katsusun さん プロフィール

  •  
katsusunさん: おっさん、酔った勢いで子育てを語る
ハンドル名katsusun さん
ブログタイトルおっさん、酔った勢いで子育てを語る
ブログURLhttps://katsusun.hatenablog.com/
サイト紹介文酔ったおっさんがとりあえず踊ってます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 47日(平均11.0回/週) - 参加 2018/08/31 00:36

katsusun さんのブログ記事

  • ワイングラスも変わってしまったサイゼリヤ
  • 夕飯を取りにサイゼリヤに行った。前回行った時、デカンタがプラスチック製のものに変わっていた。今回いつものように白ワインを頼むと、プラスチック製のワイングラスが出てきた。このまま、サイゼリヤは食器類のプラスチック化を進めていくのだろうか。だとしたら、非常に残念だ。次は取り皿あたりがプラスチック製になるのか要注目。おしまいkatsusun.hatenablog.com [続きを読む]
  • チョーヤの梅酒を作る際に使用された梅の第二の人生が垣間見れた話
  • 昼を食べた帰り道に、店頭がカオス気味な酒屋の前を通った時のことである。袋入りの梅の実が目についた。立ち止まって、よく見る。「チョーヤ 梅酒のうめ」と袋には記されている。梅酒を作る際に使用された梅らしい。エキスをすべて放出したお茶の出がらしみたいなものか。最後にこういう形で販売されて、飲み屋で梅酒と束の間の再会を果たす。そして酔っ払いにマドラーで突っつかれたりして、その生涯を終えるのか。梅酒の梅は美 [続きを読む]
  • 「イオンって楽しいよね!」〜百貨店が衰退するわけ〜
  • 子供を連れて、たまにイオンのショッピングモールに出掛ける。子供の観たい映画を観て、ゲーセンで映画の半券でUFOキャッチャーをやり、フードコートで好きな物を食べるというパターンが多い。たまに洋服を買ったり、雑貨店でキャラクターのついた雑貨を買ったりする。ありきたりな週末の過ごし方だ。この前イオンに行った際に、子供がいきなり「イオンって楽しいよね。1日いても飽きないね」と言った。これって自分が子供だった [続きを読む]
  • アイドルに「ユーチューバーですか?」と質問してしまった話
  • 家族で出かけた時のことである。嫁が通りすがりの人に握手を求められている若い子に気づいた。それだけなら良かったのだが、子供に「ユーチューバーですか?と質問してきたら」と煽ったらしい。後で嫁に確認したところ、どこかで見たことがある人だったから、多分ユーチューバーだろうと思ったとのこと。何の疑問も抱かず子供がその子のもとに向かう。子供が「ユーチューバーですか」と質問したところ、その子がすまなそうに「ごめ [続きを読む]
  • おまえ、差額をポケットに入れる気だったのか
  • 会社負担で部署の慰労会をやることになった。若い天然に幹事をさせることにした。そしたら天然が「一律で一人当たりの上限額支給されるのですか?」と聞いてきた。「実費精算に決まっているだろ」と答えると、「だったら上限まで使った方が良いな」と呟いた。おまえ、一律で上限額まで支給されていたら、安いコース頼んで差額をポケットに入れるつもりだったのか?天然のくせに、どうしてつまらない知恵は回るんだ。もっと別のこと [続きを読む]
  • 昔、小学校受験した時の話〜学校説明会〜
  • 今回は学校説明会について書きます。学校説明会は次の三つのパターンに分かれます。学校で開催される説明会。いくつかの学校が合同で行う説明会。お受験教室で行われるクローズされた説明会。学校で開催される説明会は3月末から9月の土曜日の午前中あたりに行われることが多いです。実施回数は学校に寄ってバラツキがあるかと思います。多いところだと5回程度、月に一度程度行っている感じです。内容は校長先生の学校の教育方針や [続きを読む]
  • お蝶夫人の休日
  • 子供のひとつ年上のお友達に華やかで凛とした女の子がいます。その雰囲気から勝手にお蝶夫人と心の中で呼んでいます。見かけるのは付き合いで行く音楽のコンクールぐらいです。まだ子供にもかかわらずというのは大変失礼だけど、すでに華やかで凛としただけでなく近寄りがたい雰囲気を醸し出しています。姿を見かけるたびにこういう雰囲気も持って生まれたものだなと認識させられます。たまたま遊びに行ったテーマパークで、家族で [続きを読む]
  • 昔、小学校受験した時の話〜人間模様つづき〜
  • 以前、男親の話を書きました。今回は女親の話を書きたいと思いますが、正直なところ役に立ちそうな話はあまり書けそうにありません。ほとんど知り合いがいなかったし、嫁は面倒くさいことは嫌いだから教室にはほとんど来なかったし。女親の場合、男親と違って気合いも入っているから、毎回紺系のワンピースとか着て、きちんとした身なりで送り迎えするだけでも大変だろうなとは思います。また人間関係においても幼稚園の知り合いと [続きを読む]
  • USJのハロウィーンで貰える飴は11種類と、子供が教えてくれた
  • 家族でユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきた。嫁と子供は二回目、自分は初めてです。ハロウィーン期間ということでカボチャのバッグを掛けたスタッフさんにお約束の質問をした子供には飴が貰える。それを知ったおトクが大好きな子供が飴を貰うのに熱中。スタッフさんの腰をチェックし、カボチャのバッグを見つけると、誘蛾灯に誘われる蛾のごとく、スタッフさんに引き寄せられていく。正直に言うと、引き寄せられるという [続きを読む]
  • 「おくのほそ道」後日談
  • 自分がお風呂に入っている時に、子供が嫁に「おくのほそ道って、ブギウギ専務だよね」って確認しているのが聞こえてくる。パパがいないところで確認しているのは、パパへの配慮だと思いますが、声が大きいので丸わかりです。嫁に松尾芭蕉の作だと言われ、ようやく納得したようです。普段デタラメしか言わないパパの株が少しは上がったら良いのですが。おしまい katsusun.hatenablog.com [続きを読む]
  • 見つめ合う男子学生と別れられないおじさん4人組
  • 旨辛ラーメンの続きです。ますはテニス帰りの男子学生二人組から。二人のうちの一人はセットものをオーダー。取り分け用の小どんぶりをもらいます。男同士でラーメン屋でシェアって珍しいなと思います。これはまだ許せます。その後が如何なものか。一口食べる度にお互いに見つめあって、ニコニコしています。美味しいも食べるとニコニコになるのは、おじさんもわかるよ。爽やかな若者がニコニコしているのも好ましいよ。でも笑顔を [続きを読む]
  • 子供が習い事を辞めたいと言ってきた場合の対処法
  • 子供が習い事を辞めたいと言ってきた時にどうしていますか?子供の希望を尊重する。環境を変えて続けさせる。宥めすかして続けさせる。無視する。対応はこんなところでしょうか。うちでは親の習い事に対する思い入れにより、これらを使い分けてきました。子供の希望で始めたが、子供が楽しむことができずに辞めたいと言ってきたもの。ダンスが該当しました。親の中で優先度が低い上、子供の年齢より何歳か上の子を対象にしたような [続きを読む]
  • 「おくのほそ道」ってブギウギ専務だよね
  • 東武線の北千住駅のコンコースに写真のような顔を出して撮影するためのパネルがある。これを見た子供がいきなり「おくのほそ道って、ブギウギ専務だよね」って言った。自分はケーブルテレビで録画したブギウギ専務をよく視るのだが、その中の人気企画「ブギウギおくのほそ道」のせいだ。完全に間違った刷り込みがされている。試しに松尾芭蕉を知っているかを訊いたところ、俳句の人という返事だった。「おくのほそ道」の作者が松尾 [続きを読む]
  • 人気旨辛ラーメン店とカオスなお客様
  • よく利用する駅に人気の旨辛ラーメン店がオープンした。食べに行きたかったのだが、並ぶのが大嫌いなので、中々行けなかった。どれくらい並ぶのが嫌かといえば、テーマパークだか水族館に行った際に子供が行きたいレストランが30分待ちとわかった途端、子供の意思などお構いなく子供を引きずりながら外に出るくらい並ぶのが大嫌い。テレビに出てくるような人気のお店によくある、客が何時間も好きで並んでいるとはいえ、その状況を [続きを読む]
  • 昔、小学校受験をした時の話〜お受験教室の人間模様〜
  • 教室に通い始めると、当然、保護者同士も顔を合わせるようになります。多少なりとも付き合いというものが生じます。送迎をする保護者の男女比は、女性7、男性3といった感じです。内訳は女性のみ6、両親共2、男性のみ1といったところですかね。ちなみに我が家では自分が送り迎えすることが大半でしたので、珍しいケースだと思います。嫁は要所でくるという感じでした。男親ははっきり言って人間関係については楽です。女性中心のコ [続きを読む]
  • 手帳にまつわる怖い話の続き
  • 手帳の話の続きです。手帳の中を意図せずに見る事になった嫁、激怒。お金の使い道には飲みに行ったお店の名前を記していたのだけど、それが良くなかった。嫁が行きたがっていた人気焼鳥店、昔二人で行った居酒屋等の名前が書いてあったのだから。その日からちくちく責められ、辛い日々を過ごすことになりました。その年以降、手帳を買うことは二度とありませんでした。この件の教訓は、大事なことはアウトプットせずに頭の中に留め [続きを読む]
  • 手帳にまつわる怖い話。とりあえず手帳の取り扱いには気をつけろ
  • なんか知らないけど、最近、来年の手帳にまつわる話をよく見る。自分の中では手帳って10月以降の話ではないかと思っていたのだが、知らない間にスタートがひと月くらい早くなったみたいだ。昔、イノベーターの手帳を毎年使っていた。今も売っているかどうかは知らない。手帳には、飲酒したか否か、主なお金の使い道、旅日記などをしたためていた。手帳に仕事のことを書き留めたことなど一度もなかった。不幸なことに結婚してからも [続きを読む]
  • バスの中のカレンダーガール 晒されているあなたは誰?
  • 田舎住まいだから通勤にバスを使っている。そのうちの一台の話です。運転席の背面の仕切り板に利用案内や広告を入れるスペースがあるのわかりますか。そこにカレンダーが掲示されているのですが、明らかにカレンダーがおかしい。企業広告っぽいカレンダーならまだしも、極めて個人的なカレンダーだ。一言でいうと、七五三の写真を撮った際にサービスで貰えるようなカレンダーである。真ん中に写真があって、その両側がカレンダーに [続きを読む]
  • 史上最高にせっかちな女
  • ドトールでお昼を食べたときの話。注文を終え、カウンターに並んで頼んだジャーマンドッグが出来上がるのをボケっと待っていたら、いきなり自分のあとに並んだ若い女性がカウンターで砂糖とミルクを開封してコーヒーに投入して、立ったままスプーンでかき混ぜ始めた。そんなせっかちな人、今まで見たことない。というわけで、史上最高にせっかちな人認定をする。歩き食いでもしながら席に向かうのかを確認したかったけれど、ジャー [続きを読む]