天狗らあめん さん プロフィール

  •  
天狗らあめんさん: 映画とかのおはなしブログ
ハンドル名天狗らあめん さん
ブログタイトル映画とかのおはなしブログ
ブログURLhttp://tenguotoko.hatenablog.com/
サイト紹介文映画館で面白かった映画や、読んだ漫画の感想メイン。ツイッターの140字では足りない時に無性に書く
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 30日(平均8.9回/週) - 参加 2018/09/08 19:18

天狗らあめん さんのブログ記事

  • 2017年映画感想ツイートまとめ その4(7月8月分 47本くらい)
  • 前回 2017年映画感想ツイートまとめ その3(5月6月分およそ48本) - 映画とかのおはなしブログ元は「〇〇なう」形式なので整理。当時の感情こそが貴重なので、今の意見は足さず、当時のまま残す。観た作品全部の感想を書いているわけではない。()は観賞した映画館orメディア。大作映画も単館上映系も日本の若きインディ監督の作品も旧作の上映も面白い作品が本当に多く、充実していた2か月間。『ミスティック・リバー』20 [続きを読む]
  • 2017年映画感想ツイートまとめその1(1月2月分およそ50本)
  • 前回 2016年映画感想tweetまとめ(後編)&2016年ベスト - 映画とかのおはなしブログ元は「〇〇なう」形式なので整理。当時の感情こそが貴重なので、今の意見は足さず、当時のまま残す。観た作品全部の感想を書いているわけではない。()は観賞した映画館orメディア。昨年からの映画中毒がおさまらず映画観まくり。1月2月だけで50本くらい感想を書いている。『ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映「アニメーションの神様、その美 [続きを読む]
  • 映画感想 ジャック・ターナー『悪魔の夜(1957)』
  • 1957年 イギリス、アメリカ 監督:ジャック・ターナー (アテネ・フランセ文化センター 特集「中原昌也への白紙委任状」で観賞)悪魔を崇拝するカルト宗教の教祖を批判した教授が怪死。共同研究者だった心理学者ホールデンは、怪しい教祖の追求を続ける。しかし、気づかぬうちに「3日後に死ぬ呪い」がかかっているという羊皮紙を受け取ってしまう。教祖は本当に黒魔術を使うとでもいうのか?悪魔が出てくるのに、本当にいるのか [続きを読む]
  • 映画感想『処刑軍団ザップ(1970)』処刑軍団ザップが出てこない件
  • 1970年  アメリカ 監督:デヴィッド・E・ダーストン新宿シネマカリテの特集上映「カリコレ2018」で観賞。冒頭から問答無用の処刑軍団ザップが登場!しないダムの開発により住民が流出。人口40人くらいの過疎集落に事実上なってしまったアメリカの山奥の町。そこを通りかかったのは、荒野の7人ならぬ、ヒッピー8人。奴らはなんちゃってサタニストで、LSDを常用。雑なサタンの儀式を山の中で全裸で行い、通りかかった女性には [続きを読む]
  • 【映画感想】ホラー映画はサイコキネシス攻撃やっちゃダメ!
  • この記事は『ウインチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』のネタバレを含みます。ネタバレ無しの感想はこちら 【映画感想】『ウインチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』怖いの苦手な人こそ一番楽しめる、いいライトホラー - 映画とかのおはなしブログ大友克洋先生『童夢』のひとコマ怖くないホラー映画『ウインチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷』という作品。上記感想に書いた通り、良い部分も [続きを読む]
  • 2016年映画感想tweetまとめ(後編 下半期およそ90本)&2016年ベスト
  • 前編はこちら 2016年映画感想tweetまとめ(前編)&上半期ベスト - 映画とかのおはなしブログ元は「〇〇なう」形式なので整理。当時の感情こそが貴重なので、今の意見は足さず、当時のまま残す。観た作品全部の感想を書いているわけではない。()は観賞した映画館orメディア。この時期から、『シン・ゴジラ』観た影響で頭おかしくなって映画中毒になってしまい、半年間に感想を書いた映画だけで90本近くある。『知らない町』 日 [続きを読む]