ユナ さん プロフィール

  •  
ユナさん: ハッピーライフを目指して!
ハンドル名ユナ さん
ブログタイトルハッピーライフを目指して!
ブログURLhttps://treasuredetective.net
サイト紹介文ニュースや面白い映画そして貧乏体験談を書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 46日(平均6.1回/週) - 参加 2018/09/03 19:02

ユナ さんのブログ記事

  • 介護職の貧乏体験記
  • 私は高校卒業後介護施設で働く介護福祉士になったのですが、給料が問て安く貧乏な生活をしていました。給料は夜勤などの手当込みで15万ほど。この給料で一人暮らしをしていたので、毎月が綱渡りの生活でした。まず移動手段は自転車です。車も所有していたのですがとても維持できないので処分しました。電車やバスもお金がかかるので通勤はもちろんどこに行くにも自転車で行くしかありませんでした。10キロでも20キロでも自転車で移 [続きを読む]
  • 築地の思い出
  • 築地閉鎖のニュース。私は若い頃市場に勤めていました。暑い事で有名な熊谷市に市場があります。丁度持田の駅に近いところにあります。その際色々上司から築地市場の話も聞いていました。上司は大宮に出来る前は、築地市場に仕入れに行っていたそうです。自動車と言っても、昔の車で暖房もないので朝寒くてしかたなかった事、築地ですから相当距離がありますから朝がもっと早かった事など、色々苦労があった事を聞かされました。知 [続きを読む]
  • 食の有り難さをひしひしと感じた修業時代
  • 当時19歳だった私。美容師の見習い+一人暮らし・・・は非常に壮絶だった。安月給は当たり前朝早くから働き夜遅くまでの練習後にへろへろになって帰宅。幸い 昼はマスターの奥さんのお手製の弁当がランチだったので栄養は何とか摂れていた。その弁当を食べるのが楽しみで昼が待ち遠しい女の子でした。テーブルに広げたお弁当一つ一つを大事に噛みしめて頂いたのを今でも記憶にしています。現在のような飽食の時代に生きている人達 [続きを読む]
  • 話題の乳幼児用液体ミルクとは
  • 乳幼児用のミルクには、従来の粉末タイプとは別に密封された液体タイプがあることをご存じでしょうか。北海道地震の被災地や避難所で、使用されないまま保管されているというニュースをご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。とは言え聞き慣れない液体ミルクとは、いったいどのようなものなのでしょうか。二年前、ポータルサイトが育児中の母親100名へアンケートを実施しました。母乳、粉末ミルクのどちらを利用しているか [続きを読む]
  • あの時は貧乏だった
  • 私は現在、37歳の主婦です。今は、結婚して地方に住んでおりますが、本当に貧乏だったのは21歳の時に上京し、自分で生活しながら専門学校にも通っていたため本当に生活がギリギリの状態でした。もちろん、親に頼る事もできたのですが、喧嘩して飛び出すようにでてきたので、若さゆえのプライドでなんとか生きていました。専門学校に支払う学費も自分でなんとかしていたので、バイトと学校の生活を2年ほど続けました。朝7時から [続きを読む]
  • 女優の樹木希林さんの死去について
  • 2018年9月15日に女優として数多くのテレビドラマや映画に出演していた、樹木希林さんが亡くなりました。映画の万引き家族で話題を呼んでいた直後なだけに、死去のニュースを聞いた時は正直かなり驚きました。確か2013年の3月8日の日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した際のスピーチで、彼女は全身がんである事を告白しています。私は子供の頃から当たり前の様に映画やドラマで見ていた女優さんなので、かなり驚くと共に心配 [続きを読む]
  • 学歴がないからいつも貧乏です
  • 私は高校を卒業していません。高校に入ったけど中退してしまいました。だから就きたい仕事に就けなくてその結果いつもお金がありません。現在40代ですが昔ほどではなくても貧乏な部類に入ると思います。若い頃はかなり貧乏でした。 就きたい仕事があっても高校卒業以上の学歴を求められることが多く好きじゃないしごとばかり転々として・・・だからお給料は少なかった。転職を短期間で繰り返せばボーナスだってもらえませんし福利 [続きを読む]
  • 「美女と野獣」は凄い映画です
  • 今日おすすめしたい映画は2017年公開された、ウォルト・ディズニーの「美女と野獣」です。エマ・ワトソン主演で話題になった作品です。フランスの童話を元にし、ストーリーはかなり有名だと思います。野獣に変えられてしまった王子と、家具や食器に変えられてしまったメイドや使いの者達。彼らの呪いを解くには、バラの花びらがすべて落ちる前に、誰かを愛し、誰かに愛される必要があります。しかし、こんな醜い野獣を誰が愛してく [続きを読む]
  • 沖縄県知事選挙を通じて考えるネット選挙のあり方
  • 9月30日に行われた沖縄県知事選挙は、オール沖縄支援の玉城デニー候補が勝利を収めました。玉城デニー新沖縄県知事は、自由党の前衆議院議員で、立憲民主党や共産党などの野党が推薦する人物です。翁長雄志前知事の後継者である玉城氏が新知事になったことで、辺野古への基地移設問題はさらに長期化する可能性が高まっています。今回の県知事選は、台風の影響で投票率の低下予想もありましたが、前回と比較してもそこまでの低下は [続きを読む]
  • 父のいない家族3人で貧乏生活は辛かったです。
  • 私の家族は4人で団地で暮らしていました。私が幼稚園だった時に、父親が交通事故で亡くなってしまいました。私はまだ何が起きたのかよく理解できずにただ泣いていました。母には、お父さんにもう会えないんだよと聞かされていました。それからは、母と3つ上の姉との生活が始まりました。突然の父親の死によって意気消沈していた家族でしたが、母は子供を守っていかなければならない為、しっかりしないといけないと仕事を探しに出 [続きを読む]
  • ラブ・アゲインは お薦め映画です
  • 私のオススメしたい映画はラブ・アゲインです。簡単映画の説明をさせていただきます。奥さんから急に離婚をしたいと言われ困惑している夫。そこにイケメンの男性が現れ夫の性格や身なりを指導されて恋愛マスターになっていくお話の映画です。この映画は主人公の夫役にスティーブ・カレル、そしてイケメンの役にライアン・ゴズリングその二人のやりとりが面白くユニークな展開になっています。そして奥さん役はジュリアン・ムーア。 [続きを読む]
  • 北海道では紅葉が始まっています
  • ニュースによると、北海道ではすでに紅葉が始まっています。北海道では地震があった時にはすでに最低気温が10度を下回っていたので、紅葉の時期を迎えていても当たり前なのかもしれません。毎年、桜の開花は日本列島を北上していきますが、逆に紅葉は南下していくような気がします。私が住んでいる地域での紅葉の見ごろは11月です。最近、ようやく秋らしい陽気になってきましたが、やはり秋は雨が多く、天気も変わりやすいので [続きを読む]
  • 千円で付き合える女と言われていた貧乏時代
  • 母子家庭で育ち、母親はプライドが高く職場で嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうため、いつも家計は火の車でした。ボロボロのアパートに母と姉と私の三人で暮らしていました。母は、見た目にだけは気をつかい私と姉はブランド物の服を着せられていましたが、ご飯が食べられなかったり、電気が止められたりすることもしょっちゅうありました。成長期の私には給食だけが唯一の楽しみでいつも一番に食べ終わってはおかわりをもらって [続きを読む]
  • 取り残されたイルカのハニーを助けて
  • この頃のテレビのニュースなどで一番印象に残っているニュースといえば、「取り残されたイルカのハニー」のニュースだったのではないかと思います。千葉県の犬吠埼マリンパークでの出来事です。今年の1月に閉館したといいますので、イルカが館内に取り残されたというニュースはだいぶたってからです。最初そのニュースを聞いたときには、自分はあまり気にならなかったのですが、2回、3回と同じ報道がされるたびにだんだんとその [続きを読む]
  • 貧乏な家の食生活の思い出
  • 私は子供の頃は家が大変貧しくて、子供ながらに悲しい思いを沢山して育ちました。家が貧しかったことも辛い思い出ですが、それ以上に親や祖父母が貧しく暮らすことに対してあまり抵抗を持っておらず、そのため、子供にも貧しい生活を平気で要求するので、周囲の友達との生活レベルのギャップに恥ずかしい思いを沢山しました。特に子供時代に悲しかった思い出はお弁当です。家では畑や山で採れた野菜や山菜の食事ばかりで加工食品や [続きを読む]
  • ひるなかの流星は大人でも楽しめる胸キュン映画
  • 2017年3月に公開された、ひるなかの流星という映画があります。原作は少女漫画であり、出演キャストも最近よく見る若くて人気の役者さんたちで、高校生の恋愛模様を描いています。田舎育ちの主人公すずめ(永野芽郁)は、突然両親に「海外に引っ越すことになったので親戚の家で暮らしてほしい」と言われ、ひとりで都会へ引っ越すことになりました。引っ越しに伴い転校をしたすずめは、そこで新しい友人と出会い、初めての恋を [続きを読む]
  • 池上彰氏、子役はいけません。
  • 大手テレビや新聞などのメディアではほとんどニュースになっていませんが、日本一有名な報道系の司会者と言っていい池上彰氏の7日に放送した番組が大炎上しています。問題とされている番組は、国内外の時事問題について池上氏が子どもたちに解説するという形を取っています。子どもにも分かりやすい形で最近のニュースを解説するという形は、大人が見ても質の高い教養番組になり得るものです。但し、そこに嘘も偏りも無ければの話 [続きを読む]
  • 貧乏暮らしにあった絆
  • 私が15歳、高校一年生の時に父の経営していた会社が倒産し、これまで何の変哲も無い穏やかな暮らしが一変しました。心配する私と兄の問いかけには、大人の話だと言って聞かない父。「何も心配する事は無いよ」と、泣き腫らした顔で無理に笑う母。私達兄弟に出来ることは、出来る限り経済的な負担を掛けないという事と、余計な事は口にしないという事しか思い浮かびませんでした。今までは背広で出かけていた父が、もらい物の様な [続きを読む]
  • 映画「いしゃ先生」は学びの要素が強く入っている
  • 私が紹介したい映画は「いしゃ先生」です。戦争の時代という現代の私たちの知らない時代背景に社会からの差別的目線がまだ強かった「女性」が必死に自分や人、そして社会と向きあっていくというストーリー展開になっていますが、胸が締め付けられる思い、悔しい場面、涙してしまう場面、考えさせられる場面などさまざまな感情がうまれてくるようなとてもすばらしい作品だと思います。私自身も何度も見直してしまうぐらいのとても大 [続きを読む]
  • 北海道のM7の地震でわかったこと
  • 9月6日にあった北海道の地震。深夜の3時8分に突然M6.8が起こりました。一番大きい場所はM7だったことが後でわかりました。その時間帯はほとんどの人が深い眠りについていて、突然の大きい揺れに逃げることができなかった人も数多くありました…原発は北海道には泊(とまり)原発がありますが、それは停止しており、そちらの方は大丈夫だったのですが、火力発電を動かそうとした時に、「ブラックアウト」といって、あまりにも出力 [続きを読む]
  • 旦那の借金のせいで貧乏になってしまいました
  • 50代女性専業主婦です。私には子供が3人おりますが、いわゆるバツ1です。20代後半で会社の同僚と結婚しましたが、その頃には主人の収入も年収400万円と少々少なめでしたが、私も会社を辞めパート収入で何とか子育てとの両立が出来ていました。生活も子供の保育所費用にパート代を充てることで何とかなり、貯金も毎月2万円ほど出来るような感じになっていました。正直なところ不安など無かったのですが、3人目が出来た頃に一変しま [続きを読む]
  • 美しい描写、君の名は
  • 映画君の名は、何度見ても楽しめるオススメの映画です。私も、4回も連続してみてしまいました。東京で暮らす少年と、飛騨の山奥に住む女子高生とが寝ている間に入れ替わっているという話です。キャストは、少年役を神木隆之介が演じ、女子高生役を上白石萌音が演じます。どちらも、アニメのイメージにぴったりの声ではまってしまいます。あらすじは、ある時、少年は起きると女子高生の体になっていることに気づきます。その身体の [続きを読む]