妊トレ道場 さん プロフィール

  •  
妊トレ道場さん: 妊トレ道場〜妊娠したいを応援します〜
ハンドル名妊トレ道場 さん
ブログタイトル妊トレ道場〜妊娠したいを応援します〜
ブログURLhttps://ninntore.com/
サイト紹介文不妊歴6年の道場主が送ります。赤ちゃん待ちのお役立ち情報。ちょっと違った視点で見ると、妊娠って面白い
自由文妊娠したいを応援します!不妊歴6年の道場主が送ります。妊活お役立ち情報。卵子や精子、受精の事、まさに生命の神秘です。ちょっと違った視点で見ると、妊娠って凄い事!出来るだけ早く妊娠するために、一緒に妊トレしていきましょう!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 35日(平均9.6回/週) - 参加 2018/09/15 07:38

妊トレ道場 さんのブログ記事

  • 赤ちゃんできない辛い!不妊女子、妊婦さんを見るのが辛い、、を克服!
  • 不妊生活が長いと、ストレスを感じます。ネガティブになっている時など、ちょっとした他人の言動で、傷ついたりします。 そして、道ゆく見知らぬ妊婦さんに嫉妬心をいだき辛くなります。 この嫉妬心は、不妊生活を送るほとんどの方が感じて来た事なのではないでしょうか?これは、単純に自分への不信感から来る感情なのですがなかなか消すことができない、負の感情です。 正直自分もそうでした。いいようもない、心をかきむしるよ [続きを読む]
  • 不妊治療をしても授からない確率は高い??不妊治療しない方が良い!?
  • 結婚後、なかなか子供が授からなかったりすると、自然妊娠の方が良いのか、それとも不妊治療した方が良いのか、悩んでしまう気持ち良くわかります。できれば、不妊治療せずに妊娠したい、というのが本音ではないでしょうか。 この問題は、どちらが良いとは一概には言えない問題です。判断するにあたり、ご夫婦の考え方が非常に大事になてくるからです。どこまで、子供が欲しいと思っているのか、どこまでの治療に挑むのか、、、。 [続きを読む]
  • 排卵前!!妊娠しやすい食べ物ってあるの?着床しやすい食べ物は??
  • 不妊は、生活習慣で改善できる場合があります。時間はかかりますが、結果的にその方が近道だったりします。 中でも食事は、そのまま血となり肉となるのですから、とても重要。 妊娠には、体を温める食材が効果的です。その他、卵子に取って良いもの、排卵前、着床しやすくする食べ物として、ホルモン系を整えてくれるビタミン類を意識して摂取するのも良いでしょう。さらに、体を冷やす食べののや、摂取しすぎると卵子に取ってあま [続きを読む]
  • 不妊改善生活!不妊に効く食べ物。男女別妊活授かり食事、レシピ集!
  • 妊活に効く食べ物を、男女別の視点からお届けします。 男性は精子の質や運動能力などによいとされる食材やレシピ。そして、女性は卵子に良いとされるものと、妊娠後も必要な栄養素についてお届け。不妊は生活習慣の見直しで改善されることがあります。主に食事は、血となり肉となるもの、体を健康に保つためにも、一度見直してみるのはいかがでしょうか。 Let’s!妊トレ!!頑張るあなたを、赤ちゃんが見守っていますよ。不妊改 [続きを読む]
  • 40代出産の現実!40代で出産そのリスクと確率はどれ位あるの??
  • 結婚の晩婚化に伴い、出産年齢も上がってきています。初産の平均年齢は、30.6歳。高齢出産と言われるのが、35歳ですから、意外と平均年齢は高いと言えます。 40代の出産も増えていて、全体の高齢化が進んでいます。その分、リスクも高まり流産の確率や、染色体異常など、様々な問題が出てくる。 もし、40代で出産を望まれるのであるなら、リスクも十分に知っておく必要があります。そして、出産後の事も知っておきたいですよね。 [続きを読む]
  • 妊娠したい!タイミングの取り方、排卵日付近毎日タイミングって??
  • 排卵日は、妊娠を希望する夫婦にとってはとても重要な日。妊娠したと思うと、この排卵日付近のセックスが重要になって来ます。精子と卵子、体内での寿命が決まっているから、どうしても排卵日付近のセックスは必須になってくる。 だからと言って、毎日タイミングをとるのは至難の技。やはり、排卵日がピンポイントでわかり、そして、一番可能性が高まる時にタイミングを持ちたいですよね。 今回は、その事についてお伝えしようと思 [続きを読む]
  • 妊活痛い!?卵管造影検査出血?詰まっていたらどんな痛み?原因は?
  • 妊活中の検査で一番痛いとされる卵管造影検査。この痛み、人によって感じる度合いがさまざま、ものすごく痛いと言う人もあれば、全然痛くない人も。 痛みの原因には、諸説ありますが、一般的に言って、卵管につまりがあると痛みが強く、つまりがないと痛みの度合いは低いようです。この卵管造影検査の後に、出血が続くことがある。器具を入れたりする際に、若干傷がつくのが原因。そのままでも子宮内膜は修復するので、ほとんどの [続きを読む]