美肌愛 さん プロフィール

  •  
美肌愛さん: シャドウバースのブログ
ハンドル名美肌愛 さん
ブログタイトルシャドウバースのブログ
ブログURLhttp://pocketnica.blog.fc2.com/
サイト紹介文シャドウバースの日々の対戦を動画と共にお送りします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 80日(平均7.9回/週) - 参加 2018/09/06 09:28

美肌愛 さんのブログ記事

  • 【しゃどばす】3戦目(ウィッチ)
  • まったく自信無さげなウィッチで3戦目です。スペルブースト、被ブースト、土の印とバランスの悪い手札配布の中での戦いとなりました。私ターン2何も手が出ませんのが痛いです。。「マジックミサイル」を撃ったとて、被スペルブーストカードがありませんのでもったいないと思い温存…ターン5で結局無駄撃ちしちゃうんですけど。。土の印の消化が無いと邪魔にしかなりませんね…CPU対戦時ではあまり経験してこなかった盤面で [続きを読む]
  • 【しゃどばす】2戦目(ロイヤル)
  • 2戦目はロイヤルで。ロイヤルは自信がちょっとあります…不思議と扱いやすくてCPU対戦のルピ稼ぎにはロイヤル(もしくはヴァンパイア)を使って遊んでいました。その強さの秘密(というか自分が使っていて便利だな〜得してるな〜と感じる点に)1枚のカードで場に2体のフォロワーを展開できることで(ヴァンパイアもコウモリと共に複数出るがある)、これがロイヤルの使いやすさになっているのかもしれません?私のターン4 [続きを読む]
  • フェアリービースト 〜リーダー回復が勝ちにつながる名場面!〜
  • ヴァンパイアはフラウロスと闇喰らいパンチ!の修正を以ってだいぶ減りましたけど…ものすごい間抜けな修正だったよね…ああ、やっぱり間抜けっているんだなぁ〜って、実感した瞬間でもありました。闇喰らいパンチは、コストを上げた「とて」、なんだよね…関係が無い。意味が無い。弱体化でも何でもない。それは、闇喰らいの問題点の本質に気付いていない。(厳密に言うと解決になっていない)別に、闇喰らいパンチ!は、ターン7 [続きを読む]
  • マナリアの魔導姫・アン 〜必勝!?アンの大魔法第炸裂。。〜
  • 使う人はいませんね〜…厳密に言うと「マナリア構成者、マナリア魔法使用者」と出会いません。十期に入ってそろそろ200、300戦は超えそうなバトルを繰り広げてきましたけど…出会いません。 第十弾パックにて追加された「マナリア補強、強化」によってだいぶ化けました。もうあと一歩足りなかったのは、コストの問題と数の問題。アン含め十期で追加されたマナリアンたちとの楽し気なコラボによって、ついに「マナリア魔法は [続きを読む]
  • マゼルベインデッキ 〜1枚しか出てこないという安心感〜
  • こーゆー叩き合いが楽しいよね、やっぱり!初期バース時代のターン10超えが当たり前だった頃の戦況を想起させられる楽し気な戦場です。この相手の構成はまさに十弾パック「マゼルベイン」レジェンドを利用した典型的な一枚取って出し構成。このパターン、最近多く見かけます…マゼルの登場はまだ見たことないけど、明らかに1枚取って出し系.マゼルの威力は詳細見た限りだと凄まじい威力なので登場されたら勝利を確実のものと [続きを読む]
  • シャドウバース第9弾「蒼空の騎士」総評 〜ネメシス編〜
  • めねぴーについても書いてください!と要望が多くあったので。。。崇高なるアイディア披露はラストに載せてま〜す。 めめぴーはなんでしょうねぇ〜… まずは数から。ずっとずっと、変わらない。ネメシスが実装されてから、例えば50回に1戦の割合だとしたらずっとずっとその流れで来ているだけに過ぎない。常に変わらぬ対戦率。ずっと同じ。浸透していないと言っても過言ではないなんとも少ない数。ちなみに軟弱低俗なローテー [続きを読む]
  • シャドウバース第9弾「蒼空の騎士」総評 〜ニュートラル編〜
  • びしょっぺで終わったと思った人〜?まだまだ、ニュートラルがあるのですよ、ふはははは。。。。ちなみにねめぴーは未完の発展途上なのでど〜でもいいのですキリニュートラルは今回はどうでしょうね?個人的には非常に楽し気な心地良いカードが多く含まれていて「アタリ!」だった気がしますよ?今回は良かったね、珍しく。ただ、蒼空騎士(グランブルファンタジー)とのコラボ要素で言えば彼ら彼女たちのカードを(ニュートラル及び [続きを読む]
  • シャドウバース第9弾「蒼空の騎士」総評 〜ビショップ編〜
  • 最後はビショッペで〜す びしょっぺはなんでしょうね〜…ふーむむ。。 蒼空期前期から既に前回の流れを汲んで祈祷マンは大多数いました7、8割。しかしそれとは別に一応、多様な形の「お茶会パーティー」や「ファルコンとガルラの速攻」とか「イージスマン」とか「昔懐かしの王道正統派ビショップ(らしき)」もいたり、「選択できない軍団」も1、2回であったし「ホーリーメイジ」にも2度出会いました。必ずしも祈祷マンだけ [続きを読む]
  • シャドウバース第9弾「蒼空の騎士」総評 〜ヴァンパイア編〜
  • いよいよ終盤戦!ヴぁんぴーちゃんの出番です ヴァンパイアはそうですね〜…基本的には全期通して「自傷型」であり続けましたね、結果的に。前に流行った「コウモリ攻め」は完全に消滅しました。主に「光と闇期」にある程度(浸透しなかったけど)「闇喰らいパンチ!」をオチに据えた自傷型でした。蒼空期に追加されたコスト0でのカード引き「不穏な街」から自傷ダメージ回数を積み上げて、シープ利用のヒールなどで耐え凌ぎつつ [続きを読む]
  • シャドウバース第9弾「蒼空の騎士」総評 〜ネクロマンサー編〜
  • ネクロマンサーですか 蒼空期前期は特に際立って何ということもありませんでした。光と闇期にとり憑かれて病んだ如くに大流行した「ケルドラインを利用した先送りゼウス・モルディ」「速撃ホネキング」は収束しておりその手を繰り出す傾向がみられませんでした。じゃあ何があるって…蒼空期前期のネクロは「特に際立って何ということも無い」状態でした。対戦率も少なく多くはなかった。 蒼空期中期、ここで一気にヘクターネクロ [続きを読む]
  • シャドウバース第9弾「蒼空の騎士」総評 〜ウィッチ編〜
  • 続きましては―ウィッチ! 蒼空期ウィッチはなかなか風変わりな展開を見せてくれましたね!ウィッチは「スペラー」と「土の印」とで分かれるので一つ一つじっくりと見ていきます。 まずは「スペラーウィッチ」から。そもそもがウィッチの対戦率は、今までがバカみたいに多かったせいもあってだいぶ落ち着いたかな?という登場率になりました。出る時は容赦なく出て来るのは相変わらずでまたウィッチか…またウィッチか…またか… [続きを読む]
  • シャドウバース第9弾「蒼空の騎士」総評 〜ロイヤル編〜
  • 続きましてはロイヤルで〜す ロイヤルもエルフ同様に苦戦を強いられた時期でした。前〜後通してずっと対戦率はとかく低く、私の視点でロイヤルに対してはほぼ負けなしに近いくらいに勝率が高く、つまり裏を返せば一般ユーザー側では勝率は悪くそれを以って対戦率の低さはうなずける結果となりました。 述べてきたように「蒼空期前期」は守護率が異様に高く、ロイヤルの十八番(こちらも馬鹿の一つ覚えになりますが)大疾風の速撃 [続きを読む]
  • シャドウバース第9弾「蒼空の騎士」総評 〜エルフ編〜
  • さてまずはエルフからいきますよーエルフはある意味で可哀相な時期でもありましたね…使用率は蒼空期全期通して極端に少なくにっちもさっちも行かないどんずまりでした。厳密に言うと今までずっと馬鹿の一つ覚えでやって来た「リノ虫」一択世界がにっちもさっちもいかなくなっただけの話であって、実際はいくらでも勝てるし遊べるし楽しめる。でも馬鹿の一つ覚えのおバカさんたちはそれしかやり方を知らないから、エルフの蒼空 [続きを読む]
  • 無貌の魔女 〜このカード自体はコスト落ちないからこその苦労…〜
  • スタプリさん(スターライトプリンセス)の研究中の戦いです。相手が面白かったので。進化したら守護が取れるというのがミソですね…コスト1の紅炎とかであればブーストは必要としないから手札満タンはいるなら進化せずに守護で耐えてみるのも良いかもしれないけど、顔無し魔女はコスト9なので、もはやイマドキそんな悠長な…あ、なるほど、超越利用ね。。超越することで強引にpp9へ持って行ったテクニックが隠されているの [続きを読む]