化け猫のひとりごと さん プロフィール

  •  
化け猫のひとりごとさん: 化け猫のひとりごと
ハンドル名化け猫のひとりごと さん
ブログタイトル化け猫のひとりごと
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nyan-rabi
サイト紹介文写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 12日(平均27.4回/週) - 参加 2018/09/14 15:19

化け猫のひとりごと さんのブログ記事

  • お月様見えた!
  • ばーちゃんがまた急にだっこでベランダへ。にゃんには手すりにのぼっても見えない位置にまんまるお月様。ばーちゃん高い高いしてくれて、にゃんにお空を見ろっていうんだけど、今までまーるくなって寝ていたにゃんはくにゃくにゃ猫で、眠くってお空なんて見たくないよにゃ。「せっかくだから見てごらん。まんまるお月様でしょ?ほら、きれい。」にゃんにはなんで?なんで見なくちゃいけないの?なんだけど、ばーちゃんは、「雲が切 [続きを読む]
  • お月見
  • 今日は十五夜。満月で中秋の名月。朝からテレビで、「残念だけど見えないでしょうね・・・」にゃんは夜はお外に出ないけど、抱っこしてもらってお空を見させてもらった。半分ぐらい青空がある!。たかーい空をちかちかとちびっちゃい光が飛んで行って雲の中へ。「これならみえるかもね。」にゃんもきょろきょろ見てみたけれど、お月様はいなかった。何時ごろなら見えるのかな? [続きを読む]
  • ごみ捨ての話・続き
  • 今日はにゃんこに代わってばーちゃんの話^^お隣の住人のなまごみ捨ては、マンションの玄関口階段の下にある頑丈な鉄扉に守られて、烏にやられないようになっているそのゴミ捨て場は管理会社にきめられた時間にだけ収容し、朝9時に仮管理人のアルバイトのおばさんが扉を開けてゴミやさんに出している。大きな倉庫からほんのちょびっと><だけど実態はひどいもの。一般の住人のごみ捨て場は別にある。その場所を使う地元住人たち [続きを読む]
  • ごみ捨ての話。
  • どこの地区でもそうなんだろうし、勝手にゴミを捨てちゃダメなんて、にゃんだって知っている。小さーいとき、ティッシュ箱の中からいくら引っ張り出してもまだまだ出てくるのが面白くて、せっせせっせと引っ張り出してお部屋中ティッシュだらけにしてめちゃくちゃ怒られたとき。にゃんは生まれて初めてばーちゃんに、お耳を立てるすきがないくらい、ぺんぺんぺんぺん・・・・・「こういうおイタはしちゃいけないの!わかった?!」 [続きを読む]
  • 最近救急車が通らないんじゃない?
  • 去年暮れぐらいからこの夏まで、毎日数回ピーポーピーポー頻繁に救急車が走っていたにゃ。暮れに同じブロックのお友達のおじいちゃんが続けてお二人亡くなって、おそーしきのお手伝いにいってた。年が明けたらうちのじいちゃんも・・・。そして夏にお隣の猫大好きな、ずううーーーっと昔ここのおうちに来たばかりの時だっこしてご挨拶に行った、猫ネットワークの代表さんだったおばーちゃんも亡くなった。お隣のお隣は、おじいちゃ [続きを読む]
  • しあわせだにゃー
  • ばーちゃん帰ってきたし、おねーさんもおかーさんも、ばーちゃんの部屋に集まってお洗濯たたみ。みんなにゃんの傍にいる^^。その合間におねーさんが歯ブラシで頭をなでなで。昔のにゃんこかーさんになめなめして貰っていた感触。ねえ、もっとなでてーー [続きを読む]
  • 今日もお留守番><
  • 今日は薄く雲が広がって、暑くもなく寒くもない絶好のお出かけ日和。でも、やっぱりにゃんはお留守番・・・当たり前か・・・最近黄色も年を取ってきたみたいだし、目も悪くなってきたみたいで、あんまり遭遇しにゃい。あの子のテリトリーのおかーさんやおねーさんたちのお部屋のベッドでねんねしているみたい。にゃんのいる場所にはあまり来なくなったのはいいけれど、けんか相手がいないとなんか寂しい、のかにゃ^^ばーちゃんも [続きを読む]
  • 今日は寒くにゃい
  • 雨が上がって青空が出て、ばーちゃんお出かけ。にゃんは欲張りだからまあるい椅子もばーちゃんの座る事務椅子も、両方だーい好き。オニのいぬまにまあるい椅子からお引越しにゃ。お疲れ様です窓の外が見えて風が気持ちよくって、のびのーび。ばーちゃん帰る前に、あっちとこっちと行ったり来たり。きょうはたのし−い^^ [続きを読む]
  • お散歩ばーちゃんヽ(`Д´)ノプンプン
  • 座っているのが大好きなばーちゃんは、たまに思いついたようにお散歩に行く。「杖を突いて日傘をさすと、お荷物持てないからお買い物できない」そういって、夕日が落ちるころお出かけしてるこーもりばーちゃんにゃ^^そのばーちゃんが涼しくなってきたので傘なしで出かけたけど、すぐにプンプンしながら帰ってきた。車がすれ違うのがやっとの道路で、若い二人乗り自転車がよろめいていたので「二人乗りは危ないわよ。車の通りが激 [続きを読む]
  • 地震雲
  • 久しぶりに雨が上がってさわやかな青空。でもにゃんの大好きなベランダはまだびしょびしょだにゃ。網戸越しにお空を眺めていたばーちゃんが「最近地震雲みたいの多いわね。本物かどうか紛らわしいけど・・・」ばーちゃんはよく地震雲を見る。その日じゃなくても、おうちの近くでなくても一週間ぐらいのうちに大きな地震が起こる。そのくらい最近はよく地震が起こるってこと?やだな。にゃん地震怖くて大っ嫌い。そろそろお水やにゃ [続きを読む]
  • 宿命
  • 子供のころの交通事故で両骨盤骨折なんてやっちゃったもんだから、にゃんは上手にうんちできない。いろんなお薬飲まされたけどどれもあまり効かないで、最後にばーちゃんの薬を飲まされた。それでも出ないでお医者さんに行くと、大人の薬なんて論外!と怒られたうえに、とっても痛くて辛くて嫌な処置が待っている。にゃんも嫌だけど、ばーちゃんだって「懐が痛くて辛くて嫌」だって><寒くて丸まってばかりいるので食欲もわかない [続きを読む]
  • とばっちり
  • ばーちゃんは今日、お友達とモア美術館に行くってワクワクしてたのに、雨がひどいのでと断りのお電話。がっかりして、いつものゲームを開けたら、対戦相手がだーれもいなかったんだって。すっかりご機嫌が悪くなって、じゃあチクチクお裁縫…となったら、ばーちゃんの腰掛ににゃんが丸くなっていた。虫の居所がめっちゃ悪かったばーちゃん、無言でにゃんの首根っこ捕まえてポイっちょ!椅子に座ってチクチク始めたばーちゃんずーー [続きを読む]
  • 寒いにゃ
  • お彼岸に入ったら涼しいを通り越してにゃんは寒くてしょうがない。ついばーちゃんの膝に上ってしまう。「なんでしょうねにゃんは。まだ24度はあるから、べたべたしないでくれる?お仕事済んだらスカーフ出してあげるから」折角昇ったのにポいっちょされちゃった><ばーちゃんが事務椅子に座っているうちは仕方ない。小さな座椅子に座っておててもしまって丸くなってるにゃ。早くお仕事終わらせて抱っこしてーーー!! [続きを読む]
  • 写真が送れた!
  • おかーさんのスマホに取り込んでもらって、やっと写真が手に入った。にゃんこ写真と陣羽織^^せっかちで待てないばーちゃんが、機械に過重労働させちゃったみたい。時間がたてば直るのかなあ。しょんぼりしてるにゃ>< [続きを読む]
  • つまづき・・・
  • ばーちゃんなぜか朝から写真が送れず落ち込んじゃって次に進めないみたいにゃ><おかーさんに言わせると、あんまりごちゃごちゃやったから、パソコンがこまっっちゃったらしい。こりゃとーぶん次はないね><;にゃにゃにゃにゃ [続きを読む]
  • 陣羽織
  • やっと涼しくなってきたので、ばーちゃんがまたチクチクお裁縫を始めた。おトイレに立った時などに、広げた絹の反物の上に座りこみ、肉球に触れるやわらかで気持ちいい肌触りを感じてうっとりしてると「マター!。着物の上にのっちゃダメって言ってるでしょ。!どいてチョーダイ!。」と邪険に押しのけられる。そんな時には仕方ないので使い終わったアイロン台の上に移る。ホカホカ暖かいぬくもりが、何とも言えない至福の時。今作 [続きを読む]
  • 先輩のにゃんこの話。②
  • 二匹のうちの古いほうのにゃんこは、建て替えの間与えられたおそとの犬小屋ならぬ猫小屋を無視して、ご近所のあちこちでいろんな名前をもらって数件の飼い猫もどきになり何不自由なく暮らしていたらしい。まだ1歳になったばかりの小にゃんこは3段のカラーボックスを横にしてバスタオルをたたんで小さな毛布を置き、上に庇になるようベニヤ板を置いただけの仮の猫小屋でおとなしくお留守番をしていた。家族が引っ越しした先が、まっ [続きを読む]
  • 先輩のにゃんこの話①
  • うちの家族はみんな猫好きで、いつもいつも猫はいたみたいにゃ。にゃん以外はみんな男の子で、にゃんが事故起こすまでみんな出入り自由の内外猫だった。古いうちを立て直すときには2匹の白黒にゃんがいた。年上の子は片目のしっぽ長。硬めの毛がぴっちりした4足の白靴下猫。若い子は緑の目のふわふわ長毛白黒猫。靴下もハイソックス。賢くてとても愛らしい子だったみたい。ばーちゃんは勝手にイギリス猫キムリックだと思っていたっ [続きを読む]
  • にゃんこナマズ
  • にゃは地震が大っ嫌い。数年前の東日本大地震の時。ばーちゃんが午後の国会中継を見ていた時だったにゃ。言い知れぬ不安で背筋じがぞーーっとして、急いで、パソコンに向かっていたばーちゃんのお膝によじ登り、爪を立てて胸にしがみついた。「痛いよにゃん、どうしたの?」夢中でしがみつくにゃんの異常さに、ばーちゃんがびっくりしたその時、もう一度背筋が凍るような”ピコーンピコーンピコーン”という警告音。テレビに赤い文 [続きを読む]
  • にゃんこオリンピック
  • にゃんは垂直とびがすごい。大好きなふわふわ羽根のおもちゃを天井からぶら下げ、どのくらい飛べるだろうと試されたことがあったけど、うちの天井は2m40くらいか。にゃんは若かったときには1m80以上届いた(と思う)でも、この間テレビを見ていた時、天井にタッチするつわものがいた!このまえの20m以上の綱渡りのらちゃんも、2階ベランダまで瞬間垂直のぼりするにゃんこも近所にいる。そういうにゃんこを集めてオリンピックした [続きを読む]
  • 黄色ちゃんのこと
  • にゃんは黄色いやつが大っ嫌い。ほんとはにゃんが、ばーちゃんがおねーさんに買ってあげた猫だったのに、おねーさんは小さい時、塾の帰りに黄色を拾ってきたちゃった。それからは、にゃんもおねーさん(おばさん?)猫になっていたし、確かに黄色はすごくかわいかった。そのせいでおねーさんはにゃんのこと忘れて黄色のおねーさんになっちゃって、にゃんはいつのまにかばーちゃんのねこになっちゃたのにゃ。それだけだったらこんな [続きを読む]
  • 数え歌
  • 猫だって数を数えられるにゃ。にゃんだって数えられる。失敗談だけど・・・にゃんが子供の時、時計がぼんぼんなるのに興味を持って、あ、ばーちゃんは6っなると起きるんだ、ってはっけんしたにゃそれから、朝は時計の音が6っつなるのが楽しみでばーちゃんの頭の傍で待っていて、なっても起きないと最初はそーっとおててでちょんちょん。待っても起きないと髪の毛ガジガジ。其れでも起きないと、おなかに乗ってニャーニャー泣く。そ [続きを読む]
  • にゃんとセミ
  • もう季節は終わっちゃったけど、にゃんはセミがだーい好き。食べるんじゃにゃいよ。かじらないで一緒に遊ぶだけ。網戸に止まってみんみんなくセミを見つけると、わくわくしてもう歯止めがきかにゃい。「飛びついちゃだめよ、すぐ逃げちゃうから」そういわれても・・・ばーちゃんのことばがオワタころには、み!という声を残して飛び去ってしまう。お洗濯干しの時、ばーちゃんがまだ生きているけど落ちていたセミを拾ってにゃんに見 [続きを読む]
  • にゃんの一人運動会
  • あんまり食べたがらないにゃんに、ばーちゃんはチャオチュールにお薬混ぜて作ってくれた。(お薬なしならサイコーにおいしいのににゃ)ぎゅーのイタリアンよりずっとましなのでありがたくいただくにゃ。食べ終わってほどなく、からの餌の器を見たおかーさんが、昨日のシチュウの中の柔らか牛をよく洗って細かくほぐし、お薬混ぜてだしてくれた。今。おなかはいいのに・・・お薬おおすぎにゃい?でも、おかーさんがおてての上にのせ [続きを読む]