チロ さん プロフィール

  •  
チロさん: ホンジュラスから来たコッカースパニエル・クッキーと家族の記録
ハンドル名チロ さん
ブログタイトルホンジュラスから来たコッカースパニエル・クッキーと家族の記録
ブログURLhttp://amamoscookie.blogspot.com/
サイト紹介文クッキーと過ごした日々の出来事と、悲しくも幸せな別れとなった最後の10日間の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 12日(平均6.4回/週) - 参加 2018/09/11 19:15

チロ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 1歳のバースデーパーティー
  • 2003年1月27日はクッキー1歳の誕生日。ホンジュラスでは子供だけでなく、大人も誕生日を盛大に祝う習慣があります。学校の規則には「パーティーの招待状を学校で配る場合、クラス全員が招待されなくてはならない」という項目があったほど。年間約40人に招待されるわけで、パーティーはたいてい週末に開催されるので子供は毎週のように誰かのパーティーに行っていました。他に娯楽がないとも言えますが。。。そんな訳でクッキーのバ [続きを読む]
  • かぶり物の謎
  • クッキーは窓辺に居るのが大好き。カーテンをかき分け掃き出し窓のガラスに鼻を押し付けてよく外を眺めていました。何かの拍子にひょいと頭を上げるとよくこんなことになっていて。マザーテレサ? 一度や二度ではなく、気が付くとあ、またやってる、という具合に日常茶飯事でした。ツタンカーメン??被り加減がまた、深すぎも浅すぎもせず左右均等でいい感じ。まるでみんなに見てもらいたいかのように澄ましてじ〜っとしているク [続きを読む]
  • クッキーの恋?
  • 生涯独身を貫いたクッキーにもロマンスのお相手と思しき存在がありました。出会いは、近所をお散歩していた時の事。ある家の前で突然、リードが切れて困っているところどうしたの?と、声をかけられました。声の主は、丁度帰宅したその家の住人。ニコルというアメリカ人女性でした。リードがどうなったのかは忘れてしまったけどとにかく私はその場でニコルと意気投合し、犬を連れて家を行き来しあう仲になったのです。彼女の家には [続きを読む]
  • ホンジュラスの大地を自由に駆け回る
  • 私に犬との暮らし方を指南してくれたKちゃん。Kちゃん夫婦はホンジュラスに広大な山林を持っていて時折、敷地内の農場に私達を招待してくれました。キッチンのある母屋と寝泊まりする小屋がいくつかあり、夜は満天の星とランプの灯りで過ごします。私達は日本でアウトドアが好きだったので農場の週末は何よりの楽しみでした。Kちゃんの犬はヤンとチリ。ヤンは、犬種は忘れちゃったけど黒くてカッコイイ大型犬。チリはバセットハウ [続きを読む]
  • 甘えん坊
  • しゃがんで何か作業をしていると必ずすり寄ってくるクッキー。こっちの事情にお構いなく、例えば棚の整理をしていると私と棚の間に割り込んで作業している手の下に自分の頭をぐいぐい入れてきます。これは「撫でて撫でて」のサイン。クッキーは撫でてもらうのが大好きなのです。撫でて「もらう」のを一方的に待つのではなく、自分から撫で「させに行く」のです。思いっ切り「よしよし」するとその時は満足そうにしているけどしばら [続きを読む]
  • お洋服③【取材】
  • ホンジュラス社会は犬に対して寛容で、大抵の所には犬を連れて行けました。ある日曜日、農業見本市に行ったときのこと。洋服を着た犬の姿が目を引いたのでしょう、偶然居合わせた記者に声をかけられ、取材を受けました。掲載されたのは2003年2月13日。ホンジュラス主要紙の一つであるEl Tiempo紙のMascotamania (ペットマニアの意)というコーナーです。見出しは「お洒落な服着た可愛いわんこ」とでも訳しましょうか。この日のク [続きを読む]
  • お洋服②ハロウィン
  • ホンジュラスで息子が通っていた学校ではハロウィンの日、仮装して登校します。その日は授業がなく、中高生の校舎にトリック・オア・トリートしに行ったりお化け屋敷で遊んだりするのです。先生はもちろん、仮装して送迎する親も居ました。私とクッキーも仮装。息子は私の母が日本から送ってくれた手作りの忍者服を。クッキーは、私が作ったCobra(ホンジュラス国家警察特殊部隊)のユニフォームを着用。私のTシャツはクッキーのを [続きを読む]
  • お洋服①【きっかけ】
  • 始まりは、息子の小さくなったサッカー着でした。ふざけてシャツを着せてみたら、あら可愛い♪しっぽの穴を開けて、おズボンも履けばまるでサッカー選手。ホンジュラス・ナショナルチームのユニフォームだからホンジュラス犬のクッキーにピッタリ!でも、犬に服なんて着せても良いのだろうか。。。不自然な圧力がかかって肩こりとか、健康に悪くないのかな、、と心配になり、身近にいた元獣医さんに聞いてみました。「動物に洋服を [続きを読む]
  • 食いしん坊
  • クッキーはうちに来てすぐにお水をいっぱい飲みました。でも、ごはん(ドッグフード)は食べませんでした。今思えば、親兄弟と別れて寂しかったのでしょう。試行錯誤の後、フードの粒を手に取ると食べることがわかり、傍で誰か見ていれば食器から食べるようになりました。後々食いしん坊の本領発揮してからは逆に、家族が見ていない時を狙って食べる―つまり盗み食いをするようになります。ある夕方、息子と二人で夕飯を食べ始めた [続きを読む]
  • 初めての犬との暮らし
  • コッカースパニエルが9頭いる家で親兄弟と賑やかに暮らしていたクッキー。うちに来た初めての夜、息子の部屋で私も一緒に寝たのですが所在なさげに歩いては寂しそうにクンクン鳴いていました。手を伸ばして撫でると鳴き止み、しばらくするとまたクンクン。これを一晩中繰り返していましたが明け方には落ち着き、次の夜からはもう鳴きませんでした。息子は当時、小学校3年生。クッキーの登場に大喜びで仲間が出来たとばかりに可愛が [続きを読む]
  • クッキーが来た
  • 2002年。当時、ホンジュラスの我が家ではにわとりとアヒルを数羽飼っていました。ところが、街中の家だったのでご近所から苦情が出て手放すことに。そんな時、友達の家で子犬が産まれたと聞き、うちでも犬を飼ってみようということになりました。子供の頃、絶えず家に犬がいたという夫が特に積極的だった気がします。私は幼い頃、野良犬に後をついてこられたトラウマがあったし植物もすぐ枯らしてしまうのでちゃんとお世話出来るの [続きを読む]
  • 過去の記事 …