KN さん プロフィール

  •  
KNさん: KN日記
ハンドル名KN さん
ブログタイトルKN日記
ブログURLhttps://kuzuneet.wordpress.com/
サイト紹介文40代のゲイ・クズニート日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 11日(平均15.3回/週) - 参加 2018/09/13 19:50

KN さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 怒り放出
  • 彼氏と些細なメッセージのやりとりで「怒」。バイロン・ケイティのワークをやっても、なんかしっくりこない。 こりゃ、怒るっきゃない! 怒怒怒怒怒。 でね、この怒りって相手にぶつけると、やりとりがめんどくさくなるから、ただただ、自分のフィールドで放出。 「コラーーーー!コンニャローーーー!」 タッピングの嵐ですよ。でも、自分怒りの出し方がよくわかってないのか、そこまでスッキリした感じもない。 で、その後、自分 [続きを読む]
  • バタバタと仕事が入る
  • 来週、旅行をするのだが、お金が必要になると仕事が入る。 お金を稼いでから→旅行 ではなく、 旅行の予約をする→お金が入る。 今回はでも彼氏のなかば強引な予約だったけどw。 カジノでお金稼ぐんだってさ〜。 [続きを読む]
  • 高速ラーニング
  • バイロン・ケイティのワークをすると関係性などの問題の解決がめちゃくちゃ早い。 「彼が〇〇をするのが問題」 →「自分が〇〇するのが問題」 最近ではすぐに「ターンアラウンド」をして、気づかされることが多い。 自分の会食恐怖症や広場恐怖症って結構理解されないことも多い恐怖症なんだけど、自分の相方の問題も自分にとっては若干理解ができないこともある。 彼の心配する問題に対して、「こうすればいいんじゃない?なんで [続きを読む]
  • ストレスを解消する
  • 最近よくするストレス解消は次の通り。 ヨガ タッピング 風呂 歩く 料理をする 瞑想 最近、トラウマの放出が酷すぎて(笑)、上のことを半強制的にやらざるを得ない、、、というか、やることが起きている。 睡眠から覚めた時に、上半身のゾワゾワ・疲れ感がブワーっと出ていることがあって、これってもしかして今まで観てこれなかったエネルギーなのかな?とも思うが、なるべく本来の自己を思いだすようにしている。 ルパート・スパ [続きを読む]
  • 再々度、電車
  • 海外に出たとき、ほぼ、パニック思考はなくなった。食事もほぼ大丈夫だし、人に会うのも平気。 日本に戻ってきて、空港のかっちりとした雰囲気「あ、日本に戻ったな」と感じた。海外の良い意味での自由さ、適当さが、日本だと少ない。 「海外で暮らした方が楽なのか」 と考えることも多かったが、飛行機が苦手になり、またお金も少ないので海外逃亡という手はなくなった(笑)。 日本でも海外でも、一長一短。それは分かっている。 [続きを読む]
  • そういえば会食恐怖症
  • そういえば、会食恐怖症も持っていたワタクシ。 広場恐怖、会食恐怖、嘔吐恐怖、色々恐怖症のオンパレードw 先日のトラウマ大噴出事件があってから、どうしたものかとネットで探してみたら、とあるサイトに行き着きました。 日本会食恐怖症克服支援協会 自身も会食恐怖症を持っていて克服したという方が立ち上げた協会みたいで、ブログなどを色々読ませていただいた。 その中で一番心に響いたのが、 「不安を許す」ということ。 そ [続きを読む]
  • 放出は続くよ、、、
  • 先日、タッピングをしたら広場恐怖症がドバッと出たw。 いや、まじ笑えんけど、最近、ヨガだったりもしてるせいか、体のエネルギーが流れやすくなってるかもしれない。 そのせいで、溜まっているエネルギーが噴出。 思えば、人とあまり関わらないようにして、なるべく広場恐怖症を出さないようにしていたから、ね。 今は少し人と一緒にいで、自分のフィールドにズカズカと入ってくる人に対してナーバスに感じてしょうがない。 意識 [続きを読む]
  • 鬼タッピング
  • EFTだか、タッピングだか、名称はよくわからないけど、タッピングをしてみた。 課題は「胃のあたりの気持ち悪さ」。 お風呂に入りながらやったのが悪かったのか、自分の溜まったエネルギーが強すぎたのか、もー何周やっても気持ち悪さが止まらない状態にw。wじゃねぇよ。 次から次へと走馬灯のように、かつて自分が広場恐怖になった場面が思い出されて、「何これ珍百景」。 小学校のときから始まって、最近の出来事まで。 普通であ [続きを読む]
  • 体の不快感をそのままにする
  • カウンセリングを昔にやっていたけど、結局のところ、クライエントさんと一緒にいて、 「体の不快感をそのままにする」 というシンプルでいて、かなりの裏技を繰り出さなければならないという脅迫的な思考がある。 エックハルトおじさんも、世に出る前に、カウンセリングみたいなことをしていて、クライエントのネガティブなエネルギーがしばらく自分に付いてきたみたいなことを言っていたw 彼の場合、超越してるからそれでも大丈 [続きを読む]
  • 一瞥体験ってあったのかしら
  • YouTubeの日本人系非二元を漁ると、「一瞥体験」というものがあるということがわかった。 「悟り」状態の体験版。お試し版?とでも言えばいいのか。 自分は某カウンセリング講座を受けて、エゴがズタズタになった時に「全てがあるがままで完璧状態」が二週間ほど続いたことがある。 後、エックハルトおじさんのトークを聞いていたときに、体が開いてフラフラ状態になり、まあ、先の「全てがあるがままで完璧状態」とは言わないまで [続きを読む]
  • 激烈核弾頭のオーラ・ソーマ
  • オーラ・ソーマのボトルをパートナーに勧めるのは、結局その癒しの余波が自分自身に戻ってくるっていう話。 自分とパートナーはごくごく最近知り合ったばかりだけれども、お互いに強烈な引力で惹かれ合い、強烈な勢いでお互い焦げ焦げになる。 半端ないってw 数回の衝突後、「核弾頭非拡散条約」を締結し、とりあえず無意味に爆発しあうのは辞めようと決めた。 そんななか、パートナーが「オーラ・ソーマのボトルを使ってみたい」 [続きを読む]
  • 溝口あゆかさんのブログ
  • 今日、つらつらと溝口あゆかさんのブログを読んでみた。 前からたまに読んでいたけど、今日はガッツリ目に読んでみた。 今日はスルスルと心に染み渡ってくる。 心が疲れている時に読むと、心にスペースが広がってくる。 だいぶ昔に、YouTubeで彼女が一人で非二元(ノンデュアリティー)について語っているのを見たとき、エックハルトのおじさんとかガンガジ姐さんを聞いている時と同じ、臨在が伝わる動画だった。 しばらく経って、じ [続きを読む]
  • バイロン・ケイティのワーク3
  • 最近、iPhoneのアプリまで買ってしまったバイロン・ケイティのワーク。 最初は他人との関係性の問題だけを扱うのかと思ったら、自分自身との関係性の問題もワークできるので、宿題好きにはたまらない(マゾ)。 とは言っても今日はパートナーとの状況。 「彼は彼自身を幸せにするために自分をこきつかわせる」 ・・・笑。なんちゅう、状況だとも思えるかもしれないけれども、要約するとこんな感じ。 それをターンアラウンド(ひっくり [続きを読む]
  • ゲイっぽいこともたまには書いてみる
  • そう、自分、ゲイ。 この日記でほぼ忘れられていた、自分のもう一つの相対的なアイデンティティ。 先日、YouTubeでバイロン・ケイティのワークを見ていたら、ゲイ男性が出ていてワークをしていた。 内容の詳細は忘れたけれど、確か、その人は「教会に行くと、自分が受け入れてもらえない」だかなんだか。 ワークを知っている人なら、なんとなくこの話の顛末がわかりそうだけど、「自分が自分を受け入れてない」というのがより真実 [続きを読む]
  • いいの、いいの、このままで
  • 先ほど書いた「自分の影の部分をそのままにする」というのが、つまりは、このままで完璧という思考に繋がった。 ノンデュアルのティーチャーがよくいうじゃん。このままで完璧って。 それをよく考えると、不完全さをそのままに、ということ。 クズニートをそのまんまに お金がないことをそのまんまに 恐怖症持ちをそのまんまに 機嫌が悪い時もあることをそのまんまに 逃げ出すことがあることもそのまんまに 頭痛、胃痛があることも [続きを読む]
  • 影の部分を日向に出して、個性にしてみる
  • なんかやりたいことないかなと模索中。 で、思ったのが、これまでは「自分の影の部分をみんなに知られたらどうしよう」という恐れからの選択だったけど、もしそれを逆転させて「自分の影の部分をそのままにして、そこを開示していったらどうなるか」という気持ちになった。 自分の影と思える部分 ゲイ 各種恐怖症持ち ゲイは治したりするものでもないけど、恐怖症は克服したい気持ちがあるようなないような。でもね、逆転の発想で [続きを読む]
  • バイロン・ケイティのワーク2
  • バイロン・ケイティのワークってそういえば、他人との関係性へのワークだけでなくて、自分自身へのワークにもなる。 自分自身へのワーク 広場恐怖症 嘔吐恐怖症 会食恐怖症 バイロン・ケイティの第6の質問「二度と体験したくないことは何ですか?」の置き換えは「私は〜してもいい」「私は〜することを楽しみにしている」。 自分自身の恐怖症を楽しみにするって・・・汗。 自分は恐怖症に対する今までのワークは 考えないようにす [続きを読む]
  • 自分はいない
  • 「自分はいない」 とはよく、Non-Dualな人が言うことだが、 ほんの一瞬だけ「自分はいない」ってこういう感じなのかと実感した。 思考が現れて、消えていく。 思考があるときには「自分」がいるのだけど、ないときには思考以外で「自分」を認識できない。 思考がなければ、身体、感情、周りの風景があるだけで、なんのストーリー、解説がない。 ・・・ま、この文章も思考を駆使しての文章だから、「自分はいない」というわけでもな [続きを読む]
  • バイロン・ケイティのワーク
  • とある人とのイザコザに対して、久しぶりにバイロン・ケイティのワークを使ってみた。 このワークは簡単に言えば、他人は自分の鏡。 他人に対して文句を言っている部分は、自分自身に対して気づいてない、愛が通ってない部分。 で、やってみると、薄々感じてはいたけれども、やはりその通りなわけで、自分が自分自身に気づいていないだけ。 これさ、やるのキツいけど、やってみると、相手との関係性が良くなるし、自分自身も風通し [続きを読む]
  • スタフィサグリア
  • レメディー・テーマ: 怒り、身体的又は感情的に切断されている感覚、裂け傷。 着眼点: 特に恋愛、夫婦、人間関係に関する感情の抑制。興奮しやすく、簡単に刺激を受ける抑圧された怒り。普通の感情のはけ口を持たないことから問題が発生する。外見は穏やかで臆病にさえ見えますが、内には動揺を秘めています。無力に感じ、それらの感情は虐待や侮辱から来ているのかも知れません。過敏症で恋人やパートナーの行動に簡単に影響さ [続きを読む]
  • 大きな浄化
  • 最近、大きな浄化が起きている気がする。 起きているというか、起こるのを許している感じか。 体を緩めれば緩めるほど、体の内側にあった凝縮したエネルギーに触れ、不快感が現れる。 「それをそのままにしなさい」 エックハルトの言葉がこだまして、そのままにしてあげるとふとしたことでエネルギーが抜けている。 そのエネルギーがなくなると風通しが良くなるのか、視界がクリア、思考がクリアになる。 いやいや、そのクリアな瞬 [続きを読む]
  • セラピストぶらない
  • マッサージやらカウンセリングやら色々と勉強してきたから、体やら心で困っている人がいると助けてあげたくなってしまう。 ・・・でも、助けられない。 無力。 自分の無力さを許して、そのまんまにしているだけで、その人は何とか自力(他力?)で這い上がってくる。 普通の仕事とかでも「自分がやらなくちゃ〜」じゃなくて、人任せ・手抜きをするほど、物事がウマく回っている。 自然の成り行きに任せる。信頼。 それこそ、クズを隠 [続きを読む]
  • あるがままで完璧
  • よく悟り系の人が言う「あるがままで完璧」。 完璧じゃない! 変えていきたい! もっと金くれ(笑)! ・・・これは思考の言葉。 でも、この思考の言葉も「あるがままで完璧」。 見ていけば、数分で消える。 昨日、ルパート・スパイラの実験的誘導瞑想(?)みたいなのを久しぶりに聞いて、「そうそう、背景としての自分は何も傷つかず、何もなくて、満たされているんだよな」という言語が現れた。 満たされていないのは「色」の世界。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …