグアバ [続きを読む]
  • マクロビオティック《玄米食のメリット》
  • 最近私が興味を持っているのは"マクロビオティック"という食事法。聞いたことがある方もいらっしゃると思います。基本の考え方は一物全体=ホールフード。野菜は皮に栄養があるとよく言われていますよね。以前お伝えしたようにお米も精白米より玄米の方が栄養豊富です。マクロビオティックでは、玄米に旬の野菜を使ったおかず、味噌汁と発酵食品が基本です。今回は玄米食にするメリットを中心にお話します。まず、咀嚼回数が増える [続きを読む]
  • 健康で文化的な最低限度の食事マナー【後半】
  • 前回に引き続き、今回は後半です。繰り返すようですが、特殊な料理のマナーを知らなくても問題はありません。大事なのは最低限度のマナーを守れることです。では、最低限度の食事マナーとは具体的にどのようなものがあるでしょう。例えば、口を開けて噛む人。くちゃくちゃと音がして不快ですし、口の中が丸見えで下品です。私の両親がまさにこれなのです、毎回の食事が不快でたまらないので何回も注意をしているのですが、全く治り [続きを読む]
  • 健康で文化的な最低限度の食事マナー【前半】
  • ブログタイトルは話題のドラマにかけてみました(笑)突然ですが、普段食事をする際に食事マナーを意識していますか。私は興味があるので、気にかけています。興味を持ったきっかけは、綺麗事を並べても仕方がないので正直に申しますと、"親の食べ方が嫌いだから"です。子がこんなことを言うのは親不孝者かもしれませんが、反面教師で育ってきました。まぁ親子関係を深く掘り下げると本題とズレてしまうので、話を戻します(笑)食 [続きを読む]
  • スポーツは楽しくなくてはならない
  • 本日は過去に書いた持論を載せますね。"何故スポーツは楽しくなくてはならないのか"一見すると、栄養と関係がないようですが、"スポーツ栄養学"といってアスリートの身体づくりに栄養は欠かせませんし、パフォーマンスと栄養状態は比例します。実際に専属の栄養士をつけていたり、食事を気にかけている選手も多く見受けられますね。ということで、導入はこの辺にして...以下は内容になります。私たちがスポーツを行う際には、さま [続きを読む]
  • 栄養学を必須科目に。
  • 私の友人は同じ勉強をしている食に関心が高い人が多いです。そのため普段はランチをしていてもあまり気になっていなかった、むしろそれが当たり前だと思っていたのですが、食に関心がない友人と食事をして、その食生活に驚きます。野菜はほとんど摂りませんし、欠食もしくはお菓子で済ませたり、ファーストフードや炭酸飲料、一品料理の偏った料理選択。主食主菜副菜なんて揃うことがありません。これが現状か、これが日本人の生活 [続きを読む]
  • 8月の旬《ピーマン》
  • 今日はピーマンです。ピーマンとパプリカの違いってご存知ですか?カラーピーマンに分類されるパプリカには赤、黄、オレンジ...様々な色がありますが、実は、ピーマンとパプリカの境目は曖昧なようです。一般的には、ベル型をしているものはパプリカと言っていいと思います。子供には不人気ですが、最近は苦味の原因となるポリフェノールが発見されて、苦味の少ない"子供ピーマン"というものも販売されているようです。サラダにし [続きを読む]
  • 8月の旬《ゴーヤ》
  • 日は沖縄や九州地方を中心に栽培されている"ゴーヤー"です。緑のカーテンと言って都心でも日除けに栽培するところが増えているみたいですね。ちなみに、私の通っていた小学校でもやっていました。別名"にがうり"と言われるのはやはりあの苦味ですね、モモルデシンという成分です。定番は何と言っても豆腐と合わせたゴーヤーチャンプル!沖縄と鹿児島に行きましたが、食べる機会がなく後悔しています。その他にも知人から頂いたゴー [続きを読む]
  • 8月の旬《ツルムラサキ》
  • 今月の旬の1つ目は最近スーパーでよく見かける、でも実は2000年も前から食べられている、"ツルムラサキ"についてです。ほうれん草や小松菜のような葉物野菜です。調理法もそれらと同様におひたしや味噌汁の具、炒め物にしても美味しいです。ただ、少しぬめりが出ます。私はこのぬめりが好きで納豆と混ぜたりします。それから、茎が太いので茹でる際には葉と茎を別茹でにした方がいいです。βカロテンやビタミンC、ミネラルが多い [続きを読む]
  • 田舎料理のお店《ミルクランド》
  • 久々にお店紹介。今日は田舎料理が食べられる"ミルクランド"さんです!店前には牛さんがいますよ〜(模型)新宿と代々木の間に位置していて、新宿駅から歩いて10分程度ですかね。というのも、迷子になりまして...ニューステイトメナーという建物なのですが、通りから中に入って行かないとたどり着けないので頑張って探してみてください(笑)なぜ"ミルクランド"なのかというと、店主さんのお母様が30年程前に"みんなの牛乳"という [続きを読む]
  • 経口補水液(ORS)ってなんぞや
  • 脱水症状が現れた場合、一刻も早く水分補給が必要です。ただの水で良いのか、はたまたスポーツドリンクが良いのか。最近は一周回ってミネラル豊富な麦茶が良いと言われ始めていますが、医療現場では点滴よりも簡便な経口補水液の経口摂取が採用されているようです。経口補水液とは何か。それは...ORS、商品名だとOS-1です。ブドウ糖と食塩を水に溶かしたもので小腸での吸収に着目しています。大腸でも水の吸収は行われますが、小腸 [続きを読む]
  • 高齢者の脱水症の原因とは
  • 前二回にわたって脱水についてお話ししましたが、今回は高齢者の脱水症に焦点を当ててお話したいと思います。入る水と出る水のバランスが他の年代に比べて崩れやすい原因がいくつかあるのです。《出る水が多くなる理由》1つ目は、熱、汗、嘔吐、下痢など水分喪失が増えること2つ目は、腎機能の低下によりトイレの回数が増えること3つ目は、薬の服用によるものです。腎臓では尿の濃縮や再吸収を行なっているため、腎機能が低下する [続きを読む]
  • 過去の記事 …