ベン@英語編集×ブログ さん プロフィール

  •  
ベン@英語編集×ブログさん: 英語編集者のメモ
ハンドル名ベン@英語編集×ブログ さん
ブログタイトル英語編集者のメモ
ブログURLhttps://www.bengzblog.com/
サイト紹介文出版社で英語教材を作っている編集者のブログ。英語学習方法について書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 10日(平均13.3回/週) - 参加 2018/08/31 02:12

ベン@英語編集×ブログ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 英語とか教養とか筋トレとか好きなこととかブログのこととか
  • ただの雑記です。 ブーム 不安なのかな そんな簡単じゃないのじゃないかな 好きなことと仕事 ブログについてブームどうも最近は、英語や教養、筋肉などがブームになっているようです。書店にいったら、英語関連書籍は大きくスペースをとっていますし、売り上げランキングでは教養をつける本が上位に位置付けています。テレビに出る芸能人には筋トレに熱を上げている人も少なくないようです。ダウンタウンの松本人志 [続きを読む]
  • 【初級〜上級】リスニングの勉強法!TOEIC950越えの英語編集者が徹底解説!
  • こんにちは、英語編集者の ベン(@bengz_blog)です!英語を勉強していて、英語をもっと聞き取れたらって思うことってありますよね。たとえば、「海外ドラマを字幕なしで見れたら」とか「リスニング問題なに言ってるかわからへん〜」とかは、だれもが一度は思ったことがあるはずです。今回の記事ではそういった悩みを解決するリスニング勉強法を紹介します。ちなみに、ぼくは TOEIC リスニングセクションで 485 点とっているのです [続きを読む]
  • 教材編集者の英語学習歴 (11) 〜社会人になってから〜
  • 社会人になってから社会人 1、2 年目大学時代に TOEIC 800 点程度の英語力を身につけたぼくですが、ある時期を境に継続的な勉強をできていませんでした。そのためいつまでも英語力は停滞してしまい、「自分は英語ができない」という思いを抱え続けていました。そう考えは主に発信力の貧弱さに起因するものです。多少は話せるようになったもののまだまだ満足できるレベルにはなっていませんでした。なんとかして英語を使えるよう [続きを読む]
  • 教材編集者の英語学習歴 (10) 〜大学時代②〜
  • 大学時代②TOEIC で700 点を越えたぼくは、イギリス旅行での経験もあって英語学習のモチベーションを維持していました。また、大学 3 年になったころからなんとなく就活を意識するようにもなりました。以前述べたようになんとなく出版関係の仕事をしたいという思いはありましたが、どうすればいいのかはわかっていませんでした。出版業界に進むにしろ、ちがった業界に進むにしろ、英語が役に立つかもしれないという考えもあって、 [続きを読む]
  • 教材編集者の英語学習歴 (9) 〜大学時代①〜
  • 大学時代①入学から大学 2 年大学に合格したぼくは、入学後すぐにパッとしない感じの大学生と化しました。適度に授業を受けて、適度にバイトして、適度に大学外の活動をして…ぜんぜんパッとしませんね 笑英語学習に関しては、入学後すぐに受けた TOEIC IP テストで 595 点を取得した以降、必修科目を受けるだけでなにもしていませんでした。入学直後をピークにしてぼくの英語力は錆びついていき、気づけば 2 年も秋ごろになりまし [続きを読む]
  • 教材編集者の英語学習歴 (8) 〜浪人時代④〜
  • 浪人時代④浪人時代の 2 学期は、チェックリストを使って勉強を管理することで、順調に勉強を進められました。特に英語は順調に基礎知識を実戦問題の中で定着させることができたので、安定して高い成績をとることできました。センター試験・二次試験センター試験直前は過去問演習中心の勉強をしていました。過去問でまちがえた問題から不足している文法知識、単語を埋めていくイメージです。しかしながら、高校 3 年のときの経験 [続きを読む]
  • 教材編集者の英語学習歴 (7) 〜浪人時代③〜
  • 浪人時代③夏休みに生活リズムを乱して予定どおりの勉強ができなかったぼくは、2学期以降、開き直って勉強を再開することにしました。幸い英語や数学など、配点が高い教科は基礎力をつけることができていたことが、この開き直りを可能にしたのだと思います。よく言われるように、夏休みに基礎力をつけるというのはとても大事なのだなと実感しました。(もし夏休み中に基礎力をつけられていなくても、2学期からでも基礎力重視の勉強 [続きを読む]
  • 教材編集者の英語学習歴 (6) 〜浪人時代②〜
  • 浪人時代②順調に成績が伸びていた浪人 1 学期。しかし、なかなか人生はそんな純中満帆にはいってくれないものです。夏休みそれまで順調に進んでいた勉強ですが、夏休みに入るとその勢いにかげりが出てきました。それは、リズムの狂いからくるモチベーションの低下です。予備校というものは、高校などの学校と同じように学期中は朝から夕方まで授業がびっしりあるため、通っていると自然と定期的なリズムで生活を送ることができ [続きを読む]
  • 教材編集者の英語学習歴 (5) 〜浪人時代①〜
  • 浪人時代①高 3 時の大学受験で失敗し、浪人することに決めました。前回記事最後で触れたとおり、志望校を上げたぼくは、まず予定を立てました。スケジュール作成高 3 のときと同様に、受験までに必要な勉強内容、使用する教材、実行にかかる時間をを明確にして予定を立てました。浪人時に使用することにした教材は以下のとおり。①『システム英単語』(駿台)②『リンガメタリカ』(Z会)③『Forest』(桐原)④ 文法テキスト [続きを読む]
  • 教材編集者の英語学習歴 (4) 〜高校時代②〜
  • 高校時代②2学期夏休みまでの勉強でセンター試験過去問で結構な点数をとれるようになったぼくはすっかり調子にのっていました。「3 か月くらい前まで偏差値 50 切ってたのにセンターで 178 点とるとはな〜。おれってもしかして天才なんかな!?」ええ、そうです。みなさんおわかりのように完全な死亡フラグです。それまでは順調にスケジュールどおり勉強を進めていましたが、それ以降は勉強時間も減って予定よりどんどん遅れ [続きを読む]
  • 教材編集者の英語学習歴 (3) 〜高校時代①〜
  • 高校時代①前回の記事に書いたように、中学時代はこつこつまじめに勉強をしていましたが高校に入ってそれが変わりました。予習復習などせず、テスト前もぜんぜん勉強せずに「おれぜんぜん勉強してないわー」と言って開き直り、毎回赤点ぎりぎりの点数を取っていました。(同じように言っている友達はいましたが、彼らはたいていそこそこの点数。正直者はぼくだけでした。)そんな感じだったので当然英語力も伸びず、高校 1・2 年 [続きを読む]
  • 教材編集者の英語学習歴 (2) 〜小・中学時代〜
  • 小学校時代ぼくの英語の原体験は小学校のときの家族でのグアム旅行だと思います。小学校2年生のときに初めて行った外国は、印象的でした。日本人と比べて大きな人、量の多いごはん、きれいな海…。すべてが刺激的でしたが、初めて生で接する英語は特に印象深かったです。それまでももちろんTVなどをとおして英語を聞くことはあったはずですが、実際に英語を話している人を目にするのは初めてでした。父親に教えてもらい、ホテルの [続きを読む]
  • 教材編集者の英語学習歴 (1) 〜英語学習に関するぼくの考え〜
  • 英語学習に関するぼくの考え現在ぼくの英語力は、英検1級、TOEIC 960点程度です。まだまだ満足するレベルではないですし、誇れるほどのものでもないですが、今までの学習方法などをシェアしてみたいなと思います。ぼくはいわゆる純ジャパ(帰国子女でも留学経験者でもない)で、専攻も英語と無関係でした。基本的には独学でこのレベルまで伸ばしたのですが、そのほとんどが社会人になってからの勉強です。英語を独学して2つ [続きを読む]
  • 記事投稿失敗とこれから
  • 前回の記事以降時間があいてしまった…。実は、ほとんど完成してた記事をまちがって削除してしまってやる気がなくなっていました。笑B'zの英語歌詞分析を書いていたのですが、またやる気がわいたら書こうと思います。さて、しばらくB'z歌詞分析はやる気が起きそうにないですし、あんまり引きのよさそうなテーマでもないので、これからはべたに英語学習に関して書いていこうと思います。純ジャパで英検1級程度まで英語力を伸ばす [続きを読む]
  • はじめての記事
  • はじめまして!出版社で英語編集者として働いている ベン(@bengz_blog) です。このブログでは教材編集者の目線から、英語学習法や英語教育、気になった英語教材などについて書いていきます。ゆくゆくは、出版社の仕事や趣味などの記事にも手を伸ばしていこうと思います。少しでも読んでもらえたらうれしいです。よろしくお願いします! [続きを読む]
  • 過去の記事 …