ほにょ さん プロフィール

  •  
ほにょさん: 亜州南溟日記
ハンドル名ほにょ さん
ブログタイトル亜州南溟日記
ブログURLhttp://sampinto.livedoor.blog
サイト紹介文人生半ばでアジアに移住したぐうたら男の日常生活
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 17日(平均10.3回/週) - 参加 2018/09/10 14:28

ほにょ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 再々々々々々々々々・・・放送
  • サッカー専用チャンネルLIGAを点けると画面にクロアチアvsデンマークの試合が映ったのを見て思い切り呆れてしまった。こう聞くとヨーロッパのどこかでU23の予選でもやってるのか?と思うだろうが、スタジアムに映る宣伝ボードにあるのはガスプロムの社名、しかも中にはキリル文字まで混ざっている・・。 そう、これは今年6月に開催されたワールドカップの再放送なのである。3か月前の試合をフルタイムで放映するなんて [続きを読む]
  • おまえ売られるんじゃねーの?
  • アブダビに出稼ぎに行くための諸手続きしている姪イナから「来週水曜日のフライトで飛ぶことが決まった」と連絡が入った。勤務先はまだ決まらないが現地で仕事を探すための下地準備が終わり後は飛ぶだけ!という事らしい。 で、フライトナンバーを調べてみたら相変わらず目的地はアブダビでは無くドバイ行きになっていて、そこから先の行動予定は全部エージェント任せと言うから一応空港からアルグバイバ・バスターミナルまでの行 [続きを読む]
  • 岩石ゴールドフィンガー
  • タイ旅行から帰って来た翌々日に馴染みのマッサージ屋(Hなサービス込み)を訪れてみたところ・・またお馴染みがいなくなっていた。フィリピンじゃどんな店でも同じだろうけど人の入れ替わりペースが速いため、せっかく良いマッサージ嬢を手名付けても短期間で切れてしまうのだ。 で、ゴツゴツ岩石っぽい外観の受付女に「一番魅力的な女を付けてくれ」と頼んで部屋で待っていると、来たのが「お前は人間より霊長類じゃないのか・ [続きを読む]
  • 美白メンタリティーの深層
  • 2年ぶりにタイを訪問した女房に「今回一番印象に残ったことは何だった?」と聞いたら「女たちが一層白くなった」と言う答えが返ってきた。地下鉄やモノレール(BTS)の乗客の女たちは以前よりももっと肌が白くなっていて、女房の目にはまるで大阪や香港にいるかのように映ったらしい。なるほど確かにそうである。サイアム・スクエアで何度も出くわした最高学府チュラロンコーン大学の女子学生たちは押しなべて色白、それも日本 [続きを読む]
  • イヤ〜な兆しが続く足臭女
  • 女房の姪イナ(24歳)が職探しのため中東のアブダビへと旅立った。とはいっても途中香港で10日間ほどビザ手続きやらなんやらで過ごし、しかも一人じゃ怖いからと筆者の女房が同行させられているのだが、しかしイナの旅立ちってなんか気になる事が立て続いたので、筆者は嫌な胸騒ぎを感じているのだ。 最初は1か月ほど前に香港行きのチケットを予約した時である。ちょうどその時フィリピン航空がなんと香港往復で126ドルと [続きを読む]
  • シャボン玉とんだ
  • フェイスブックを見ていたら女房の従兄弟ジェンとジュミ夫妻が愛車を売り出しているのを見つけた。トヨタ・イノーヴァ2018年版最新モデル、希望者は至急連絡されたし!という内容で、どうやら去年ヴィオスから買い換えたばかりの7人乗り愛車を手放すほどこの夫婦は困窮してしまったらしい。 で、こう書くとお前はなんで奥さんの親戚の不幸を冷たい目で見ているんだ!と思うだろうが、これには理由があって、ここ最近の話だと [続きを読む]
  • やっぱり中身はさっぱり・・
  • 筆者が加入しているケーブルTVが「英プレミアリーグ、スペイン・リーガ、伊セリエAの放映権を獲得」「なんと無料で見れます!」とやたら派手に宣伝しているのを見つけた。 へえ、サッカーねえ・・と首をかしげる筆者。と言うのはフィリピンじゃバスケットボールが不動の地位を築いていて、サッカーファンというのはものすごーく少数派だからである。 しかしフィリピンの人口は1億人を突破しており、英プレミアリーグの地道なマ [続きを読む]
  • 台風フィリン来襲
  • スーパー台風がもうすぐ来る!とフィリピン中がおびえていた先週金曜日の夕方、女房のケータイに従姉妹フィリンからメッセージが入った。今週末に香港へ飛ぶそうだけど、実はマカオに住む姉ボーヤに土産物があるので渡してもらいたい。ついては今からアナタの家に行きたいがよろしいか?という内容だが、これを見た時に筆者と女房は「来たな!」と笑ってしまった。 なぜならこのフィリンの本当の目的は別にあって「いずれ現れるぞ [続きを読む]
  • こりゃ何だ?
  • 香港人の友人が台風でケガをしたらしく診断書をフェイスブックにアップしたが・・症状FBI,Accidental ってどんなケガなんだろう。それにこの医者に学位もFHKCEMやDip Clin Toxみたいに略語ばかりでサッパリ判らん・・。にほんブログ村アジアランキング [続きを読む]
  • モヤシ栽培の女
  • 筆者の住むアパートでは住民主催の○○教室というのが幾つもあって、女房はダイエットのために数か月前からズンバなるダンス教室に通っているのだが、なぜだか知らぬがその後に決まってモヤシを持って帰るようになった。モヤシとはあの野菜炒めに使うモヤシのことである。筆者の朝食はいつも香港式インスタントラーメンだからトッピングとしてモヤシは大歓迎なのだが、しかしズンバダンスとモヤシとの間に一体何の関係があるのだろ [続きを読む]
  • 超おすすめ治療院
  • タイ旅行から帰って来て数日がたった昨日恐れていた事態がまた起こってしまった。腰痛である。実は先月の今ごろに突然ぎっくり腰になってしまい、タイ旅行の出発当日も飛行機の中では脂汗を垂らして痛みに耐えていたのだのだが、どうもそれがぶり返しそうな気配である。 今のところ歩けないほどではないけれどベットから起き上がる時にズキッ!と痛みが走るし、特定の高さの椅子に座るとジンジンと痛みが広がって来るのが辛い。で [続きを読む]
  • 今ごろになって気づいた情弱女
  • 今週末にアブダビへと旅立つ姪イナ(女房の妹の娘)が我が家に挨拶にやって来た。とは言っても筆者の女房が途中香港までイナに同行し、そこで10日間ほどビザ手続き等々を手伝う予定だから、今回の訪問もその打ち合わせ&タイ旅行のお土産受け取りが主目的だろうが、さてイナの表情を見たところ・・かな〜り沈んでいることに気が付いたのだ。 まあ24歳の娘だから恋人と別れるのが辛いのだろう・・と勝手に解釈していたのだが、 [続きを読む]
  • PAL新型機にお乗りの際はイヤホンを忘れずに
  • 今回のタイ旅行はフィリピン航空を使用したのだが、帰りの便は7月に導入されたばかりのA350機に乗ることになった。現在フィリピン航空のエアバス機は中距離線が中心で、長距離機はボーイング社のB777が占めているが、このA350機は航続距離が8000キロと長いため今後ロンドンやニューヨーク便などにも運用されるらしい。で、乗り心地はどうかと言うと正直ライバルB787の方がずっと上だと思うのだけど、しかしフ [続きを読む]
  • 疑わしいラーメンブーム
  • 数年前から「今バンコクのラーメンが熱い!」的なニュースをよく見かけるようになった。日本ブームのタイでは外食産業も寿司や刺身からラーメンへの転換が劇的に進んでいて、この時流に乗ろうと日本の名店が数多くバンコクに押しかけている!これからはラーメンだ!と言うかなり景気の良い内容である。 で、実際に市内を歩けば20年以上海外に出っぱなしの筆者でも聞いた事がある有名なラーメン屋があったりするので、腹が減って [続きを読む]
  • 30年前の同志たちへ
  • 昨日の日記でバンコクの中華街、現地の人がヤワラートと呼ぶエリアの写真を紹介したが、この半分スラムあと半分が商業地の一帯、バンコクの中央駅に当たるホアランポーンから7月22日ロータリー広場までの煤けた辺りにはその昔日本人バックパッカーが滞留する知る人ぞ知る安宿街であった。谷恒生の小説「バンコク楽宮ホテル」の舞台になった楽宮旅社にタイソングリード、筆者が常用していたジュライホテルに台北旅社、それと宿屋 [続きを読む]
  • 聖地ヤワラート巡礼
  • 旅の最終日にバンコクの中華街、ヤワラートと呼ばれる一帯を歩いてみた。ここは今から30年前に大学生だった筆者が深く深〜く沈殿した場所で、それは何も筆者だけでなくおそらく万にのぼる日本人たちがここへと深い思い入れがあるはずだろう。だから今日の日記では余計な文章など書かずに、昔この地に足を踏み入れた同志たちに、いまココがどうなっているのかを下手くそな写真ながらご披露したい。で、まずは定番のホアランポーン [続きを読む]
  • バンコク冷気茶室の跡地の今
  • バンコク中華街にあるフカヒレ料理店にいた時の事である。生憎その日は満席で筆者ら夫妻はお勘定台の前に臨時に設置された席に座らされたのだが、さてビールを飲んで料理を待ってる際に店の大女将的なバアさん(80歳くらい)がお勘定台の向こうから女房に赤い袋を差し出してきた。何だろうと思って女房が中を覗き見たのだが、すぐさまバアさんにサッと返す。どうしたんだと聞いたら「お金が入ってるのよ」と言う。それでバアさんを見 [続きを読む]
  • 足が臭いマッサージ嬢
  • 女房がマッサージに行きたい!というので仕方なくスリウォン通りの老舗へと行ってきた。本当はいま滞在しているスクムビット通りの店でも良いのだが、耳の奥が痒いので耳掻きサービスに定評があるこのお登りさんしか行かない老舗を十年ぶりくらいに訪れたのだ。で、900バーツなりの料金を支払ってエレベーターに乗ると一緒に乗り込んできたのは20代前半と思しき案外と可愛らしい娘である。てっきりババアが来ると思っていた筆 [続きを読む]
  • 大きな賭けに勝った男
  • 2年ぶりにタイにやってきたが毎度ながら驚かされるのは日本料理店の多さだが、サムイ島に新しくできたセントラル・フェスティバルの入り口付近に「富士」レストランがあるのを見つけた筆者は「全くあの男が言ってることは相変わらず正しいな」と微笑んでしまった。実は筆者はこのタイ最大の日本料理チェーン店がまだバンコクに3店しかないちっぽけな存在だった時に、ほんの一瞬だがオーナーの日本人と会話をしたことがあるのだ。 [続きを読む]
  • タイにタイ人家政婦がいない?
  • バンコク在住の旧友Mくんと酒を飲んでいたら最近ハウスメイドが辞めてしまってね・・とこぼしていた。給料がどうだとか住み込みは嫌だとか色んな文句ばかり言うので無視していたらある日タイ人の奥方に一言文句をいったきり出ていってしまったというのだ。で、まあタイ女なんて勝手でワガママだからな・・と相槌を打ったのだが、いやいや違うよ!うちのメイドはミャンマー人なんだ!いまタイ人のハウスメイドなんてほとんどいない [続きを読む]
  • わたしは監視されている
  • サムイ島ではあんまり美味い料理に恵まれなかったからか、バンコクに戻ってきた女房が豚骨ラーメンを食いたい!と言い出した。日本を旅する際もチョイスに困ると行くのは一風堂!というくらい女房は博多ラーメン好きなのだ。ほら!スクムビット通りソイ33に青龍って店あったじゃない!どっかに移転したんでしょ!あの店行こうよ!と言うので、ネットで調べた結果プロンポン駅へと向かってるのだが、えーとソイ24/1はどこの小 [続きを読む]
  • ボロが出た体だけど
  • 今回2年ぶりにタイ旅行にやってきたが、意気込みとは裏腹に数々の体調不良に見舞われて散々な旅になってしまった。まず最初に悩まれたのはぎっくり腰で、出発数日前からなんとなく骨の関節部分が緩いな〜とは思っていたが、ついに旅初日マニラの空港に向かう車の中でグリっといってしまい、狭いエコノミー席で脂汗を浮かべながら一刻も早い到着をぶつぶつ唱えて祈る羽目になってしまった。それで2年前に見つけたアユルヴェーダ( [続きを読む]
  • サムイ島の爽やかな風
  • 筆者は現在タイ南部のサムイ島にいて、ここで毎日ボケーと過ごしているのだが、困ったのはトイレの尻あらい水圧(ウォシュレットみたいなものと考えていただくと良い)が異常なくらい強く、汚い話で恐縮だがケツの穴を傷つけてしまい、痛みがだんだん酷くなってしまった。数年前までヘビースモーカー&過度の飲酒癖があった筆者は痔とは長いお付き合いがあって、ただこの気配はここ数年は鳴りを潜めていたのだけれど、今回思い切り唐 [続きを読む]
  • サムイ島のドケチなバー
  • 今さらな話だが筆者はタイのシンハビールが好きである。苦味と旨味の濃いアルコール度高めのこのビールを飲むと「んー!バカウマ!」と後頭部を叩きなるくらいで、かつての大瓶が今じゃ中瓶プラスαにダウンサイズしたのに値段は据え置きみたいな不評ブンブンだけれども、しかし筆者が頼むのはずっとシンハーである。さて今回サムイ島でも食事の後にはフィリピン人のライブバンドのいる店に行くようにしたのだが、いつものようにシ [続きを読む]
  • はじめまして
  • 以前FC2で5年ほどブログを書いてましたが、心機一転してこちらに越してきました。ライブドアブログの使い方はイマイチ良く理解してませんが、今後もいろいろ思った事を書いていきますのでよろしくお付き合いください。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去の記事 …