木蓮 さん プロフィール

  •  
木蓮さん: 白木蓮の涙
ハンドル名木蓮 さん
ブログタイトル白木蓮の涙
ブログURLhttps://ameblo.jp/mokuren-shiro/
サイト紹介文40代主婦の婚外恋愛。彼や彼以外の人とのセックスやオガーズム開発、中イキにまつわる忘備録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 33日(平均6.6回/週) - 参加 2018/09/05 21:24

木蓮 さんのブログ記事

  • 人生初.
  • 「人生初」 公開終了致しました。 記事はFC2ブログへ移動しました。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 人生初
  • 体位を変え、角度を変え、強弱を変え挿入した彼の攻めが始まった。 相変わらず彼のポイントの攻め方は的確で私は抗う事が出来ずに彼に身を任せていた。 次に会えるのはいつになるのだろう・・・ そんな刹那的な思いがお互いの行為を一層激しく燃え上がらせた。 彼の長い前戯と長い攻めは確実に私の身体を感じやすいものに変えてくれていた。 お互い絶頂までのカウントダウンが始まった。 私がどんなに感じて身をよじっても、彼は [続きを読む]
  • 彼の手
  • 思いがけない始まりだったけどその後は真さんと一緒にお風呂に入った。 手のひらにボディソープを取り、お互いの身体を丹念に洗いっこした。 くすぐったかったり、感じて思わず声を漏らしたり・・・ じゃれあうような、それでいて官能的な一時だった。 男性の・・・真さんの大きくて逞しい手が私は大好きだ。 身体を包み込んだりがっちりホールドしたり繊細に感じるところを攻めてくれたり。。。私の腰を支えて離さなかったり。 [続きを読む]
  • 感謝の気持ちを
  • こんにちは。木蓮です。 忘備録のつもりで始めたブログですが思いのほか沢山の方に読んでいただいているようで私自身が驚いてます。 この場を借りて、読んでくださる皆さまには心からの感謝を・・・ 本当にありがとうございます それと何度か記事の削除?がアメーバさん側からありましたがそちらについてはもう一つのほうのブログで綴っています。 確かに官能的すぎる描写がありますもんね・・・ ここに書かれている事は全て事実で [続きを読む]
  • メリハリ
  • 後ろから背中を抱きしめた状態で、彼は何度も私の最奥を突き一定のリズムを繰り返すとストップを繰り返した。 射〇感をコントロールする為、耐えているのがわかった。 数日ぶりだけど・・・木蓮の中、すごくいい・・・絡みついてくるこのままだとすぐ果てそう・・・ 力いっぱい彼に抱きしめられたまま、私も彼を身体の奥で感じていた。 再び会えることを期待していなかっただけにたった数日離れていただけの焦らし効果は絶大だ [続きを読む]
  • 死角
  • 「死角」公開終了致しました。 記事はFC2ブログへ移動しました。 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 死角
  • 「死角」公開終了致しました。センシティブな内容が含まれている為、FC2ブログの「白木蓮の涙」に記事は移動しました。 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 二度目の待ち合わせ
  • スイーツが好きな彼の為に、途中東京駅のお気に入りのタルト屋さんでタルトを購入して待ち合わせ場所へと向かった。 待ち合わせ場所へ到着するまでに、何度も細かくメールが入った。 「もうすぐで終わり!早く会いたいよ」 「ごめん、もう一本だけ短い打ち合わせが入った。またメールするね」 「ようやく終了。今から走るよ」 「〇〇分にはそっちに着く予定。待ってて」 あまりのマメさに思わず笑みがこぼれた。本当に一生懸命だな [続きを読む]
  • 理性を捨てて
  • 「会いたい。 2日後時間を作るから会って欲しい。予定、空いてる?」 彼からそんな内容のメールが届いたのは初めての逢瀬から3日後のことだ。 身体にたくさん付けられた彼からの痕跡がまだ消えないうちに再び会えることになった事を私は密かに喜んだ。 「会議が立て込んでて、会えたとしても午後2時以降。抱きたいけど、抱けなくても会いたい」 メールを読んで心も身体も熱くなった。 またあの狂おしく熱く快楽に溺れた時間を彼と [続きを読む]
  • 焦らし効果
  • ホテルを出て最寄り駅まで一緒に歩いている時、 誰か会社の人にバッタリ会ったらどうしたらいい? と聞いてみた。 微妙な年齢差なので身内のフリも出来ないし、何かいい案あるかな?と必死で考えていたら まあ、見つかったらちょっと気まずいけど会社の人間なら見られても多分大丈夫だよ と笑いながら彼は余裕の表情だった。その余裕の正体はのちに判明するのですが・・・ それより、また帰国するのは2カ月後。それまでは我慢して [続きを読む]
  • 本日限定
  • ★次回更新は18日を予定しています★ おはようございます。木蓮です。 やっぱり、リンクを貼ってもダメみたいですね。読めなくなった記事に関しては FCブログの 「白木蓮の涙」 で、公開しています。本日限定でURLを貼っておきます。 (URLの公開は終了致しました、今後はメッセージを送って頂ければお教えいたします) 宜しくお願いします。 読者様にはご負担おかけして申し訳ございません。当分はアメーバブログさんでも書いて [続きを読む]
  • 溺れる
  • 限りある時間の中、私達は何度も求め合いその度に麻薬のような快感に溺れた。 彼はとても貪欲でひたすら私を求めた。 セックスに溺れる・・・ まさにその表現がピッタリだった。 快楽の地獄に何度も堕とされ続け気が付くと逢瀬の時間は終盤を迎えようとしていた。 最後に二人で露天風呂へ入った。 小さなバルコニーに小さな湯船が雰囲気良く鎮座している可愛らしい感じの露天風呂だったけど、真さんに背中から抱きしめられな [続きを読む]
  • 白濁
  • 彼は私の身体を反転させると、次はバックからの攻めに入った。 一度抜けた彼のモノは隆々と立っていた。 あんなすごいもので中を攻められていたなんて・・・これから更に巻き込まれる嵐を想像して身体の芯が熱くなった。 私の上半身をベッドに密着させ、腰を抱える。彼に向ってお尻を突き出したような格好になった。 くびれとお尻のラインがすごくエロいね・・・興奮する・・・ 強弱と緩急をつけながら彼は角度を変え、体勢を変 [続きを読む]
  • 初めて
  • 暫くして彼が動き出した。 ゆっくりゆっくりとピストンを繰り返し、徐々にスピードを速めていく。G付近だけをひたすら彼自身で数度刺激した後、彼は一気に私の最奥まで貫いた。 堪らずに叫ぶ 快楽に叫び続け、泣き続け、私は自分でもわからない何かをずっと口走っていた。 三浅一深を何度か繰り返される私の身体に驚く現象が起こった 「木蓮、ほら・・・見て、すごいなぁ・・・沢山吹いてる」 電マや指で強制的に潮吹きをさせら [続きを読む]
  • 洗礼
  • 両脚を抱え上げられ、M字に開脚させられると彼は舌先を堅くして小さな芯の部分を刺激し始めた。 つつくように刺激したかと思えば、舌の力を抜いてねっとりと舐め上げたり吸い上げたり・・・ 以前私が「クリは敏感過ぎて痛くなる時があるの」と伝えた事、ちゃんと覚えていてくれたようだ。 私の場合、クリの刺激は単調さが続くと痺れてあまり気持ち良くない、むしろ痛い事のほうが今までのセックスでは多かったのに私の小さな反 [続きを読む]
  • 目を開けて
  • とても丁寧なアプローチだった。 彼の手で服を脱がされ身体じゅうにキスをされた。 下着姿の状態でベッドに横たわった私の身体をマジマジと見つめ 「木蓮、すごくキレイ スタイルすごくいいね。服の上から見ただけでも期待してたけど・・・」 そうは言うものの、一瞬鏡に映った自分の姿を見て冷静に(身体、もうちょっと鍛えよう・・・)と密かに決心した自分がいた。これ以後、私は筋トレの為ジムに通うようになりました セッ [続きを読む]
  • 告白
  • 彼は甘いものも大好きなので、3つ購入したケーキをそれぞれシェアして食べた。 ピスタチオクリームが大好きだとか、バニラビーンズの香りが高いマカロンの乗ったケーキの上品な味に感動しながら私たちは様々な話をした。 チャットやメールでも散々話したことだが私も彼もセックスというものをとても真剣に論じ合った。 食後のコーヒーを飲んでいる最中、彼はバスルームへと向かいバスタブにお湯を溜め始めた。 心拍数が上がる・・ [続きを読む]
  • 彼との初対面・2
  • ホームに引き返し周囲を見回しました。 すると一人だけ、移動する素振りも見せず時計を見たり周囲をキョロキョロと見回しているスーツ姿の男性がいました。遠目から見ても穏やかで優しそうでした。 彼だ・・・ すぐに分かりました。 暫くすると私と目が合い、キラキラとした笑顔で駆け寄ってきてくれました。 「木蓮さん?」 はい・・・と私はドギマギしながら返事をしました。 私だとわかると彼は 「ああー!よかったーー。想像通 [続きを読む]
  • 彼との初対面・1
  • メールのやり取りを始めてから半年。彼が仕事の関係で長期で帰国することになりました。(といっても2週間程度だけど・・・) メールも毎日欠かさず、しかも複数回送られてくるのでその数は膨大なものになっていました。 半年の交流で彼がどんな人なのかも理解出来るようになりました。 「会いたいです。どうしても。」 帰国の日が迫る度に届く「会いたい」メール。 今までもメールの会話の中で会えたらこんなこと、あんなこともし [続きを読む]
  • 自分を試したい・女性をイカせたい
  • 彼との沢山のメールのやりとりやチャットの会話で分かった事。 彼は若い頃から、自分の快楽よりもお付き合いしている彼女をどのようにしたら気持ち良くさせられるのか?そればかりを常に考えていたそうだ。 若いうちからそんな風に考えられる男性がいるなんて・・・ちょっと目からウロコでした。 「でも、やっぱり若いから。気持ちイイとどうしても自分の快楽優先になっちゃってね。本当に彼女達を満足させられていたか・・・? [続きを読む]
  • 開発彼Mさんに指摘された事
  • 私は、私の身体の開発を引き受けてくれたMさんに、最後の会話で 「木蓮さんはネットの恋愛や出会いには向いていないよ」 と指摘された。私は否定しなかった。答えもしなかったけど。。。 でも、半分ハズレ。 何故なら、出会った全ての人に対して情が湧いているわけでもないから。普通に知り合った男性でも・・・全く連絡を取らなくなった人もいた。ためらいなくメール履歴やアドレスを削除した人もいた。 ごくごく普通だと思う。 [続きを読む]
  • 彼から見た私という人間
  • まだ知り合って本当に間もない頃。 話をしていて抱いた私の印象を真さんからメールでこんなふうに指摘された。 -----------------------------------------木蓮さんは理性的でしっかり者、だから日常では周囲に意見も言うし行動を先に起こすタイプ。そして自分にとって嫌いなことは我慢せずにしっかり意見を言うタイプ。。。なのかな。 でも、本当の木蓮さんはしっかり者のキャラよりも、安心して包まれていたい、相手から支配 [続きを読む]
  • 日々会話
  • こうしてメールアドレスの交換をした私達ですがほぼ毎日のように会話をしていました。 それは・・・チャットで。 彼が専用のチャットルームを作ってくれたのでお互い当日にメールで待ち合わせ時間を決めて会話を楽しみました。 私は家族が寝静まってから。彼は単身赴任中とのことで帰宅後家事を終えてから・・・なので必然的に夜遅くになってしまいます。 そして、知り合ってから一週間程度で知った事実。。。 単身赴任だとは聞い [続きを読む]
  • 婚外恋愛の序章 そして大失恋
  • 何故婚外恋愛に踏み込んでしまったのか・・・それはおいおい綴るとして。私自身はそんなに恋愛体質でもないと思っています。ただ、ここ3年くらいの間に自分でもワケもわからないままモテ期が到来しました(笑)もう・・・なぜだろう。ネット上でも、現実でも。よくナンパされ、よく告られました。 アラフォーでもそこそこ需要があるのだなぁ・・・と思いました。知人から突然ヘルプをお願いされた料亭のお手伝い(1カ月程度)でドSの [続きを読む]