身近な景色 さん プロフィール

  •  
身近な景色さん: 身近な景色
ハンドル名身近な景色 さん
ブログタイトル身近な景色
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/suisai001
サイト紹介文水彩画、スケッチ、写真など気ままに掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 7日(平均17.0回/週) - 参加 2018/09/15 10:13

身近な景色 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 愁海棠
  • けやきや楓が色ずきはじめ、叢にはヌスビトハギが可憐な花をつけています。絵は河内長野市の岩涌寺です、岩脇山の中腹にあり裏の谷間が愁海棠で埋め尽くされています。下から杉木立・愁海棠を通して見上げる多宝塔は絶好のモチーフです。 [続きを読む]
  • 水車小屋
  • 今日は彼岸の入り、「暑さ寒さも彼岸まで」。この1週間ぐずついたお天気の様です、外でのスケッチや写生も個人的に行動するのは別にしてサークルとしては室内になります。何回か続けて室内になると今度は外に出るのがおっくうになり困ったものです。絵は錦織公園の河内の里にある水車小屋で、これは公園内に作られたものです、大泉緑地公園には風車がありこれは水路から田に水を入れるものだったようです。 [続きを読む]
  • 南野田にて
  • もともとせっかちではないのですが、最近は何事も雑になっています、週に2日のリハリビでも もっとゆっくりと教えられ、パソコンも打ちっぱなしで見返すということをあまりしないので誤字 脱字 打ち違えばかりです。絵は近くの景色で何か気にとまったので描いておきました。毎回短い説明で申し訳ありません。 [続きを読む]
  • 狭山池
  • 堺市の隣、大阪狭山市のシンボルです。1400年の歴史があります、狭山池の話ですが、現在は穏やかな風光明媚な池としてのたたずまいを保っています。博物館があり資料の展示もされ、シーズンには周囲は桜で縁取られます。狭山池から淀川までの広範囲な田畑を潤してきた歴史があり、現在もその役目を担っています。 [続きを読む]
  • スケッチ 吊り橋
  • 吊り橋は 近くでは堺のハーベストの丘か、ここ杉村公園になる、杉村公園は和歌山県橋本市になるが南海高野線ではあまり遠方には感じない、「御幸辻駅」下車、自然を生かした公園で約12万5千平方メートルの広さになるそうです。6号ですがスケッチになります。 [続きを読む]
  • 曼珠沙華
  • 最近はひがんばなも少なくなってきた、子供の頃はどこにでもあったように思う、絵に描くとなると難しく、1輪 2輪を大きく描くのがベストで風景の中で彼岸花を中心に描くのは大変だ。でも季節の花として畔道に咲いているのは好ましく懐かしい気がする。又 あかとんぼも赤い色の赤とんぼをめったに見ない、黄茶色ばかりになった、もちろん種類が違うのでしょうが真っ赤な赤とんぼを懐かしく思う。 [続きを読む]
  • 墨スケッチ
  • 墨でスケッチをしていますが、色のついた絵を好まれる方が多いのが現実です、この絵は彼岸花だけ色を入れましたが、私としては墨ですべてを描くのが良いと思っています。筆と矢立で描き 淡墨で一部色を差すのを基本としています。神は和紙です。もともと水彩画の練習のための墨書きで、伝統的の墨彩画ではありません [続きを読む]
  • スケッチ 天野街道沿い
  • 古道で 天野街道が堺市、大阪狭山市、河内長野市にかけてあります。道幅2メートル少し、現在は農道で大きな車は入れません、南に向かって右側は低い山、左は下が川になり先は天野山金剛寺に続きます対岸は田畑になり先は山になります、人家なく 四季折々の自然が楽しめます、特に果樹畑が多くあり桃やナシの季節はこの世の春という感じがします、ハイキングされる方はいますが、俗化されてなく私の絵を描くホームグラウンドの一 [続きを読む]
  • 千早川
  • 9月も10日を過ぎ急に朝晩冷え込む、今年の暑さは 何もする気が起こらず、やっと正気に戻った気がする。ブログもご無沙汰ばかりで、少しは間隔を詰め綴りたい。写真は千早赤阪村を流れる千早川です、金剛山登山口の一つ手前のバス停千早大橋で川沿いに赤阪村に入る、普通 絵を描いたり写真を撮る方は棚田100選に選ばれている棚田の方に足をむけます。8月の26日 絵のサークルでスケッチに出かけたときのものです、この時の両手の [続きを読む]
  • 足長バチ
  • 足長バチが孵化、巣の中で成虫となって現在17匹、交代で飛び立っている。別に近づいても羽は立てるが襲ってはこない、餌を運んだり、はねで巣に風を送ったりしている。夜は、ほとんどが戻ってきて巣いっぱいにつかまって眠る。子供の時もっと大きくなった巣を見たことがあるがこれからまだ大きくしていくのだろうか?。 [続きを読む]
  • 狭山池
  • 大阪狭山市にある最古のため池で、1400年の歴史があります、府立狭山池博物館があり、多くのことが学べます。やっと大雨が落ち着いたようで大きな爪痕を残しました。近畿はまだ梅雨明け宣言は出ていませんが2〜3日で出るのではないでしょうか。お陰様で当方は被害はありませんでしたが、被災された方々が1日も早くもとの生活に戻ることが出来ます様願っています。 [続きを読む]
  • 墨スケッチ
  • 先日の上神谷の観音の絵と今回の絵が間違っていました申し訳ありません。今日は七夕、あいにくの空模様です、七夕を旧暦の8月にとの話もあるようですが、不安定な空模様を心配するのも又良いものです。さてスケッチですが場所は河内長野市小山田で大阪狭山市からの眺めです、絵の構図としてまとまっており春夏秋冬春夏秋冬のどの季節に描いても見られると思います、先に水彩画でもかきました。 [続きを読む]
  • 足長バチ
  • 先に掲載した巣からまた2匹孵り親一匹と子蜂3匹になりました。虫の画像を気色悪がられる方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、どれぐらいかえり、どのように巣立つのか興味があり時々掲載したいと思いますあしからず。ベランダで春蘭の鉢から新芽が10センチほど伸びました、今日は朝顔が7つ咲きました。去年は鉢植えの植物の植え替えが出来なかったので、この秋には植え替えたいと思います。 [続きを読む]
  • 上神谷
  • 上神谷の妙見さんの近くです、前方は高台で小山なのですが平坦なところに見えるかもしれません。スケッチで坂など高低を描き表すのは難しい場合がありますそれなりの具材があるところが描きやすいです。妙見さんはハッキリ理解できていませんでした、北極星を神とした妙見大菩薩のことで開運の守護神です。 [続きを読む]
  • 石川
  • 近くを流れる大きな川と言えば石川です源流は滝畑で河内長野市、富田林市をぬけ藤井寺市、柏原市で大和川に合流する、延長は30キロあり種別としては一級河川です。いろんなところをスケッチでき、モチーフとしても申し分ない対象です。この場所は近鉄河内長野線「滝谷不動尊」の近くです。 [続きを読む]
  • 辰巳池
  • 長い間護岸整備もフェンスもなく、昔ながらの状態を保っていた池です。隣にもう一つ池がありこちらは午池と言います、私が絵を描きだした時よりホームグラウンドとしていました。描くところに困ったときや構図の整った絵を描きたいときは必ずと言っていいほどこの池に行っていたのです。午池の方は護岸工事をしましたが、辰巳池はそのままです、周囲に葦が茂るので冬近くには農家の方が苅リ取られます、池之端まで田んぼや畑のある [続きを読む]
  • 過去の記事 …