k-ponn さん プロフィール

  •  
k-ponnさん: リハビリ辞典
ハンドル名k-ponn さん
ブログタイトルリハビリ辞典
ブログURLhttps://k-ponn.hatenablog.com
サイト紹介文理学療法士が医療、リハビリ分野における論文をベースに正しい情報を発信していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 28日(平均2.8回/週) - 参加 2018/09/16 22:53

k-ponn さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 長内転筋・(短内転筋)
  • 長内転筋・(短内転筋)長内転筋・短内転筋についてまとめて見ました。解剖学的特徴長内転筋・起始:恥骨結節の下方・停止:大腿骨粗線内側唇の中1/3・神経支配:閉鎖神経(L2-3)・作用:股関節内転、屈曲、(伸展)、軽度外旋※股関節屈曲60°を境に屈曲、伸展作用が逆転する短内転筋・起始:恥骨下枝の下部・停止:大腿骨粗線内側唇の上1/3・神経支配:閉鎖神経(L2-3)・作用:股関節内転、屈曲、(伸展)筋 [続きを読む]
  • 大腿方形筋・上下双子筋・内閉鎖筋(深層外旋六筋)
  • 大腿方形筋・上下双子筋・内閉鎖筋(深層外旋六筋)深層外旋六筋(大腿方形筋・上下双子筋・内閉鎖筋)についてまとめて見ました。解剖学的特徴大腿方形筋・起始:坐骨結節の外面・停止:大転子後面下部の転子間稜・神経支配:仙骨神経叢(L4-S2)・作用:股関節外旋、(内転)その他:・内閉鎖筋と共に最も強力な外旋筋・股関節外旋作用の他に、股関節内転作用がある。・大転子下部内側の痛みの原因になりやすい。上双子筋 [続きを読む]
  • 梨状筋
  • 梨状筋梨状筋についてまとめて見ました。解剖学的特徴梨状筋・起始:仙骨前面、第2-4前仙骨孔の間と大坐骨切痕の縁・停止:大転子の先端の後縁・神経支配:仙骨神経叢(S1-2)・作用:股関節外旋、(外転)筋の特徴深層外旋六筋の一つ股関節外旋の他に、股関節外転作用もある。股関節90°屈曲位で内旋作用に変化する。梨状筋が大坐骨孔を通過するところで、梨状筋上孔と梨状筋下孔が形成される。梨状筋上孔:上殿神経・上 [続きを読む]
  • 大殿筋
  • 大殿筋大殿筋についてまとめて見ました。解剖学的特徴大殿筋(浅部)・起始:腸骨稜、上後腸骨棘、腰背筋膜、仙骨、尾骨・停止:腸脛靭帯に以降(深部)・起始:腸骨外面で後殿筋線の後方、仙結節靭帯、中殿筋の筋膜・停止:殿筋粗面・神経支配:下殿神経(L5-S2)・作用:股関節伸展(上方繊維):股関節外転、外旋(下方繊維):股関節内転筋の特徴内転、外転軸を覆う筋肉のため、機能上に上方繊維、下方繊維に分類す [続きを読む]
  • 文献検索の方法
  • 文献検索の方法以前、EBPTについての記事を紹介しました。EBPTを実践するためには、個々の患者にあった先行文献を見つける必要があります。文献、論文などというと手を出しにくい印象があるかもしれません。しかし、慣れればそんなに大変なことではありません。ここでは、調べ方がわからないという方のために、文献検索の方法についてお話ししたいと思います。文献抄読の目的新しい知識の獲得専門職として日々新しい多くの知 [続きを読む]
  • EBM・EBPTとは
  • EBM(根拠に基づく医療)・EBPT(根拠に基づく理学療法)とは理学療法を実施する際に、Evidence-Based Medicine(以下、EBM)、Evidence-Based Physical Therapy(以下、EBPT)の重要性が指摘されています。EBM(根拠に基づく医療)とはEBMとは、「個々の患者のケアに関わる意思を決定するために、最新かつ最良の根拠(エビデンス)を、一貫性を持って、明示的な態度で、思慮深く用いること」、「入手可能で最良の科学的根拠を [続きを読む]
  • 中殿筋・小殿筋
  • 中殿筋・小殿筋中殿筋・小殿筋についてまとめて見ました。解剖学的特徴中殿筋・起始:腸骨外面の殿筋面(前殿筋線と後殿筋線の間)・停止:大転子の外側面・神経支配:上殿神経(L4-S1)・作用:股関節外転(前方繊維):股関節屈曲、内旋(後方繊維):股関節伸展、外旋小殿筋・起始:腸骨翼の前殿筋線の前方・停止:大転子の前面・神経支配:上殿神経(L4-S1)・作用:股関節外転、屈曲、内旋筋の特徴小殿筋は中殿筋に覆わ [続きを読む]
  • 大腿筋膜張筋
  • 大腿筋膜張筋大腿筋膜張筋についてまとめて見ました。解剖学的特徴・起始:腸骨稜外唇の前部、上前腸骨棘、大腿筋膜の深部・停止:腸脛靭帯を介して脛骨外側にあるGerdy結節(ガーディー結節)・神経支配:上殿神経(L4-S1)・作用:股関節屈曲・外転・内旋    膝伸展    筋の特徴腸脛靭帯の緊張度を調整し、関節的に膝関節の安定化に関与する。膝屈曲90°未満では膝伸展運動を認め、膝屈曲90°以上では膝屈曲運動に作 [続きを読む]
  • 縫工筋
  • 縫工筋縫工筋についてまとめて見ました。解剖学的特徴・起始:上前腸骨棘・停止:脛骨粗面の内側 下腿筋膜を形成(鵞足となる)・神経支配:大腿神経(L2-3)・作用:股関節屈曲・外転・外旋    膝屈曲    下腿内旋    →あぐら姿勢・筋連結:大腿筋膜張筋 大腿直筋 薄筋 半腱様筋 腸骨筋鵞足縫工筋、薄筋、半腱様筋で形成停止部付近で脛骨粗面内側に付着し鵞足を形成。膝関節の安定性に関与。スカルパ三 [続きを読む]
  • 腸腰筋(腸骨筋・大腰筋)腸腰筋についてまとめて見ました。解剖学的特徴腸骨筋  ・起始:腸骨内面の腸骨窩  ・停止:小転子大腰筋  ・起始:(浅頭)T12〜L5椎体ならびに椎間板      (深頭)全ての腰椎の肋骨突起  ・停止:小転子  ・神経支配:大腿神経(L1−L4)  ・作用:股関節屈曲(腸腰筋)      大腿骨固定で骨盤前傾(腸骨筋)      大腿骨固定で腰椎前弯(大腰筋)筋の特徴腸骨筋 [続きを読む]
  • ブログを始める理由
  • 初投稿のk-ponnです。今回はブログを始めた理由を書きたいと思います。医学情報の過多最近、病気や健康についての関心が高まっています。そのため、病気や健康についてテレビやSNSで大きく取り上げられることが多くなり、誰でも手軽に情報を得ることができるようになっています。情報過多のデメリットしかし、これらの情報にはデメリットもあります。情報が多すぎて、本当に正しい情報を得ることができない。一般の人 [続きを読む]
  • 過去の記事 …