Rocky さん プロフィール

  •  
Rockyさん: Rockyのミニ四駆はどこまでも☆
ハンドル名Rocky さん
ブログタイトルRockyのミニ四駆はどこまでも☆
ブログURLhttps://www.rockymini4wd.net/
サイト紹介文ミニ四駆を覗く時、ミニ四駆もまたあなたを覗いているのだ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 43日(平均2.4回/週) - 参加 2018/09/05 22:13

Rocky さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • NIKENから考えるフロント4ローラー
  • フロント2輪、リア1輪で走る「NIKEN」がかっこいい。ヤマハ発動機は、車輪と車体全体がリーン(傾斜)して旋回する3輪以上のモビリティをLMW:Leaning Multi Wheel(リーニング・マルチ・ホイール)と呼んでおり、「NIKEN」はそのLMWである。YAMAHA NIKENの動画Yamaha NIKEN - LMW Product Overviewメカメカした感じといい、スキーのように滑らかでありながらパワフルな走りが実にかっこいい。ハンドルでフロント [続きを読む]
  • マシンの記録2018/03/25|変体フレキ、FMAR
  • 初めて1次予選を突破した自信を胸に挑戦したミニ四駆グランプリ2018SPRING 北海道大会前回からの大きな変更は、マシンをFM化し、FMAR化した点である。前回参戦した公式大会のマシンの記録はこちらからご覧ください。www.rockymini4wd.net元はリアにモーターを搭載する構造のARシャーシ。加工を施して、フロントモーター化したものがFMAR。FM-Aシャーシが登場した今でも、敢えてFM化する努力に、浪漫を感じずにはいられな [続きを読む]
  • マスダンパーのざぐり加工|リューターを使わない方法
  • マシンを跳ねにくくするマスダンパー。ヒクオ等を組む際などに、マスダンパーの軸となるネジをどうしてもロックナットで固定する必要がある場合は、マスダンパーの位置がロックナットの分だけ高くなる。デフォルトでザグリ加工されているマスダンパー以外は、上の写真のようにロックナットの上に位置することになる。ロックナットの高さの分、マスダンパーが高くなることで、マシンの重心が高くなってしまう。このような場 [続きを読む]
  • 二段アルミローラーの考察②|2人はどこかで繋がっている
  • 二段アルミローラーの考察①では、マシンがどのくらい傾いた際に上段のローラーが効くのか考察した。www.rockymini4wd.net今回は二段アルミローラーの形状について考察しようと思う。この特殊な形状はどのような目的を持って生まれたのだろうか?TAMIYAはこのローラーの特性を以下のように説明している。「通常時は下にあるローラーがフェンスと接し、コーナーでマシンが傾いたときに上部のローラーがフェンスに触れる [続きを読む]
  • ローラーのベアリングの外し方|ベアリングチェンジャーの自作
  • ローラーのベアリングの交換・保存・脱脂や、ローラーの切削加工、ベーマイト処理等を行う際は、ベアリングをアルミローラーから外す必要がある。19mmのアルミベアリングローラーをよく使用するが、市販の状態では、がっちりと520ベアリングが組み込まれており、どのように外すのか分からなかった。調べてみると、ベアリングチェンジャーという便利な工具が売られていた。(とてもかっこ良く、精度も高そうである)ハンドル [続きを読む]
  • ローラーのベアリングの外し方|ベアリングチェンジャーの自作
  • ローラーのベアリングの交換・保存・脱脂や、ローラーの切削加工、ベーマイト処理等を行う際は、ベアリングをアルミローラーから外す必要がある。19mmのアルミベアリングローラーをよく使用するが、市販の状態では、がっちりと520ベアリングが組み込まれており、どのように外すのか分からなかった。調べてみると、ベアリングチェンジャーという便利な工具が売られていた。(とてもかっこ良く、精度も高そうである)ハンドル [続きを読む]
  • スタートできなかったジャパンカップ
  • 子供の頃私はコロコロ(マンガ雑誌)に記載されていたジャパンカップのコースに自分のマシンが走る姿を想像して楽しんでいた。そのコースには確か、逆風が吹き荒れるよう小型扇風機が3連続で設置されていた。空力を良く考えて肉抜きする必要があるな、タイヤはグリップの強いスポンジタイヤで行くか、そんなことを考えて、大変ワクワクしたものだ。それから月日は流れ、子供の頃には参加できなかったジャパンカ [続きを読む]
  • スタートできなかったジャパンカップ
  • 子供の頃私はコロコロ(マンガ雑誌)に記載されていたジャパンカップのコースに自分のマシンが走る姿を想像して楽しんでいた。そのコースには確か、逆風が吹き荒れるよう小型扇風機が3連続で設置されていた。空力を良く考えて肉抜きする必要があるな、タイヤはグリップの強いスポンジタイヤで行くか、そんなことを考えて、大変ワクワクしたものだ。それから月日は流れ、子供の頃には参加できなかったジャパンカ [続きを読む]
  • 再会
  • 当時、私の月のお小遣いは大きな硬貨が1枚コロコロを買うか、ミニ四駆を買うか、大いに迷ったものだ。小学生向けのマンガ雑誌のコロコロには、華麗に肉抜きされたロマン溢れるマシン達の特集があり、胸を躍らせてくれた。少しして、お小遣いを貯め、ピンバイスを買った。ドリルの刃を装着し、コクピットのラインに沿って、点々と穴を開ける。子供の自分には、とんでもない労力だ。キリキリ穴を開けると指にはまめが・ [続きを読む]
  • 再会
  • 当時、私の月のお小遣いは大きな硬貨が1枚コロコロを買うか、ミニ四駆を買うか、大いに迷ったものだ。小学生向けのマンガ雑誌のコロコロには、華麗に肉抜きされたロマン溢れるマシン達の特集があり、胸を躍らせてくれた。少しして、お小遣いを貯め、ピンバイスを買った。ドリルの刃を装着し、コクピットのラインに沿って、点々と穴を開ける。子供の自分には、とんでもない労力だ。キリキリ穴を開けると指にはまめが・ [続きを読む]
  • 過去の記事 …