明日があるさ さん プロフィール

  •  
明日があるささん: [初心者向け]アンチエイジングする脳と体
ハンドル名明日があるさ さん
ブログタイトル[初心者向け]アンチエイジングする脳と体
ブログURLhttps://kabutonchocho.com
サイト紹介文このサイトではいつでも脳と体のを見つめ直し、運動、メンタルを通して生きやすくしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 11日(平均12.7回/週) - 参加 2018/09/12 07:10

明日があるさ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分の子どもと他人の子ども-4
  • 上手な赤ちゃんの寝かしつけ方自分の過去のことばかり考えていると良いことばかりでもないですが、子どもが赤ちゃんだった頃を考えると悪い思い出がありません。女性と男性で感じ方が違うでしょうか?上手に寝かせることが出来た私は誇らしく感じていました。しかし、女性からすれば「当然」「もっと手伝うべき」「寝かせるとかいう言い方が嫌」でありますから、言葉の使い方には気をつけます。でも、睡眠のことを考えていたら、ふ [続きを読む]
  • ホメオスタシスー3 続き
  • 冷えと睡眠不足の解消 半袖短パンがだいぶ焼き付いています。ストレスランキング 目次 冷えは睡眠を妨害する深部体温自律神経女性食事枕と布団睡眠不足冷えの解消法お風呂の入り方食事内容と時間 冷えは睡眠を妨害する深部体温自律神経女性食事食生活・食育ランキング枕と布団睡眠不足以上、前のページの続きですので、目次だけ入れさせて頂きました。冷えの解消法普段から運動して筋肉をつけましょう、靴下 [続きを読む]
  • ホメオスタシス−3
  • 冷えと睡眠不足の解消今年異常なほど夜が暑苦しかったのがウソのように、最近エライ寒くて寝付けません。私、正真正銘の男で暑がりなのですが、数年前から足の冷えを感じるようになりました。全く気にしていなかったのですが、本当に体調を崩したこともあって2年前から恥ずかしながら冬場は冷え対策をしています。今年はもう、急に寒くて早めに温め始めてます。やはり冷えると体調崩すんですかね。とても寒い今日、半袖短パンで出 [続きを読む]
  • 睡眠の効果-1
  • 睡眠の役割食事、睡眠、運動はある程度は生活していく上で必要です。当たり前に毎日少しはやっているのであまり深くは考えません。ですが、もしも何かうまくいかない局面に出会ってしまった時は少し修正してあげた方が、自分の力を発揮できます。 目次 心身の疲労回復生体リズムの調整昼寝と睡眠の効果昼寝と仮眠 心身の疲労回復疲れた時はよく眠ります。ですから、これは一番わかりやい内容だとおもいます [続きを読む]
  • 反すう
  • 反すう:繰り返して考える反すうは、牛が食べモノを噛んで胃に送り、消化した後にもう一度口に戻して噛む動作を示す、ラテン語 だそうです。気持ち悪いですね。。。心理学的には、過去の出来事、そのとき発生した考え・気分、などを繰り返し蒸し返して考える活動を指します。まあ、、、良いものではないですよね。 目次 反すうは自分を苦しめます一番大切なのは「今」の自分です 反すうは自分を苦しめます [続きを読む]
  • 自分の子どもと他人の子ども−3
  • 目次 子どもが好きな食べ物子どもが好きな食べ物をあげる?子どもの「食育」と「希望」 子どもが好きな食べ物年齢が若い人ほど、好き嫌いが多いような、少ないような、どっちともつかないことが多いです。生まれてすぐの赤ちゃんは母乳かミルクしか飲みません。でも、哺乳瓶だと飲まない時もあります。生まれてしばらく母乳が出なかったときは、哺乳瓶のミルクに慣れてしまって、今度はおっぱいには吸い付かな [続きを読む]
  • 音読によって脳が活性化する。
  • 音読すると頭が良くなる?「声に出して」本を読む、音読によって脳の前頭前野の血流が増加すると、東北大学の川島先生が発見されました。多数の書籍も出されていますし、任天堂DS「脳トレ」でも有名になりました!この理論によると、考え事や、複雑な計算をしている時は脳は活性化していない、というのです。それよりも簡単な計算問題を素早く解く、本をスピード上げて音読することによって脳は活性化されます。 目次 [続きを読む]
  • 自分の子どもと他人の子ども-2
  • 自分の子どもと遊びに出かけると、色々な発見があります! 目次 子どもの成長「家の中」で過ごす子ども「家の外」で過ごす子ども 子どもの成長親戚や友達の子どもって、あっと言う間に大きく成長していますよね?しかし、自分の子どもはなかなか大きくならないものです。どうしてそう感じるかと言うと、毎日一緒に生活しているから変化に気付きにくいから、ですかね。もっと言うと、「こう育って欲しい」「 [続きを読む]
  • 自分の子どもと他人の子ども-1
  • 「私、子ども好きじゃない」という場合、大抵は他人の子どもについて話していると思います。嫌いな理由は「うるさい」「言うこと聞かない」「お世話できない」などでしょうか? 目次 自分の子ども育てる責任子どもへの愛情 自分の子ども自分の子どもは皆、かわいいです。それまで、子ども嫌いであった人も「自分の子どもは違う!」と言う人は多いですよね?でも、実際、どの位、好きなのでしょう。「せっ [続きを読む]
  • ホメオスタシスー2
  • 目次 自律神経とは?自律神経のコントロール 副交感神経の活性化  コーピング:副交感神経を活性化  自律神経とは?自律神経はホルモン同様、自分の意思ではコントロールできない機能です。例えば、心臓の脈の数、血圧を自分の意思で変えられますか?腸の動きを自分の意思で活発にすることが出来ますか?食欲を自分の意思で調節できますか?基本的にはできません。ただ本当は、訓練したり環境を整えることで [続きを読む]
  • 運動が脳機能を改善するー1
  • 脳のエクササイズには運動が効果的短い時間の運動で脳機能が向上します。これは、2009年に筑波大学と独立行政法人:農研機構の共同研究グループが発表しています。この研究によって10分間の軽いジョギング程度を行った直後に脳の「実行機能」が向上し、さらに画像検査では前頭前野の血流増加を証明しました。引用文献:Positive effect of acute mild exercise on executive function via arousal-related prefrontal activations: [続きを読む]
  • ホメオスタシス-1
  • 人は、恒常性=ホメオスタシスのおかげで、無事に生活できています。例えば、寒ければ体が温かくなり、体が弱っているときには頑張るような仕組みができています。今回はホルモンの面から見て見みます。より正確で詳細な模式図・解説などは、病院のホームページなどでも散見されますから、今回は主に今回の内容に関わる部分のみを切り取ってみました。 目次 ホルモンのフィードバック機構ずっと「無」ではいられない [続きを読む]
  • ストレスの種類
  • 精神的ストレスと身体的ストレスストレスは大きく2種類に分けることができます。疲労・痛み・不眠などの身体症状と、negativeな思考や気分によって生じる不安・焦り・イライラなどの精神症状の2つです。どちらもある程度は皆が抱えている「ストレス」ですが、うまく処理できずにストレスを受け止め続けていくことで体や心の病を引き起こされます。精神的ストレスと身体的ストレスの関係仕事はストレス溜まるなあメンタル弱いんじゃ [続きを読む]
  • 自分の役割
  • 新鮮さと慣れ新しい環境ではある程度の不安が生じるのは仕方がありません。むしろ、「慣れ」てしまうと、新しくて変更しにくい問題が発生しているかもしれません。「新鮮」な環境の方が、思考や気分によっては適切なストレス環境にあるとも言えます。 目次 自分の役割に順応する相手の考え 自分の役割に順応する新しい職場環境が新鮮に感じたのも束の間、1週間もすれば徐々に環境に慣れて行くものです。そ [続きを読む]
  • コーピングの準備
  • 目的普段から、自分のストレス要因、思考のくせ=自動思考、結果として起こるストレス反応をまず把握することから始まります。「把握する」ことが一番難しいですから、最初が一番大変です。まず最も大切なことは普段の生活リズムを「把握する」ことです。すぐに変えることができればいいですが、一時的な変更では効果も一時的です。今すぐ無理に変えなくていいので、まず「把握」してみましょう。 目次 生活リズム: [続きを読む]
  • ストレス反応の流れ
  • ストレスマネージメント回避を否定する内容を繰り返してきましたが、回避は一次的に必要な場合が当然あります。何故なら、ストレスを感じる出来事や刺激が起きた時には、心も体も「ストレス反応」を起こします。ストレスのない状況を作り出すことは出来ないのです。 目次 ライフイベントのストレスストレス反応の発生良い出来事も認知によってはnegativeな反応を起こすストレスコーピング ライフイベントの [続きを読む]
  • 心の強さ
  • 目次 自動思考の多様さ解決と回避の違い 自動思考の多様さ 結論から言ってしまえば「あいつは強い」「あいつには勝てない」「あいつは弱い」というのはその人の自動思考です。ただ、その人が思っているだけです。他の人は「あいつは無 […] [続きを読む]
  • 自分で考える。
  • 目次 C.無我夢中心の強さ C.無我夢中 あなたは起きてしまった事実を外に起き、今これからどうやって行動するかを考えていませんか?あなたの頭の中は「無我夢中」もしくは「必死」で充満しているはずです。今から対する相手と勝負 […] [続きを読む]
  • 過去の記事 …