goike tomokana さん プロフィール

  •  
goike tomokanaさん: たわ言と暴言に満ちた僕の音楽遍歴
ハンドル名goike tomokana さん
ブログタイトルたわ言と暴言に満ちた僕の音楽遍歴
ブログURLhttps://kei802.hatenadiary.jp/
サイト紹介文音楽評論を装ったエッセイブログです。
自由文名もない、しがない、金もない僕の音楽遍歴にどんな需要があるのだろう。でも誰かに話したくて仕方がなくて書き出しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 3日(平均7.0回/週) - 参加 2018/09/11 20:56

goike tomokana さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • エル・クンバンチェロと若き日の才能
  • 幼稚園の頃の話である。お遊戯会で僕らは鍵盤ハーモニカで演奏をする事になっていた。すでに演奏曲は先生が決めており、その曲が収録されているCDを聴いてたのか、演奏曲を決めるためにCDを聴いていたのか忘れてしまったが(おそらく前者だと思う)、エル・クンバンチェロがCDから流れた。曲が流れた瞬間、これカッコいい!これやりたい!と口々に言ったが、先生が「楽譜ないから無理やで」という処刑宣告を放ちお蔵入りになりかけた [続きを読む]
  • 月に代わってお仕置きされても、この嗜好が変わることはない。
  • 過激な内容には「たわ言と暴言」というタグを付けることにしました。この記事はつまりそういうことです。前回は毎日9時間ハマショー漬けだなどと、過激な事を書いてはみたが、勿論、浜田省吾以外にも触れ合った音楽はある。日本の童謡集とか、アニメの主題歌とか。母親方の祖父母の家に遊びに行った時はもっぱら童謡集を聴くことが多かった。むしろ、童謡集ばかり聴いていた(こう書くと幼少期の僕は、音楽の聴き方が極端な気もし [続きを読む]
  • 原始の音楽 -私のお父さんは浜田省吾です。
  • 僕が生まれて初めて聴いた音楽…は言い過ぎかもしれないが、幼少期(大体小学校の高学年くらいまで)の僕にとって、世界は浜田省吾を中心に回っていた。もちろん、自ら選んで聴いていた訳ではなく、親の影響…もとい洗脳である。ちょうど僕が生まれた年、浜田省吾初のライブ "ビデオ" がリリースされた。元々、浜田省吾のファンだった母親はどハマりし、文字通り朝から晩までビデオを見ていた。らしい。そのライブビデオこそ、当ブ [続きを読む]
  • 過去の記事 …