受験老人 さん プロフィール

  •  
受験老人さん: 受験老人日記〜高齢で医学部と司法試験に大挑戦
ハンドル名受験老人 さん
ブログタイトル受験老人日記〜高齢で医学部と司法試験に大挑戦
ブログURLhttps://jukenrojin.muragon.com/
サイト紹介文58歳の何のとりえもない男が、医学部と司法試験を同時に、しかも短期間で合格することを目指すという無謀
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 22日(平均14.0回/週) - 参加 2018/09/04 06:00

受験老人 さんのブログ記事

  • 東大理ⅢにA判定?!
  • 私の院浪時代の話を続ける。 私が東大理Ⅲの受験も併せてやろうと決意したのは、確か3月頃だったと思う。 まず、ものは試しにと、二次試験の模試を受けてみた。駿台か河合塾のものだった。 当時はセンター試験ではなく共通一次と呼ばれていたが、それはとても簡単なものだった。それに東大は共通一次と二次の配点割合は1対9と、圧倒的に二次試験に傾斜配分していた。 だから私は共通一次は一切眼中になく、二次試験用の記 [続きを読む]
  • 大村智先生のお話
  • 昨日、ある学会で大村智先生の講演を聴いた。2015年のノーベル生理学・医学賞を受賞された科学者だ。 2000年以降、日本でのノーベル賞が量産されたため、もう名前を憶えていない人も多いかもしれない。でもその成果が人々や社会のためになったというと、この人が随一ではないか。 以下、ちよっと長くなるが、私なりにまとめたお話のツボを紹介する。 大村先生の発見したイベルメクチン、そしてそれから派生したさまざま [続きを読む]
  • 東大理Ⅲも受けてみようか?
  • 私は、次こそは院試に受かるべく、じっくり考えた。 実は本郷にあるその生物系学科は、進学振り分けでの偏差値は極めて高かった。 全部の学科のうちでも1位か2位にランクされていた。 1年生の丸1年間を棒に振り、専門課程ではかなり生物系を勉強したと自負した私も、 それは相当レベルが高かったのだ。 そこで、とにかく、どんなところから出題されても困らないよう、基礎からじっくり鍛えなおすことにした。 まずは、当 [続きを読む]
  • 原理研
  • 私はファインマンに傾倒したものの、不老不死の薬を作るという夢はあきらめたくなかった。 そこで、私はひとつ目標を立てた。 その時所属していた学科は、幅広くいろいろな学問を習得できる、いわゆる教養を身につけるための学科だった。 だが、大学院は、もっと専門的に不老不死のことを研究したい。 今の学科にずっといると、それはできない。だから大学院ではそれができる、生物系の別のところを目指そう。 そうは言いつつ [続きを読む]
  • 不老不死の薬とファインマン
  • 東大で専門課程に進学した私だが、少し方向性が定まってきた。 それは「不老不死の薬を作る」というものだった。 また途方のないことを・・・・と思われるかもしれない。 だが私は結構真剣だった。 両親が年をとって死んでいくのが耐えられなかった。 人間は、せっかく富や名声を築き、愛情を獲得しても、死によってそれが一瞬のうちに崩れ去ってしまう。 不老不死こそ、自分の究極の願いだったのだ。 私は東大の理科Ⅰ類に [続きを読む]
  • とにかくやるしかないっ!
  • とにかく、2年生になって、授業に出よう、と思った。 1年生のときは前期・後期とも悪い成績しか取れず、進学振り分けでどこにも入れないどころか、留年してしまうピンチを迎えていた。 これから巻き返すしかない。しかしどうするか。 まずは授業に出て、少しでも分かることをノートに書き留めること。 それから、分かりやすい参考書を探すこと。 考えてみると、私は中学・高校時代には、勉強のやり方で苦労することはなかっ [続きを読む]
  • 挫折からの脱出
  • 授業に全く出ないまま、1年生が過ぎようとしていた。 自分はこの後、いったいどうなってしまうのだろうか。 まるで他の人たちとうまくやっていけないのだ。 劣等感、落伍感、倦怠感、憂鬱感・・・・ありとあらゆるネガティブな感情が脳の中を支配していた。 それから、他の奴らが東大生であることばかりを鼻にかけ、恰好ばかりつけているように思えてならなかった。自分とは合わないと感じた。 だが幸いだったのは、そんな時 [続きを読む]
  • 東大生にはなったけれど
  • 私は上京した。 受験まで一度も東京に来たことがなかったため、全てが新鮮だった。 だが、本当は不安の方が大きかった。 自分は今までは、生活面がだらしなくても、勉強ができるということで皆にアピールすることができた。 しかし、東大生は皆勉強ができる。私には皆に誇れる取り柄がなかった。 私は劣等感に苛まれた。 授業に出ても、講師の言うことが難しくて聞き取れなかった。 目も悪いため、ノートに黒板の板書が書き [続きを読む]
  • 東大受験・・・・その結果は?
  • 今から40年前の大学入試には、センター試験やその前身の共通一次試験がない代わりに、東大だけは大学で一次試験と二次試験を設けていた。 一次試験はマーク式で、完全に足きりだったが、理科を2教科、社会を2教科受けなければならなかった。 私は社会の勉強はほとんどしておらず、一応、日本史と世界史を勉強していたのだが、選択肢は実に微妙で、下手に考えると間違えるおそれがあった。 そこで私は一大決断をした。その場 [続きを読む]
  • ついに東大を受験した
  • 私の高校3年生はもう10月に入っていた。 どの大学や学部を受験するかについて、とりあえず、私は迷ってはいなかった。 それは東大の理科Ⅰ類だった。数学や物理、工学などを勉強するところである。 私は、自分は数学や物理の才能はあるのではないだろうかと思っていた。 中学時代、数学はほとんど何もやらずに100点を取れていた。 高校の時も、数学では最初は1番になっていた。途中からは急降下していったが。 だが、 [続きを読む]
  • やっと光明を見出すも・・・・
  • 私は追いつめられていた。 頭の中を占めるのは、常に、失敗して何も言えずに立ち尽くす私。 どうしよう。どうしよう。 そのことを考えるといつも頭が真っ白になるのだった。 しかし、もう体育祭の結団式が数日後に迫ってきた時に私は少し、ひらめいた。 「そうか。話すことを考えてあらかじめ練習しておけばいいんだ。」 単純なことだった。 私はそれまで、スピーチというものは、何も事前に考えず、その場の雰囲気で喋れば [続きを読む]
  • 勉強ができなくなる
  • 私は、そうして、東大を受けようという思いが徐々に高まってきた。 だが、それどころではなくなった。 2年生の体育祭のスピーチで私はまた失敗した。 全く言葉が出てこなかったのである。何を話したらよいか分からなかった。 ど緊張し、その場に立ち尽し、あうあうという言葉しか出なかった。 ほとんど何も喋れずに席に帰る私を、皆は異様なものを見る目で見た。 私は、自分は馬鹿かと思った。 話をすることなど、誰でもで [続きを読む]
  • こりゃ本当に東大に受かるかも
  • 私は当時、進路についてあまり真剣に考えていなかった。 それから、大学を卒業してどんな職業につきたいかも、私の頭の中にはなかった。 つまり、先のことは何も考えていなかったのである。 そして大学については、私が住んでいたのは西日本であり、東大といってもあまりピンとは来なかった。 ただ、東大は日本一頭のよい奴らが行く学校だと思い、入れたらカッコいいなあ、という気持ちが漠然とあった。 東大に入って、さらに [続きを読む]
  • 東大を受けようか
  • 前回のように私は結団式で大恥をかいたのだが、それは幸か不幸か、後後までは尾を引かなかった。 実際、体育祭の終了後にももう一度皆が集まり、クラス代表で話をする機会があったが、そのときはちゃんとできた。 体育祭での経験から、私の心の中で、これを話したいという欲求が盛り上がり、それをそのまま話したのである。その時は、むしろ気持ちがいいという感覚が残った。 ただ、それができたことで、私はあがり症とその原因 [続きを読む]
  • あがり症再び
  • 実力テストで1位を取ったことで、私は皆から一目置かれるようになった。 悪い気持ちはしなかった。こそばゆくもあった。 その後、定期テストではダメだったが、 2学期になって実力テストで再び1位を取ると、私はますます注目された。 決して1学期の実力テストがまぐれではなかったことを実証したわけだ。 特別に時間をかけて勉強をしているわけではない。ただトレーニングペーパーを3科目、毎日やっているだけである。 [続きを読む]
  • 〇〇って誰だ?
  • さて、高校で初めての実力テストがあった。 入学時のテストでも中間試験でも成績が悪かった私は皆からほとんど注目されていなかった。 だが、私はひそかに自信を持っていた。 試験は英数国の基本3教科で行われたが、私はこの3教科についてはトレーニングペーパーをやり抜いていたからだ。 1日3時間の家での勉強で、実に効率的に知識を習得していた。 そして、実際の試験でも、まずまずの手ごたえがあった。 試験が終わっ [続きを読む]
  • 勉強以外のことで注目を集める
  • ところが、そんな私が注目を浴びた。それは、勉強以外のことだった。 私は中学校時代、ある部活に入っていた。 自分ではまずまず上手で、体力さえあれば人には負けないと思っていた。 実際に、県で優勝した相手をぎりぎりまで苦しめ、また一年次下の県の優勝者には2度勝った。 ただ惜しむらくは体力がなく、長丁場になると逆転されて負けた。 (自分ではそんな戦い方を改善したかったが、何とも体力が追い付かなかった。) [続きを読む]
  • 君はそんなに勉強ができないくせに
  • 私は、高校に入ったら中学校のように部活をやらず、勉強に専念しようとした。 家に帰ってからの勉強時間の3時間を、トレーニングペーパーと、学校の宿題に充てた。 結構集中してやった。だがそれ以外はのんびりと本を読んだりした。 だがそうすると、宿題まで手が回らず、やっていかないで先生に怒られた。 さて、私の行っていた高校は、繰り返し言うが田舎の学校である。 塾など行くものは皆無であり(そもそもなかった)、 [続きを読む]
  • 高校の最初に失敗!
  • あまり長々と自分の半生を書き起こしていると肝心の医学部・司法試験受験のことが書けなくなり、焦点がぼけてしまう。 しかし、これらの受験に至った理由を書くのに、どうしてもこれまでの紆余曲折を書かないと片手落ちになる。 このため、ポイントとなることを中心に、もう少し書き進めていきたい。 とにかく私は高校に入った。 何の変哲もない田舎の公立高校である。 東大など、一年にせいぜい一人かしか行かないような学校 [続きを読む]
  • とっぽん事件
  • このブログ、現在は毎日2回、朝6時と夜8時に更新させてもらっている。 しばらくこのペースで続けていきたいが、今日だけは夜10時に更新することとした。なぜなら今回の話は読者が食事中だと気分を害するからである。(といっても夜食の方もいるかもしれない。失礼。) 現在、ブログ上では私は中学を卒業し、高校に入学したところまでになっている。今後もしばらくはこの半生記を続けていきたいが、ふと、私が幼稚園の頃の忌 [続きを読む]
  • 高校へ
  • それからというもの、私の勉強もやや投げやりになった。 中学の最終学年も夏を過ぎ、周囲は高校受験を次第に意識し始めているのが分かった。 だが大都市ではなく、また今から40年以上も昔のことである。 たしかに高校受験はあったが、おそらく今とは様相を異にしていた。 公立高校の方が私立高校より難しく、偏差値も高かった。 その公立高校も、普通科は総合選抜方式、すなわちいくつかの学校群がグループを作って入学者の [続きを読む]
  • 受験老人、失恋す
  • さて、私の中学校時代の話に戻る。 対人恐怖を克服した喜びから、私の躁の時期はしばらく続いた。 調子に乗って、当時、私が好きだった女の子に告白した。 こんなに調子がいいのだから、きっとうまくいくと思っていた。 我が世の春である。 だが、結果は、見事にふられた。 その女の子が友達を通じて私に送ってきたメッセージは 「○○君のこと、昔は好きだったんだけれど、途中から、勉強しかしない変な人というイメージし [続きを読む]
  • 今年の司法試験合格者発表に思う
  • 一昨日の新聞に、司法試験の合格者が1525人で今までで最少だったという記事が掲載されていた。 以下、ちょっと数値の話になる。説明が分かりにくかったら申し訳ない。 受験者の総数は5,238人なので、合格者が1,525人ということは、合格率は30%弱。 こりゃ、合格率は高い。ちょっと勉強すれば誰でも通るぞ、と思う人も多いかもしれない。 しかし、この数は、法科大学院を修了して受験して合格した人(第1ルー [続きを読む]
  • 人生で最も頭がよかった時期
  • 考えてみると、中学3年生の、あの対人恐怖から脱出した時期、それこそ私の人生において、もっとも頭がよかった時期だったのではなかろうか。 やることが楽しくて仕方なかった。先生の話は1を聞いて10まではいないが3か4くらい理解できた。 理科の教科書を読んで、実験の裏にある原理を自分で推定して導くことができた。 それを教室で披露すると、先生から、「お前は答えを知っていたのだろう。」と皮肉っぽく言われた。だ [続きを読む]
  • スランプ脱出!
  • 私は次の日から授業中に質問をすることにした。 私にとって幸いだったのが、できない生徒と違い、自分は極めてよくできる生徒だったことだ。 だから、質問はいくらでも考えることができ、先生の答えに対してさらに疑問を呈することもできる。 ええい、ままよと手を挙げた。「先生、質問があります。」 その声も震えた。いつものように、私の心臓は早鐘のように鳴りはじめた。 だが、今度こそ、絶対に逃げないぞ、という覚悟が [続きを読む]