mototomo さん プロフィール

  •  
mototomoさん: 新米主婦のイギリス留学帯同日記
ハンドル名mototomo さん
ブログタイトル新米主婦のイギリス留学帯同日記
ブログURLhttps://mototomoxoxo.hatenablog.com/
サイト紹介文ノッティンガム@イギリスで新婚生活!マイペースにたのしくやっていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 1日(平均112.0回/週) - 参加 2018/09/15 02:30

mototomo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 駐在妻の挑戦と苦悩
  • こんにちは、はじめに「挑戦」の部分からお話しさせてください!実は今週から週2回の語学学校に通いはじめました!https://nottinghamlanguageacademy.co.uk/※ライティングの授業風景、先生書くのが早すぎて追いつかず、こうして写メでのこすことも(笑)本当は、主人の大学の短期間コースに通いたいのですが(本気度が高そう&"学生"になれるのでその期間諸々と大学のアクティビティに参加できたり専用施設も使わせてもらえる [続きを読む]
  • 日曜日、生活インフラを整える
  • 昨日は、新居で迎えるはじめての日曜日でした!午前中は礼拝にいこうかなぁと思っていたのですが引っ越しの疲れもあり?朝起きられず断念。結局生活インフラを整えることで、終わってしまいました(苦笑)さて、まずは洗濯機。※我が家は家具付き物件なので、生活する上で必要な最低限の家具・電化製品は予め備えついているのです。我が家についているのは Indesit WIDL 102 というドラム式洗濯機。入居時にもらった厚さ3?ほど [続きを読む]
  • 家さがし〜申込から入居編〜
  • 入国からはや10日... ついに家がきまりました!実は、新学期がはじまる時期ということでどこの物件も競争率が非常に高くて。。。内覧した物件は総じて2件でしたが、物件サイトからピックアップした物件数は10を超えており、うち8件?ほど内覧予約まで入れていたところでした。そうしている内に1件目に内覧したところより無事、オファー受諾の連絡がはいったわけです。ふう...良かった =31:内覧(8/29)rightmoveよりピッ [続きを読む]
  • Life in the UK〜英国永住資格を得るには〜
  • 英国永住資格を得るには、求められた金額(かなーーり高額だそう)、かつ英語力や資金の証明等さまざまな物を用意しなければならないのですが、まず大前提としてこのLife in the UKテストに合格しなければなりません。もちろんイギリスの永住資格を取る予定はないのですが、この本にはイギリスで生活するためのエッセンスが凝縮されているはずで、興味深いなーと思い知り合いの方にお借りしています。政府からの案内も出ていま [続きを読む]
  • 日曜日、教会へいってみた
  • 日曜日です!以前より日曜礼拝に参加してみたいな〜と思っていたので、さっそく最寄りの教会にいってみました。http://www.beeston-free.org/お気づきの方もいらっしゃると思いますが、みてのとおり教会というより公民館といっ佇まい。もっと荘厳ではいりづらーい雰囲気かと思ったのですが、とてもウェルカムな雰囲気でした。※本当は9:15の回に間に合うよう早めに到着したかったのですが、5分ほど遅れてしまい...しかし係り [続きを読む]
  • 移動手段とmango card
  • 到着して約一週間、こちらでのわたしたちの足はバス&トラムです。あと、地元の人は自転車もよく使っていますね。そこで早速mango cardを本日ゲットしてきました〜^_^※日本でいうSuicaですね、ロンドンではオイスターカードが流通しているかと思います。www.trentbarton.co.ukこのカードがあれば、バス(一部バスは使用不可)もトラムもノンストップで乗ることが出来るのでとても便利^_^トラムの場合、乗車前にチケットを買う必 [続きを読む]
  • レシピ本を買う
  • こちらに来て間もなく一週間経ちますが、ほぼ毎日自炊してます。なぜなら食材は良い&安いのに、外食がたいして美味しくない&高いから。これ、渡航前から聞いてたんですがどうやら本当のようです。というわけで、BBCの料理本を買いました‼?先日作ってみたのがこちら↓ハンバーーーグ?牛ミンチが安いので作ってみました。イギリスのお肉は脂身少なく赤身多めです。結構肉肉しく仕上がりました!そのまま食べるよりスパイス [続きを読む]
  • "Meal Deal"
  • "Meal Deal" とは日本でいうバリューセットみたいなものです。コンビニやスーパー、カフェなど至るところで目にします。写真は、大学内のスーパーで撮ってきました!サンドイッチだけでも£2超えるので、飲み物やスナックがついてこの値段は、お得ですよね!ちなみに選択肢に"loose fruit"とありますが、皮付きのオレンジやバナナ・林檎なども陳列されているんです。あまり日本では見かけないと思いますが、こちらではおかず?と [続きを読む]
  • 国内移動とNational Express
  • ロンドン→Nottingham 間はNational Expressという空港高速バスを利用しました!Nottingham へのアクセスですが、ヒースローから一度ロンドン市内に出て、それから電車なりバスなりで行くという方法もあります。ですが私たちの場合荷物がとても多かったので(なにせ2年分なので)そのままバスに乗り込んだ方が楽だろうということで、空港高速バスにしました。National ExpressExplore our timetables | National Express Coache [続きを読む]
  • 【レビュー】エミレーツ航空
  • 昨日ついにNottingham 入りしました!??成田→ロンドンまで計24時間、ロンドンからNottingham まで計5時間、、、かなりの長旅で疲れましたが、一晩寝たら元気いっぱい??今は街中を散策しつつ、1日遅れて到着する主人待ちです。さて、入国初めての記事はエミレーツ搭乗記です!ずーーーっと乗ってみたかったエミレーツ、、、記憶が新鮮なうちに記録させてください!??・成田→ドバイ22:00成田発、10:45時間のフライトでした [続きを読む]
  • 出国前TODOまとめ
  • こまごまありましたので、まとめて一気に書きます。私のスケジュールとしては、6月30日付退職、8月25日出国でした。ちなみに、出国ギリギリまで前職に在籍(有給消化期間も含めます)していると、以下手続きに必要な離職票や源泉徴収票、住民税納付書などを出国前までに受け取ることができません。その場合はご両親に代理手続きを依頼するなど工夫してください。 1:家さがし 2:お金についての手続き 3:前年度分 [続きを読む]
  • お金についての手続き
  • 帯同する奥さんの中には、いままでの職を退職して夫の扶養に入る、それから出国という方も多いかと思います。わたしもそのケースです。そこでお金について済ませておいた方が手続き2つをご紹介します。 1:退職による確定申告 2:失業手当の受給期間延長手続き1:退職による確定申告これまで源泉徴収された税金は12か月勤める仮定で徴収されており、例えば6月末で退職する場合、徴収されてよい税金は想定年収の [続きを読む]
  • ユーキャンの海外受講
  • さて、海外でも通信講座が利用できないだろうかと思って調べてみたら、ユーキャンが日販IPS・OCSと提携してサービス展開しているようです!https://www.u-can.co.jp/overseas/index.html実際、夫の海外赴任についてきたものの何をしていいか分からず手持無沙汰で悶々としている奥さんも多いと思います、こんな便利なシステムもありますのでぜひその間実用的なスキルに磨きをかけてみるのも一つかもしれません。気になる費用です [続きを読む]
  • イギリスの健康保険〜National Health Service〜
  • NHS(National Health Service)とはイギリスの国民健康保険にあたるもので、6か月以上のビザ申請を行う人は、IHS(Immigrants Health Service)(※ビザ申請のタイミングで費用を支払う制度)で費用を負担することで、イギリス国民同様の医療サービスを無料で受けることができます。ビザのオンライン申請時に、支払処理を終えるとこんなメールが届いてIHS番号をお知らせしてくれます。この時点ではまだNHSの登録/番号取得が [続きを読む]
  • ビザ手続き
  • 今回は目的が留学、かつ2年滞在予定なので、ビザの手続きが必要になります。わたしが取得するのは、学生ビザ(Tier4/ティアフォーと読みます)の配偶者ビザ(apply as depandants)です。以下私が行った一連のフローを書いていきますので、ぜひ参考にしてください。※申請はコース開始の3か月前から可能です。 1:書類の回収 2:オンライン申請 3:ビザセンター往訪 4:BPR取得1:書類の回収私の場合 [続きを読む]
  • 家さがし〜リストアップ編〜
  • 主人は、ノッティンガム大学に通っており、通学圏内で夫婦ふたりで住める家を探しています。★★★出国前からとりかかっていましたが、現地入りしてからでないと正直難しいと思います。。。なぜならスピード勝負だから!(オーナーも空き部屋ができたら、出来る限り間をあけずに次を決めたい気持ちがあります。1か月後に入りたいです!と連絡したところで、現地に即入居可能な方がいればもちろんそちらが優位になるわけで、日本 [続きを読む]
  • 過去の記事 …