remy1202 さん プロフィール

  •  
remy1202さん: 音楽とエロゲと哲学の庭
ハンドル名remy1202 さん
ブログタイトル音楽とエロゲと哲学の庭
ブログURLhttps://remy1202.hatenablog.com/
サイト紹介文音楽とエロゲと哲学と心理学と小説とアニメとラノベとととととととととととと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 17日(平均6.6回/週) - 参加 2018/09/01 05:55

remy1202 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ちんちんを見せずにちんちんを見せる方法
  • ちんちんを露出したいというのは男なら誰もが抱いたことのある思いではないだろうか。しかし悲しいかな。この日本ではちんちんを露出したらなんと捕まってしまうのだ。その為全国の猛者たちは、如何に捕まらないようにちんちんを露出するか日夜頭を悩ませている。ここで、私が考え出した案を一つ紹介したいと思う。それは実に簡単で、更に捕まる確率はほぼゼロに近い。その方法とは、「コートを着て、相手の前でコートのフロントを [続きを読む]
  • Summer_Pockets 総評 ※ネタバレなし
  • サマポケ終わりました。いやはやいやはや……んも〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜よかったよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!?!!?!!?!!?!!!???!??????????優しいんだよなあ…優しすぎるのあったかい心が心があったかい心があったかいいやもうねえ、夏ってね夏ってこんなにねこんなに [続きを読む]
  • P-MODELと平沢進の精神世界(スキューバ編)
  • さて、次に発売されたのは「スキューバ」というアルバムである。しかし、これはP-MODELとは銘打っているものの、殆ど平沢進個人で製作したソロ作品のようなものである。このアルバムは現在のような平沢進の原点ともなった非常に意味のあるアルバムであり、同時に今後のP-MODELの方針を決定付けることにもなったアルバムである。「アナザーゲーム」で深くまで落ち込んだ平沢進の精神であったが、当時平沢はあるものに触れ、それを解 [続きを読む]
  • P-MODELと平沢進の精神世界(ポプリ、パースペクティブ、アナザーゲーム編)
  • さて、P-MODELがテクノを脱却して初めて製作したのが3rdアルバム「ポプリ」である。まだこのアルバムではシンセサイザーはフィーチャーされているが、あくまでスパイスで使っている程度である。今までのような直接的で批判的な歌詞は難解で抽象的になり、曲調は何処か影を落とした暗いものが増えた。そして間もなく、4thアルバムの「パースペクティブ」が発売された。ここではポプリで使われたようなシンセサイザーの音は姿を消し [続きを読む]
  • P-MODELと平沢進の精神世界(初期編)
  • P-MODEL(1979〜1988,1991〜1993,1994〜2000)とは、日本の音楽グループであり当時ニューウェーブ、テクノポップムーヴメント真っ最中だった1970年代末期にデビューを果たし、早々にテクノポップを投げ捨てて意味わからん音楽(褒め言葉)をやった変態集団である。私はこのP-MODELが世界一好きなバンドであり、いつかP-MODELについての記事を書きたいとずっと思っていた。知識、経験ともに未熟でその魅力を十二分に伝えられないのは承 [続きを読む]
  • 現実と夢の世界
  • 僕たち人間は現実の世界に生きていますが、現実にいながらにして夢の世界に触れることができます。その手段は、実際に眠って夢を見ること、アニメやゲームなどのメディア作品に触れること、麻薬をやるなどの方法があります。少しならば何の問題もないのですが、あまり夢の世界に触れ続けていると、現実と自分自身が乖離していきます。夢の世界には現実にはない多くのものがあり、僕たちはそちらの方に魅力を感じるため、それは仕方 [続きを読む]
  • ミーハー洋楽厨の撃退方法
  • ※私の偏見に満ちた記事ですが怒らないでくれると嬉しいです。ミーハー洋楽厨は何故発現するのか。多くは邦楽をメインに聴いていた層が、何を血迷ったのか洋楽も聴いてみようかなと言い出して聴くのが大半です。そういう人たちは洋楽が好きなのではなく、「洋楽が好きな自分が好き」なのです。こういう奴らは話していると言ってることがクソ薄っぺらいので簡単にわかります。大学の軽音楽部でイキってるキモい髪型のもやし男に多い [続きを読む]
  • 中学時代って大事よ?
  • 中学生というのは、いわゆる青春時代。多感で不安定な精神状態を内包していてる時期だ。多くの人が初恋を経験し、恋という正体不明のもどかしさと嫌らしさに振り回される。また少しずつ大人になり始めたことにより、自分の置かれている窮屈な立場から早く解放されたくて、先生や親に反抗する。中には中二病に掛かっている人もいるだろう。思い出したくない、黒歴史だという人も多いだろう。しかし、思い出してみてほしい。絶賛中学 [続きを読む]
  • 最近のバンドってクソだよねwww
  • いやいや、別に煽ってる訳じゃないっすよ?いや批判しているのは確かにそうなんですが、最近の音楽を頭っからクソだ聴くに絶えないって言ってる訳じゃないっす。といっても聴くに絶えない音楽というのはごまんとあります。それは今も昔もなんですが、最近になってその傾向が顕著になってきています。それは何故か。私は思いました。私は懐古主義的なところがありオールディーズの音楽を良しとする性質がありますが、だからといって [続きを読む]
  • 肯定的エロゲ論
  • 「エロゲは紙芝居」だというのがエロゲアンチ、ノベルゲームアンチの常套句です。私はエロゲオタクです。暇なときは夜から始めて日が昇るまでエロゲをやり続けるのが趣味の人間です。今のエロゲ業界に思うところは多々在りますが、基本的にエロゲというものに対しては非常に肯定的に捉えています。そんな私が、上の様なアンチの常套句に対しての意見を言わせていただきます。そうだよ。エロゲは紙芝居だよ?で?お前ら紙芝居で感動 [続きを読む]
  • 「頭文字D」の作者インド人説
  • 「頭文字D」この言葉に初めて出会ったとき、僕はまだ年端もいかぬ若造。確か、中学二年生の時であった。僕はその時のこれを、「カシラモジディー」と呼んだ。しばらくはずっと「カシラモジディー」と呼んでいたのだが、ある時ふとしたきっかけで、これが「カシラモジディー」ではないことが分かった。それは何故か。そう、TSUTAYAに行った時に、あ行の欄に置いてあったからだ。僕は衝撃を受けた。「カシラモジディー」と呼んでいた [続きを読む]
  • なぜランスは許されてなろう主人公は許されないのか
  • 一言で言います。ランスだから。身も蓋もない話ですね。なろう主人公だって頑張ってるのに。足りない頭を使って必死に考えて周りの原始人未満の知能の住民に、「すごい……そんなの、考えも付かなかったわ……」「流石勇者さま。いつも貴方の考えには驚かされますわ。」「か……掛け算だとおおおお!?!?(ドンガラガッシャーンオレマタナンカヤッチャイマシタ?????)」って言われて [続きを読む]
  • ロックはカッコ悪い
  • 1970年代後半。突如ロンドンで巻き起こったパンク・ロックムーヴメントによって、ハードロックやプログレッシブ・ロックは駆逐され、超絶技巧のテクニックを必要としない軽くて速くてスマートなパンク・ロックがテクノの波と共に押し寄せた。そんなパンク・ロックバンドの代表格であるセックス・ピストルズはこう言った。「イギリスはもはやクソ」「ついでにイギリス王室もクソ」「ビートルズは毒」「ピンク・フロイドは大っ嫌い」 [続きを読む]
  • おっぱい美学
  • 胸という酷く欲情的な双丘を携えている生物が日常的に存在しているのは、俗世における一つのオアシスに他ならない―――― by わしはい、おっぱいというのは素晴らしい存在ですよね。哺乳類のメスの胸部にはおっぱいという器官が付いているんです。知ってましたか?おっぱいは単に母乳を出すだけの存在に留まりません。私たち人類は遠い昔は [続きを読む]
  • 過去の記事 …