samart さん プロフィール

  •  
samartさん: ログでそば小屋を建てた!
ハンドル名samart さん
ブログタイトルログでそば小屋を建てた!
ブログURLhttp://samart.livedoor.blog/
サイト紹介文定年後、そばを打つためにキットを購入しコツコツ建てました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 21日(平均5.3回/週) - 参加 2018/09/13 20:31

samart さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 今までの日程を整理してみた。
  • 2012年3月31日、首!いや退職。2011年の冬から家の建築が始まり、2012年7月末に引っ越した。まもなくカーポートを作って一息ついた。空いた土地に小屋を欲しかったが、どうするかは全く決まっていなかった。たまたま好きなログハウスの小屋の本を買ってきたが、その中にちょうどいいのがあった!すぐ電話。続きを読む [続きを読む]
  • ログハウスの材料
  • キットが届くとその材料のきれいさに驚く。白っぽくて木目もうるさくなく、防腐剤を塗るときに少しためらってしまうような感じだ。これはパインと呼ばれるアカマツだ。だからしばらくすると、松脂が出てくることがある。続きを読む [続きを読む]
  • ログ小屋を建てる際の注意点
  • 小屋といえども、ログで建てるとなるといろいろと注意しなければいけないことが見えてきた。まずセトリング。木自体が収縮するために、壁などが縮んできて窓やドアなどが開かなくなる。そのためあらかじめ縮むことを想定して、隙間を作っておかなければならない。続きを読む [続きを読む]
  • 重宝した工具など!
  • 私はもともと機械いじりが好きだったので、ある程度の工具はあった。が、今回のログ小屋を建てている途中で、やっぱりいくつかは工具を買い足した。なるべくある工具でと思ってやったが、やはり便利な工具はあったほうがいい。まず一番使った工具は、電気ドリルとのこぎり。今回のためにコードレスの電気ドリルを買おうかなと迷ったけど、やっぱりやめた。余裕のある人は買ったほうがいいかも。いちいち電工ドラムを引っ張り出して [続きを読む]
  • 今回のログハウス建築で困ったこと。
  • 家を建て、カーポートにソーラーをのせて作ってもらった。100坪の土地で家とカーポートを建てると、いくらも土地が残っていない。しかし、趣味の陶芸と手打ちそばをやるには、どうしても小屋が欲しい。20代のころから建築には興味があって、建築素材や間取りなどには気を配っていた。また昔からログハウスに憧れはあり、小屋ぐらいだったら自分でも出来るかなというささやかな自信があった。ミニログの本を見ていたら、ちょうど手 [続きを読む]
  • そば打ちの証拠写真!
  • そば小屋を建て始めてから、ほぼ毎年、年末にはここでそば打ちをしている。たまたまあった写真をアップする。2014年の年末、まだ水道も電気も通っておらず、入り口のドアもまだついていなかったので、ずいぶん寒い中でのそば打ちだった。これはイベント用に持ち運びできる組み立て式の延し台で、ずいぶん重宝した。続きを読む [続きを読む]
  • ここで大きな問題が起こった。
  • どうも部屋の中がかび臭いなと思って点検口を開いたら、床下が非常にかび臭い。そういえば、床下換気がまだだった。母屋と一緒で、2〜3か所隅に穴をあけて、トイレかどこかで外に逃がそうと思っていたのだが。こんなに早くカビが出るとは。とりあえず床下に潜ってみたら、隅に10?くらい低くなったピットを作っておいたが、そこが水浸しになっていて、その上の床下がカビけていた。続きを読む [続きを読む]
  • 次は床だ!
  • 床にニスを塗ろうとしたが、結構床が波打っている。板自体がたわんでいるのが多い。また板自体が汚い。安めのサンダーを買ってきて、端から端まで丁寧にかけたが、きれいに平らになるわけではなかった。続きを読む [続きを読む]
  • シンク周りがまだ終わってない!
  • シンクは配管工事が終わっているので、もう固定されているが、壁との間に水道の関係で隙間がある。シンクに寄り掛かったりすると配管に無理がかかるので、シンクと壁の間に間に木を入れ動かないようにした。また水道業者が、水栓を板を裏側から当てて固定してはいるが、ステンレスの板は上部で2か所ねじ止めされているだけなので、水栓そのものは、ぐらぐらしている状態であった。ステンレスの板の裏から、大きめのL金具で補強し [続きを読む]
  • あとはドア周りだけだ。
  • ドアは古い家から外してきたもので、取っ手やカギがあわないので付けなおすつもり。写真はトイレの内側から見たところだが、乙姫がいらないようにドア周りもきちんと防音しておいた。ドアノブとカギがついて、ついにトイレ、完成! [続きを読む]
  • トイレの壁に試行錯誤。
  • まずトイレの大きさを決めるときに使った板をそのまま使った。1×4材に、入口側の柱3本分の穴をあけて、寸法も図らずに置いたものだ。最初に窓に接する柱の位置を決めて、そこから1×4材の位置を確定し固定した。もう片方の窓は内開きであけられるように余裕をもって窓に接する柱の位置を決めた。柱は3本とも穴に刺しただけだ。床に穴を開けなくても、これで柱を固定できる。壁に隠れるところに木ねじを1本打ち込んではある [続きを読む]
  • トイレはやっぱりほしいよね!
  • ここでそばを打っても、あるいは飲み会をやっても、いちいち母屋に行ってられないよね。最初からトイレを付けるつもりだったが、壁などはどうしようかなと思っていた。冗談で「しばらくはカーテンでいいか」なんて言っていたが、まさかね。小さな小屋のトイレにあまりスペースは取れないし、床に木材を置いて大体の大きさを見た。大柄な人でもあまり窮屈にならない程度に、材木を固定した。続きを読む [続きを読む]
  • 床に取り掛かる!
  • 屋根ができ、ドアも完成すると、安心してこれから作業ができる。雨が降ろうが、中に大事なものをおいておこうが、まったく心配ない。いよいよ床に取り掛かる。まず、床を支える束のゆるみを直した。で、金属の束だけでは心もとないので、余った防腐処理をした材をあちこちに束として用いた。続きを読む [続きを読む]
  • さて、問題のドアだが。
  • キットに入ってきたドアと窓枠が問題だった。まずドアのノブがついてカギがかかるようになっているが、ノブも肝心なキーも無い。また、ドアに蝶つがい?が付いているが、受けの蝶つがいが無いのだ。さらにこの蝶つがいはフィンランド産らしく、ネットで調べたら数個単位では... [続きを読む]
  • 過去の記事 …