jonahson2 さん プロフィール

  •  
jonahson2さん: Heaven Tour for Eternal Life
ハンドル名jonahson2 さん
ブログタイトルHeaven Tour for Eternal Life
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/joshur2
サイト紹介文天国ツアー、こちらは天災から逃れるために創世記18章32節にある神の約束を信じ平和の10人衆を提唱
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 9日(平均12.4回/週) - 参加 2018/09/13 22:51

jonahson2 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ああ悲しいかな、戦争の悲惨を繰り返される人間人類は!!!
  • この記事すごいなと思いました。戦争の元原因に気づけないから希林さん夫婦も意見が食い違ったのだ。戦争は民主主義の破壊とか言われているが、元原因はそれだけではなく、大元の原因は人間そのものの破壊のためです。人間が持つ究極の間違い、無意味に生きるトラウマをリセットするためだと気づかなければならない。つまり、戦争は政治と宗教に対して持つ人間の間違ったトラウマをリセットするために起きると言うのです。この私の [続きを読む]
  • 人は政治と宗教の嘘に騙されていてはならない。
  • 人は政治と宗教の嘘に騙されてはならない。要するに人は幾ら偉い天才学者やえらい偉い宗教学者だと言っても人に騙されてはならないと言うことです。 神が「せよ」と言われるのは一つ「七日に一度はやすめよ」二つ、「おやこうこうせよ(「父母を敬え」を具体的に分かりやすく言えば)」の二つだけだ。よくばってあれもせよ、これもせよと人は騙されていてはならない。神が言われるのは、 「すべて労する者重荷を負う者は我に来たれ [続きを読む]
  • とにかく、安倍は倒せ!です。世界はこれ以上戦争を造られてはならない。
  • ・翁長さんはあれよあれよとあっという間に死去した・癌が発見されたと宣告されたRKはその後その病院にいかず7ヶ月後他の病院で検査を受けるも何もないと診断。普通あり得ない。・医者が患者を癌にしているのではないか?・翁長氏の急速な死もこの話に関係するのではないか?---これは有り得るなと思いましたよ。御用医師はみんながみんな怪しいからです。例えば避妊薬のピル、これは日本では値段が1錠15000円もかかると聞く。ア [続きを読む]
  • 「派遣法 誰のしわざで 生まれたか なぜかに気づけ 神の法律」
  • 前世はどうあれ次の世は神の子になって天に生まれ変わらなければなりませんよ。サタンは.ルカ伝福音書4章の記述によればこの世を任されてこの世を支配しています。サタンに従えば人は誤ったトラウマに縛られて何度もこの苦しみの世に生まれ変わさられて、使い捨ての人生を繰り返しさせられてしまいます。真実はです。ルカ伝福音書4章の記述は嘘だと言えないからです。其処は「我このすべてをゆだねられたれば・・・」と書いてあり [続きを読む]
  • 今の世の中は聞いて呆れる話が余りにも多すぎると言うのです。
  • 最近、コカコーラのコカ含有禁止は政治が嘘を突くためだと気づきました。大麻禁止やタバコを悪く言い倒す御用医師らの嘘も同じように思います。これらは国民を愚かにし身体を弱めてお金持ちが国民を自分らの支配下に置こうと言う企みだと気づきましたよ。タバコより車の排気ガスの方が遥かに危険です。国民は政治と宗教の嘘に騙されて使い捨て人生を普通にされてはならない。エイリアンも嘘、インドが栄えて中国がなくなると言うの [続きを読む]
  • 人は道具の一台使い捨ての人生観で生きてはならないと言うのです。
  • 聖書そのままの言葉で理解する。---理解するではなく、信じるのです。そうしましたら「もし信ずるならば神の栄光を見ん」とあるようにこちらに関係なくその苦しみは神に仕事が移る。其処はこうなっているのです。「神の業はその遣わし給ひし者を信ずる之なり」です。これは難しく考えてあれこれ振り回されてはならない。「ただ信ぜよ」です。だから、「汝らのうち誰が思ひ煩いて身の長(たけ)1尺を加え得んや」また、「汝らの頭 [続きを読む]
  • 科学的な理論だけでは人生を無意味にしてしまうから。まったく!
  • 凄い。そのセンスは最高!だって科学的な理論って言うのは人生が【傑作】「苦労して 苦労に苦労 重ねても 得られる結果 ハイ煙かな」でしょっ!人生を苦労して生きても得られるものは何もないのです。科学的な理論だけでは人生を無意味にしてしまうから。まったく!それで私が思ったのは輪廻転生は大学受験を何度も繰り返す浪人受験生思想のように思っています。でも、大学受験は一発合格が普通でしょっ!だから、仏教徒やヒン [続きを読む]
  • 過去の記事 …