自主トレ、ストレッチと筋トレ等で、脊柱管狭窄症を克 さん プロフィール

  •  
自主トレ、ストレッチと筋トレ等で、脊柱管狭窄症を克さん: 自主トレ、ストレッチと筋トレ等で、脊柱管狭窄症を克
ハンドル名自主トレ、ストレッチと筋トレ等で、脊柱管狭窄症を克 さん
ブログタイトル自主トレ、ストレッチと筋トレ等で、脊柱管狭窄症を克
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/koutarou-1947
サイト紹介文高齢の私が、自主トレーニングでゴムマリの様に弾む動きを 求めて進化の途中 それをバスケ個人技で確
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 13日(平均4.8回/週) - 参加 2018/09/02 16:48

自主トレ、ストレッチと筋トレ等で、脊柱管狭窄症を克 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 楽しみで、執着もしていたお酒、止めた!、どうして?
  • お酒、止めた!どうして?バブルの頃、レストランや飲食店,clubのデザイン、お店造りをしていたので暮の12月に入ると、関係者の店や噂の店を毎晩、飲み歩いていた私が楽しみで、執着もしていたお酒、止めた!どうして?きっかけは、些細な事です、夕食は、お酒+食事でしたが夕食時、お酒を飲むといつも”暴食になるから”初めて聞いた言葉が刻まれ『お酒と暴食』ワードが頭に残り、数日経ってお酒を止めてみました。アルコール類 [続きを読む]
  • 片足のスクワット‥歳だけど、時を重ねて進化は、何処まで。
  • 俊敏な動きや、ジャンプアップの向上を目指して、下半身の筋力強化を図っています。その一つに、スプリットスクワットを変化した、自分流の片足スクワットをしています。写真の様に物につかまるだけ、浮いた片足は、前へ出したり、後ろに引いたりして20kg 〜 30kgの重りを持つ片足スクワット22回重りを持たない片足スクワット50回、これだとバーベルは必要ないので場所を選ばずです。プロレスラーは、スクワット1000回の目標だった [続きを読む]
  • 片足のスクワット・・年だけど、時を重ねて進化は何処まで。
  • 俊敏な動きや、ジャンプアップの向上を目指して、下半身の筋力強化を図っています。その一つに、スプリットスクワットを変化した、自分流の片足スクワットをしています。写真の様に物につかまるだけ、浮いた片足は、前へ出したり、後ろに引いたりして20kg 〜 30kgの重りを持つ片足スクワット22回重りを持たない片足スクワット50回、これだとバーベルは必要ないので場所を選ばずです。プロレスラーは、スクワット1000回の目標だった [続きを読む]
  • これは、脊柱管狭窄症、改善に向かっているのか?
  • 脊柱管狭窄症の神経圧迫の影響で左足は、前へ出しづらくハムストリング周辺に筋肉痛の様な痛みもあって歩幅は小さく、右足は大股になり走るとチグハグになって走れません、交差点内で信号の変わり目の点滅に遭遇した時は、いつも右足でケンケンして急いで渡っています、これが最近までの私でした。今回も、交差点内で信号の変わり目の点滅に遭いましたが、いつもと違ったのは、走る指令の出所が脳と足、同時にokサインが出たイメー [続きを読む]
  • 内臓脂肪を簡単に落とせた!
  • 内臓脂肪を減す努力はお手上げでした、頑張っても自分はこんなものだと限界を感じていました当時は、週四日のバスケットボールの個人技の運動を2時間時々4時間もありました、運動量は十分と思います(現在の運動は、諸事情でストレッチと筋トレにしています)横向きの身体を鏡に映すと、お腹が少し、ふっくらしていて数年間もしっかり運動をやって来ても体型は相変わらずお酒を止めて食事の調整をするしかないのかと、考えていた頃 [続きを読む]
  • 垂直飛びで、自分自身の世代間バトル、ランニングとジャンプアップ
  • 長距離のランニングは遅筋(赤筋)、ジャンプは速筋(白筋)を使いますがそのような筋肉の働きの違いを、今も体感としてしっかり残っている懐かしい思い出がありますちょっと太目の体、体脂肪率16の体を、絞る為長距離を主体にランニング、3ヶ月後に距離は10kに延び数ヶ月走って体脂肪率10まで落しました。私は、年に2度、田舎へ行き数泊します。築140年余りの古民家です。そこには私の大切な壁があります。中学生の頃から唾液を指先に [続きを読む]
  • 片足立ち20年と癒される動画
  • ストレッチの片足立ちはもう二十年以上前から取り入れています。  呼吸の速さで数えて百五十回ですから約2分30秒の片足立ちです。バランスをとるのがとても難しくとても不安定な日があります。そんな日は、足の裏の筋肉が痛くなっても辛抱です。この片足立ちは何年たっても成長の手ごたえは、ありません。 なぜでしょう。心の問題なのか?片足立ちの効果を調べてみました。・下半身の筋力アップ・骨盤を整える・体感が鍛えられ [続きを読む]
  • 脊柱管狭窄症を自力で克服出来るのか?
  • 体の前面部分の筋力アップの腹筋やスクワットは、運動に入りやすく、それが主体になっていました。これが一般的でしょ?、周囲もそんな様子です。筋肉の一部を強化すれば周りの筋肉も影響されて引き上げられると思っていた時期があります。しかし、一部分を鍛えて強力になったその部分の筋力は周囲の筋力アップより先に身体のひずみを招くのではないか?体のバランスを崩して悪影響が出るのではないかと考えるようになりました。そ [続きを読む]
  • 爺には、ならない、成れない。
  • 5年振りの投稿です参考になる方もいると思います自分が、今体験している事は脊柱管狭窄症ですどの様な回復の道をたどるのか時々メモって行きます。60代に入ってハムストリングの筋肉痛‥(と数年思っていました)殿筋にも痛みが出て、そのうちに長時間は、椅子に座れなくなったりランニングでは、去年くらいから左足を前方へ運び辛くなって来たので半年前に整形外科の診察を受けました、結果は脊柱管狭窄症でした。以来、治療や、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …