つーみな さん プロフィール

  •  
つーみなさん: 公務員への転職ができる方法 現役公務員つーみな日記
ハンドル名つーみな さん
ブログタイトル公務員への転職ができる方法 現役公務員つーみな日記
ブログURLhttp://fanblogs.jp/tumina0919/
サイト紹介文現役地方公務員がこれから公務員になろうという方へ心構えや合格へのアドバイスを書いていこうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 29日(平均10.6回/週) - 参加 2018/09/16 14:19

つーみな さんのブログ記事

  • 公務員もツライよ
  • こんばんは、つーみなです。前々回から告知しておりますが、当ブログを近日中に引っ越しします。URLはこちらです。http://teigakureki-koumuin.com/リニューアルの内容は、これまでのブログの改訂したものを随時アップしていくことや、公務員試験を受けるための準備についてや、試験スケジュール、オススメ書籍、過去問などを掲載するという盛沢山な内容にしていきたいと思いますので、是非皆さん見てください。さて、今回は私の仕 [続きを読む]
  • 面接について2
  • こんばんは、つーみなです。いきなりですが、当ブログの引越しを近日中に行います。URLはこちらです。http://teigakureki-koumuin.comブログの他にも公務員試験に合格するために身になることを幅広くアップしていきますので、ぜひ見てください。さて、前にも面接については説明しましたが重要なことを説明するのを忘れていましたので補足です。今回は面接について説明していきたいと思います。まず皆さんにお伝えしておきたいのは [続きを読む]
  • 公務員の仕事について(権原担当編)2
  • こんばんは、つーみなです。いきなりですが、当ブログの引越しを近日中に行います。URLはこちらです。http://teigakureki-koumuin.comブログの他にも公務員試験に合格するために身になることを幅広くアップしていきますので、ぜひ見てください。さて、前回は登記に関する内容を説明させていただきました。では、登記するにはどこに行けばいいのかというと、法務局に行けばいいという話しをしましたね。法務局というのは国の機関で [続きを読む]
  • 公務員の仕事について(権原担当編)
  • こんばんは、つーみなです。前回は私が過去に担当したことのある、道路管理における権原担当の話が少し横道に逸れてしまったところで終わりました。今回は、話を本筋に戻して、権原担当がどのような仕事なのかを深く掘り下げたいと思います。権原担当がする仕事として、私の時代にやっていた仕事は大きく分けると下記のとおりです。・寄附・交換・払い下げ前回お話した寄附行為によって市が土地の所有権を無償で貰い受けることに次 [続きを読む]
  • 公務員試験の説明を終えて
  • こんばんは、つーみなです。さて、経営学、国際関係等まだ説明していない科目もありますが、ズバリ暗記モノです。私が説明するまでもないでしょう。しかし、やらなくていいということではありません。むしろ国際関係は教養科目に時事問題として出題される可能性もありますので、繰り返し問題を解いて暗記しましょう。ひとまず公務員試験の説明を一通り終えました。ということで、少しは皆さんの実になるような話ができましたでしょ [続きを読む]
  • 財政学、行政学について
  • こんばんは、つーみなです。秋の深まりと共に、公務員試験に関する説明もようやくゴールが見えてきました。(ゴール後のネタどうしよう。。。)さて、今回は財政学と行政学について説明していきたいと思います。まずは、出題範囲から見てみましょう。【財政制度】:予算、財政投融資、地方財政計画、公債、税制【財政事情】:日本の財政、各国の財政【財政理論】:租税の転嫁、財政の機能、乗数理論、公共財上記を見てわかるように [続きを読む]
  • 政治学について
  • こんばんは、つーみなです。今日は公務員試験における政治学を説明したいと思います。このへんからは私の方から説明できることはそんなにありません。皆さんの暗記する努力にかかっております。まずは出題範囲をみてください。【政治学の基礎】:政治権力、リーダーシップ、国家観、デモクラシー【政治の制度】:権力分立制、政治制度、議会制度、選挙制度、【政治の動態】:政党、圧力団体、マスコミ/世論【政治の意識と行動】: [続きを読む]
  • 経済原論(ミクロ経済・マクロ経済)について
  • こんばんは、つーみなです。今回は公務員試験における経済について説明していきたいと思います。これもかなり重要な科目です。ミクロ経済学とマクロ経済学があり、問題数も非常に多いです。ちなみにミクロ経済学とマクロ経済学の違いってわかりますか?ミクロ経済学は「ミクロ」の名がついた通り、個人・企業など個々の主体 や独占・寡占など個別の事案になります。マクロ経済学は、1国ベースでの分析、国際ベースでの分析という認 [続きを読む]
  • 行政法について
  • こんばんは、つーみなです。今回は公務員試験における行政法について説明していきたいと思います。民法の時に説明しましたが、あなたが車で誤って人を轢いてしまった時に3つの責任に問われるという話をしました。1. 刑事上の責任:刑罰を伴い、特定の過失には道交法責任も問われる。2. 行政上の責任:免許取消しや停止などの厳しい処分。3. 民事上の責任:金銭により被害者の痛手を回復する損害賠償のこと。今回はこの内 [続きを読む]
  • 公務員試験の速報(9/26時点)
  • こんばんは、つーみなです。今日は公務員試験の日程をアップしておきます。来年度の公務員試験を見越してる方もいると思いますが、今年度中に何とかという方もいらっしゃるかと思いますので。 ☆マークが国家公務員とその他の試験★マークが地方公務員試験となります 9/30(日) ☆国家総合職(法務・教養)☆国家公務員経験者採用(係長級)☆外務省経験者採用(書記官級)☆国税庁経験者採用(国税調査官級)☆農林水産省経験者採 [続きを読む]
  • 民法について2
  • こんばんは、つーみなです。前回のブログに引き続き民法について説明していきたいと思います。民法という法律はブヨブヨで臨機応変に形を変える法律であるという説明をしました。前回も言ったとおり民法というのはお金の話なんです。どっちが正義で、どっちが悪かという話ではありません。世の中には色んなことが起こっていて、どっちも悪くないけど強いて言うなら、あなたの方が責任がちょっと重いかな。。。ただし、裁判官の感情 [続きを読む]
  • 民法について
  • こんばんは。つーみなです。さあ、今日はいよいよ民法を解説していきます。専門試験で一番重要といっても過言ではありません。なにしろ出題数が多いからです。とても無視できる教科ではありません。しかし、民法は単なる暗記科目ではありません。数学や物理のように公式があって、それに事例を当てはめて正解を導くという要素があります。そこは是非、TAC講師の郷原豊茂という私の法律の師匠が出してる著書「まるごと中継生講義 [続きを読む]
  • 憲法について
  • こんばんは、つーみなです。今日から専門試験の説明に移っていきたいと思います。まずは、憲法です。憲法とは何か?言わずもがなの我が国の最高法規です。法律系科目を勉強する時は、憲法を必ず一番初めに取り掛かるようにしてください。法律系科目の中では一番馴染みやすく、教養試験の社会科学としても出題されるので一石二鳥です。それでは、まず出題範囲を見てみましょう。基本的人権 【人権総論】:法の下の平等、外国人の人 [続きを読む]
  • 専門試験について
  • 「雨垂れ石を穿つ」意味雨垂れであっても、長い年月の間には、石に穴をあけることができるように、微力であっても、根気よく続ければ大きな成果を得られることのたとえ。こんばんは、つーみなです。今日から公務員試験における専門試験について解説していきたいと思います。この専門試験ですが、前述したとおり勉強に自信が無い者こそやらなければいけない試験です。元々、賢い人は教養試験だけの自治体とか受かるんです。その賢い [続きを読む]
  • 公務員試験(教養試験)についての説明を振り返って
  • こんばんは、つーみなです。さっそく専門試験の説明移ってもいいのですが、今回はちょっと振り返ってみましょう。これまで私は公務員試験についての準備や心構え、そして教養試験について説明してきました。もちろん、このブログを見ただけで公務員試験に合格するなら、皆さん苦労はしないでしょう。ほんとにザクっとした説明でここまできましたが、結局のところほとんどは皆さんの努力次第で合格は決まります。しかし、あと1点、 [続きを読む]
  • 社会科学について6
  • こんばんは、つーみなです。今日も公務員試験における社会科学の教科の問題を一例として挙げます。社会科学としては最後の問題なので解いてみてください。今日は社会から1問出題したいと思います。問題グリム童話の中に、木の上のぶどうをとろうとして失敗した狐が、あんなぶどうはどうせ酸っぱいさといって強がって見せる話が載っている。これは心理学的にいえば、防衛機制の一種である「合理化」に該当する。 次の各文のうち、 [続きを読む]
  • 社会科学について5
  • こんばんは、つーみなです。今日も公務員試験における社会科学の教科の問題を一例として挙げますので解いてみてください。今日は経済から1問出題したいと思います。問題需要に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。 1. 需要とは、消費者が最低限必要とする量である。2. 需要は消費者の所得や価格によって決まるので、広告が需要に影響を与えることは一切ない。3. 需要の価格弾力性がゼロのとき、需要曲線は水平になる。4 [続きを読む]
  • 社会科学について4
  • こんばんは、つーみなです。今日も公務員試験における社会科学の教科の問題を一例として挙げますので解いてみてください。今日もあくまで政治という分野ですが、国際関係や時事にも絡んでくる問題です。公務員試験の傾向を知る上で、大事なところですので、丁寧に学びましょう。問題国際連合に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。 1. 総会では、加盟各国がその人口に応じた数の投票権を行使する。2. 事務総長は、安全保 [続きを読む]
  • 社会科学について3
  • こんばんは、つーみなです。今日も公務員試験における社会科学の教科の問題を一例として挙げますので解いてみてください。今日も政治から1問出題したいと思います。内閣および内閣総理大臣に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。 1. 内閣は、衆参両議院のいずれか一方の議院で不信任決議が可決されるか、もしくは信任決議案が否決された場合には、衆議院を解散しなければならない。2. 予算の作成と国会への提出はいずれ [続きを読む]
  • 社会科学について2
  • こんばんは、つーみなです。今日は公務員試験における社会科学の各教科の問題を一例として挙げますので解いてみてください。まずは政治から出題したいと思います。問題裁判官に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。 1. 三権分立に基づき、裁判官は、国会の両議院の議員で組織される弾劾裁判所の弾劾裁判によって罷免されるほか、内閣の懲戒処分によっても罷免される。2. 最高裁判所の裁判官について、国民審査で過半数の [続きを読む]
  • 社会科学について
  • こんばんは、つーみなです。今日から公務員試験の社会科学を解説していきたいと思います。公務員試験において社会科学は実は専門試験の科目と重複しているため、勉強をしなくてもいいという解釈をしてしまう方も少ないないかと思います。ですが、これが思わぬ落とし穴なのです。専門試験に比べると簡単に見えるが、なぜか点数が取れない。実際、専門試験は高得点であるにも関わらず、教養試験は全然点を取れないということに私自身 [続きを読む]
  • 公務員の待遇&現状
  • こんばんは、つーみなです。今日は勉強の話はひとまず置いといて、地方公務員の待遇面について話したいと思います。この話を聞いてモチベーションが上がるかは謎ですが。まず、私の年齢は現在34歳です。公務員の給与というのは、基本給に加えて地域手当というのが支給されます。地域手当というのは、勤務地による生計費の差を調整するために支給される手当のことを言います。例えば、東京都で働く職員の給与と、言い方は悪いです [続きを読む]
  • 自然科学について5
  • こんばんは、つーみなです。今日も公務員試験の自然科学の続きです。今日は地学を解説したいと思うのですが、この科目も生物と同様でほとんど暗記科目ですので、私からアドバイスを送れるとしたら。。。「頑張って覚えてください」というしかありません。ただ、これも生物と同様、文系の方でも十分に点を取れる科目ですので、頑張りましょう。それでは、まず出題範囲から見てみましょう。以下のとおりです。【地球の内部構造】:地 [続きを読む]
  • 自然科学について4
  • こんばんは、つーみなです。今日も公務員試験の自然科学の続きです。生物を解説したいと思いますが、生物についてアドバイスを送れることはほとんどありません。まずは、生物の出題範囲は以下のとおりです。【細胞】:細胞小器官、動物細胞と植物細胞、体細胞分裂【生殖/発生】:無性生殖と有性生殖、器官形成【遺伝/DNA】:メンデルの遺伝法則、いろいろな遺伝、血液型、赤緑色覚以上、核酸、たんぱく質の合成【代謝】:代謝と酵 [続きを読む]
  • 自然科学について3
  • こんばんは、つーみなです。今回も公務員試験の自然科学の続きになります。化学をやっていきましょう。化学の主題範囲は以下のとおりです。【理論化学】:原子、結晶、物質量と化学反応式、物質の三態、ボイル/シャルルの法則、化学反応と熱、中和反応、イオン化傾向【無機化学】:金属元素、非金属元素【有機化学】:有機化合物、高分子化合物、環境化学上記の範囲の中で、割と【理論化学】が頻出される印象があります。 【有機化 [続きを読む]