巴里 さん プロフィール

  •  
巴里さん: 法律(知って得する)と暮らしの知恵!
ハンドル名巴里 さん
ブログタイトル法律(知って得する)と暮らしの知恵!
ブログURLhttp://seawase.blog.fc2.com/
サイト紹介文労働トラブル 転職活動の法律 借金カード自己破・離婚慰謝料 不倫 などなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2120回 / 129日(平均115.0回/週) - 参加 2018/09/10 17:10

巴里 さんのブログ記事

  • 東京 大阪 直下型大地震で陥没パニックとなる危険スポット
  • 「東京の地下鉄は古く、銀座線、丸ノ内線などは動脈硬化を起こしている。周りを土で固めているため外力が加わらなければ安定していますが、直下型地震が東京を襲えば、そうはいかない。例えば銀座通り。幹線通りで、しかも街を歩いていて轟音が聞こえてくるほど、ごく浅いところを地下鉄が走っている。そういった場所は、崩落の可能性が十分にあるのです」こう語るのは、防災ジャーナリストの渡辺実氏だ。 11月8日早朝に起きたJR [続きを読む]
  • しっかり貯められる! 定期預金の基礎知識と落とし穴
  • ■普通預金の残高が増えてきたら定期預金の活用がお得普通預金の残高が増えてきたら、どうしますか? 最近は、日銀がマイナス金利を導入したこともあり、普通預金の金利が都市銀行で0.001%、預け入れ期間1年の定期預金で0.01%と低くなっていますから、定期預金に預け替えないという人も多いようです(金利は2016年11月4日現在)。でも、定期預金に預け替えれば、普通預金と分けられるので生活口座と貯める口座を分けることができて [続きを読む]
  • リフォーム増加でトラブルも増加!リフォーム業者選びのポイントは?
  • 住宅リフォームの件数はここ数年増加傾向平成18年6月、新たに交付・施行された法律に「住生活基本法」というものがあります。これは「良質な住宅の供給」「良好な居住環境の形成」を目的とした法律で、国が今までの「量、数を増やすこと」を目的とした施策から「質を重視」した住宅施策へ転換したことへの表明でもあります。平成20年の時点で日本の総世帯数は約5000万なのに対し、住宅の数は5700万戸。空き屋率は約13%。数字の上で [続きを読む]
  • 電車内でビールを飲んでる人を見かけたら不快?違法性は問える?
  • 先日「教えて!goo」で配信した「電車内でビールを飲むのは非常識?」というコラムには多くのコメントが寄せられていた。そこで今回は、この問題を法律の観点から切り込んでみたい。法律はその時代その国の倫理観の現れでもあり、「ある行為を人がどう感じるか」という観点を反映している。しかし、不快感だけでは法に違反していると言えない。そうした不快感が目に見える「被害」として表出されない限り、法はその人を保護してく [続きを読む]
  • 白バイが月末に精力的に動いてたら要注意な理由
  • 交通機動隊にはノルマがあるとよくいわれますが、本当にあるのでしょうか。また、あるとしたらそれは取り締まりにどう影響するのでしょう。元交通機動隊の白バイ隊員に交通違反の取り締まり事情について聞いてみました。月末に精力的に動いている白バイを見つけたら交通違反に注意したほうがよさそうです。白バイ隊員は月間の目標件数がある「白バイは基本1台で行動しています。2台1組の白バイを見かけたら、それは新人の教育中で [続きを読む]
  • 『幸運を引き寄せる4つの法則』努力すれば運のいい人になれる!?
  • なかなかいい出来事にあえない、こんなに努力しているのに、どうして自分にはいいことが起こらないのだろう、なぜあの人ばかりついているのだろう・・・そんな思いにとらわれ、世の中は不公平だ!と嘆きたくなることがあるかもしれません。では、本当に“運のいい人”はいるのでしょうか?運が悪いと感じている人の特徴とは?イギリスの心理学者であるリチャード・ワイズマン博士が、10年にわたって幸運について調査した結果、運が [続きを読む]
  • 夫が会社を辞め働こうとしない…離婚事由になる?
  • 離婚理由には様々なものがありますが、意外と多いといわれるのが、夫の収入に対する不満です。「結婚後会社を解雇され生活できない」「会社を辞めたあと働こうとしない」「給与が下がり生活できない」などの理由で、妻が旦那に対し愛想をつかし、「三行半」を叩きつけることがあります。このような場合、第三者から同情される一方で、「夫が働けないなら妻が働けばいいじゃないか」「どうして一緒に苦しみを乗りえようとしないんだ [続きを読む]
  • 「性格の不一致」を理由に離婚を切り出された…認められる?
  • 先日、インターネット上の掲示板に「妊娠中に突然夫から“性格の不一致で離婚したい”と告げられた。私は離婚したくないのだが、どうすればわからない」という相談の書き込みがありました。夫は浮気をしているようで、離婚を口にしていますが、現在は子どもがいて、妊娠もしているようです。子どもがいながら、「性格の不一致」と称して浮気を隠し離婚を迫るという行為に、「無責任だ」「妻はバカにされているのでは」批判の声が集 [続きを読む]
  • 嫁が家事をまったくやらない…離婚事由として認められる?
  • 結婚生活3年目のSさんは、専業主婦の妻と2人暮らし。幸せな生活を送っているようですが、ある悩みを抱えています。それは、妻が一切家事をしないということ。不倫など不貞をしているわけではないようですが、家事をやる気がないそうです。Sさんは1人暮らし時代が長く、家事を完璧にこなせるため、現在はすべてを引き受けていますが、仕事で疲れているときも家事を手伝ってくれないため、不満に思っており、離婚を考えています。し [続きを読む]
  • 既婚者同士恋愛キスってあり!? 不倫のボーダーラインとは
  • 既婚者同士の恋愛キス報道! 不倫はテレビや雑誌の中だけの話だと思っていませんか。身近にも不倫に身を投じている人は意外と多いもの。既婚者同士恋愛キスも他人事ではありません。そもそも不倫とはどこからが不倫なの? 男女それぞれの考え方を比べてみました。既婚者同志の恋愛はアリ!? ナシ!?結婚したらもう恋愛はお休み。旦那さんだけをずっと愛していくの……。もちろんそれが理想ですよね。でも旦那さんに何かのきっか [続きを読む]
  • "水商売の不倫相手"に訴えられた男の末路
  • いざというとき、自分の身を守ってくれるものは何か。その筆頭は「法律」だ。「プレジデント」(2017年10月16日号)の「法律特集」では、職場に関する8つのテーマを解説した。第4回は「不倫の大きな代償」について――。(全8回)■40代水商売の女性と不倫していた50代既婚男性の事例不倫は相談件数が多い割にそのリスクを理解している人が少ないように思います。不倫相手との別れ方を間違うと思わぬ痛手を負いかねません。別れ話 [続きを読む]
  • 親がみていない「公園遊具での事故」管理者に責任は問えるの?
  • 先日、公園の遊具にランドセルと首がはまった、小学1年生の男の子が意識不明の重体になる事故が発生しました。新入学児童をもつママにとっては、自分の子どもが同じような事故に遭ったと考えると大変ショックを覚えたのではないでしょうか。遊具のみならず、通学中にランドセルやマフラーなどが自動車、自転車、電車などに巻き込まれるおそれもあります。今回は、親の監督下にない状況での事故の予防策と責任追及の相手等について [続きを読む]
  • 「脱サラしてFC店を立ち上げたい」どんなメリットやデメリットが?
  • 「脱サラして自分のお店を持ちたい!」でも、自分には飲食店経営のノウハウはないし、初期費用もどれくらいかかるかわからないから不安でなかなか踏み出せない。実は、そんな不安を軽くして夢を実現できる可能性があるのが、近年再注目されているフランチャイズです。今回は、そんなフランチャイズのメリットやデメリットを解説します。■脱サラするとういことの意味まず、「脱サラ」をした場合、働く環境等はどのように変化するの [続きを読む]
  • 死刑執行はなぜ時間がかかる?その理由を弁護士に聞いてみると
  • 先日、平成3年から4年かけてスナック店主を4人殺害した男ら2人の死刑囚に対し、刑が執行されたことが発表されました。スナック店主を殺害した死刑囚については、再審請求も出ていただけに、一部には批判もあったようです。一方で、死刑が確定している場合は速やかに執行するべきだと言う声もあります。現状、死刑執行までかなりの時間を要していますが、一体なぜなのでしょうか? 6ヶ月以内に執行しなければならないという法律も [続きを読む]
  • 飲食店側が客の退店を強制…どんな場合に退店させられる
  • 海道の飲食店で、「客に早く帰ってほしかった」と噴射したスプレーにライターで引火させ、利用客にやけどを負わせるという事件がありました。お店のルールを守らない人を退店させる権利はお店側にもありますが、実力行使は基本的にNGです。退店させる際、強い口調により退店してもらう、あるいは、警察の介入をお願いするなどの方法が考えられますが、上記の件は、違法であることは読者の皆さまもお分かりかと思います。今回は、ど [続きを読む]
  • 通院難しい高齢者の味方 「訪問歯科医」の活用法
  • 要介護認定を受けるなどして通院が難しい高齢者らにとって、歯科医が自宅で診療してくれる「訪問歯科」は頼れる存在だ。高齢者が虫歯などで歯を失うと、食事が難しくなって低栄養になったり、肺炎になったりして、健康状態の悪化を招きやすい。適切な口腔(こうくう)ケアで生活の質改善も期待できるが、健康保険と介護保険の使い分けなど注意点もある。  「歯にブラシを当てて掃除しますね」。8月中旬、東京都大田区の荷宮末子さ [続きを読む]
  • 定年離婚願望のある人は何割? 「性格の不一致」を超えた理由とは
  • 夫婦仲は発酵チーズのようなもの。乳と菌がお互いに作用しあって、時間の経過とともに絶妙な味わいが引き出される夫婦もいれば、残念ながら何らかの原因で発酵に失敗して腐ってしまう場合もあります。 家庭の外から見ると仲睦まじい夫婦でも、相手や他人にばれぬように「発酵臭」の発生源に壊れやすい簡易なフタをして、平静を装っている夫婦は少なくありません。. 「定年を機に離婚を考えたことがある」と回答した男女の割合は?1 [続きを読む]
  • 転職して年収が「上がる人/下がる人」の特徴
  •  あなたは現在、自分が受け取っている年収の額についてどう感じているだろうか? その多寡に限らず、認識と現実とにギャップを抱えている人は少なくないだろう。 現在の「自分の値段」や会社の行く末に不安や疑問を抱きながらも、「年齢的に転職するには遅すぎる」「リスクがありすぎる」と戸惑う中高年も多いだろう。これに対して、「転職は細かいテクニックや求人情報を気にするより、思考法を確立することが大切」だと指摘す [続きを読む]