おかん さん プロフィール

  •  
おかんさん: 44歳シングルで産み育てます!
ハンドル名おかん さん
ブログタイトル44歳シングルで産み育てます!
ブログURLhttp://hatsuho616.hatenablog.com/
サイト紹介文自分の人生を考えたときに子供を産み育てるという選択をしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 10日(平均12.6回/週) - 参加 2018/09/14 15:32

おかん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • BよりのA
  • 電車に乗る人はどんなベビーカーを使っているのか観察していました。絶対条件は・軽い・コンパクト・操作が簡単・生まれてすぐから使える・長く使える・公共交通機関でも気軽に使える・値段が高くない電車や街で気になるベビーカーを見かけると声をかけ情報を聞きまくりました。そして産院でベビーカーで1カ月検診にいらしていた方にもお声をかけたところ同じ意見で「BよりのAっていうのが欲しかったんです。」と。つまり [続きを読む]
  • 妊婦バッジ(2)
  • 確かに妊婦の中にはえええ???って方もいます。これは2月の寒空に電車で見かけた妊婦さんです。バックにお守り、妊婦バッジです。最高気温6℃最低気温1℃の18:58に腹立たしくて隠し撮り(犯罪?)しました。ミニスカートにパンスト、しかもショートブーツ。。。安産お守りを持つ前に、せめてタイツ履こ!こんな人がいるから妊婦のドヤ顔!不妊の方に失礼!妊婦が電車なんかのんなよ‼タクレばいい!というネットの書き込み [続きを読む]
  • 妊婦バッジ(1)
  • これについてはいろいろな意見があります。例えば 妊婦さんでも「妊娠してるんだからって何?自分と子は自分で守れ。」とか「アピールしているようで恥ずかしい。」というバッジ反対派もいます。反対派ではありませんがバッチを付けていると狙われて危険な目に遭う。「電車の中でお腹を蹴られた。」「故意にお腹を押された。」「ひけらかしと思われ、不安な気持ちになる。」というのもあります。首都圏にお住いの妊婦さんが検 [続きを読む]
  • 電車の中で(2)
  • とうとう爆発した。お腹は8カ月に入っていた。木曜か金曜の18-19時くらいの山手線。車内は人が触れ合わない程度に混んでいた。わたしは優先席に座れ、両脇は50代くらいの男性で右の人はスマホをいじっていて、左の人は何か読んでたように思う。わたしたちの右斜め前に右足が膝から下がない男性が松葉杖で立っている、壁にも寄り掛かれない。わたしが席を譲ろうと思ったが、わたしだと100%断られる。両脇の二人は何度が前を見 [続きを読む]
  • 電車の中で(1)
  • もう10年くらい前の話ですが朝の山手線で妊婦バッチを付けた方が気分悪そうに隣で立っているのですが誰も気が付いていないよう。前の長座席は全員男性。わざと全体に聞こえるように「大丈夫ですか。」と言ってみたがご本人が青い顔をして頭を下げるだけで誰も反応なし。次の駅で何人か降りてご本人の3人向こうの女性がお声をかけてくださり妊婦さんは座れた。この経験がいまだ尾を引いているからか電車で優しくしない人にずっと [続きを読む]
  • ソーシャルワーカーさん
  • シングルマタニティとわかった時点で産院がソーシャルワーカーさんを準備してくれました。通常の検診が終わり「この後ソーシャルワーカーのところへ行ってください。」といきなり言われました。聞いたことがあるワードソーシャルワーカーでも何をしている人かわからない。名称から推測して、たぶん手伝ってくれる人なんだろうというのが当時の知識でした。行くとベテラン感が出ている少しご年配の女性でした。わたしの住所から [続きを読む]
  • 区の母親学級
  • 妊婦にとって情報は命である。当時のわたしは特に情報を集めることに躍起になっていた。なので、出産クラスやママ学級は100%出たい。ただ区の母親学級に出たいと思ってもたいてい平日の15時とかである。そうなると、働いている人には難しい。そのときは産休に入っていたので区でしている母親学級に出ようと思い見ると、わたしの区の保健所は3箇所。近く保健所のは先月までで次は出産後である。行きたい月のは1箇所でしか [続きを読む]
  • 妊娠中の足の手入れ
  • もうびっくりするとしか言いようがないくらいむくんでいきます。そして夏ですからしっかり洗っていても指の間がときどき気持ち悪いです。なので、贅沢しました!足のお手入れサロンです。まずは当然ようにフットバスでリラックス☆泡のままのマッサージ♪角質もしっかり削ってくれます。爪もピカピカ?そしてオイルで仕上げ5,000円くらいしましたから安いモノではありませんが、子どもができたらできなくなること今 [続きを読む]
  • 安産祈願
  • 安産祈願は5カ月に入った最初の戌の日がいいと言われていますがそんなのに合わせていられないので5カ月に入ったすぐの日曜日に行きました。日曜ということで人はがいっぱい!ご夫婦で来られている方やご両親連れの方もいらっしゃいました。一般の方は入れない控室に行きました。控室にはおむつ替えなどもあり経産婦さんでも安心です!少し待って順に神殿に入り妊婦は前で腰掛に座り付き添いは後ろで立って御祈祷です。神 [続きを読む]
  • 妊娠中の便秘
  • 妊娠中はこれです。マグネシウムが水分を吸収して便を出しやすくしてくれます。わたしは人生最初の記憶が便秘の座薬を親に入れてもらっているところで中学の時「毎日便が出る。」と言いている子を病気かと思っていたくらい頑固な便秘症で2週間出ないこともよくあるくらいでした。そんなわたしがセンナに出会いそこそこの快便生活を送っていましたがセンナは授乳もアウト!ネットを見ると「便秘薬は医者によっては市販のでも [続きを読む]
  • 人は埃じゃ死なないから
  • 産後1年未満の死因1位は自殺です。とテレビから流れてきました。原因はいろいろあると思います。ストレス、プレッシャー、自己嫌悪・・・ホルモンバランスの変化って言われたらご本人自身どうすることもできないとも思います。わたしも掃除が行き届いていないのが今でもストレスですがたまにいろいろなお母さんから「人は埃じゃ死なないから。」という魔法のコトバをかけてもらって何度も救われています。見てください。わ [続きを読む]
  • 食べすぎちゃうん?
  • お腹もだんだん目立ってきて聞かれるようになってきた。基本的には目立たぬようゆったりしたものを着るようにはしていた。これは学校行事のBBQのときですがこのときも担任をしていないクラスの女子たちから聞かれた。のに!のにです!!このBBQの数週後担任しているクラスで「わたしはもう担任はできないから。」と話すと全員が「なんで?」と。クラスの全員が妊娠には気が付いておらず、話すとみんな目がテン。わお!人がギリ [続きを読む]
  • つわり
  • 妊娠糖尿から少し話は戻りますがつわりはゼロです。ラッキーか体質かわからないんですかなかったんです。妊娠7〜10週は無印の人間がダメになるソファからほぼ動かずテレビ三昧でした。だから気が付かなかったのか?とも思うんですが気分が悪いのに気が付かない人って相当鈍感。確かにわたは頭がおかしいですがそこまで。。。しっかり食べていましたし。1度気分が悪くなりとうとう来たか!と覚悟を決めたのですがファミマの [続きを読む]
  • 分食のすすめ
  • 血糖値を上げないためには分食!わたしの産院では妊娠糖尿の専門医師のほかに栄養士の指導もあります。食事のカロリーなどを計算しどれくらいの血糖値が出るか算出してくれます。ただ、妊婦はしっかり食べなくてはいけないので分食を勧められます。サービス業の方も同じだと思いますがわたしの前職で分食は無理です。授業が9時から12時半くらいまであって、間の休みが5分が1〜2回、長くても15分。その間に学生対応や次の授 [続きを読む]
  • 都度の血糖値チェック
  • 何がめんどくさいってこれ!です。ごはんを食べて確か2時間くらいしてからの一連の検査(チェック)です。まず、このペンぼような機械の先にこの針を刺します。針が入ったら指先に当てペンをノック式のように押すとパチン!と音がして指に針穴が開き血が出てきますよね。それをこのセンサーを刺した機械で測定。だいたい以下のような感じです。写真を撮るのを忘れたので、ネットからとってきた写真なので申し訳ないのですが。。 [続きを読む]
  • 妊娠糖尿の診察
  • 月曜の午前から13時まで専門の先生がいらして診察してくださるシステム。その日はたまたま初回予約ということで水曜だったが、あいにく毎月曜はSという学校の授業が入っていた。(当時の仕事は非常勤講師)以前「体調が悪いので、授業はしますが 添削などはお任せしたい。」と当日申し出ると「添削までが契約なので。」と言って帰らせてくれなかったことがあった。学校には妊娠のことは言ってあったが、常勤たちの性質を考えると [続きを読む]
  • アンダーヘアのおはなし
  • 妊娠すると長くなる⁈って記事をさっき読みました。正直、お腹が大きくてよくわからないときもありましたが結果的に処理しておくことをおすすめします。実は妊娠する10ヶ月くらい前からサロンMで全身脱毛していたんです。OゾーンはともかくIゾーンは陰部にかかっているので1本たりとも残っていないって状態は望めませんが何度も診てもらう部分ですし分泌物などのこともあるのでなるべく清潔にしておいたほうがいいかなって思い [続きを読む]
  • 復活します!
  • 実は子ども無事に生まれています。ここまでの経緯は来週から書きます。前から復活を試みて順に少し記事を書いていました。ただ、まったく追いつかないからずるずるしていたんですが自分として腹立たしいことがあり思うがままに書こう!って思い立ちました。その腹立たしいこととは以前の近所の方に「新しい男性(恋人?主人候補?)はいないのか。」と聞かれたことなんですがね。その方の娘さんはここ数年の間に10代で結婚出産離 [続きを読む]
  • 過去の記事 …