セリノベ家 さん プロフィール

  •  
セリノベ家さん: セリノベ
ハンドル名セリノベ家 さん
ブログタイトルセリノベ
ブログURLhttps://diy-kaizen.com/
サイト紹介文築50年の古家をセルフリノベーション(大規模改修)しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 71日(平均2.1回/週) - 参加 2018/09/16 05:58

セリノベ家 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 【耐震改修】既存布基礎にケミカルアンカーを打設する(前編)
  • 前回までで、ベタ基礎用の配筋が完了しました。続・ベタ基礎の配筋なぜ既存布基礎にケミカルアンカーを打つのかベタ基礎は、建物を基礎全体で支える耐震改修の効果と、地面からの湿気を抑えて、基礎断熱を行うために施工します。このベタ基礎は、既存の布基礎と一体化することではじめて耐震改修の効果を発揮します。既存の布基礎と一体化するためには、既存布基礎にアンカーを打ち込んで、新たに施工するベタ基礎の配筋を立ち上げ [続きを読む]
  • 続・ベタ基礎の配筋
  • 今回もベタ基礎の配筋の続きです。前回の記事はこちらベタ基礎の配筋配筋作業って、とっても地道なのです前回から引き続き配筋していきます。以前に、擁壁布基礎を立ち上げたときは、施工範囲が狭かったのですぐ終わったのですが、今回は8畳間を2部屋分のベタ基礎の配筋になるので、単純作業のボリュームがとても大きいです。ちなみに、擁壁布基礎のときの記事はこちら基礎立ち上がり部型枠組立・配筋今回は、擁壁基礎を立ち上げた [続きを読む]
  • ベタ基礎の配筋
  • 前回までで、防湿シートの敷設が完了しました。今回は、ベタ基礎の配筋になります。異形鉄筋の調達ということで、異形鉄筋をコメリに買いに行きます。まずはベタ基礎を作るのに必要な鉄筋の本数を算出します。太郎君が、解体した壁に、ざっくりの鉄筋の必要本数を算出するため落書きした跡です。汚すぎて読めませんが、計算の結果、コメリでD13(5.5m)を40本買ってきました。異形鉄筋の配置早速、スペーサーブロックを使いながら [続きを読む]
  • 防湿シートの敷設(後編)
  • 前回まで、なぜ防湿シートを敷設するのか、なぜ基礎断熱を行うのかについて書きました。今回は防湿シートの施工編です。防湿シートの選定防湿シートはコメリ(ホームセンター)にも売っています。近所のコメリは防湿シートを買う人がいないのかここ半年くらいずっと在庫処分セールをしていて3割引くらいになっています。当初は、我が家もコメリの処分品防湿シートで良いかなと思ったのですが、ネットで色々調べてみると、薄い防湿 [続きを読む]
  • 防湿シートの敷設(中編)
  • 前回、基礎断熱に挑戦するために防湿シートを敷設することを書きました。基礎断熱について、ちょっと書き足りなかった部分があるので今回補足したいと思います。基礎断熱のメリット基礎断熱と床断熱で、なぜ基礎断熱を選んだのか。我が家の底冷えが酷いのは前回書いたとおりです。それは、基礎断熱が底冷え対策にもっとも効果があるからです。床断熱で床板の下に、どれだけ厚く断熱材を敷いても、その断熱材の下の気温が低ければ、 [続きを読む]
  • ベタ基礎用砕石敷設
  • 前回、ベタ基礎施工箇所の予備転圧が完了したので、今回は、砕石を敷設します。砕石の買い付け今回も、砕石屋さんにC-40の砕石を買い付けに行きました。ベタ基礎には、C-40を10cm敷く必要があります。砕石の必要量にすると、今回の施工範囲としては約4立米必要になります。4トンダンプ2回分弱くらいです。最初、あんまり考えていなかったので、とりあえず軽トラで買い付けに行きましたが、軽トラの荷台に一度に積めるのは重量の制 [続きを読む]
  • 土間の予備転圧
  • 前回までで擁壁基礎ができましたので、いよいよ今回から土間のベタ基礎化と耐震改修に着手します。根太を撤去したころはこんな感じでした。その後、擁壁基礎を作って、掘削した土を戻しました。今後の流れとしては、下記のようになります。①予備転圧→②砕石敷設→③防湿シート敷設→④配筋→⑤コンクリート打設ということで、今回は、予備転圧を行いました。で、ついに導入しちゃいました・・・!そう、前にも紹介した、これです [続きを読む]
  • 基礎立ち上がり部型枠組立・配筋
  • 前回、フーチング部のコンクリート打設が完了しました。今回は、基礎立ち上がり部分の型枠を組立て、配筋を行います。今回も前回同様、丸セパをうまく活用して、型枠組立と配筋を同時並行で行います。水平方向の配筋は丸セパの上に載せました。これで結束線で結束するときに作業がしやすくなります。水平方向は3本、D13を主筋として真ん中に、D10をその両脇に組んでいます。ちなみに丸セパはスパナやソケットレンチで締めますが、 [続きを読む]
  • フーチング部の配筋
  • 前回までで、フーチング部の型枠組み立てを行いました。今回は、フーチング部と基礎立ち上がり部分の配筋を行います。通常は、配筋をしてから型枠組みをすると思いますが、セリノベ的には配筋に丸セパを活用することから、先に型枠を組みました。異形鉄筋の調達配筋は異形鉄筋を用います。異形鉄筋 鉄筋 D13(直径約13ミリ)×1m JIS SD295A 伊藤製鐵所 ONICON ※コンクリートの建物等に使う普通の鉄筋(鉄の棒)です。異形鉄 [続きを読む]
  • 庭の草刈り
  • 我が家は、太郎君の曽祖父が生前、庭仕事を趣味にしていたこともあり、庭がとても広いです。今はセルフリノベーション中なこともあり、庭の手入れまではとても手が回らない状況ですが、少なくとも二ヶ月に1回くらいのペースで草刈りをしてあげないと、雑草が繁殖してかないません。草刈りは、刈払機で行います。【送料無料】HiKOKI(旧日立工機) エンジン刈払機23.9ml CG24ECP(S)|ガーデン 園芸用品 園芸用機器 エンジン刈払機これ [続きを読む]
  • 捨てコン打設
  • 転圧前回までで砕石を敷きました。この後、転圧を行います。転圧は、基礎コンクリートを打設する際に、砕石を締め固めて地面が沈下しないようにするために必要な作業です。転圧には、下記のようなランマーやプレートコンパクターといった機械を使用することが一般的です。三笠産業 タンピングランマー MT-55L ミカサ MT55L MT−55L【 激安 通販 おすすめ 人気 価格 安い】【ポイント倍増!】 プレートコンパクター 転圧機 中折れハ [続きを読む]
  • 参考書の紹介
  • セルフリノベーションをしていくには、たくさんの課題があります。どんな分野でも同様と思いますが、何かをやり遂げるためには、具体的な目標があって、緻密な計画を立て、そのための手段を明確にしないといけないと思います。我が家のセルフリノベーションについては、こちらの記事にもありますが、やりたいことは明確です。しかしながら、セルフでどこまで実現可能かが見えないため、どうしても計画が行き当たりばったりな部分が [続きを読む]
  • 地面が崩れている・・・!
  • 擁壁をつくる 前回までの解体作業で、 床下が顕になりました。 写真の襖が写っている側の基礎は、高基礎になっていて、手前側の土が崩れているのがわかります。 計画では、耐震補強と基礎断熱を行うために、 全面ベタ基礎にするつも … "地面が崩れている・・・!" の続きを読む投稿 地面が崩れている・・・! は セリノベ:セルフリノベーション に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • 既存内装の解体【パート4】
  • 解体作業(根太) 前回から内装解体作業の続きです。 前回床板を撤去したので、今回は根太を外します。 ついに床下が丸見えになりました。 束石→床束→大引き→根太→床板となっています。 大引きの下側には、何かを塗った黒っぽい … "既存内装の解体【パート4】" の続きを読む投稿 既存内装の解体【パート4】 は セリノベ:セルフリノベーション に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • 既存内装の解体【パート3】
  • 解体作業(床板) 前回から内装解体作業の続きです。 次は床板を解体します。 写真を取り忘れましたが、最初の時点で和室の畳はすでに撤去済みです。 畳の下には床板が敷いてありました。 写真では内壁解体のときの石膏ボードのくず … "既存内装の解体【パート3】" の続きを読む投稿 既存内装の解体【パート3】 は セリノベ:セルフリノベーション に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • 既存内装の解体【パート2】
  • 解体作業(天井) 前回から内装の解体作業の続きです。 天井から、長年のごみが、落ちてきます。 内壁にもグラスウールが使われていましたが、 天井にも使われています。 ただ、 グラスウールが裸で使われています。 グラスウール … "既存内装の解体【パート2】" の続きを読む投稿 既存内装の解体【パート2】 は セリノベ:セルフリノベーション に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • 既存内装の解体【パート1】
  • 解体作業(内壁) まずは、家をスケルトンにします。 内装撤去前。 壁紙撤去後、バールで一発。 石膏ボードが崩れてきました。 これだけでも汗だくです。しんどいです。 ちなみにこの作業、全然楽しくないです。 & … "既存内装の解体【パート1】" の続きを読む投稿 既存内装の解体【パート1】 は セリノベ:セルフリノベーション に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • リノベーションの計画
  • どんな改修をするか 1.5世帯住宅化を目指す この家は、私たちが引越すまで、太郎くんの両親が週末農業の拠点として利用していました。私たちが引越してきたので、自由に使えなくなってしまい、太郎くんの両親には肩身の狭い思いをさ … "リノベーションの計画" の続きを読む投稿 リノベーションの計画 は セリノベ:セルフリノベーション に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • はじめに
  • セルフリノベーション セルフリノベーションとは、自らの住まいを、自らでリノベーション(大規模改修)すること。 我が家は、秋田県で家族四人で暮らしています。 【自己紹介】 瀬利野部 太郎(せりのべ たろう) サラリーマンを … "はじめに" の続きを読む投稿 はじめに は セリノベ:セルフリノベーション に最初に表示されました。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …