Tokyopanya さん プロフィール

  •  
Tokyopanyaさん: 韓国で飲食店開業しフランチャイズ展開するまでの話
ハンドル名Tokyopanya さん
ブログタイトル韓国で飲食店開業しフランチャイズ展開するまでの話
ブログURLhttps://tokyopanya.hatenablog.com
サイト紹介文TokyoPanyaのオーナーシェフ。韓国で飲食店を開業されたい方に僕の経験がお役にたてば!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 123日(平均1.7回/週) - 参加 2018/09/17 00:48

Tokyopanya さんのブログ記事

  • 個人経営からフランチャイズへ
  • 2008年に鶴洞駅(ハクドン駅)近くのアパートの1階の小さな店舗からスタートした「TokyoPanya」は2012年からフランチャイズ展開へ向けた準備を始めた。写真はTokyoPanyaチョンラ店(加盟店)2012年までは路面店を2店舗、デパート店を3店舗を全て直営で切り盛りしていた。当時は路面店1号店を生産拠点として1階店舗で販売用とデパートに納品するパンを作り、店舗の地下室を倉庫にし、2階のワンルームをロールケーキだけを作る部屋に [続きを読む]
  • 韓国の労働基準法(アルバイト編)
  • 日本でも昨今、「働き方改革」という言葉をよく耳にします。僕らの世代(1980年生まれ前後)やそれより上の世代の人達は残業なんて当たり前で、手を出される事だってあった時代に育ったから、言ったらダメってわかってるけどつい「最近の若いもんは!」とか「根性がねぇーなー」とか言っちゃいますよね。Twitterでは脱社畜という言葉が流行ってたりするけど、ホントに社畜が日本からいなくなったら日本経済って回るのかな?って疑 [続きを読む]
  • 韓国で商標登録するには?
  • フランチャイズビジネスをするのに欠かせないのが商標登録です。誰かに先に登録されてしまったら、自分が今まで手塩にかけて育てたブランド名が使えなくなってしまったり、使用料を払わなくてはならなくなってしまいます。そんな事が起こらないように誰よりも先にブランド名を商標登録する必要があります。韓国でも日本と同じ特許庁に申請する事になります。僕が申請した時は、特許庁のホームページから申請書をダウンロードして記 [続きを読む]
  • 業務用冷蔵庫、冷凍庫の選び方。
  • 業務用冷蔵庫、冷凍庫の選び1つで、お店のオペレーションが大きく変わってしまう場合があります。使いやすさ、掃除のしやすさ、サイズ、機能性を必ず確認して購入する必要があります。1度もお店を経営された事のない方は何を基準にして選べば良いか分からないと思います。そこで、今日は業務用冷蔵庫、冷凍庫の選び方についてお話します。直冷式と間冷式(ファン式)の違い冷蔵庫、冷凍庫には直冷式と間冷式(ファン式)の2つのタイプ [続きを読む]
  • パンの陳列台ってどこで売ってるの?
  • 突然ですがあなたは、商品を販売するための陳列台って、どこで売っているかご存じですか?まぁ陳列台といっても様々ですよね。僕の場合はパンの陳列台という事になります。化粧品なら化粧品を陳列する為の、酒屋ならお酒を陳列する為のそれぞれのニーズに合わせた形の陳列台が必要になります。僕も2008年に1号店をオープンするとき、一体パンの陳列台なんて韓国のどこに行けば売ってるんだ?ってなりました。パン屋のインテリアと [続きを読む]
  • TokyoPanyaストーリー 〜カロスキル編(最終回)〜
  • 経理「今日、本店に材料屋の配達のおじさんが来た時に、私に変な事いうんですよー。」僕「どうしたの?」経理「配達のおじさんが言うには、BくんとHくんが東パンギョ店で、この前の日曜日に一緒に働いてたって言うんですよ。でも東パンギョ店ってもう無くなりましたよねぇ?」僕「うん。西パンギョ店と間違えてるんじゃないの?東と西を。Hくんが日本に帰国する前に、Bくんと西パンギョ店で一緒に仕事したんじゃないの?」経理「は [続きを読む]
  • TokyoPanyaストーリー 〜カロスキル編⑥〜
  • 2013年9月から3ヶ月間、11月の末までの条件でHくんの提示通りの給料とアパートもグレードアップした。フランチャイズの2店舗はBくんが良くやっていてくれて順調で、徐々に韓国人シェフも育ってきた。来年(2014年)からは本格的にフランチャイズ展開もできそうだなぁ。。Bくんの奥さんユミちゃん(仮名)にも東パンギョ店のオーナーの奥さんに日本語を教えるという仕事が出来て、家にいるだけの生活から逃れられて良かったなぁと思って [続きを読む]
  • TokyoPanyaストーリー 〜カロスキル編⑤〜
  • フランチャイズ2号店となる東パンギョ店は2013年6月10日にオープンする事になった。西パンギョ店も引き続き好調を保ちつつ日商平均約200万ウォン、東パンギョ店も厨房のない販売のみのお店としては上出来な日商平均100万ウォンを売上げ、2店舗の合計でほぼカロスキル店と同じ位の売上げを出していた。全てが順調に進んでいるように思えた。2013年8月頃、カロスキル店のシェフHくんが話があると僕を呼び出した。Hくん「給料をあげて [続きを読む]
  • TokyoPanyaストーリー 〜カロスキル編④〜
  • 2012年2月、西パンギョにフランチャイズ店舗1号店ができた。ここは今後のフランチャイズ展開の中枢になる店舗として、地下をまるまる厨房にして、1階に売り場とカフェスペースを設けた。オープンに当たり、韓国のコサという商売繁盛祈願が行われた。西パンギョ店が開店する日、僕が2008年にTokyopanyaをスタートさせたときには1つもなかったお祝いの花が「いいともか!」ってツッコミたくなる程来た。フランチャイズ化する為に、パ [続きを読む]
  • TokyoPanyaストーリー 〜カロスキル編③〜
  • 2011年の後半頃から、フランチャイズ化の話がきた。今まではフランチャイズ化する事を考えていなかったが、実際にオファーがあり、どのようにすれば可能になるかを考えるようになった。Bくんは利益率の高いお店を数店舗やるのがベストという考え方で、フランチャイズ化には反対の姿勢だった。確かに数店舗強いお店をする方が管理もしやすいし、クオリティも保ちやすい。僕もフランチャイズをやるというよりは、直営店をできる限り [続きを読む]
  • TokyoPanyaストーリー 〜カロスキル編②〜
  • カロスキル店のシェフは決まらぬまま、カロスキル店はオープンする事になった。仕方がないので、しばらくの間は僕が本店とカロスキル店を行ったり来たりしながらパン製造は韓国人スタッフ中心で回す事にした。オープンしてまもなく、元同僚Hの友達B(以下「Bくん」とする)連絡があった。Bくん「今度は嫁も一緒に中国に視察行くのですが、韓国にも行こうと思います。」僕 「了解。カロスキルのお店もできたから見に来なよー。」そう [続きを読む]
  • TokyoPanyaストーリー 〜カロスキル編①〜
  • カロスキル店をオープンするに当たり、カロスキル店を中心で回してくれる日本人パン職人を探していた。僕は日本に帰国し元同僚Hに会いに行き、韓国で一緒にやらないか?と誘った。僕「今、TokyoPanyaは韓国でかなりキテる!しかもカロスキルっていう、東京の表参道みたいな場所でお店出さないかって話もあるんだ。韓国で俺と一緒にやらないか?今なら一緒に会社を大きくできる!」元同僚H「うん。でも今働いてる所、まだ1年しかた [続きを読む]
  • 権利金って何だ?
  • 2010年怒涛の成長をしていたTokyoPanyaに4億ウォン(日本円で約4000万円)投資するからお店を立地のいい場所に出さないか?という話が来た。2007年に韓国に初めて来てから、韓国の飲食店や街・ストリートの流行り廃りを見て来た僕はすぐにカロスキルに出したいと思った。当時雇っていた日本人パティシエに「何でカロスキル?特にいいと思えないんだけど。」と言われたが、僕には確信があった。何故ならカロスキルにソウルのお洒落っ子 [続きを読む]
  • 韓国で流行った街・ストリート編
  • 韓国、特にソウルでは街単位、ストリート単位で流行ったりする。僕が韓国に来た2007年はアックジョンロデオの流行りが終わる頃だ。この街やストリートの流行には法則がある。1.個人事業者が個性的でお洒落なカフェ、レストラン、居酒屋が街、ストリートを彩り始める。2.ソウルのお洒落っ子達が集まる3.ブログやインスタで拡散される。4.観光客くる。5.大企業がメインストリートに店舗だし、家賃あがり、個人事業者が商売しにくくな [続きを読む]
  • 韓国で流行った食べ物〜デザート編〜
  • 韓国の流行の移り変わりほど早いものはない。2007年8月に初めて韓国に来てから色々な物が流行り、そのほとんどが終わっていった。流行りにも色々あり、ポテトチップスが流行る時もあれば、インスタ映えするケーキ、ストリートや街が流行る時もある。職業柄意識せざるを得ない。韓国の飲食店の場合、何か1つのアイテムが大ヒットして一気にフランチャイズ展開するパターンが非常に多く、ほとんどが2年〜3年で消えていく。今日は僕が [続きを読む]
  • 社長の仕事ってなんだろう?
  • 2010年の初旬には1店舗だったTokyoPanyaは4月にロッテ江南店、8月には現代COEX店、モクドン店と計4店舗になり、デパートの休日は月に1回しかなく、ロッテと現代が同時に休みになるとは限らない為、ほぼほぼ365日営業になった。開店してからまだ1年10ヶ月。驚異的なスピードだったと自分でも思う。しかし、今振り返ってみると、あれをこうしていれば良かったなーとか、こうしなければ良かったなーとか反省も沢山ある。そんな事をま [続きを読む]
  • 韓国の厨房道具市場〜방산시장〜
  • 今日は韓国の厨房道具市場をご紹介いたします。방산시장バンサンシジャンと読みます。ここには製菓製パン用の厨房道具を中心に包装用品、容器、リボン、壁紙、照明、タオルなどなど、店舗運営で必要となる様々な小道具を取り揃えることができます。방산시장と書かれたゲートをくぐり真っ直ぐ突き当たった所が道具屋筋です。材料を卸してくれる会社もここに店舗を構えているので、韓国でパン、ケーキの材料を買いたい人はここに来れ [続きを読む]
  • デパート開店準備〜僕の人生で1番過酷だった日〜
  • 2010年8月3日、僕はこの日を忘れる事は無いだろう。現代デパートCOEX店とモクドン店の同日オープン。真夏の暑い日だった。その日は朝6:00に起きて車に1件目のモクドン店で明日から使う包装用のショッピングバッグやケーキボックス、ネームプレート、諸々を車に積めるだけ積んで7:00に出発した。モンドン店に8:00ちょっと前に到着。1件目の準備にとりかかった。デパートに出店する際には3Dの図面と2Dの図面の提出が必要です。でもこ [続きを読む]
  • 韓国ドラマ「製パン王キム・タック」
  • 2010年韓国でパンブームを巻き起こした大人気ドラマ「製パン王キム・タック」最高瞬間視聴率は58.1%!舞台は1970〜80年代の韓国パン業界。平均視聴率も50%越えてて、韓国人の2人に1人が見てる計算ですよー。すごくないですか!?このドラマの影響で雑誌やテレビがパン職人を取り上げる事が多くなり、ちょうど同じ時期にブログで話題になり、ロッテデパートに出店して、現代デパートでイベントをして注目を集めていたTokyoPanya [続きを読む]
  • 現代デパートのイベント出店。
  • 2010年4月、やっとの思いでロッテデパートに出店できたの日の夕方、お店に今度は現代デパートから連絡が入った。「現代デパートにも出店して頂けないでしょうか?まず6月にイベントがありまして、ミア店とCOEX店に1週間づつ参加して頂いて、そのあとCOEX店に正規出店して頂くというのはどうでしょうか?」売れっ子になってしまったwそれはまるで、M-1で優勝した次の日から仕事のオファーがどんどん入る芸人のように、次 [続きを読む]
  • 韓国のデパートに出店するには?
  • 今日は韓国のデパートに出店する際に準備しなければならない物事をまとめて行こうと思います。Tokyopanyaの話とは少し離れるので面白くはないかもしれません(笑)出店のオファーは基本的には各デパートのMD(マーチャンダイザー)担当から店舗に電話が入ります。勿論、個人的に連絡先を知っていれば直接売り込む事も可能です。出店のオファーはまずデパートのイベントに1、2週間出ててから、売り上げが良ければ正規出店に格上げして [続きを読む]
  • できない言い訳をするか、できる方法を考えるか。
  • 2009年6月、LOTTEデパートの江南店のMD担当から電話がかかってきた。「TokyoPanyaは今とてもネットで注目されています!是非!LOTTEデパートに出店して頂いたいのですが可能ですか?今度お店にお伺いしてお話しさせてもらえますか?」あのブログの影響力は凄まじかった。沢山のお客さんを呼び、新しい流行に眼を光らせているデパートのMD担当までも呼び寄せてしまった。とても嬉しい悲鳴なのだが、今の設備と人員ではお店で売る分 [続きを読む]
  • 韓国飲食業界で強烈な力を持つNaver Power Bloger
  • 2009年3月、日頃お世話になっている先輩からの紹介で「ESSEN」という料理専門誌でお店を取り上げてもらえることになった。生まれて初めての雑誌の取材でとても緊張した。Q.日本のどこでパンを学びましたか?A.パンの専門学校には行っていません。アンゼリカという東京の下北沢で有名なパン屋で3年間修行しました。Q.韓国と日本のパンの違いは何ですか?A.パンはヨーロッパから入ってきた食文化ですが、日本はそれに少 [続きを読む]
  • 韓国でお店を開くには?起業するには?
  • 今日は日本人が韓国でお店を開く、起業するのに必要な準備についてお話します。ネットで【韓国 起業】【韓国 開業】【韓国 お店を開くには?】などと検索すると、ほとんどがコンサルティング会社のページに誘導されるようになっていて、どこのサイトとまでは書きませんが個人事業者登録の代行サービスと銘打ち25万円とっている業者もありました。ちょっと待ってください!事業者登録証なんて韓国の最寄の税務署に行けば簡単に取 [続きを読む]
  • オープンしてからが本番〜ゴールの無いマラソン〜
  • オープンしてからが本番。何を当たり前なことを言ってるんだとお思いでしょうが、実際に飲食店をゼロから立ち上げて開業したことがある人にはわかってもらえると思います。どんなお店だって必ず経験する開業前の準備。開業の資金集め、どんなお店にするか企画書を書いてコンセプトを決めて、それを基にインテリアをどうしようかとか、看板は?メインのメニューは?宣伝は?仕入先は?やらなきゃいけない事は山積みです。それを予算 [続きを読む]