うさぎさん さん プロフィール

  •  
うさぎさんさん: 学習性無力感の日々。
ハンドル名うさぎさん さん
ブログタイトル学習性無力感の日々。
ブログURLhttps://hedgehogs-dilemma.hatenablog.com/
サイト紹介文毎日死にたいと思いながら、無駄に日々を過ごしている引きこもりニートの呟きを纏めたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 12日(平均13.4回/週) - 参加 2018/09/14 06:44

うさぎさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 止まない希死念慮に打ちひしがれる毎日を過ごす
  •  最初に死ぬ目標を立てたのは覚えている限りでは小学生の時。 その頃の自分は小学校を卒業したら中学校に入る前に自殺しよう、と思いながら登校していた。 どうやって自殺するか具体的なことは考えていなかったと思う。とりあえず何らかの手段で死のうと思っていた。 勿論、実際に自殺という行動に移すことは無かった。臆病で死ぬ勇気の持てない自分は自殺の延期する理由を考えながら過ごすことしかできない。 結局今の今まで [続きを読む]
  • 折りたたみイスという最期の相棒
  •  入水自殺は諦めて首吊り路線だけに絞る。 入水は不確定要素が多すぎるのでやらない。 首吊りも首吊りで丁度いい木を見つけるという作業が必要なのが大変なのだけれど、車を持っていない自分は脚立を持っていくなんて選択肢は取れないので使える木は限られる。難しいところ。 小さい折りたたみイス程度ならバッグの中に入るので自分はそれを使うつもり。 ダイソー製の安物で買ったのが昔だから関節部が錆びついているがこの程 [続きを読む]
  • 首吊り練習 ロープの結び方についての独り言
  •  最初にもやい結びを習ったときは確か海難救助時に身体とロープを固定する為だった覚えがある。 腰にロープを通して、もやい結びでしっかり身体を固定させて流されないようにすることが目的。 それが今では死ぬ時の為に首にロープを巻いて、もやい結びで吊るための練習をしている。 ハングマンズノットともやい結び、首吊り時にはどっちの結び方が良いのだろう。自分は簡単で結び目が解けたり締まりすぎたりしないもやい結びの [続きを読む]
  • 引きこもりニートが抱える季節の変わり目の服装チョイス問題
  •  季節の変わり目はどんな服装をして外に出ればいいのか迷う。 気候に合わない服を着て、不審な目で見られるのではないかという無意識の被害妄想思考が苦しい。 外に出るのが怖い。他人の目が怖い。不審者情報などに乗せられて、メールを通じて自分が世間の晒し者にされてしまう被害妄想が頭の中を巡っていくのが苦しくてつらい。 他人が恐怖の対象でしかない。 苦しさを紛らわしたいので、ブロンと金パブを買いに行きたいけど [続きを読む]
  • 死後のことはあまり考えないようにしている。
  •  死後のことはあまり考えないようにしている。 考えたところで死んでいるのだから感じないから問題ないと自分に言い聞かす。 なにも考えたくない。想像したくない。 他人にどう思われようと、学生時代のクラスメイトに知られてしまおうと、別に死後だから何も問題はない。どうだって構わない。 自殺について調べていると、死後の見た目がどうのこうの書かれている項目があるのだけれど、それは自殺を遂行の阻害になるとでも思 [続きを読む]
  • 子供の頃からの認知の歪みで捻じ曲げった自分の人格
  •  多分保育園の頃からだと思うけど、何らかの物を作ったりした際に、個性的、だと か、味がある、のようなことを言われるのが大嫌いだった。 褒めるところが無くて無理矢理褒めようとして言葉を選んだだけのように思えた。 実際そうだったんだろうなと今でも思う。 他人に褒められる事に慣れていないから、褒められると常に否定的な捉え方をする。 自分のような人間が出来るのだから、この程度普通の人間なら簡単にできるだろ [続きを読む]
  • 感情の波があるのがつらい
  •  感情の波があるのがつらい。 あれ?もしかして別に自分は大丈夫なんじゃないか?と思ってしまうような調子のいい時に油断してしまうのがつらい。 大抵そういうときに何か新しい行動をしてしまうと、失敗して苦しんで死にたい気分にさせられるのを何度も学習してるのに変えられない。つらい。 毎日苦しみながら過ごしているのにまだ生きているのは、お前の苦しみなんかまだ全然大したことないからだよマヌケって言われてる気 [続きを読む]
  • 首を吊りたいと思いながらロープを握って遊ぶ。
  •  自殺したいと思いながらロープを握って遊ぶ。 今持ってる物は太さ10mm程度だけど もうちょっと太いロープが欲しいなと思っているところ。 どうせ死ぬなら新品の綺麗なロープがいいなとは思うけど、別にこだわるつもりもないから今のロープでもいいかなという気持ちもある。 相変わらずどっちつかずで優柔不断だけど気分が乗ったらそのうち新品を買ってみようかな程度に考えよう。 そういえば2chのスレでは12mmの物が良い [続きを読む]
  • 他人と代わりを持たないひきこもりニート特有の悪夢
  •  不快な夢を見せられても、よっぽど酷い内容でなければスルーできるスキルを身につけている。 夢の中に昔の知り合いが出るのつらい。 名前も思い出せず顔だけなんとなく覚えているかな程度の奴が出てきて、夢の中で嫌がらせしてくるのやめて欲しい。 お前誰だよって言いたいけど夢の中の自分は何故か受け入れてしまってる。  夢の中でも自分は他人を恐れている。 他人の目線が怖い。他人の言葉が怖い。毎度毎度、不快な気分 [続きを読む]
  • 自殺したいニートの自分と社会で生きる普通の人達
  •  ツイッターには自殺したいと思っている人が沢山いるのに、外に出てしまえば自殺なんかしたいとは思わない普通の人で溢れかえっているという事実が自分を苦しめる。 自分の居場所がネットのごく一部にしかない。 引きこもりのニートなのだから当たり前のことなのだけど。 自分が社会で生きていけるとは思えない。 自分が社会でまともに働けている姿を想像できない。 取り返しのつかない失敗をしてしまう姿しか思い浮かばない [続きを読む]
  • 夫婦喧嘩に晒されて育った子供の末路
  •  夫婦喧嘩を子供に見せるのは精神的虐待だという認識は全く世間に受け入れられていない。 精神的虐待は目に見えないから、それは本人の甘えと努力不足で切り捨てられる。 物理的な虐待ではないので親から愛情を持って育てられた人間という扱い。それが自分を苦しめる。 成人を過ぎてもまだ心の傷は治っていないのに。 テレビから流れてくる怒鳴り声や金切り声が嫌い。 特にドラマは最悪。音声が聴こえるだけでどうしようも [続きを読む]
  • 自己防衛の為に演技し続けた人生
  •  生まれてからずっと他人の前で演技してきたから、演技を辞めてブログで書いているような本音をぶつけることができてる姿を想像できない。 ずっと子供の頃から諦めている。 他人に自分が受け入れられるとは思えない。 小学生の頃からずっと死にたいと思い続けながら、未だに自殺に踏み切れないでいるどうしようもなく愚か者で臆病者の自分を理解してくれる人がいるとは思えない。 だからずっと演技し続けた。もう演技している [続きを読む]
  • 座間市の例の事件についての不謹慎な考え
  •  座間市の例の事件は正直腑に落ちない点がある。 被害者は全員本当は死ぬ気が無かったかのような報道がされてるけれど、殺して貰えて良かったと思いながら死んでいった人も中にはいるのではないか。 被害者家族の為にそういうことにしてあるだけなのではないか。ずっとそんな疑問が頭の中に残っている。 でも座間市の例の犯人は一人を除いて女性狙いだから駄目だな。ちゃんと男も狙って殺してくれる相手じゃないと自分を目標 [続きを読む]
  • 引きこもりニートの自分が好きな音楽 その1
  •  今回はいつもの暗いだけの記事ではなく好きな音楽について。 とは言え対して語れるほど音楽好きというわけでも無いのでそこはご了承を。 まず、自分が好きな曲というのは昔から一貫してジャンル関係無しに音の数が少ない、もしくは楽器の数が少ない曲という共通点がある。 簡単に言えばシンプルな曲が好き、ということ。 なので最近の賑やかでゴチャゴチャした曲というのはどうしても自分は苦手。 オフボーカルの曲でもシ [続きを読む]
  • 首を吊る場所
  •  首を吊る場所ってやっぱ樹海が一番なのだろうか。 近くて人目につかない山なら少し遠出すれば沢山あるけど。 でも、近辺の山は杉や檜の針葉樹ばっかりで首吊りに適さない木だらけなのが辛い。 丁度いい高さと太さを求めるならやはり広葉樹が並ぶ自然の森でなくては。  やはりその点では樹海が適している。でも遠いな。 [続きを読む]
  • 医師の診断を拒否した小学生の自分
  •  小学生の頃、自分は県庁所在地に建つ大学病院に連れて行かれたことがある。 親は自分に説明などしなかったが、それはおそらく発達障害の診断だったのだろう。 連れてこられて医師と向き合った自分は固く口を閉ざして何も喋ろうとしなかった。 何故、意地でも喋らなかったのか。 一つ目の理由は医師から投げかけられた質問を正直に答えたら親にそれが伝えられると思い、それが怖くて嫌だったから。 今も昔も自分は親に内面 [続きを読む]
  • 希死念慮と共に過ごす引きこもりニート生活
  •  希死念慮と共に過ごす引きこもりニートの生活について。 これは完全に自分の偏見なのだけれど、ネット上で見かける引きこもりやニートを自称している人達は、なんとなく明るく振る舞っている人が多く見受けられる気がする。 勿論、当然ながらネット上では明るくしているが実際は苦しんでいるのかもしれないし、自分はそれを知る余地もないのだけれど。 そういった物を見ていると自分はなんなのだろうかと思ってしまう。  自 [続きを読む]
  • 何かを選択するというのが苦手
  •  何かを選択するというのがとても苦手。 選ぼうとするとどちらも選べずに時間だけが過ぎていくから、とりあえずこっちのほうが良いだろう。ということを予め決めておいてある。 だから考えずに予め決めたほうを選択して逃げている。 深夜にお腹が空いた時、自分は食べるか我慢するか選択することができない。 自分はどのくらいお腹が空いているのか、何を食べたいのか、どのくらい食べたいのか、そんなことを考えていると何 [続きを読む]
  • 何もしたいことが無い
  •  何もしたいことが無い。 履歴書の志望動機欄を書くことができない。 自殺するまでの繋ぎとして御社で働きたいです。とか、そういう直球な本音を書いてやりたいと思う。思うだけ。 小さい頃からずっと、将来の夢や目標が無くて、一年生か二年生の頃に宿題として提出させられた作文に苦労した覚えがある。 今も他人に言えるような将来の夢も目標も無い。 やりたいこともなければ、欲しいものも、したいこともない。 [続きを読む]
  • 可愛い生き物になって性別関係なく優しくされたい
  •  可愛い生き物になって性別関係なく優しくされたい。愛が欲しい。 人間である限り、性欲の絡まない愛など家族以外はありえないと思っているので可愛い動物になりたい。 自分は可愛くないから可愛い動物になりたい。 人間を辞めたい。自分の存在価値がない。 誰かに孤独を埋めて欲しいとは思うけど自分が誰かに愛してもらえるとは到底思えない。 童貞の気持ち悪い妄想だと切り捨てられて傷付く事になるのが目に見えている。 [続きを読む]
  • 親も世間も社会も皆嫌い
  •  社会は自分に早く死ねと問いかけてくる。 今の社会には正しくない人間の居場所はない。 こういうことを書くと日本だけの問題だと思っている人がたまにちらほら居るのだけれど、隣の芝は青いとしか思えない。 どの国に行こうと自分は迫害されるしか想像できない。無能には居場所などない。 遠回しに自殺を進まられているのを気付いてないフリをして、騙し騙し希死念慮に溺れながら自分と周りを誤魔化し続けて、自殺するまで [続きを読む]
  • 大人は誰も理解してなんかくれない
  •  大人は誰も理解してなんかくれない。 それが子供の頃に出会った大人達の独り善がりで、恩着せがましい行為を受けた自分の感想。 誰からも理解されず、理解してほしいと思える他人もおらず、苦しんでいる他人を理解しようとしない大嫌いな大人に、子供の頃そのままの自分が身体だけ成長して、自分も大人になってしまった。 もう、誰かに助けてほしい子供のままでいられる年齢でも、肉体でもない。 精神だけは子供のまま成長 [続きを読む]
  • 過去の記事 …