山桜 さん プロフィール

  •  
山桜さん: 山あり谷あり平野あり
ハンドル名山桜 さん
ブログタイトル山あり谷あり平野あり
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/me_izu5ka4
サイト紹介文人生の“来し方”を振り返りつつ、 日常の所感を折に触れて記録していきたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 123日(平均2.7回/週) - 参加 2018/09/17 12:20

山桜 さんのブログ記事

  • 甥夫婦が虎の子の息子を連れて上京しました。
  • 甥のT君は義妹の3人息子の二男です。小さい時から食物アレルギーでしたので母親も本人も大変でした。一番ひどかった2才の頃、包帯で手や足をぐるぐる巻きにされて痛々しかったことを憶えています。成長して症状は軽くなっていましたが、中高生になっても、いくらか症状が残っていたようです。そんなこともあって、医者の道に進む決心をしたようです。我家の近くの私立医大を出て、リュウマチ専門医になって現在、奥様のNさんの地 [続きを読む]
  • 飯森泰次郎氏指揮のブラームスの交響曲、素晴らしいお年玉でした。
  • 10日の木曜日に夫が「11日の金曜日の夜のシティのコンサート行けるよね。」とチラシを持ってきました。(月例コンサートを聴きに、夫は毎回いっています。)金曜の午後は予定があり、急だったので「寒いし夜は出かけたくないわ。」と言ったら、 「飯森さんだよ。ブラームスだよ。娘達は無理だから誰かに声をかけるよ。」とブツブツ言っていました。一息ついてふと考えました。今の大切さを考えないで、当たり前のように生きて [続きを読む]
  • 高樹のぶ子氏の小説「業平」が始まりました。
  • 日経新聞の夕刊で4日から高樹のぶ子氏執筆の小説「業平」が始まりました。私は小説好きの読書家ではないけれど、新聞小説は一応読んでいます。歌人業平については余り知識がないのですが、前々から興味をもっていたので、この機会に一代記を読めるいいチャンスと楽しみにしています。業平は光源氏のモデルだと言われているとか。大体のイメージは描けます。又、高樹のぶ子氏自身、道ならぬ恋を貫いた方として知られ、福岡出身で東 [続きを読む]
  • 今日から男性合唱団の練習が始まりました。
  • 毎週火曜日、夫は所属する男性合唱団の練習に出かけます。今日はその前にリベラルアーツの読書会の初会合もあるそうで10時頃から出かけて行きました。私は、昼食、夕食は手抜きOKになるので、いつもにこにこして見送ります。フリーになって、久しぶりにリンゴのケーキを焼きましたが失敗でした。夫のパートはバリトンです。普段からいい声ですが歌うと更にのびやかで良くなるので、思う存分歌える人はいいなといつも羨ましく思 [続きを読む]
  • 今年は私にとって最高のお正月でした。
  • 今年は長いお正月休みにも拘らず、近くに住む次女一家以外は来客予定がなく  後期高齢者の私にとってはストレスフリーで自由を満喫できるお正月となりました。 お節は余り作らず、台所はいい加減にして、沢山のブログを目がかすむまで読んだりして自由時間を楽しんでしまいました。暮れには、賀状の断捨離」を夫がしてくれました。このところ毎年、賀状停止のご通知が多く、以前500枚位だった賀状も年々減リ始め300枚程度 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 初春のお慶びを申し上げます。皆様、良いお年をお迎えのことと思います。本年もブログ先輩の皆様方の投稿文を興味深く拝見しつゝ、学習しながら、          一歩一歩 自分なりのテンポで投稿を試みたいと思っておりますので            宜しくお願い申し上げます。   [続きを読む]
  • 「歴史文学深歩会」鎌倉(3)
  • 県道21号を右に折れて鎌倉七切通しの一つである「亀ヶ谷の切通」しを登りました。         亀もあまりの急坂に音を上げて帰ってしまうので「亀返しの坂」ともいうそうです。      この坂を登リはじめて、すぐ右側にあるのが「長寿寺」です。  長寿寺の裏山には足利尊氏のお墓があり,遺髪が埋葬されているそうです。(足利歴代のご廟所は京都の等持院です)20年位前に、この美しい庭園のある長寿寺で精進料理 [続きを読む]
  • 「歴史、文学深歩会」鎌倉(2)
  • 次に縁切り寺、駆け込み寺として有名な「東慶寺」を訪れました。もう4回目位になります。     このお寺も円覚寺も禅宗の寺で鎌倉には栄西の布教による臨済宗の寺が多いとの事です。開山(寺を創建した初代の住職)は北条時宗の夫人覚山志道尼(かくさんしどうに)です。    開基(寺を創建するのに資金を出した人、つまりパトロン)は息子の北条貞時です。         時宗が亡くなった翌年開創されたと言われてい [続きを読む]
  • 髭の梶さんの「歴史文学深歩会」、最終回は原点の鎌倉でした。(1)
  • 梶先生が約半世紀の間、地道に続けてこられた歴史深歩会も今年で終了することになり    ました。最後は原点の鎌倉の基本コースを歩きました。今回は60余名の参加者でしたので、  解説は全員がイヤホンで聞きました。昼食を食べる時間も場所もないので、おにぎり持参で  頑張りました。  今回は円覚寺から東慶寺、浄智寺、亀ヶ谷の切通しを通り抜け、阿仏尼の墓、    そして寿福寺を訪れました。 JR北鎌倉駅で [続きを読む]
  • 三度目の結婚、今度こそ幸せに。
  • カナダでのママ友、マリアンの一人娘、クリスティーンが1年ほどの交際期間を経て7月に結婚した。お二人の写真と家族紹介の写真を貰っている。 最初の結婚は音信不通の頃で、知らなかったが、二度目の時はは5〜6年前のことだったので、よく憶えている。残念ながら2年少しで終わってしまった。しかし、最初から何となく二人は合っていないのではないかと、 私は少し不安視していたので 驚かなかった。 その後、父親が80代 [続きを読む]
  • 重症心身障碍者通所施設のクリスマス
  • 毎年夫の友人のFさんの運営されている身障者通所施設のクリスマス会に参加しています。今まで写真を撮ったことがなかったのですが、今回は閉鎖が決まり最後のクリスマス会となる為、思い切って撮らせて頂きました。4回に分けて行われるのですが、今年は人数が少なくなった様に感じました。この施設では、出来るだけ長い期間家族と共に地域社会の中で生活する事が出来るように、日々家庭から通いながら必要な療育を行うことを目標 [続きを読む]
  • ひげの梶さん歴史探歩会 隅田川遡上
  • 梶先生の歴史探歩会には日帰り深歩を中心に、かれこれ25年ほど断続的に都合を付けて参加していました。諸般の事情でこの会も今年いっぱいで終了となります。梶先生は、「江戸時代からタイムスリップして出てきたような面白い人」で教科書の歴史と違って、話が面白く興味が尽きなくなりました。好きなウォーキングと合わせて歴史現場でのその臨場感ある説明に惹きつけられて、2万歩ぐらい歩いて軽い疲れを感じるのも楽しみのひと [続きを読む]
  • 埼玉「吉見百穴」と「武州松山城」
  • 続いて訪れたのが、6世紀末から7世紀末にかけて造られた吉見横穴古墳(横穴式石室)の集合墓です。219基もの整然と並んで造られています。木の伐採中の為。中央の階段を登って見晴らし台に登れなかったが残念です。江戸時代の中頃から「不思議な穴」として人々に興味を持たれていたそうです。明治20年に発掘を行い237基の横穴を発掘し住居でなく墓であるとの結論に至りました。下の方の横穴に幻想的な緑色を放ち自生して [続きを読む]
  • 興味津々、さきたま古墳群
  • 漠然と古墳は奈良など大和地方に行って見学するものと思っていましたが九州から東北の一部にまで散在していることを知りました。行田市のこの辺りは周囲全体が一面の平野で古代から見晴らしの良い場所だったことがこの場所に立てば分かります。石田堤を横切って丸墓山古墳に登りました。途中に桜の木が多く春は桜見物も出来そうです。丸墓山古墳は日本最大級の円墳としても有名です。埋葬施設は発掘されていないため詳しいことは分 [続きを読む]
  • ツインマザースクラブ
  • ツインマザースクラブのランチ会に行ってきました。いつも和気藹々で和やかな母の会です。ツインマザースクラブは今から51年前に心理学者でふたごの研究をしていらした天羽幸子先生(現名誉会長)がふたごを持つお母さんの育児支援をするグループを作りたいと23人の方々と共に立ち上げられボランティア組織の会です。昨年、50周年を迎え記念パーティを開きました。会員による会報誌や地区の集会で情報交換を行っています。 [続きを読む]
  • 今年はレモンの実が全然実らなくて。
  • 毎年この時期になると庭の樹齢10年近くになるレモンの木に沢山のレモンが実り緑色の実が少しずつ黄色に変化していくのを楽しみにしていました。今年も沢山の花が咲いたのですが、暫くしてその花が殆ど消えているのに気が付きました。虫はついていなかったのですが、伸びてきた葉を切ったのがいけなかったのかもしれません。花が目立つと昆虫や鳥類に狙われてしまうという方もいます。              植木屋さんにそれ [続きを読む]
  • 同級生の急逝
  • 昨晩中学高校時代の友人から電話があり同級生のYさんが急逝したとの連絡を受け驚愕した。いつも指導に行っている「シニアネットのパソコン教室」で昼食中に喉に異変があり詰まらせて病院に搬送中に息を引き取られたとの説明だった。ご主人を看取ってから4年程だが、いつもいきいきと元気に感謝しながらの活発な一人暮らしの様子だった。バレーの経験があったとか、体格よくきりっといつもいい姿勢だった。彼女は級友の中で特にパソ [続きを読む]
  • 不審なはがき「偽最終訴訟通告書」
  • 家族宛に官公庁言葉で印刷された「はがき」がきて少し驚きました。「未納にした消費料金に対して訴状が申し入れされた報告だそうで、最終日までに相談窓口に電話連絡を入れないと管轄裁判所から裁判日程を決定する呼び出し状が発行され裁判所に出廷となります」と記載されているのです。以前からこういう話は聞いた事はあったのですが、一応、管轄の警察所に相談窓口があるので尋ねると、よく出回っている「はがき」だそうで、要は [続きを読む]
  • カードは怖い。
  • 先週の会話教室ではボランティアのリーダーが1ヵ月間のイタリア旅行から帰国されていました。早速、旅行談義を聞き始めたところ、到着4日目頃に日本のご家族から連絡が入ったそうです。日本のカード会社から留守宅に電話で照会が入ったそうで、「ここ数日、ネット経由で度々ゲーム類の購入が行われていて凡そ10万円程になっているが、ご本人に確認したい」との趣旨だったそうです。ゲームなど全く身に覚えのない買い物なのです [続きを読む]
  • アマゾンの密林は怖い。
  • アマゾンの密林は怖い。南米アマゾンの人類未踏の地もあるとかいうアマゾンの密林、そこにはピラニアの生息する広大なアマゾン川も流れている。同じ名前のネット通販「アマゾンドットコム」、私も数年前から主として自分や家族の書籍の購入でその便利さは享受している。購入するにはカード支払いが便利なので自分のメインカードを登録していたのだが、何故か希望していないのに「年会費3000円のアマゾンプライムカードを希望登 [続きを読む]
  • バス旅行で昇仙峡へ
  •       地元のスーパーのバス旅行に近所のおばさんと一緒に行きました。    近所のおばさんは次女です。一人で参加するより心強く思います。 地元発着なので最近体力が落ちてきた私には好都合でした。 昇仙峡には行ったことがなかったので大変興味がありました。雲一つない秋晴れの日に恵まれて遊歩道のウォーキング等にはもってこいのお天気でしたが、盛り沢山な場所を回るスケジュールでゆっくり出来なかったのが残念 [続きを読む]
  • 英会話教室のハロウィンは”potluck party”
  • 英会話教室のハロウィンパーティはいつもpotluck party です。今回はリーダーがイタリア旅行中のせいかこじんまりしています。リーダーはイタリアに一ヵ月間の一人旅、。一番年長の私は少し心配しています。今の若い方の勇気と行動力には感心しています。いつも若い方達から学ぶことが多く、それが楽しくて出席しています。それぞれが手作り料理やデザートや果物や菓子などを持ち寄り盛り上がります。授業は半分で切 [続きを読む]