バラック さん プロフィール

  •  
バラックさん: thinkthewordのブログ
ハンドル名バラック さん
ブログタイトルthinkthewordのブログ
ブログURLhttps://thinktheword.muragon.com/
サイト紹介文thinkthewordさんのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 22日(平均6.7回/週) - 参加 2018/09/04 13:04

バラック さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • グランドデザインか、明日への一歩か
  • 実務従事の先生は、「知識をひけらかしてもしょうがない。クライアントは分厚い報告書なんて大して読まない。それよりも、具体的に何をすべきか。できることを示すべき」と仰ってました。 全く同感です。提案を採用するかは先方次第。こちらは可能な限り具体的な方策を示すことも大事だと思う。 (勿論それだけじゃないんだろうけど) [続きを読む]
  • やりたいこと
  • 自分がやりたいことを知っている人ってどれくらいいるんでしょうね。 ちなみに僕はわかってないような気がします。 たぶん長期・中期・短期に分かれるんじゃないかなー。 長期は「将来の夢」的な。中期は「ちょっとはじめてみよっかな。」短期は三大欲求的な。 中期の目標に対してがんばってるときに、長期の視点で「それ意味あるの」みたいなこと言われると、萎えるんすよね。楽しそうだからやってんすけど。 [続きを読む]
  • 診断士試験 モチベーション
  • 試験勉強に対するモチベーションの維持は大変ですよね。 僕は合格した後の世界を想像して楽しんでました。 参考書のコラムだったり、ブログだったり、「こういうこともできるんだなー」って。 僕は現在企業内診断士です。ですが、休日に様々なコンサルティングができました。 資格の使い方は人それぞれ。けれど、診断士の資格は、皆さんが思い描いている夢の大半の入り口を開けてくれると思います。 [続きを読む]
  • 財務会計
  • 一般の人にも分かりやすく ってどれくらいのレベル感なんだろう? 一般の人は決算書みたことあるかなぁ キャッシュフロー分析はしないよなぁ 粗利は聞いたことあるよなぁ 自分のとこの商品の粗利率って知ってるもんなんかなぁ ってかサラリーマンにとって本当に必用なんかなぁ むむむ [続きを読む]
  • 事例Ⅳ
  • 初めての二次試験は、AABD。 「銀行員だから余裕だぜ!」とか思ってました。めちゃめちゃ悔しかったのを覚えています。 僕が考えるに、事例Ⅳは計算力よりも、数字操作を概念で理解すること。 現在価値だって、何をどう割り引いてるのか、それでどうして価値がわかるのか、とか。 意外と一次試験の積み重ねが物を言うね。 [続きを読む]
  • 二次試験 事例
  • 事例をどう解くか。 Ⅰ・Ⅱは特に、問題文の登場人物にリアリティを持てるかで変わると思う。 僕は幸い信金勤めだったからイメージしやすかったけど他の人は? 文章の要約よりも、コンサル事例集なんかを読み込んでみるのは、という提案 [続きを読む]
  • めんどくさい
  • 大事なことは大体めんどくさい 「じゃあやらなきゃいいじゃん」ってなるけど、反論するのもめんどくさい めんどくさい、けど、やる。続ける。 勉強だって仕事だって 新しいめんどくさいことが出てくるけど、何だかんだって続ける。 go my way [続きを読む]
  • 他人の眼
  • 意外と他人は自分のことを気にしていない。 むしろ自分が勝手に作り上げた「内なる他人の眼」が行動を妨げてしまうんじゃないか [続きを読む]
  • 診断士の合格を目指されている方に
  • こんなことができるよーっていう紹介 僕は現在執筆を頑張ってます。今共著を頑張ってる。webも執筆も頑張ってる。単著もやりたいなーって最近思ってます。 他の方は復興支援で、宮城県でイベントを起こしていました。 別の方は本業写真家で、著名な方にも取材してる。 診断士はあくまでも、世界のドアを開けるための資格。 持ってるだけじゃ全く意味なし。 (僕は合格後1年間寝かしこんでました。) だけど、それぞれが [続きを読む]
  • 何のために生まれて、何をしていきるのか
  • 答えられないなんて、そんなのは嫌だ と続くアンパンマンの歌。 深い。 答えを知ってても、誰かにいえないってのは嫌なんでしょうね。 ってか自分で明確にしていなくても、問われたときに答えられるようにしておきたいってことなんでしょう。 ちなみに別のアンパンマンの歌では、 「もし自身をなくして くじけそうになったら いいことだけ いいことだけ 思い出せ」 これも本当にいい言葉。 [続きを読む]
  • 過去を咀嚼する
  • ある人によると、「嫌な思い。最悪の思い出」には、ほぼ個人差が無いそうな。 A 「いい経験をした」と踏み台にして前向きにいく B 「あのときああだった」と消化して昇華しようとする どっちもそれぞれあるんだろうけど、濃度がどっちのほうが濃いかってことかな。 自分で好きにスイッチできたらいいんだろうなー [続きを読む]
  • 診断士と独占業務
  • 「独占業務がない分可能性は大きい」 何を言ってんだか、と思っていましたが、最近そう思えるようになって来ました。 それぞれの独占業務という安住の「村」は無いけれど、自分で色々な「村」に行けたり、なんだったら自分で「村」を作れそうだ。 僕みたいに、決まったパッケージが得意な人は、最初は厳しいかも [続きを読む]
  • 誠意を見せろ、誠意を!
  • ずるいですよね(笑) 誠意ってのは、人にとって様々なわけで、明確じゃないですもんね。んで、その最低ラインが法律なわけで。 だから法律に触れなければ何をやってもいいわけじゃないんですよ。 参加している集団に準拠すルールを守って、それからあぶれた問題に法律が裁定すると。 そんな感じ? [続きを読む]
  • 診断士試験
  • 二次試験の時期でしょうか。 僕は二次より一次が大変だったなー 一次は三年かかったもんなー 診断士試験に限らず、字数制限のある記述試験は、どれだけ要素を盛り込めるかが大事。 採点するほうだって基準があるんだから。 「この要素が含まれてて、15点」とか。 診断士では、感覚的に、一要素15文字くらいかなー 完全独学で合格した(今思えば遠回り?)ことの振り返り [続きを読む]
  • あいつの今後を思って怒ったんだ
  • あとで感謝されるように、今怒っているんだ。 ありえないとおもうんですよね。 あとで感謝できるやつは、その時点で改められると思うんですよ。 「今のお前のその状態が不愉快だから怒っている」なら大分健全なんですけどね。 不良少年が「先生、あの時は厳しくしかってくれてありがとうございます!」 っていうのも、先生は不良少年の「今」の状態に怒っていると思うんですが。 [続きを読む]
  • 今がそのときだともう気づいていたんだ
  • radの「君と羊と青」の歌詞です。 「もう」気づいていたのがポイントですね。 みんな実は気づいてるんですよ、きっと。「今がそのとき」だって。 ちなみにこのあとは 「光り方は教わらずとも知っていた」 これもカッコいいですね。 誰かに何を言われなくたって、準備は整ってるんですよ。 あとはスタートを切るだけだ。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …