T.A さん プロフィール

  •  
T.Aさん: 30代の暮らし
ハンドル名T.A さん
ブログタイトル30代の暮らし
ブログURLhttps://lifestyle201807.blogspot.com/
サイト紹介文日々の暮らしに役立つ物選びコツを紹介。羽毛布団などの寝具、災害対策グッズ、料理などが中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 29日(平均8.7回/週) - 参加 2018/09/16 22:40

T.A さんのブログ記事

  • 鍛金工房 WESTSIDE33の行平鍋 銅製15?,18cm
  • 家庭で最も手軽に扱えよく使う鍋といえば行平鍋ではないでしょうか。どの家庭にでも大抵はある行平鍋ですが、鍛金工房 WESTSIDE33の15?、18cmの銅製の行平鍋と中村銅器製作所の21cmの行平鍋を使っています。ちなみに、鍛金とは一枚の地金を金槌で叩いて締めることによって美しいフォルムを創ることをいいます。行平鍋は、中程度の深さの片手鍋のことで通常汁の注ぎ口が付いています。主に日本料理で使用され出汁を取ったり煮物 [続きを読む]
  • 出汁の引き方 一番だしと二番だし
  • 西洋料理と和食の出汁の違い家庭で西洋料理の出汁であるフォンを取ることはほとんどないと思います。鶏肉の出汁汁であるフォン・ヴォライユや子牛の出汁汁であるフォン・ド・ヴォーなどを取るためには1〜2日程度の時間がかかり、材料代も信じられないのくらいの額になります。一方、和食では出汁を取るにはそれほど時間も手間もかかりません。一般的な鰹節と昆布を使った出汁と取るために必要な時間は20分程度です。昆布を水出 [続きを読む]
  • 寝具での寝汗対策
  • 冬の寝汗対策冬の寒い日に、ポリエステルなどの化繊の敷パッド、アクリル毛布、1.4?くらい羽毛が充填された重厚感のある羽毛布団という組み合わせの寝具を使っている人は多いのではないでしょうか。こうした組み合わせの寝具を使っている場合、普段は気にならないのですが、体調が悪いと酷い寝汗で目覚めるなんてことになりがちです。この組み合わせの欠点は汗がうまく寝具に吸収されず蒸れてしまうことにあります。そうすると汗 [続きを読む]
  • 有次の鎌形薄刃包丁 和包丁の話
  • 有次の薄刃包丁我が家では有次の鎌形薄刃包丁を使っています。上製で長さは5.5寸。16.5?と短めです。京都の錦市場商店街にある有次の店舗で購入したものです。購入すると30分くらいかかりますがその場で刃付けをしてくれます。お店は京都ですが、有次の包丁は 「有次と庖丁」江 弘毅 (著)によると主に堺で作られているそうです。有次の薄刃包丁にはいくつかの種類があります。私の家では鎌形の薄刃包丁を使っていますが、通常の [続きを読む]
  • ミソノ刃物 UX10の牛刀とペティナイフ 切れ味の良い洋包丁の選び方
  • 包丁は大きく「和包丁」と「洋包丁」に分けられます。ここでは主に一般の家庭で使用する包丁の選び方について紹介しています。ミソノ刃物のUX10シリーズミソノ刃物のUX10シリーズの洋包丁を使っています。ミソノ刃物は岐阜県関市にある包丁メーカーで、いくつかのシリーズがありますが、私の使っているUX10シリーズは、スウェーデン高純度ピュアステンレス鋼を使用したモデルになります。鋼材の硬度は59〜60くらい。研ぎやす [続きを読む]
  • イシカワの洋服ブラシと平野の洋服ブラシ
  • 「イシカワ」の洋服ブラシ洋服ブラシを持っていないという人は少ないですが、洋服ブラシを比較検討して選ぶといった人も少ないかもしれません。私は「イシカワ」のブラシを使っています。洋服ブラシのメーカーは割といろいろあって、イギリスのKENT、日本だと江戸屋、平野、アートブラシ、藤本虎などが有名です。イシカワの洋服ブラシですが割といろんな店舗で取り扱いがあるようで伊勢丹新宿店や日本橋三越、高島屋などの百貨店や [続きを読む]
  • 鰹節の種類と出汁のひきかた
  • 鰹節を購入しようと思って乾物屋などを訪れると種類の豊富さに圧倒されます。書いてあることもよくわからないし何が違うんだろうと思いながら、お店の人に用途を使えてそれに適したものをくださいって感じで購入しています。一応、どんなものか知っておくと購入するときにの参考になるということで、鰹節や節類についてまとめましたので紹介します。原料のカツオですがスズキ目・サバ科に属します。漁獲時期によって脂肪量が変化し [続きを読む]
  • リベコ・ラガエ社のリネン
  • リネンで有名なリベコ・ラガエ社。ハンカチ、アパレル、寝具、インテリアデコレーションなど幅広いリネン製品を扱っています。リベコ社は世界約50ヶ国にリネン製品を輸出しているベルギーのトップブランドでベルギーでのシェアも60%以上を保っています。この会社のいいところは、日本のサイトで購入しても海外のサイトで購入しても価格がそんなに変わらない点です。海外通販をときどき利用していると内外価格差に敏感になるのです [続きを読む]
  • ハリスツイード(Harris Tweed)のサンプル生地
  • 箪笥の整理をしていると、ハリスツイードのサンプル生地が出てきました。このサンプル生地は私のものではなく旦那がもらってきたサンプルなのですが。ハリスツイード、10年くらい前から流行っているのかな?数年前からイオンとかしまむらなんかでもハリスツイードのロゴマークをよく見るようになりました。ハリスツイードとはツイードですが元々はスコットランド産の羊毛を手紡ぎした太い糸を手織りした縮絨起毛が行われていない織 [続きを読む]
  • 昆布の選び方と出汁のひきかた
  • 昆布は、コンブ目コンブ科の海藻です。寿命は2年から3年。岩礁地帯に生息しています。主な生産地は北海道。有名ですよね。昆布漁は、秋から冬にかけて行われ、天然ものと養殖ものがあります。勿論天然物が高価です。食材として使われる昆布は主に2年目のもの。採取された昆布は天日干し機械干しなどして乾燥させます。昆布の等級昆布には、漁業組合が定めた規格があり、それに基づいて分けられ、出荷されます。葉幅が広く、肉厚 [続きを読む]
  • 自作枕の高さ調整 馬毛枕の場合
  • 自作枕で馬毛(horsehair)の枕を作ったときの話を「馬毛枕 枕選びのポイントと馬毛で作る簡単自作枕」で書きました。馬毛の自作枕ですが、作った後に高さの調整を何度か行っています。自作枕の場合、高さや密度の調整を1〜2回程度行う必要があるような気がしていますので、馬毛(horsehair)の自作枕の高さの調整方法についてご紹介したいと思います。クッション材としての馬毛の構造馬毛というのは、採取された段階では直毛で [続きを読む]
  • 合い掛けの羽毛布団が活躍する季節
  • 9月下旬〜10月下旬にかけて使う合い掛けの羽毛布団10月は合い掛けの羽毛布団布団が活躍する季節です。羽毛布団というと、冬に使うイメージがありますよね。羽毛の充填量がシングルで0.8kg〜1.3kgくらいある羽毛布団は11月〜4月にかけて活躍します。一方、合い掛け布団は9下旬〜10月、5月の少し肌寒いなって時期に主に活躍する羽毛布団です。もちろん気温によって使える時期は前後します。羽毛の充填量は350g〜500gくら [続きを読む]
  • 夏にだけ使う寝具(麻の汗取りパッド)
  • 夏にだけ使う寝具の1つに汗取りパッドがあります。子供にぴったりの汗取りパッド小さい子供がいると代謝が良いためかなりの量の汗をかきます。あまりにひどいと敷きパッドがべとべとになってて風邪の原因にもなったりします。そんなとき、汗取りパッドがあると助かります。敷布団をクリーニングに出したり洗濯するよりも汗取りパッドだけ洗濯するほうが簡単ですしね。汗取りパッドは表地、中綿、裏地の素材をチェックして選ぶと良 [続きを読む]
  • 宇宙の寿命って1400憶年なんだって
  • 「宇宙、1400億年は存続…暗黒物質の分布把握」(読売新聞)宇宙が誕生してから138億年っていわれているけど、その10倍なんですね。ずっと先にビッグリップっていう状態になるよってことなんだけど、ウィキペディアでは宇宙の終焉の1つの説って説明になっています。ビックリップについて「観測可能な宇宙の大きさがどの特定構造よりも小さくなると、全ての基礎的な相互作用(重力、電磁力、弱い力、強い力)が光速を超え [続きを読む]
  • リネンの話
  • リネンは、亜麻の繊維を原料とした織物のことです。生活の中でリネンが活躍できる場面はたくさんあります。・キッチンタオル・ハンカチ・ベッドリネン全般・クッションカバー・ブラウス、スカート、ジャケットなど。リネンの長所、短所は「ベッドリネン ピロケースの選び方 帝国繊維とAlexandre-Turpaultのリネンのピロケース」で書いたとおり。ただ、リネンの方が得意な分野でも日本ではコットンが良く使われています。なので、 [続きを読む]
  • John Laingの手袋とジョンストンズのマフラー〜カシミヤの選び方〜
  • どんなカシミヤを選べば良いのでしょうか。ウールよりも高価なカシミヤ。品質表示はカシミヤ100%で同じだったとしても、価格帯の幅はとても広いです。なので「一体何が違うの?」と疑問に思ったことがある人は結構いるんじゃないでしょうか。近頃では無印良品やユニクロでカシミヤ製品を買うことができます。耐久性や風合いはカシミヤを扱っている有名どころとは違っていたりするのですが、肌に触れたときの感触は確かにカシミヤ特 [続きを読む]
  • 非常食を使った献立〜カップ麺をなるべく避けた献立を考えてみる〜
  • 非常食を使った献立非常食を購入するとそのことに満足してしまいがちです。極端な例ですが、カップラーメンが1ケースあれば1週間生活できます。私の周りでも、カップラーメンを買ってるから大丈夫という人が多く、栄養のバランスまで考えているって話は聞いたことありません。非常時に栄養のバランスなんか考えていられないという意見もわからなくはありません。ただ、平時に準備をするんだったら、なるべく栄養のバランスを考え [続きを読む]
  • JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)の13.5 Micron Cardigan〜ウールの話〜
  • 2011年のAWにJOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)から13.5 Micron Cardiganっていうニットが発売されました。繊維の直径が13.5μmのウールを使用したこのニットは、私の持っているウールのニットの中では最も細い糸が使われています。価格もカシミヤのニットと同じくらい。黒のカーディガンを購入しましたが高いなぁという印象でした。定価で5万円以上だったと思います。繊維の直径が13.5μmと書いてもピンとこないかもしれませんね。 [続きを読む]
  • 寝具のメンテナンスと私の使っている寝具
  • メンテナンス掛け布団・・・大体3〜5年ごとに洗濯。必要に応じて打ち直し。月に1回程度天日干し。(カバーを付けた場合)※カバーを付けるとカバーの重量分重くなるため、性能が低下します。なので、カバーを使わずにそこそこのスペックのものを数年ごとに購入するといった使い方をしている人もいるようです。敷布団・・・月に数回干す(湿度の低い日中に1時間程度)。汚れたらクリーニングに出す。まくら・・・時々洗濯ピロー [続きを読む]