沖縄の史跡と沖縄四季の花 さん プロフィール

  •  
沖縄の史跡と沖縄四季の花さん: 沖縄の史跡と沖縄四季の花
ハンドル名沖縄の史跡と沖縄四季の花 さん
ブログタイトル沖縄の史跡と沖縄四季の花
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hana018
サイト紹介文沖縄の史跡と四季の花々見所をゆったり探索しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 16日(平均5.3回/週) - 参加 2018/09/02 18:51

沖縄の史跡と沖縄四季の花 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 浦添城跡と「ハクソー・リッジ」
  • 久し振りに浦添城跡に行ってみました。浦添城(グスク)は王宮が首里城に移る前の琉球国中山(ちゅうざん)王の城と言われています。城(グスク)の入口。左右にかつての城壁があります。坂道をしばらく歩いていくと右手に「沖縄学の父」と言われる伊波普猷の墓が。さらに先へ進んで行くと広い城跡に着きました。所々石垣も残っています。現在の浦添城跡一帯は「前田高地」と呼ばれ第2次世界大戦の激戦地だった所。メル・ギブソン監 [続きを読む]
  • 静けさのなかの石畳道
  • 沖縄には首里金城町の石畳道のほかに浦添城跡の近くに「当山の石畳道」が残っています。馬が転ぶほど勾配が急なことから「馬ドゥーケーラシ」(馬転ばし)と呼ばれていたとのこと。なるほど、入口はこんな感じで急な坂道になっていました。雨の日はすべってしまいそう。坂を下りると昔の面影そのままの石畳道がありました。今は草がたくさん茂っていましたが・・・琉球国王が毎年この道を通って普天間宮へ参拝していたという話。今 [続きを読む]
  • 沖縄のきれいな夜景を求めて
  • きれいな夜景を見たくてまず、嘉数高台公園へ。坂道の途中で車を止めて下を見ると、浦添の夜景が見えました。これが嘉数高台への途中で見られる浦添の夜景です。そして嘉数高台へ。展望台からはぐるりと360度夜景が見えます。浦添市も宜野湾市も海をはさんで北谷の町の夜景も・・・昼間とは違う素敵な風景が広がっていました。今度は那覇方面の夜景を見たくて首里へ。首里城の近くの高台に公園があったのを思い出して [続きを読む]
  • はごろも伝説の地・・・森川公園
  • 宜野湾市の森川公園は「はごろも伝説」の地として知られています。一人の男(奥間大親)がここ「森の川」に立ち寄った時、水浴びをしている美女を見つけ、木の枝にかけてあった衣を隠し、困っている女を家に連れて帰って妻にしたという伝説です。ここが天女が水浴びをしていたといわれる公園内にある「森の川」何年か経って二人の間には男の子と女の子が生まれましたが、ある日女は羽衣を見つけて大空の彼方に飛び去ってしまった・ [続きを読む]
  • 初めて見たドラゴンフルーツの花
  • 夜、買い物の帰り道、近所で白い花がたくさん咲いているのを見ました。それがこれ、ドラゴンフルーツの花。果物としてはよく見るけど花を見るのは初めて!暗い夜に白い大きな花がいくつも咲いていて優雅で幻想的です。月下美人は夜咲くというけど同じサボテンの仲間のドラゴンフルーツも夜咲いて朝にはしぼんでしまうのでしょうか?そばには紅くなったドラゴンフルーツの実も見えました。 [続きを読む]
  • 万座のパワースポット 水鏡
  • 万座に「水鏡」と呼ばれるパワースポットがあると聞いた事があるので行ってみました。それらしき雰囲気の場所をあちこち探しまわって「ここじゃないかなぁ」という所を見つけました。それがここです。まるで男の人の横顔のようですね。帰りに恩納村の通称「アポガマ」に寄りました。15〜16年位前に行った時は数える程度しか人がいなかったけど今回は外国の方や観光客がたくさんいて以前と雰囲気が随分変わっていました。海の中をの [続きを読む]
  • ター滝で涼んできました
  • 涼を求めてター滝へ行ってきました。源河を越えて平南川へ向かい駐車場に車を置いて徒歩でター滝へ。4月に行った時見かけたのは5〜6人だったけど今回は夏休みということもあってか家族連れや外国人のグループがいっぱい。みんな涼を求めて来たんでしょうか。道端に最近あまり見たことがないぼんぼりあかばな(ハイビスカス)が。青空に映えて可愛く咲いていました。滝はここから入っていきます。しばらくは浅瀬の渓谷が続き冷たい [続きを読む]
  • 神様の伝説が残る島 浜比嘉島
  • 沖縄には数カ所に開闢伝説がありますがうるま市の離島浜比嘉島には神様の暮らした島、神様の眠る島という伝説が残っています。海中道路を通って浜比嘉島へ渡りシルミチューの洞窟へ向かいました。小高い場所にあるので近くの海岸に車を止めて歩くことに。車から降りて海に目をやるとん?向こうにある小島の岩が顔に見える?まるでシルミチューの洞窟の方を見ているよう。少し歩いて行くと鳥居があり鳥居をくぐって100段あまりの階 [続きを読む]
  • 昼間のサガリバナ・・・読谷村座喜味
  • 読谷村座喜味にサガリバナの名所がありライトアップをしていると聞いたので7月初旬頃、夜探しに。場所は間違いないはずだけどライトアップしている所はなく暗くてサガリバナは確認できずじまい。後日、昼間に行って見ることに。外からはサガリバナは見えないので家の方に聞いてみると6月下旬頃にたくさん咲いていたけど台風で落ちてしまったという事・・・サガリバナの木はだんだん増えてきて今では30本位に。以前はライトアップを [続きを読む]
  • コスモス畑から・・・稲穂の実る風景へ
  • 2月に赤、白、ピンクと可愛い花が咲き広がっていたコスモス畑・・・今はどうなっているんだろうと見に行きました。色とりどりのコスモスが咲いていた畑は黄金色に実った稲穂が一面に広がっていました。カラフルなコスモスから黄金色の稲穂へ・・・対照的ですね。もう刈り取り作業がされていて刈り取った稲が干されていました。普通はこんな感じで畑の中に干されているかと思っていましたがここでは道路のガードレールに干されてい [続きを読む]
  • ふたたび サガリバナ
  • 夏の夜に咲いて翌朝には散ってしまうサガリバナを探して・・・サガリバナは藤の花のように下に垂れるように咲くことから「サワフジ」とも呼ばれています。読谷村に例年ライトアップをしている所があると聞いたので行ってみました。ぐるぐる何回かまわりましたがサガリバナは見つからず。後日読谷村の方に聞くと今年はまだ咲いていないのでは?という話。・・・残念でも、近所でサガリバナがきれいに咲いている所を見つけました。暗 [続きを読む]
  • 静かな城跡と闘牛場
  • うるま市にある国指定の史跡「安慶名城跡」に寄りました。14世紀頃に安慶名按司によって築城されたといわれています。敷地は公園として整備され子どもの遊具もあるので親子連れが遊んでいました。草地の広場を抜けると城跡の入口があります。中へ入ろうと思いましたが石門から見上げると不揃いで急な石造りの階段が上の方まで伸びていて足に自信のない私には歩くのが中々難しそうなので断念。広場の右側に安慶名闘牛場への入口があ [続きを読む]
  • 過去の記事 …