山桜 さん プロフィール

  •  
山桜さん: 山あり谷あり平野あり
ハンドル名山桜 さん
ブログタイトル山あり谷あり平野あり
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/me_izu5ka4
サイト紹介文人生の“来し方”を振り返りつつ、 日常の所感を折に触れて記録していきたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 63日(平均3.1回/週) - 参加 2018/09/17 12:20

山桜 さんのブログ記事

  • 不審なはがき「偽最終訴訟通告書」
  • 家族宛に官公庁言葉で印刷された「はがき」がきて少し驚きました。「未納にした消費料金に対して訴状が申し入れされた報告だそうで、最終日までに相談窓口に電話連絡を入れないと管轄裁判所から裁判日程を決定する呼び出し状が発行され裁判所に出廷となります」と記載されているのです。以前からこういう話は聞いた事はあったのですが、一応、管轄の警察所に相談窓口があるので尋ねると、よく出回っている「はがき」だそうで、要は [続きを読む]
  • カードは怖い。
  • 先週の会話教室ではボランティアのリーダーが1ヵ月間のイタリア旅行から帰国されていました。早速、旅行談義を聞き始めたところ、到着4日目頃に日本のご家族から連絡が入ったそうです。日本のカード会社から留守宅に電話で照会が入ったそうで、「ここ数日、ネット経由で度々ゲーム類の購入が行われていて凡そ10万円程になっているが、ご本人に確認したい」との趣旨だったそうです。ゲームなど全く身に覚えのない買い物なのです [続きを読む]
  • アマゾンの密林は怖い。
  • アマゾンの密林は怖い。南米アマゾンの人類未踏の地もあるとかいうアマゾンの密林、そこにはピラニアの生息する広大なアマゾン川も流れている。同じ名前のネット通販「アマゾンドットコム」、私も数年前から主として自分や家族の書籍の購入でその便利さは享受している。購入するにはカード支払いが便利なので自分のメインカードを登録していたのだが、何故か希望していないのに「年会費3000円のアマゾンプライムカードを希望登 [続きを読む]
  • バス旅行で昇仙峡へ
  •       地元のスーパーのバス旅行に近所のおばさんと一緒に行きました。    近所のおばさんは次女です。一人で参加するより心強く思います。 地元発着なので最近体力が落ちてきた私には好都合でした。 昇仙峡には行ったことがなかったので大変興味がありました。雲一つない秋晴れの日に恵まれて遊歩道のウォーキング等にはもってこいのお天気でしたが、盛り沢山な場所を回るスケジュールでゆっくり出来なかったのが残念 [続きを読む]
  • 英会話教室のハロウィンは”potluck party”
  • 英会話教室のハロウィンパーティはいつもpotluck party です。今回はリーダーがイタリア旅行中のせいかこじんまりしています。リーダーはイタリアに一ヵ月間の一人旅、。一番年長の私は少し心配しています。今の若い方の勇気と行動力には感心しています。いつも若い方達から学ぶことが多く、それが楽しくて出席しています。それぞれが手作り料理やデザートや果物や菓子などを持ち寄り盛り上がります。授業は半分で切 [続きを読む]
  • ディズニーランドのある舞浜に行って友人に会ってきました。
  • 北九州に住んでいる友人のYさんが舞浜の娘さんの家に上京してくるということで久し振りに会いにいきました。私達は50年来の友人です。半世紀前に彼女一家は移住目的で、私共は夫の海外出向でカナダのトロント市に住んでいました。ある時、共通の知人であるカナダ二世のO様宅でお互いを紹介されたのでした。Yさんとは一つ違いの年齢で、二人ずつの幼い娘達も1〜2歳違いで、又性格も似たところがあり互いに「テキトー」 [続きを読む]
  • エヴィリン先生の多国籍料理
  • 月に一度の料理教室ですが、英語のレシピで英語で説明されますので、すべてEnglish versionです。先生はフィリピン出身でとてもきれいな英語を話されます。勿論日本語も大体理解されています。料理の才能は生まれつきのものだと感じてしまいます。私には逆立ちしても出来ない技を感じます。外食の少ない私にとっては楽しいランチタイム兼談話室でもあります。今日のメニューの前菜は「洋ナシのスライス、ルッコラ、 [続きを読む]
  • 芦ノ湖テラス
  • 箱根は強羅に泊まりました。最近、年のせいか日本画に魅かれていて成川美術館を訪れました。ここは晴れた日には富士山が見えることもあり眺めの良さも魅力です。それだけにかなりの急傾斜の坂道があるのですがエスカレーターがあるので助かりました。富士山は雲に隠されて時間切れになりました。秋や冬を丁寧に描いた日本画には清冽な寂しさと厳しさを感じました。庶民的な値ごろな色紙がなかったので残念でした。お昼時の混雑を避 [続きを読む]
  • 小田原城に寄りました。
  •    箱根に行く途中、小田原城に寄りました。その日は連休とあっていろいろな催しが行われていて特にアンディーク市には惹かれたのですが時間がなくて残念ながら素通りしました。昨年12月に長年参加している髭の梶さん(梶本晃司先生)の道案内で「小田原城総構(そうがまえ)探歩」で小田原城の当時の防衛ラインの遺構を仲間と一緒に歩いたこともあって後北条の歴史にかなり興味があるのです。平成27年〜28年にかけて [続きを読む]
  • 馬酔木(あせび)とアケビで勘違いしていました。
  • 先日、煎茶の先生のお宅でアケビの実が美しく飾ってありました。秋に実をつけ食べると甘いそうです。なすに似た形に惹かれていました。昔、母が俳句をやっていて、よく「馬酔木=あせび→あしび」という珍しい俳句雑誌の名前を耳にしていたので先生に「あけびって俳句の本がありますよね。」と言ったらそれは「馬酔木」でしょ。といわれて自分が長いこと馬酔木とアケビを勘違いしていたことを恥じいりました。馬酔木は春に咲いて少 [続きを読む]
  • 台風被害
  • 台風が来る前に蜂捕獲器を片づけました。このハナミズキの木は樹齢40年位なのですが毎年豪華な花を咲かせます。でも最近苔がいっぱい生えて老木化しています。キノコが生えたり、珍しい植物が寄生していますが養分を吸い取られているようなので専門家に相談しようと思っています。昨日の台風は凄まじかったです。20年位前にも強風が吹き荒れて、家の北側の裏に使い勝手の悪くなった180センチ位の温室を置いていましたが風で [続きを読む]
  • 今日は孫娘達の誕生日
  • 今日はツインの孫娘達の誕生日です。二人ともリケジョの大学生でで勉強とアルバイトに追われて忙しそうで話す機会もありません。真面目によく頑張っていると感心しています。こちらものろまの忙しがり屋でプレゼントを探す暇もなくて、細やかな「先立つもの」をメッセージと共に届けました。 [続きを読む]
  • 水素水飲んでます。
  • 我が家の場合、このポットの水素発生器で作った水素水を気軽に飲んでいます。夫の関係している、ベンチャー企業の商品です。浄水器を通した水の場合、少しレモン汁を入れるとより勢いよく水素を発生します。効能は活性酸素を除去ということです。ともあれ冷えたレモン水はとても美味しく身体にいいはずです。 [続きを読む]
  • ワンルームマンション捜し
  • 庭のお彼岸花が毎年「秋分の日」を教えてくれる。お墓参りは渋滞の激しいこの時期を避けて行くことにして仏壇に手を合わせています。こともの頃覚えた「長崎物語」の歌を思い出します。「♪赤い花なら曼珠沙華~」この連休は家族のワンルームマンション探しに付き合ってくたびれました。娘は3か月前に片道2時間半のところに転勤して、この暑い夏5時半起きの10時過ぎ帰宅でかなり体調を損ない職住近接の暮らしを決心したようです。昔 [続きを読む]
  • スズメバチの捕獲
  • 10年位前に我が家の物干し台の下の目立たないところに足長バチが巣を造っていたのです。眼のいい孫娘達が遊びに来て「大きなハチがあそこから(巣の場所)出たり入ったりしているよ。」と知らせてくれた。実はその前年、近くに住む彼女達の家の戸袋の近くにスズメバチが巣を作っていて駆除を業者に頼んでひと騒ぎしたことがあったのです。早速その業者に来てもらって巣を取り払ってもらい、その後、毎年2〜3回、ホームセンターで [続きを読む]
  • 北海道からカボチャが届いた。
  • 13日にいつもの北海道の連(むらじ)農園からカボチャが沢山届いたので驚いた。ヤマトの女性配達員の人に「宅配もう大丈夫なのですか?」と聞いたら「私も北海道出身なのですが、胆振地方とか被害の酷いところ以外は動き始めています」ということで少しホッとした。連農園は余市の南西だが通信では「2日続いた停電や、スーパーの閑散とした食品棚、給油待ちの車の列、宅急便の業務停止など、いかに日常が素晴らしいかを考えさせら [続きを読む]
  • エビリン先生宅での料理教室
  •   月に1回エビリン先生宅での多国籍料理教室に通っている。  メインはフランス料理。レシピは英語で先生が英語で実習される  のを見ながら教えて頂いている。  すぐに自宅で作る人もいるが、殆どの仲間達は出来上がった  レストランより美味しいお料理を頂くことが目的でひと月分お喋りして  近況報告するのを楽しみにしているようだ。 [続きを読む]
  • 小諸の懐古園にも立ち寄りました。
  •     昨年時間切れで行けなかった念願の「懐古園」をゆっくりと歴史    散策することが出来た。歴史に残る多くの史跡に見入ってしまった。    「真田丸」放映時には賑わったのかもしれないが、週末というのに    閑散としたひとけのなさに「見どころ多いのに何故?」と考え込んで    しまった。お隣の軽井沢の喧騒とくらべてしまう。       明治13年、荒れ果てた城址を整備し、花木を植え懐古園とする [続きを読む]
  • 休日ワイン切符で往復2500円の旅でした。
  •   天気予報では終日雨模様ということで、雨の中をしなの鉄道の ワイン列車で出発。最寄の田中駅に着いた頃から小雨になり 以後傘は要らなくなりました。去年の様な「天国に居るような 雰囲気の絶景」は無理でしたが、収穫間近なブドウ畑を眼下に 見下ろし、美味しいランチを戴きました。夫はお肉、私と娘は お魚にしたのですがここではお肉の方が良かったかも知れません。                         [続きを読む]
  • 軽井沢に行きました。
  • 今までずっと車でドアツードアで便利でしたが、今年から家族の意見もありバスかJRでということに決めました。池袋を1時に出て軽井沢に4時頃に到着、 主人と三女の三人組です。いつもの自炊の出来る2LDKの宿です。今回も目的は東御(とうみ)の玉村さんの「ヴィラデストワイナリー&ガーデン」に行って、そこから穂高、八ヶ岳連峰そしてその先に北アルプスの山々の絶景を眺めながらランチを戴く予定なのですが、今回はどうも [続きを読む]
  • 娘家族が北海道地震に遭遇、どうなる?
  •  孫息子の卒業旅行を兼ねて念願の北海道旅行中だった 娘の家族、今日帰る予定なので、ふと朝のニュ―スを見て 驚いた。連絡したら層雲峡のホテルにいて朝起きたら停電で 様子がわからなかったそう。ツアーなので会社に任せるしかない。 このところ自然災害が多すぎると感じるのは私だけだろうか。 無事に早く帰ってきてほしいと思っていたが、今日は無理とのこと。 一方孫娘は短期留学のタイから帰国、「お母さんに云われた [続きを読む]
  • 銀座松屋で「玉村豊男展」を見てきました。
  •     エッセイストで画家でワイナリーオーナーで、起業家ビシネスマン  として大成功していらっしゃる玉村ご夫妻の「田園の快楽」展です。  お二人の地道なご努力が大きく花開き、見事な成果をもたらして  いて素晴らしかったです。ご夫妻とも一言お話が出来ました。  玉村さんのような多才な方は凡人から見ると羨ましい限りですが、  若い頃はどの道に進めばいいのか、かなり迷われた様です。  新刊書「田園の快楽 [続きを読む]