不労所得の構築 さん プロフィール

  •  
不労所得の構築さん: 不労所得の構築
ハンドル名不労所得の構築 さん
ブログタイトル不労所得の構築
ブログURLhttps://sfree.hateblo.jp
サイト紹介文不労所得を構築する過程を記録しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 21日(平均3.7回/週) - 参加 2018/09/03 19:16

不労所得の構築 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2018/09/04のシステムトレードによる収益
  • 通貨ペア AUD/JPY決済回数4回収益 +7960円システムトレード 基本と原則 (ウィザードブックシリーズ)作者: ブレント・ペンフォールド,長尾慎太郎,山口雅裕出版社/メーカー: パンローリング発売日: 2011/07/15メディア: 単行本購入: 3人 : 14回この商品を含むブログ (2件) を見る高勝率システムの考え方と作り方と検証 ウイザードブック出版社/メーカー: パンローリング発売日: 2014/03/15メディア: Kindle版この [続きを読む]
  • レンジ相場で値動きを予想する
  • 為替相場は長期的に見てレンジ相場つくりやすいのが特徴です。このレンジ相場という為替の特徴から中長期の為替の値動きの範囲をある程度予想することができます。株式市場ではトレンドを形成しやすく、数年後に価格が数倍になっていることが多くあります。一方で数年後の為替相場については、ここ数年で値動きした範囲内で収まっています。また、レンジ相場であればその範囲内で下がればいつかは上がるという前提があり、 [続きを読む]
  • 物価と金利の関係
  • 一般的に物価が上昇すると、金利の上昇要因になると考えられています。例えば、好景気になると消費が活発になります。消費が増えるということは需要と供給の関係から、物価は上昇します。物価上昇の傾向が強くなると人々は安い値段で早くモノを買おうとするので、お金が使われるようになります。金融機関はお金の流出を防ぐために、より有利な高い金利を預金者に提示します。そうすると金利は上昇します。マンキュー入 [続きを読む]
  • 為替相場のレンジになりやすい特徴を利用して利益を得る
  • 為替相場において一方向に進み続けることはありません。そもそも外国為替とは、2つの国の通貨を交換することでありそのレートには、各国の経済情勢や政策金利、あるいは政治といった、さまざまな要素が影響しています。教科書通りにいえば、日本で金融緩和が行われると円の価値が下がり、それに対して米ドルは相対的に高くなります。つまり、円安?ドル高が進みます。円安になれば、円の価値が下がるわけなので、輸入品の [続きを読む]
  • 長期投資はほったらかしで良いのか?
  • 個人投資家は、機関投資家と違って決算がないため、損をしても持ち続けられるのが強みと言われることがあります。これは一時的に運用がマイナスになっても回復を待てるといった理由が付け加えられます。しかし、長期投資といえども、将来のいずれかの時点で利益確定等のリスクコントロールを伴う出口戦略を行う必要があります。そこでどれくらいの期間があれば運用のマイナスが回復するのか、参考程度ですが、過去に株価が [続きを読む]
  • 過去の記事 …