双耳尖底壺 さん プロフィール

  •  
双耳尖底壺さん: 多情多痕
ハンドル名双耳尖底壺 さん
ブログタイトル多情多痕
ブログURLhttp://tajoutakon.hatenablog.com/
サイト紹介文転勤族夫と二人暮らしの20代専業主婦による雑記。装幀デザイン勉強中。趣味はやきものや読書など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 17日(平均4.1回/週) - 参加 2018/08/31 19:02

双耳尖底壺 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【ジム通い×プロテイン×粉飴】2ヶ月で+2kg無理なく達成【太りたい女】
  • 筋肉は裏切らない(T^T)全国のガリガリのみなさま。こんにちわ。夏が終わりの兆しを見せ始めて、ようやくほっとできますね。夏の薄着とVネックはガリガリにはほんと鬼門なんですよね。5年のガリガリ時代幼少からもともと細身でしたが、4〜5年前にインフル×ノロのダブルパンチで7kg近く体重が落ち込み激ヤセして以来、太ることが出来なくなりました。おそらく原因は胃腸の機能不全。食べても栄養を吸収 [続きを読む]
  • 血の繋がりと蜘蛛の糸①
  • 「お母さん、統合失調症なんやって」運転席からルームミラー越しにそう告げた姉は、サイドブレーキを下ろして静かに前方を見据えていました。どんよりと白く曇った昼下がりのことでした。中学に上がるか上がらないかの年齢だった私は、言葉の意味を理解できないまま、後部座席のシートから「ふーん」とだけ返したような憶えがあります。記憶というものは大概、写真のネガのようにありのままを残すこ [続きを読む]
  • 旦那のパンツが茶色い件
  • ( ゚д゚)ポカーン★目次★(いるか?) パンツのおしり部分が・・・ パンツが茶色いというのは、マンガの話だと思っていた。 そんな夫が愛しくてしかたがないパンツのおしり部分が・・・本日、洗濯物をたたんでいる時に、気づいてしまいました。「うっすら着色している・・・・・!」なんということでしょう。新婚とはいえ2年近く同居していて、今まで発見されなかったとは [続きを読む]
  • 旦那のパンツが茶色い件
  • ( ゚д゚)ポカーン★目次★(いるか?) パンツのおしり部分が・・・ パンツが茶色いというのは、マンガの話だと思っていた。 そんな夫が愛しくてしかたがないパンツのおしり部分が・・・本日、洗濯物をたたんでいる時に、気づいてしまいました。「うっすら着色している・・・・・!」なんということでしょう。新婚とはいえ2年近く同居していて、今まで発見されなかったとは [続きを読む]
  • 秋の日は釣瓶落とし
  • 日が暮れるのがすこし早くなったように思う。仕事をやめて2か月。毎日、自分の労働・生産意欲の低さに驚いています。そして、うすうすは気づいていたのですが、近頃になってようやくハッキリ分かったことがあります。「じぶんには、生きる目的が無い」将来の夢はとくになし。やりたいこと、とくになし。口癖は「人生、巻きで終わらせたいな。」学生時代・会社員時代にも、休暇といえばとくに何もしないことが [続きを読む]
  • 秋の日は釣瓶落とし
  • 日が暮れるのがすこし早くなったように思う。仕事をやめて2か月。毎日、自分の労働・生産意欲の低さに驚いています。そして、うすうすは気づいていたのですが、近頃になってようやくハッキリ分かったことがあります。「じぶんには、生きる目的が無い」将来の夢はとくになし。やりたいこと、とくになし。口癖は「人生、巻きで終わらせたいな。」学生時代・会社員時代にも、休暇といえばとくに何もしないことが休む [続きを読む]
  • 「和鉄のみやび」展が全然話題になってなかったけど
  • 少し前になりますが、小倉城庭園でひらかれている展覧会「和鉄のみやび」に行ってきました。和鉄のみやび引用元:2018年|企画展|北九州市立小倉城庭園[小笠原会館]↓この記事の目次↓ 芦屋釜は国の重要文化財にもなっている 芦屋釜の制作過程 さいごに芦屋釜は国の重要文化財にもなっている福岡県遠賀郡芦屋町で生産される「芦屋釜」という、おもに茶の湯で使われる鉄製茶釜の展示です。現在芦屋釜は、八 [続きを読む]
  • 和鉄のみやび
  • 少し前になりますが、小倉城庭園でひらかれている展覧会「和鉄のみやび」に行ってきました。和鉄のみやび引用元:2018年|企画展|北九州市立小倉城庭園[小笠原会館]画像は公式HPからお借りしています。福岡県遠賀郡芦屋町で生産される「芦屋釜」という、おもに茶の湯で使われる鉄製茶釜の展示です。現在芦屋釜は、八木孝弘さんと樋口陽介さんのお二人のみで制作されています。ちなみに、いま国の重要文化財になって [続きを読む]
  • お気に入りの萩焼が割れた
  • ことのほか気に入っていた萩焼のうつわを割ってしまった。供養のためにも、これから愛でるやきものはできるだけ記録に遺しておこう・・・。萩焼といえば「貫入」貫入萩焼のだいご味はやはり、ふるく江戸より愛されてきた「萩の七化け」ともいわれる「貫入」です。使い込むほどにお茶の成分などがしみ込んで、ひび割れのような模様が浮かび上がる貫入の枯れたおもむきが、わびさびの美であるとして茶人たちに愛でられていまし [続きを読む]
  • おくやみ
  • ことのほか気に入っていた萩焼のうつわを割ってしまった。供養のためにも、これから愛でるやきものはできるだけ記録に遺しておこう・・・。萩焼といえば「貫入」貫入萩焼のだいご味はやはり、ふるく江戸より愛されてきた「萩の七化け」ともいわれる「貫入」です。使い込むほどにお茶の成分などがしみ込んで、ひび割れのような模様が浮かび上がる貫入の枯れたおもむきが、わびさびの美であるとして茶人たちに愛でられていまし [続きを読む]
  • 過去の記事 …