北海道の塾人 さん プロフィール

  •  
北海道の塾人さん: 北海道の学習塾から見える景色
ハンドル名北海道の塾人 さん
ブログタイトル北海道の学習塾から見える景色
ブログURLhttps://yoichi3stepclear.blogspot.com/
サイト紹介文北海道の小さな町の学習塾。塾という立場から地方の教育問題を考えます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 5日(平均12.6回/週) - 参加 2018/09/05 16:11

北海道の塾人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 停電で休講
  • 木曜に発生した地震で大きな被害を受けた方々の生活が、一日も早く元に戻ることをお祈りしています。今回の地震の影響で、余市町も停電の被害を受けました。地震発生の約20分後から始まった停電は深夜まで続き、木曜の夜は、懐中電灯の明かりで過ごしました。当初は、余市は震度4の揺れがあったものの大きな被害がなかったので夕方までに停電は復旧するだろうと軽く考えていました。実は地震当日は、中学生全学年と高校生は試験対 [続きを読む]
  • 8月学力テスト
  • 8月学力テストも終わり、中学生は2学期中間テストへ向けての勉強を進めています。1年間に4〜5回行われる中間テスト・期末テスト・学年末テストは、学校の通知表の評価の対象となるテストです。各学校の先生方が作成するので、それぞれの学校で難易度も異なり、学校平均点が異なることも当然のことだと思います。一方で、学力テストは、北海道教育文化協会が作成しているテストで、全道でも多くの学校が受験をしています。ちな [続きを読む]
  • 道コン小学生英語の結果から考える②
  • 今回の小学生英語の道コンですが、うちの塾では受験を見送りました。受験をさせなかった理由としては、講習会が国算の2科受講なので、英語の道コン対策を時間をとれないということもありましたが、また、出題の傾向やレベルがわからないまま生徒にテストを受けさせることに不安を感じたからでした。そういうこともあり、今回の道コンについても、『普通の小6・小5の英語のレベル』がわからなかったので、受験をさせることを躊躇 [続きを読む]
  • 道コン小学生英語の結果から考える①
  • 毎年、当塾でも受験している北海道学力コンクールですが、今年度から小学生も英語のテストが実施されることになりました。小学生の英語教育と言えば、昨年末から新年度が始まるまでは、『新指導要領の教科書』や『英語の教科化』など、いろいろと注目を浴びていたのですが・・・今はほとんど騒がれていませんね。小学校での実情はどのようになっているのでしょうか?今回の学力コンクールの小6の英語の平均点は、50.1点でした [続きを読む]
  • 後志の中学生は、小学生より勉強時間が短い!?
  •  塾生以外の方から「3STEPは宿題が多いんでしょ?」とよく言われるという話を聞きます。実際のところは、平常時(テスト対策期間以外)の宿題の量は1日に30分〜1時間以内で終わる量しか出していません。実際は、土日にワークなど問題演習の宿題を行ってしまえば、平日は単語や理社の語句の暗記のみで30分もかからずに終わる人もいるはずです。 数年前は今の約2倍の宿題を出していましたが、ここ数年は半分程度に量を抑 [続きを読む]
  • 余市町の定期テスト平均点の比較
  •  余市町には3校の中学校があります。  ここ数年の町内の各学校のテスト結果を分析すると、とても不思議な現象が起きていることに気が付きます。それは、町内のある中学校の中3の平均点です。実は他の2校の3年生の平均点と70〜80点の差がついているのです。  通常であれば、一学期期末の平均点は英語の点数がとりやすい1年生が最も高くなることが多いのですが、今回のテストでは、その1年生よりも更に高い成績となっ [続きを読む]
  • 余市町内の内申点の付け方について
  •  余市町内には3つの中学校がありますが、 残念ながら『内申点』の付け方は、町内の学校間で大きく違います。 後志地区の入試は、内申ランク偏重の傾向があります。それを意識してなのか、ある学校では学力テストで200点に満たない成績でもA・Bランクの生徒がたくさんいます。 一方で、真面目に授業受けて点数をとっていても内申点を上げてもらえない学校もあります。具体的に言うと、同じくらいの学力を持っている生徒で [続きを読む]
  • 余市町内の部活動について
  •  スポーツ庁は、中学校の運動部の活動時間について、平日は2時間、土日は3時間以内とし、週2日以上の休養日を設ける指針案を公表しました。短時間で効率的な練習を促すことで生徒のけがを予防し、勉学など部活以外の機会を確保することや、顧問教員の負担も減らすことを目的としいています。さらに、文化庁は中学校の文化部についても、運動部と同様に休養日や活動時間のガイドライン(指針)を設けることを決めました。 文化 [続きを読む]
  • はじめに
  •  10年前、北海道の後志地方にある余市町という小さな町で学習塾を始めました。 生徒数1名からスタートした教室も、余市町・仁木町・小樽市をはじめとする近隣の地域の皆様に支えられて、お陰様で10周年を迎えることができました。 この10年、学習塾という立場から地域の教育を一番近くで見てきました。 裁量問題の導入や小樽商業・工業高校の合併、二年後には小樽桜陽高校の間口は一学級減となるなど、子どもたちを取り [続きを読む]
  • 過去の記事 …