miko-miku さん プロフィール

  •  
miko-mikuさん: 閉じ込め症候群の友と語る
ハンドル名miko-miku さん
ブログタイトル閉じ込め症候群の友と語る
ブログURLhttps://goisshoshimasho.hatenablog.com/
サイト紹介文「あなたがわかっていること、伝えたい」 閉じ込め症候群の当事者の方々との対話の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 32日(平均2.2回/週) - 参加 2018/09/16 11:05

miko-miku さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 10余年の時を経て、板取の鮎 その1 シンさんに会う
  • この夏の、暑さも盛りの日の午後、シンさんを初めてお訪ねしました。お会いする前にご紹介者で支援者のイッシーさんから受け取った情報は、シンさんは、転倒事故による頚椎損傷から四肢麻痺・発語不能となり10余年。各種サービスを利用しながらも、自宅でお母さんの全面的な介護を受けながら暮らしているとのことでした。実はシンさんと出会うには、いくつかの素晴らしい偶然と人のつながりが重なりました。直接的、間接的に関わ [続きを読む]
  • そしてテレビの大事な話
  • 前回までの記事「テレビから、イクコさん」の、イクコさんのケントさん訪問につながったきっかけは、ケントさんがテレビは こころで みると書いた言葉でした。そこで、今回はテレビの話です。実はテレビの話といっても番組の内容のことではありません。読み取りの過程で起こったテレビの文字表記のことをお話ししたいと思います。本ブログの「ハイジなの?」の記事で書いた通り、読み取りをする時は、ケントさんや美津恵 [続きを読む]
  • テレビから、イクコさん その5 (最終回)
  • 重い脳梗塞の後遺症で体も顔の表情も動かすことができず、言葉を発することもできなくなってしまったケントさんですが、たかぎとの読み取りで、その気持ちをいろいろ書いてくれます。ケントさんへ誰かが質問した時は、「答える」ことが予想できるのでその都度必ずケントさんの手を取りますが、話者がケントさんに質問ではなく話しかけている時は、タイミングを見て今、何か言いたいかどうかケントさんに確認します。イクコさんの [続きを読む]
  • テレビから、イクコさん その4 
  • テレビの紀行番組→イクコさんに会いたいというケントさんの意志表出から繋がった訪問。イクコさんは忙しい時間の合間をぬって定期的にケントさんに会いに来られているのですが、今回はケントさん直々のご指名のリクエストです。張り切って、ケントさんと共有できる旅の話題を持って来てくれました、のはずだったのですが…「昔夫と行ったカナダ旅行の写真持って来たよ。懐かしいでしょ。ケントさんもカナダ行ったことあるもん [続きを読む]
  • テレビから、イクコさん その3
  • テレビは こころで みると書いたケントさん。そのことを聞いたイクコさんの「ケントさんの気持ちがわかる」という言葉。私はメッセンジャーとしてお互いの思いをそれぞれにお伝えすることで、ケントさんは話せないけれど確かに意識があること、わかっていることを、そして四肢麻痺・発語不能となってしまったけれどケントさんの心は倒れる前と何の変わりもないことをお知らせする。その役目を担えることへの感謝、そしてコミ [続きを読む]
  • テレビから、イクコさん その2
  • ケントさんがテレビを心で観ると言ったその話を、翌日、ケントさんが活動していた、私も所属しているNPOの仲間に話した時にイクコさんが言いました。「私、ケントさんの気持ちわかるわ。テレビで国内も外国も旅する旅行番組やるでしょう。ああ、ここ行ったことある、懐かしいと思って、テレビの風景の中で自分が実際に歩いている気持ちになるの。ケントさんもあちこち行って、私に旅行のことよく話してくれたから。特に今、動けな [続きを読む]
  • テレビから、イクコさん その1
  • 美津恵さん、ケントさんのところは、それぞれだいたい一定の間隔で定期的にお訪ねしています。お話ししている間に何かリクエストが出たら、次の訪問までにそれを準備して持って行きます。美津恵さんもケントさんも、行くたびに、いつも ありがとうと言ってくれます。とても嬉しいです。ケントさんの前回の訪問からあまり日が経っていないある日、入られている施設の近くに行く用事があったので、ちょっとお寄りしてみました [続きを読む]
  • ハイジなの?
  • 今週からブログサービス会社が貼り付ける広告を非表示にできるプランに切り替えました。記事に「意識」「信じる」等の語句が入っているからでしょうか、占いに関する広告が貼られてしまったのです。占いを否定するものではありません。ただ、本ブログの最初の記事でお伝えした通り、私の願いは、病気や自己の後遺症により意思疎通が困難になった、閉じ込め症候群の状態にある方の思いを読み取る技法のプロセスが科学的に解明されて [続きを読む]
  • おもうとおりに やって
  • 最初の記事「閉じ込め症候群の友と語る?!〜はじめに」を投稿してからすっかり時間が経ってしまいました。お伝えしたいことがたくさんあるのに、何をどこからどのように書いたらよいのか。美津恵さんやケントさんがちゃんと意識があることを、このブログを通じてわかっていただけるだろうか。信念を持って取り組んでいるつもりでも、そもそも意識障害と診断されている方の想いが手を通してどうして自在に伝わってくるのか、その仕 [続きを読む]
  • 閉じ込め症候群の友と語る?!〜はじめに
  • はじめまして。miko-mikuこと、たかぎくみこです。このブログは、名前の通り「閉じ込め症候群」の友人と語り、一緒に音楽を聴いたり演奏したりしてその感想を聞いたり、今の想いや願いを教えてもらったりして交流している、その記録です。時には友人が言う体の不調についてケアを担当してくださっている方に伝えたりもします。美津恵さんとケントさんという二人の友人です。お二人は脳血管疾患の後遺症で四肢麻痺、発語不能の、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …