しんこ さん プロフィール

  •  
しんこさん: ペン字日記
ハンドル名しんこ さん
ブログタイトルペン字日記
ブログURLhttp://shinsui.seesaa.net/
サイト紹介文ペン習字を習っています。硬筆検定を受けようと思いました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 15日(平均14.9回/週) - 参加 2018/09/10 23:09

しんこ さんのブログ記事

  • 平成30年版 硬筆書写技能検定 合格のポイントをやっと買った
  • 「ずいぶん前に、1冊購入していたテキストで練習していたけれど、もしかしたら何か違うのかもしれない」と思って、やっと平成30年版のテキストを買ってみた。1・2級の本は2000円近くするからと悩んでいても、ギリギリになったら結局買ってしまうだろうと思われるので、「平成も終わるし、マークシートに変更になっているし」とポチってしまった。なんだ、最後の2ページに「マークシートについて」と説明されているだけで特に変わり [続きを読む]
  • 新しいつけペンで気分を変えてみようと思う
  • 毎月の課題はあきらめて、硬筆検定の勉強に集中しようと思っているのに、、、止められません。しかも毛筆課題って、、、。他にすること、したいことが沢山あるのに、、、あれもこれも仕上げてしまいたくなるのは、、、、書写検定の勉強から逃げているんでしょうか。仮名作品だし、、、関戸本だし、、、全く関係ないわけではないし、、、新しいつけペンで、来週から気分を変えようと思います。「保」や「龍」なんかを、楷書で書き間 [続きを読む]
  • 硬筆検定も昇段試験も。(9月)
  • 硬筆書写検定を受けることを目標にしたものの、毎月の課題をあきらめたものの、10月の昇段試験は捨てられません。師範までいくと、憧れの鈴木啓水先生にお会いできるかもしれない。そう思うと、やっぱり張り切ってしまいます。こうやって写真で見るとダメな部分がわかりますが、書いているときも提出するときも見えていません。審査される先生方には、ハッキリ見えるんでしょうね。9月号でもかなり時間を使いました。昇段試験とな [続きを読む]
  • アナログからデジタルへ。
  • プリンターやスキャナーがあると便利だろうなって思うことがたくさんあります。私は持っていないし買う予定もないので、毎度コンビニさんのコピー機にお世話になっています。スマホは動きが鈍くて、写真もうまく撮れないし、あまり好きではありませんでした。著作権のことが気になって、ブログに写真や作品を載せるのは気が引けます。練習の記録だからって気にしないようにしていたけれど、急に嫌になって更新することもなくなって [続きを読む]
  • 久しぶりのボールペン字(9月)
  • 硬筆書写検定を受けると決めて、やっとペン習字を続ける気持ちになりました。長く続けるって、どんなに好きでも、やっぱり大変です。ペン字歴20年とか聞くと、それだけで頭が下がります。1年以上練習をしていないから当然なのですが、元々、楷書は苦手なので競書の評価はダメダメです。次は、もう少し力強く大きめに書いてみます。この評価が上がらないと、硬筆検定第四問の横書きの自信がありません。《大きく力強く》が課題です [続きを読む]
  • 硬筆検定のお手本に悩む
  • 私は、佐藤友理先生の「ペン習字教室」からペン習字を始めたので、そこが基準です。でも、硬筆書写検定の参考書のような本は、たくさんあるんですよね。パイロット通信講座を始めるともらえるテキストは、硬筆書写検定受験が前提で作られているようで、コツがたくさん載っています。書写検定理論問題の参考書を書かれている江守賢治先生のお手本で、わかりやすく解説されています。狩田巻山先生の「合格のポイント」は定番ですし、 [続きを読む]
  • ペン習字の本にある手紙文
  • 私は、一番最初が佐藤友理先生のお手本だったので、佐藤先生系統(鷹見芝香先生系統)を学んでいます。その他にも、ペン習字の本を何冊か購入しました。古い本が多いかな。あまり気にも留めず、楷書や行書の練習をしていたのですけど、どの本にも必ず手紙文が載っています。それが、とっても時代の流れを感じさせてくれます。例えば、汽車だったり、写真だったり、贈り物だったり。今では考えられないほどの時間を感じられるところ [続きを読む]
  • 硬筆検定 第十問 《間違い探し》
  • 間違っている字体を訂正する問題なのですが、常用漢字を間違えそうです。こんな字を見たことあるような気がする。こう書いちゃダメなの?と、とまどっています。10問を流してみましたが、私の課題はやっぱり常用漢字を楷書で丁寧に書くっていう基本のようです。そして、準一級/一級は、もう少し経ってから考えることに決めました。《受験だよ》と繰り返し言い聞かせて、練習したいと思います。 [続きを読む]
  • 硬筆検定 第九問 《部首/平仮名/草書の読み方》
  • 部首を覚えるわけじゃないのが救いですね。「へんやつくりなどの名称」だから、《字》の部首が《子》だとかは特に必要ないってことです。平仮名は覚えるしかないわけですが、《あいうえお》なので問題ないはず。あとは草書です。理論問題の一番難しく感じる問題です。でも、二級までならマークシートみたいだし、選ぶだけなのかな。準一級/一級になると、問題も変わるから、今回は間に合いそうにありません。二級までの問題をつめ [続きを読む]
  • 硬筆検定 第八問 《旧字体と書写体》
  • 臨書を続けていたので、「こんな字もあるかも。こんな書き順もアリかも」と、思うようになっていました。読めるけど書き直せないワナにはまっています。マークシートに変わったから助かったかもしれません。助かってないかもしれません。受験してみないとわかりませんが、常用漢字が書けなくなっていたことが衝撃です。 [続きを読む]
  • 硬筆検定 第七問 《筆順》
  • パイロットペン習字通信講座のわかくさ通信に、問題例が載っていました。間違って覚えている字を発見したり、正解がいくつもある字に惑わされたりしています。今までいかに適当だったのかと、驚いている場合じゃありません。常用漢字を確認していると、「漢字検定ってどんなだろう?」って方向に興味がうつってしまいそうなので、ここも後回しです。 [続きを読む]
  • 硬筆検定 第六問 《掲示》
  • タイトル+6行って決まっているみたいです。だから練習すればクリアできるのかなって思いましたが、数字の苦手な私は、線引きで割り振りすることが苦手なのです。文字じゃなくて、そこで泣いてしまうのは違いますよね。なんとか前向きなまま受験できますように。コピックは、筆の扱いに慣れている人が使うとキレイだそうです。でも、油性マーカー指定なんだから、それで受けようと思います。筆の線質が必要なら、筆ペン指定にして [続きを読む]
  • 硬筆検定 第五問 《ハガキ》
  • ペン習字を始めるきっかけになった、「手紙文をすらすら書きたい」っていう思い。だけども、どうやら方向を間違っていたみたいでスッキリ書けません。まっすぐ書くことはできても、行頭行尾を揃えても、恥ずかしい感じです。宛名の方も、下書きしないと上手く収まりません。ほんとに下書きなしなのかなあ。練習する紙とかないのかなあ。自分で確かめて、勝手がわかってからじゃないと、焦ってうまくいかないから困ります。11月は模 [続きを読む]
  • 硬筆検定 第四問 《横書のコツ》
  • 楷書での横書きは、ゆっくり丁寧に行頭行尾をそろえると上手く収まります。英語と数字が行をまたぐ位置にこなければ。数字が問題です。どうせなら、アルファベットと数字は行頭にいていただきたいものです。カタカナやアルファベットは軽くスルーしていたみたいです。いまさらですが、「カ」はハネたっけ?「t」は曲げちゃダメだっけ?と、いちいちテキストの確認作業をしています。間に合いますように。間に合いますように。 [続きを読む]
  • 硬筆検定 第三問 《行書のコツ》
  • 今まで行書の課題ばかりこなしてきたから、、、と思っていたけれど昇段試験と受験は違うようです。《文節は二の次で、行頭・行尾をそろえる》この練習は後回しにして、次の問題にいこうと思います。第10問まで一通りやったとしても、10日かかるんですよね。ほんと、間に合うのかな。 [続きを読む]
  • 硬筆検定 第二問 《楷書のコツ》
  • 一番苦手な楷書の練習も、ずいぶん慣れたものです。競書で学んだことは、「行意があると確実に落とされる」ということ。ここでも、せっかちさんは遠回りをしないといけません。形より、はねるところはハネ、止めるところはトメるんです。そっち優先。たとえお手本がハネていても、まっすぐ、かくかく。まっすぐ、かくかく。 [続きを読む]
  • 硬筆検定 第一問 《速書きの練習》
  • 自分の書く速さを確認したので、次は合格ラインを目指しての練習です。ゆっくり丁寧に書く人が速度をあげるほうが近道だなあって思います。早くて雑な人が丁寧に書こうとする方が遠回りな気がします。パイロットペン習字のテキストにある「基本」に戻りました。「の」の字の練習をしています。間に合うのかな。 [続きを読む]
  • 硬筆検定 第一問 《速書きの速度の確認》
  • 日本書写技能検定協会の硬筆検定の、何級を受けようかな。と、過去の問題を確認しましたが、結局決められず。先に、第一問の速書きの練習をしてみたら、字粒が揃わないっていう基本的なところよりも、有り余る時間に笑ってしまいました。せっかちな性格のせいですか?困ったな。速度を落とすとバラバラした印象が際立つ感じ。まいったな。 [続きを読む]
  • 硬筆検定を受けようと思います。
  • やっと、硬筆検定を受ける気持ちになりました。パイロットペン習字を途中で終わってしまうほど、ペンから気持ちが離れてしまって1年ほど。「文字を上手に書きたい」から、「昇段したい」に変わっていくほどペン習字にはまると、その先は「硬筆検定」なのかなって思いました。なので、今度の11月にある検定試験に申し込むつもりです。 [続きを読む]
  • 競書のスクラップ
  • スクラップをしていたら、競書も整理したくなりました。何年分もたまってしまって、保管場所が大変なことになっています。何十冊も切り貼りしていると、わざわざ本を買わなくてもいいほどの、内容の濃い記事がたくさんありました。「いつか読むかも」「いつか見るかも」「いつか練習するかも」と残していたけど、本当に必要なときには本が増えすぎて見当たらなくなっていました。今では古本でも手に入らないようなお手本が載ってい [続きを読む]
  • わかくさ通信のこと
  • パイロットペン習字を始めてから、4年分の「わかくさ通信」がたまりました。続けることを目的にすると、上達することが難しいと感じたので、4年で終了です。なので、わかくさ通信の添削部分とチェックポイントをスクラップにしました。そしたら、B系統の添削は「初級」が多くて、「上級」はほとんどありませんでした。てっきり、一巡していると思っていました。見返していなかったから、気付かなかったみたいです。年の途中から [続きを読む]
  • 3月
  • まだ書き込む時間はないけれど、やっとペンを持つ気持ちが戻ってきてくれたみたいでよかったな。少し時間があいてしまって、つけペンだと線が揺らいでしまうので、デスクペンを使用しました。       [続きを読む]
  • 3月 雁塔聖教序
  • つけペンと用紙で書いてみました。碑法帖の臨書は、ペンだと迫力がありませんが、バランス感覚を学ぶには最適なのだと思います。「それなり」にも見えてくれません。雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうじょ)/褚遂良(ちょすいりょう) [続きを読む]
  • 2月 雁塔聖教序
  • 筆ペンと半紙で臨書しました。線の傾斜や太細なんかが、詳しく解説されたお手本が欲しいと思いました。蘭亭序はあるけど、雁塔聖教序もあるのかな。雁塔聖教序(がんとうしょうぎょうじょ)/褚遂良(ちょすいりょう) [続きを読む]